ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ワンピース
20
曖昧さ回避。本文参照

曖昧さ回避

  1. 上下半身の繋がった衣服。→ワンピース服(主に女性用のものを指し、作業用のものはつなぎと呼ばれる)
  2. 尾田栄一郎の漫画『ONEPIECE』の表記揺れ。
  3. 2の作中で存在が言及されているひとつなぎの大秘宝のこと。

他の記事言語

One Piece

曖昧さ回避

  1. 上下半身の繋がった衣服。→ワンピース服(主に女性用のものを指し、作業用のものはつなぎと呼ばれる)
  2. 尾田栄一郎の漫画『ONEPIECE』の表記揺れ。
  3. 2の作中で存在が言及されているひとつなぎの大秘宝のこと。

他の記事言語

One Piece

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 明日の欠片を

    明日の欠片を

    ワンピースは読み専門でしたが、すっかりローさんにはまりました。あんなにも重い過去が…。 初投稿です。まだキャラが掴めていないためどうかと思いつつ、思い付くままに書かせて頂きました。逆行ローさんです。フレバンス滅亡の時から、ローさんの新たな未来が始まります。  ◇タグ追加有難うございます!え、今度は伝説………(汗)恐縮です…((((;゜Д゜)))) ◇タグ追加有難うございます!神……シリーズ……?見た瞬間ビックリしました(汗)まさかそんな風に言って頂けるとは…恐縮です……((((;゜Д゜)))) ◇タグ追加有難うございます!思い掛けないお言葉に勇気を頂きました。現在続きを執筆中です。頑張ります…!◇更に追加タグ有難うございます!え、夢じゃないですよね?◇更にタグ追加有難うございます!怖いくらいの評価を頂いてしまいました。が、頑張ります!◇またタグが増えてる…!?あ、有難うございます! ◇タグ追加有難うございます!夢の具現化…そこまで言って頂けて嬉しいです…!! ◇ブクマが500を超えてる…。タグ追加も有難う御座います…!!え、本当に? ◇ブクマが1000超え…?タグまで頂き、有難うございます…!!!
  • 海原でおしごと

    海原でおしごと

    海軍でパートしながら楽しく推し活している女の子の話。ネタです。
  • 今日もメシウマ

    各方面から殺されそうだけど今日も今日とて飯がうまい

    ワンピース熱が再燃してます。 これの二次創作に手を出したら戻れないのは重々承知ですが書いてしまったのでもう引き返せません。生暖かい目でご覧下さい。 新米の季節ですね。親戚から送られてきた新米が美味しすぎてここ最近のお昼ご飯は塩おにぎり一択です。同僚に心配されました。違うんだ、冷めても美味い新米のせいなんだ。
  • 虐められたくない俺はヴィランを演じる

