ピクシブ百科事典

海の主

うみのぬし

海の主とは、RPG『ロマンシングサガ2』に登場するキャラクターである。

概要

ヴィクトール運河を猛スピードで泳ぎ、レオンブリッジを半壊状態にした巨大生物。白い一角クジラの姿をしている。性別はメス。海水と淡水の両方で活動できる。

七英雄の1人スービエと戦えるだけの戦闘力を有しており、自身の娘との同化を企む彼とは敵対関係にある。ブリッジを破壊したのも娘を守る為に急いでいたためであり、悪意は持っていない。
知能は高く、「海風貝」というアイテムを持っていれば会話し和解する事もできる。その場合は帝国に人魚薬を持った使者をよこす事もある。
貝を持たずに会えば戦って倒すこともできるが、そうするとスービエが娘と同化しパワーアップする(本作における「悪人プレイ」に当たる)。プレイヤーによっては、貝を使って和解した後に貝を捨てて倒すなんてことも。さまざまな攻略ルートを採れる本作では、最終ボスを最終皇帝以外で倒すこともできるが、その場合はルートの都合上、ほぼ必然的に倒すことになるだろう。

  • では海の主に一切出会わず事件を放置するとどうなるか···? 答えは、海の主が娘を守っている事実に変わりはない為、スービエは娘と同化できない。
  • ただし、和解した場合、海の主が娘を守れる年代は限られている(かなり長い間放置しないとタイムリミットにはならないが)。年代的にタイムリミットを迎えると、スービエに退けられたのか(あるいは寿命で死んだのか)、娘と同化する。

自身は「海の主と呼ばれる事もある」と発言しているが、正式な種族名および個人名は不明である。
また「海の主の伝説」なるものが存在するらしいが、船乗りの1人が口にするだけで、具体的にどんな伝説かは不明。

書籍『ロマンシング・サガ大全集』によれば分類は「神獣」。本作の登場キャラクターの中でこの分類に当てはまるのは彼女のみである(因みに「神」に分類される者は皆無。七英雄は単体・融合後共に「亜神」に分類されている)。

関連項目

ロマンシングサガ2 七英雄 スービエ 海の主の娘

pixivに投稿された作品 pixivで「海の主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4067

コメント