ピクシブ百科事典

装甲娘

そうこうむすめ

DMMゲームズ×レベルファイブのLBX公式擬人化ソーシャルゲーム。 2018年1月から同年6月までリリースされた『旧版』と2020年5月から2021年7月までリリースされた『ミゼレムクライシス版』に2つがあり、本記事では両方とも解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

1.パワードスーツを装着した女性キャラ。
2.ロボット擬人化として。
3.DMMゲームズ×レベルファイブのプロジェクトとして2018年1月30日にリリースされたダンボール戦機LBXを擬人化させたゲーム作品
→本項【装甲娘(旧版)】で解説
4.3のキャラクター設定を多く受け継ぎつつ、世界観を一新させたゲーム作品
→本項【装甲娘 ミゼレムクライシス】で解説
5.3の世界観をベースとし、キャラクター設定などを一新させたアニメ作品。
装甲娘戦機
6.4の世界線に登場するLBCSを装着した少女
LBCS

装甲娘(旧版)

概要

2017年9月、衝撃の発表が行われた新作ソーシャルゲーム。メイン概要の通りに、DMM.com(DMMゲームズ)とレベルファイブがタッグを組む事になった新作タイトルである。

しかし、それとは別に衝撃的な発表もあったのだ。



アキレス


それは、公式擬人化である。それもLBXの……である。
(※厳密には「LBXのパーツを身にまとった美少女たち」なので擬人化ではない。もう一度言う、厳密には擬人化ではない)
二次創作という領域であれば事例がない訳でもないのだが、ここまでの展開になるとは予想もしなかっただろう。
(DMMの代表作に艦これがある段階で、気づいた人もいるかもしれないが)

装甲娘・・・?


※衝撃の発表を見たダンボール戦機ファンのイメージ図

PC版は2018年1月30日リリース。スマートフォン版は2018年春配信予定だった。

キャラクターデザインはすべてPOP氏が担当。

又、本家ダンボール戦機シリーズ同様、アニメ化やプラモ化等マルチメディア展開する模様。

…しかし当のPC版は2018年6月から長期メンテに入りプレイ不可能、スマートフォン版も2018年夏になってもまだ配信されてないという事態になってしまった。

しかしその後にリニューアルが発表され、旧版はここで終止符を打った。

世界観

ミメシス」という謎の敵に襲われ荒廃したもう一つの東京に「LBX」を装着する能力を持つ少女「LBCS」たちが召喚され、ミメシスと戦う。
召喚された人物はダンボール戦機を作品として認知している世界からやって来ている。

ゲームシステム

LBCSには、

  • ブレイブ(近接戦闘タイプ・バランス型)
  • ガーディアン(近接戦闘タイプ・重装甲型)
  • ストライカー(近接戦闘タイプ・高機動型)
  • マークスマン(遠距離戦闘タイプ)
  • メディック(回復補助タイプ)
の5種類のクラスが割り振られている。

戦闘は基本的にオートで進行する。
画面左側に黄緑のラインが引かれており、ミメシスが3回そのラインを超えるとゲームオーバーとなる所謂ラインディフェンスゲームで、そうならないようにミメシスを倒していく。
1試合につき最大10人のLBCSを連れていくことが可能で、試合中はその内の5人を出すことが出来る。
ただし、キャラクター1人ごとにCOSTが設けられており、キャラクターを出すごとにTOTAL COSTを消費する。故にCOSTが大きいキャラクターを出す場合は、TOTAL COSTが回復するまで待つ必要がある。TOTAL COSTがあれば戦闘中のキャラクターを戻して、連れてきているLBCSに交代することが何回でも可能である。
各LBCSごとに必殺ファンクションゲージがあり、これが満タンになると必殺ファンクションを発動できる。必殺ファンクションは効果が発動するエリアがあり、攻撃系の場合はミメシスが、バフ上げ・回復系は他のLBCSがそのエリアに入っていないと効果が発揮されない。ちなみに一部例外を除き、そのエリアの角度を調整することは可能である。
「コアボックス」に様々な「コアパーツ」をセットすることによって、戦闘時に能力値ボーナスやダメージ減少などの効果が発生する。

各LBCSには★が付いており、各LBCS専用のピースを集めることで覚醒を行うことが出来、最大で★7まで上げることが出来る。
しかし1回の覚醒で★0.5しか上がらない。さらに初期の★の数が少ないLBCSと★の数が多いLBCSを同じ★7に上げても性能格差が埋まらない問題点があり、初期の★の数が多いLBCSを入手できるかどうかが戦闘に大きく響いていた。

