ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

概要

通称:俳協
日本唯一俳優生活協同組合であり、日本の声優事務所のルーツ(後述)とも言える事務所。設立精神は「共同互助の精神に基づき、組合員の文化的経済的改善向上を図る」(定款より)。
「声優事務所」ではあるが実写・舞台で活躍する俳優も多い。

声優事務所の始祖

多くの声優事務所が俳協から独立する形で設立されており、代表的なものに青二プロダクション(1969年)、大沢事務所アーツビジョングループ(以上1984年)、シグマ・セブン(1988年)、アトミックモンキー(2000年)、アクロスエンタテインメント(2008年)がある。これらからさらに独立した事務所も多く、俳協は大半の声優事務所の源流となっている。

異色の芸能事務所・異色の生協

俳協は会社法(旧商法第二編および旧有限会社法)に基づく「会社」ではなく、消費生活協同組合法を根拠法とする「生活協同組合」である(組合員はタレントおよびマネージャー)。
組織形態だけでも異色の存在だが、一般に生協といえば「大学や会社の購買部(共同購買)、もしくは共済(保険に相当)」のイメージが強いだけに、芸能事務所という事業内容も、これまた異色と言えるだろう。
なお、俳協のような「共同購買・共済以外の事業を行う生活協同組合」は他にもあり、内容も都市ガス供給、映画館運営、病院運営、介護、葬祭と手広い。

なお、俳協の生協らしい(?)事業としてはちみつノドスプレーの販売があり、俳協の所属タレントに限らず、声にかかわる業界で広く利用されている。

沿革

俳協の母体となったのは、外国テレビドラマの輸入と日本語版制作を行っていた「太平洋テレビ」である。1950年代後半にアメリカのNBCやイギリスのBBCと提携し、日本テレビ番組史にも名を残す『ララミー牧場』や『ボナンザ』などの日本語版を制作。その過程で俳優マネジメント部門として芸能局を設置し、最盛期には所属タレント約600人を抱える大所帯となった。
しかし1960年1月、労働問題のこじれから所属タレント・マネージャーは労働組合を組織し無期限ストライキに突入。同年5月には「タレント&マネージャークラブTMC」を設立して(程なく生活協同組合の認可を受け現組織名になる)、労働者(この場合はタレントとマネージャー)が使用者の指揮・命令を拒否して、自主的に生産(この場合はタレントマネジメント)を管理する「生産管理闘争」を開始した。
太平洋テレビ争議は、1962年に社長と会社が所得税法違反容疑で強制捜査を受け、これを不服として裁判に入ったことで事実上終息したが、闘争組織だった俳協は解散することなく、芸能事務所として自立した。

1972年に養成部門(現在の俳協ボイスと俳協演劇研究所)を設立。1982年には、それまでの全国公演企画「虹のファミリー劇場」を発展させる形で劇団俳協が発足している。1998年には東京・下落合の俳協ホールをリニューアルして「TACCS1179」を開設、劇団俳協の公演・稽古場としてのほか、小劇団の公演にも貸し出している。