    「良い子には優しく、ね?」

    ついに3年になった主人公。海の商人とご対面。 前回のコメントを見て読者の性癖も歪ませてしまったかと思った。 ドM多いなと思ったけど、下僕されて泣くのはゼレアなので読者は実質的にドS。 *************************************************** 推薦のサインがされた紙を片手に息を整える。 予想していたよりも推薦のサインは早く、そして多く集まった。 だからきっと大丈夫だと自分を鼓舞しながら寮長の部屋の扉をノックする。 「はい、どうぞ」 相手の心を緩ませるように優しくて穏やかな声だ。 一瞬、柔らかなさざ波が頭を過ぎったが相手は「絶対服従」を強要するヤバい奴だ。 気を抜けば食われる。心を強く持って扉を開け、こちらを見る寮長に推薦状を手渡した。 「こちら、推薦状です。僕を副寮長にして頂けませんか?」 オクタヴィネルの寮生、その過半数以上のサインが入った推薦状だ。 いくら寮長でもこれは無視出来ないだろう。 「僕は優秀です。右腕にして頂ければ、それを証明してみせましょう」 軽く片手を広げ、にこりと笑いながら言えば同じような笑みを返されて「要らない」と突き返された。 分かっている。今まで副寮長がいなかったのだから、そう言われることはシミュレーション済みだ。 敢えて余裕の態度ではなく、少し不機嫌さを醸し出しながら学園の規則を例に上げて反論すれば相手はこちらの腹を探るようにじっと僕の目を見た後、頷いた。 「言い方が悪かったね、すまない。副寮長は大歓迎だよ。これからよろしくね、アズール」 「こちらこそよろしくお願いします。ゼレア寮長」 よし、交渉の第一歩は成功だ。嬉しさで差し出された手を少し強くしてしまった。 まずい、流石の人間相手にこの力加減は痛いだろうとゼレアを見れば彼は何でもない風に笑っていた。 見た目の割に力が強いのかもしれない。そういえば大食堂で盛大な喧嘩をしたことがあるとジェイドも言っていたな。 「業務は今日から入れます。何をすれば?」 優秀なところを見せようと思って言ったが、特にはないと首を振られた。 建前かと寮長の机を見るが本当に何もない。ペンすら出てない。 「この時期は暇なんだ。やるとしたら新入生の世話くらい?」 なんだろうか、暗にお前の世話でもしてやろうかという意味だろうか。 ふざけるな自分のことぐらい自分で出来る。 何か言い返そうかと口を開こうとしたが、その前に寮長が言葉を続けたので黙る。 「ああ、でも、3日後に寮長会議があるから、それには出席してもらうよ。顔合わせと、年間行事の軽い調整があるから頭に入れておいてくれるかな」 顔合わせはともかく、年間行事の調整ともなれば相当な情報量だ。 副寮長になるんだからこれくらい出来るよね?という挑発だろう。受けて立つ。 記憶力には自信があるんだ。僕がめげると思うなよ。 対抗意識を燃やしながら頭の中でこれからの算段をつけていると、寮長が僕を見て静かに微笑んだ。 「うん。期待してる」 昔に色々と、本当に散々と言われてきたから分かる。 嘲笑っているわけでも、見下しているわけでもない、好意を滲ませた声色だった。 ずくりと今は1つしかない心臓が跳ねた。ずるい。この人は、ずるい人だ。 寮生たちが「寮長は恐い」と口を揃えて言っていた理由が、ようやく分かった気がした。 この人は自分に従う意思を見せた相手にはとことん甘くなる。 相手が欲しい言葉をそっと投げて、それを見て楽しんでいるんだ。 ああ!ああ!なんて酷くて怖い人だ! 「僕は優秀ですから、期待していて下さい」 副寮長になるのは目的があったからだ。 いずれ寮長の座を奪った後もその方がスムーズになるだろうと思ったのもある。 けれど、相手の心を簡単に弄んでみせるその手腕が美しいと感じた。 この人の側にいれば、僕は授業では得られない何かを学べるだろう。 やるからには全力で奪おう。地位も、技術も、強さも、何もかも。 でも、何故だろうか。 奪うものを全て奪っても、この人はそれでも、笑っている気がするのは。 泣いて絶望する姿は全く、想像出来なかった。   ************************************ ここから先は作者の心の叫びなんで読まなくて良いです。 貝紫の意味でも調べた方が有意義な時間を過ごせますよ。 はあ~~~~~~~~オクタ沼すぎてヤバイわ。なんだあの海の生き物ども。こっちの心臓が殺されるわ仰げば尊死だわ。絞めてくれ。 ぎゅって絞めてくれ~~~~~人魚の姿のどこにマドルねじ込めばいいんですか????口か?????エラか???? いやマジで人魚の時ってお金のやり取りどうしてるんですか。だって全裸じゃん。は????全裸ですよ???? 公式で全裸とかヤバイと思う。供給が最高で感動の涙。 人魚と魚の生体の違いとか考えるだけで一週間は過ごせっから。体温差で火傷とか求愛行動とかよくネタにされてるけど人魚独自の海式プロポーズとかあったら見たくない???? プロポーズする時だけ着る正装とかないんですか。してくれよ。 女性側は嫁入り道具に銀の髪すきはありそうだと思ってる。男性側は女性に銀のナイフ送るとかないの?? 「あなたに心臓を捧げられるくらい愛してます」とか人魚に言われたら自分で心臓にナイフ刺して死ぬ自信がある。 作者はツイステ関係なく人魚大好きなんだよ~~~~~~~~~!!!!!!(クソデカボイス) ほんとまじ作品関係ないけどワンピースのジンベイが性癖なんでよろしくお願いします(何を???) ネタと言えば卒業後に海に帰る~ってパターンあるけどモストロ・ラウンジの二号店をオンボロ寮で考えるくらいだからぶっちゃけ帰らなさそう。帰宅とかの意味ではあるけど、ずっと海にいる感じじゃなくて陸に出勤のイメージある。 というかジェイドがまず帰らなさそうじゃないです???だって登山でキノコで紅茶ってお前マジで人魚が初めて陸にあがったらやってみたいことリストを実行してるよな????陸を満喫しすぎでは????陸の人間以上に陸を楽しんでるぞコイツ。 フロイドみたいに足があって色々やれる~楽しい~~って感情を超えちゃってるじゃん。完全に足があれば陸を楽しめますね、みたいなノリじゃなくて陸の趣味楽しい!!!!なるほど、これは足が必要!!!って感じじゃん。 足があるから陸楽しいじゃなくて陸楽しみたいから足必要みたいな感じじゃん!!!!これ絶対に卒業後も海に帰らなくね? よしんば余生は山の中に家建ててそこでひっそりとキノコ栽培して過ごそうとか思ってる。絶対。お前のキノコ愛はなんなんだマジでどうしてキノコに興味を惹かれたんだ。知りたいから公式さん宜しくお願いします。私は舞茸が好きです(?) (文字数の限界)
    12,140文字pixiv小説作品
  • 何もしてないのに賞金首になった件について

    暇だから旅をしてただけなのに賞金首になった

    令和の現代っ子が娯楽のないワンピースの世界に転生してしまったお話。 「ところで、ワンピースってなんなの?」 「ワンピースはワンピースに決まってんだろ?」 「「???」」 副題:この娯楽のない世界に祝福を! *捏造!!!! *変なところ盛りだくさん(⸅᷇˾ͨ⸅᷆ ˡ᷅ͮ˒) *なんでもアリで許せる方向け *誤字脱字半端ない *頭を空っぽにして、広い心で呼んでください よく、無下限呪術を持った呪術師の主人公やごじょせんがそのままOPの世界に転生またはトリップってあるけど悪魔の実になるお話ってなくない?? というのと、現代っ子がOPの世界に転生したら退屈じゃないか? と思ったのが全ての始まりです。 追記 本当にすみません。アホなことしました。 つけてもらったタグを嬉しくてロックしようとしたら間違って削除の方を押すというバカなことをしました。 タグをつけて下さった方、本当にすみませんでした…(土下座)
  • ローレライの唄

    空気の読めるブルック爺と人魚に間違われるローさん。中の人たち良い声してますよねってことで。今更ですがルフィ・サンジと続いて「麦わらの一味総出でローを構い倒そう計画」実施中です。■毎々ご評価諸々ありがとうございます。コメントのお返事はコメ欄にさせて頂きました。■4/5デイリーランキング入り頂きました。感謝感謝です。正直、屍殿がメインの話にこんなに反応して頂けると思いませんでした。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    参号ミツル

    読む

pixivision

カテゴリー