登場キャラクター

詳しくは装甲娘の登場人物一覧を参照。

評価

世界観に関してはシリーズの最新作を楽しみにしてたり、美少女風擬人化好きのファンからは受け入れられたが、世界観を純粋に大事にしたいファンからはダンボール戦機との繋がりが無いために受け入れられず、総評は賛否両論である。
一方ゲームとしては、ゲームバランスの悪さや前述した初期の★の数が少ないLBCSと★の数が多いLBCSの性能格差の問題から不評であった。

装甲娘 ミゼレムクライシス

概要

旧装甲娘はゲームバランスやダンボール戦機との繋がりがないストーリーが原因でプレイヤーの不満が続出し、開始から6カ月に当たる2018年6月で長期メンテナンスに入ることになった。
2018年8月23日、Twitterにて重大発表と称し、装甲娘のリニューアルに関する情報が告知された。
この告知でゲームバランスの改善ダンボール戦機らしさを感じるストーリー絵師をPOP氏以外にも新たに参加させるといった発表がなされ、2019年夏頃のリリース予定で開発が開始された。【参照記事(1)(2)
2018年10月26日に一部キャラクターのデザイン変更とSDキャラの採用(旧版では3Dモデルを使用)、2018年12月20日シナリオを書き直しダンボール戦機Wの「ミゼル編」から分岐した世界の物語にすること敵がミメシスからミゼレムに変更されることが公表された。
2019年5月30日、アシストファンクションの実装が発表されると同時に作品をよりよくするため2019年冬頃にリリース延期することが発表された。
2019年8月29日、ラインディフェンスゲームからコマンド式のRPGに変更されることが発表された。
2019年12月18日、納得のいく形でリリースさせるために2020年春から初夏に再度リリース延期することが発表された。
2020年4月16日、事前予約が開始され、2020年5月15日に約2年の時を経て「装甲娘 ミゼレムクライシス」として再スタートした。

サービス終了

2021年4月30日、この日はアプリのメンテナンスがあり、いつも通りメンテ終了した。
しかし、このアプデ終了後、ゲーム内及びTwitterにて2021年7月6日に終了することが発表された。
突然の発表にプレイヤーの多くが驚きを隠せなかったが、今後の方針を乗せるロードマップの発表が行われるはずの時期に発表が無く、その点でサービス終了するかもしれないと予想していた人も少なからず存在した。

終了決定に伴い、期間限定イベント「チームアテナス強化指令」で入手できたユニットと「フレームアームズ・ガール」とのコラボで実装したユニットを除く全キャラクターがサービス終了まで入手できる状態になった。

また、ストーリーに関しては展開中のシーズン2を最終回まで終わらせ、キリの良い形とした。

一方、Twitterでは、実装することが出来なかった装甲娘のイラストが公開され、実装を悔やむ人が多く上がった。
また、スタッフのコメントも投稿された。
その中の1人、ミゼレムクライシスの世界観・シナリオ・ADV演出を担当した繁昌丸氏によると、シーズン2以降のストーリーも計画されていたようで、さらに
アルフェルド・ガーダインが獄中で謎の死を遂げ、彼の姿をしてブレインダウンロードで彼の記憶や思考を持つアンドロイドの登場
ミゼレムの裏で暗躍する謎の組織の登場
神威大門装甲学園にも現れる装甲娘の不穏因子
・キュウシュウエリアに向かった装甲娘達の前に現れた有線型試作LBCSと山野バン
新たな試作LBCSで装甲娘と共闘するミソラ遊撃隊と数々のレジェンド達
・ストーリー本編ではあまり登場しなかった装甲娘の登場

といった内容を盛り込んだストーリーを検討していたとも取れるツイートを残している。
該当ツイート

そして2021年7月6日、惜しまれつつサービスが終了した。

世界観

旧版とは異なりダンボール戦機本編との繋がりを明確にしたものとなっている。

主人公達装甲娘の活躍する世界はあのミゼルトラウザー爆発の際に発生した時空断裂により誕生したパラレルワールドであり、そこではLBX、及びその技術が完全に軍事転用されてしまっている。
つまりダンボール戦機Wの「ミゼル編」から分岐した世界となっており、各国はいずれもミゼルの再来を危惧してLBXの軍事転用を加速させている状態であった。

そしてミゼルとの戦いから3年後、突如日本はミゼレムと呼ばれるメカニカルテロリストによる攻撃を受けた。
これを受け政府はLBXをベースに開発された「LBCS」と呼ばれる強化スーツに身を包んだ少女達「装甲娘」による迎撃を決定。

