ピクシブ百科事典

目次[非表示]


動物のイッカク

イッカクはクジラの一種で、体長は4m〜5mになり、北極に生息する。
の一本が長く伸びてのようになり、長いものでは3m以上になる。
この牙は表面に極小の穴が開いており、そこに神経が通じている為、一種のセンサーとなっている。尚、折れたら治らない。
角はユニコーンのモデルになったと言われる。

しんかい、いっかく


関連タグ

生物 動物 哺乳類 海洋生物 海獣 クジラ
  一角 一角獣 ユニコーン
イッカクモン アミリア・ヴェンカテッシュ 海の主

甲虫王者ムシキングの登場キャラクター

ヒノデ村の頭領。カブト丸の父親。チャン・Gの弟子の一人。当人は弟子である事で、日頃は「チャン老師」と言う。息子は甲虫王者ムシキングになろうとするものの、当人は「ムシキングなぞくだらん」と軽視する上、息子はまだまだ未熟者であるべきだと思っている。ムシキングをくだらんと嫌う事や、息子はまだ未熟であるとみなす理由で、息子はムシキングになってもらいたくないと当人は思考する。

でも息子の出身地であるヒノデ村を決死で守りたいと思っているものの、息子カブト丸が、ヒノデ村を立ち去り捨てたと思い、彼を勘当し、息子に対し激しく辛辣にあたることになり憎悪することにもなる。でも息子の「ヒノデ村を守りたい」という気持ちや息子のパワーをまだなにもしらないでおり、実際としては、まだ未熟な息子のことを少しは気にしていた。これらの理由等で、自分は意固地者とされる。さらにはヒノデ村の沢山の僕らを纏める等、頭領での役割も優秀である。

第一部としては、息子の故郷ヒノデ村のお守りとして用いた石文は、メッサーノの暗黒ムシマスターの集団のヒノデ村襲撃の時に奪われる。

第二部としては、ザックらの持参する「ノヴァの日記」と「技の石」を手に入れる故に、ヒノデ村を攻めたゼノン帝国のドナテルロと僕らと戦闘するも負けるものの、ドナテルロらの戦闘の途中で、ザックと息子の戦闘の乱入の際、「ただムシキングになろうとするだけではなく、ヒノデ村を守りたい」という息子の気持ちを知り(戦闘の際、息子のツノのことも知ることになる。)、ザックと息子らの勝利で、ザックや息子らと少し和解することにした。

ちなみに一人称は「ワシ」といい、「オッサン」とザックにいわれたみたいだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「イッカク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80579

コメント