ここに人類の存亡を賭けた新たな戦いが始まるのであった。

ゲームシステム

特性

LBCSには『物理属性』『ウェポンタイプ』『ポジション』の3つの特性が設けられている。

物理属性

  • (貫に有利で衝に不利)
  • (衝に有利で斬に不利)
  • (斬に有利で貫に不利)
の3つで三すくみとなっている。
なお、ユニットのソートボタンでは斬を斬撃、貫を貫通、衝を衝撃と表記しているが、「ダンボール戦機」及び「装甲娘ミゼレムクライシス」の他の部分では物理属性の属性表記を漢字一文字で統一していることから、誤表記の可能性がある。

ウェポンタイプ
  • ソード / レイピア(格闘・通常攻撃が攻撃対象とその隣接した相手1体に計1回攻撃、又は同じ相手1体に多段攻撃)
  • ランス / ナギナタ(格闘・通常攻撃が単体相手に1回攻撃)
  • ダガー / ナックル(格闘・通常攻撃が同じ単体相手に多段攻撃)
  • ハンマー / サイス(格闘・通常攻撃が指定されたマスとその横に隣接するマスに1回又は2回攻撃)
  • 拳銃(射撃・通常攻撃が同じ相手1体に多段攻撃で、両手に武器を持っている場合3回攻撃)
  • 両手銃(射撃・通常攻撃が同じ相手1体に多段攻撃)
  • バズーカ / ミサイル(射撃・通常攻撃が指定されたマスとそのマスと隣接(前後左右+斜め)するすべてのマスに1回攻撃)
の7種(名称は装甲娘のヘルプ内、ユニット、ユニット詳細に記載)で装備できるACCMがウェポンタイプで異なる。
なおダンボール戦機のLBXのウェポンタイプでは、拳銃・ミサイルの名称ではなく、片手銃ランチャーの名称が使われている

ポジション
  • 前衛
  • 中衛
  • 後衛
の3つで、前衛・中衛・後衛の構成によって陣形が自動的に決まる。

戦闘方法

戦闘はほとんどオートで行われる。
基本的に相手を全滅させることでクリアとなり、味方が全滅するとゲームオーバーとなる。
最大5人の装甲娘を連れていき、5人で戦わせる(旧版のように試合中に入れ替えたりはできない)
通常攻撃の他に必殺ファンクションとアシストファンクション、連携ファンクションがある。

  • 必殺ファンクション
装甲娘ごとに決められている必殺技。1度使用すると、キャラクター事に設けられたクールタイム(CT)が経過するまでそのキャラクターの必殺ファンクションは使用できない。
  • アシストファンクション
ACCMを装甲娘に装備させることで発動が可能となる。1度使用すると、使用したACCM事に設けられたクールタイム(CT)が経過するまで使用したACCMは再使用が出来ない上、アシストファンクション発動後はすべてのACCMがクールタイム(CT)に関係なく一定時間使用できなくなる。
  • 連携ファンクション
Uゲージと呼ばれるゲージがMAXになると発動できる。ただし、編成した装甲娘が戦場に1人しかいない場合は発動することはできない。
効果はステージで戦闘している味方装甲娘が同時攻撃を行い、敵全体にダメージを与えることが出来る。味方装甲娘の数で攻撃力の倍率が変わり、5人いる場合は2倍の攻撃力、数が減ると倍率も減る。また各キャラごとに連携ファンクションの効果が異なる。

強化方法

装甲娘の強化方法としてはキャラクター自身のステータスを上げるレベル上げ・信頼度上げ、装備で強化するカスタム・ACCM装備の2パターンがある。

  • レベル上げ・リミット開放
入手したばかりの装甲娘は最大でレベル10までしか上げることが出来ない。
それ以降は各装甲娘ごとに指定されるリミット開放アイテムを集めて、開放アイテムとクレジットを消費し、最大レベルの上限を10上げるリミット開放を行うことでレベルを上げることが可能となる。
ちなみにレベルを上げるにはクエストで戦闘させるか、Expリキッドを利用する方法がある。
  • 信頼度
装甲娘との信頼度をあげると、信頼を上昇させることが出来る。
その信頼の数値は最大10で、信頼度1・2・5・7・10に達することでキャラクターシナリオを解放できる。
このキャラクターシナリオを閲覧することでキャラクター自身のステータスを上げることが出来る。
ちなみに信頼度を上げるにはクエストで戦闘させるか、ギフトを利用する方法がある。
  • コアパーツ
装甲娘ごとにコアパーツを装備でき、その数はキャラクターの★の数だけ装備が可能で現状は最大5個まで装備できる。
ただし、スロットは『ヘッド』『Lアーム』『Rアーム』『ボディ』『レッグ』があり、それぞれのスロットにそれぞれに対応するコアパーツしか装備できない。
コアパーツで装甲娘をパワーアップできるが、各装甲娘ごとに決められたコアパーツを指定された数だけ装備させることでEXスキルを発動することが可能である。
なおコアパーツはレベルを上げられないが、レベル1~3まで存在し、レベルが高いほどそのパーツ単体での効果が高い。
  • ACCM装備
ACCMは前述の通り、装備させることでアシストファンクションを発動できる。
それとは別にACCMを装備させることで『HP上昇』『格攻(射攻)上昇』『格防(射防)上昇』『格攻(射攻)/HP上昇』『格防(射防)/HP』のステータスを強化できる。
ACCM自体もレベルを上げることが出来、ステータス値を上げることが可能(ただし、アシストファンクション自体は強化されない)
ACCMを強化するには強化するACCMと同じACCMを消費して上限解放し、コアパーツを消費することでレベルを上げられる。
サービス終了まで、最大レベルは200まで上げられる。

登場キャラクター

詳しくは装甲娘の登場人物一覧を参照。

評価

世界観に関してはダンボール戦機との繋がりが出来たため、旧版より高評価である。
一方、旧版にあった破損グラがなくなったため、その点で残念に思うプレイヤーもいたとか。

ゲーム自体はやりやすくなった半面、対人戦である「NEOアルテミス」が難しかったり、ストーリーの難易度がストーリーが進むほど初心者には難しかったといった問題もあった。

一方、キャラクターユニットは比較的入手しやすく良心的な部類であったが、逆に課金要素も少なく、ゲームの収益を上げるには厳しかったと推察できる。

その他の展開

プラモデル

展開はバンダイではなく、コトブキヤフレームアームズ・ガールなどの系統。
現在は第一弾のアキレスと第二弾のジ・エンペラーが発売済み。
第三弾としてジ・バニャンがラインナップ。

マンガ

コロコロアニキにて河本ひろしによってコミカライズされた漫画で、ギャグ日常作品である。
旧版の時期にあたる2018年春号から連載が開始したが、ゲーム本編のリニューアル化に伴い、2020年冬号から漫画もリスタートした。
2021年冬号で最終回を迎えた。
2021年1月12日に単行本が発売される予定。

アニメ

2021年冬アニメとして放送される作品で、タイトルは『装甲娘戦機』。
旧版の世界観設定を引き継ぎつつ、本編とは異なるキャラクターでストーリーが展開される。

2021年2月16日、ミゼレムクライシス版にメインキャラクターのモリサワ リコがゲストキャラとして登場。キャラクターシナリオとミゼレムクライシス版のイベントでの出来事にとある繋がりがあり、ミゼレムクライシスと装甲娘戦機は繋がりがあることが判明した。

TCG

2021年8月27日より、スターターデッキ・ブースターパックが発売された。

余談

キャラクターは旧版からそのまま流用、もしくはデザイン変更が行われているが、一部キャラクターは旧版の別キャラクターからデザインを流用しているものも存在する。
また殆どの続投キャラ・旧版での未登場キャラのキャラクターシナリオ・キャラボイスは旧版から流用している為、その度合いによっては一部の設定に矛盾・不備が生じてしまうことがある(ビビンバードX-Ⅲ、オーディーン、ビビンバードX、カンウ、プロトゼノンなど)。

関連イラスト

装甲娘


装甲娘リリース開始!!!
装甲娘



※旧版の時代から本家シリーズのキャラ達と共演するイラストも多少描かれている

初めて会った懐かしい人
装甲娘×ダンボール戦機



関連タグ

ダンボール戦機 LBCS LBX LBX擬人化 ミゼル(ダンボール戦機)
ダンボール戦機ウォーズ:設定上本作とはパラレル世界である。
装甲娘戦機:装甲娘のアニメ化作品。ゲーム版とは異なる点がかなり多い。
MS少女:ある意味先輩。
フレームアームズ・ガール:先輩ともいえる存在なのだが、何と装甲娘と公式コラボを行う事になった。
アリス・ギア・アイギス:時期的に同期の存在。上述のフレームアームズ・ガールとも過去にコラボを行った。
花騎士:厳密には擬人化ではないと言う点で共通している。

メカむすメーカー:展開は他社だが、ある意味で装甲娘の可能性の一つだったと思われる作品。こちらはR-18版が存在する

ガールズシンフォニー御城プロジェクト:Re:互いに長期メンテ(という名の仕切り直し)が行われた後に再開した作品つながり。

シャドウバース(アニメ):装甲娘を見たダンボール戦機ファンと同じような反応があったことで類似する。

外部リンク

公式サイト
公式Twitter
TCG版公式サイト

関連記事

親記事

LBX えるびーえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「装甲娘」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「装甲娘」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 534973

コメント