主な所属声優・ナレーター

※2023年2月現時点。

男性

あ行

井口祐一池田秀一いずみ尚今村卓博内田夕夜江越彬紀

か行

笠間淳梶原岳人金子誠狩野翔熊谷健太郎喜山茂雄郷田翼古賀慶太小柳良寛

さ行

汐谷文康重松千晴篠原まさのり島田岳洋清水秀光諏訪部順一

た行

高橋大輔内匠靖明武虎田中健大チョーDJ.ナイク遠近孝一

な行

中澤まさとも西田雅一野瀬育二

は行

バッキー木場二又一成古島清孝

ま行

松本健太松本大宮崎遊村山明

や行

山岸功山岸治雄

女性

あ行

荒川美穂五十嵐由佳池田昌子石川綾乃石川静伊吹茅紘上田晴美梅澤めぐ榎本奈々大園朱花子大原さやか

か行

樫野凪桂玲子佳穂成美川﨑芽衣子川谷きばな河村梨恵衣笠晴香木村珠莉慶長佑香高坂真琴小森結梨

さ行

桜木可奈子櫻弥恵佐々木智代ささきのぞみ咲々木瞳佐藤利奈沢田敏子紫月杏朱彩杉本ゆう直田姫奈鈴木絵理清和祐子

た行

太地琴恵髙橋ミナミ田口宏子田澤茉純種﨑敦美田野めぐみ田村奈央月城日花冨永みーな

な行

中里望中澤ミナ中島沙樹中村啓子

は行

萩原えみこ橋本芽依花岩香奈原嶋あかり星谷美緒

ま行

皆川純子湊みや宮下早紀深雪さなえむたあきこ村井かずさ村中知森下来奈杜野まこ守屋亨香茂呂田かおる

や行

山川琴美山村響

わ行

和氣あず未脇坂京子

主な元所属声優・ナレーター

男性

離籍者

※存命者は五十音順、物故者は没年順。
青森伸(⇒シグマ・セブン⇒青二プロダクション)
飯塚昭三(⇒シグマ・セブン)
伊藤栄次(⇒ケッケコーポレーション⇒プランダス⇒ラムー)
伊藤健太郎(⇒ミディアルタ・エンタテインメントワークス⇒アミュレートマウスプロモーション
大友龍三郎(⇒81プロデュース⇒青二プロダクション⇒フリーランス
岡部政明
木之元亮(⇒フリーランス)
岸尾だいすけ(⇒フリーランス⇒ホリプロ⇒青二プロダクション)
桑原たけし(⇒フリーランス)
近藤孝行(⇒AIRAGENCY⇒フリーランス⇒BLACKSHIP
沢木郁也(⇒アーツビジョン)
柴田秀勝(⇒青二プロダクション⇒RME代表取締役会長・所属)
鈴木泰明(⇒フリーランス)
関智一(⇒アトミックモンキー)
武田広(⇒シグマ・セブン⇒武田広ブロード企画設立)
龍田直樹(⇒アーツビジョン⇒青二プロダクション)
垂木勉(⇒ベルベットオフィス⇒ザ・ユニバース代表)
津田健次郎(⇒ミディアルタ・エンタテインメントワークス⇒アミュレート(声優業)/スターダストプロモーション(俳優業)⇒ANDSTIR(アンドステア))
中尾隆聖(⇒81プロデュース)
浪川大輔(⇒アクロスエンタテインメントステイラック代表)
野島昭生(⇒シグマ・セブン)
羽佐間道夫(⇒ムーブマン代表)
橋本晃一(⇒アーツビジョン⇒アクセント⇒賢プロダクション⇒プロダクション・タンク⇒シーブイテック⇒フリーランス)
バレッタ裕(⇒パワー・ライズ
平松広和(⇒ガジェットリンク代表)
拡森信吾(現芸名・森しん)(⇒シグマ・セブン)
古谷徹(⇒青二プロダクション)
槇大輔(⇒シグマ・セブン)
政宗一成(⇒シグマ・セブン⇒政宗一成オフィス設立)
森功至(⇒青二プロダクション⇒オフィスもり代表⇒プラスワンカンパニー)
矢尾一樹(⇒シグマ・セブン⇒マックミック
矢薙直樹(⇒フリーマーチ代表)
山寺宏一(⇒アクロスエンタテインメント)

鈴置洋孝(⇒賢プロダクションへ移籍後、2006年死去)
北村弘一(⇒マウスプロモーションへ移籍後、2007年死去)
野沢那智(⇒賢プロダクション⇒オフィスPAC設立後、2010年死去)
渡部猛(⇒81プロデュースへ移籍後、2010年死去)
小林修(⇒同人舎プロダクション設立後、2011年死去)
永井一郎(⇒同人舎プロダクション⇒東京アーチストプロ⇒青二プロダクションへ移籍後、2014年死去)
たてかべ和也(⇒オフィス央設立⇒ぷろだくしょんバオバブ⇒ケンユウオフィス取締役兼任後、2015年死去)
丸山詠二(⇒アーツビジョンへ移籍後、2015年死去)
大木民夫(⇒マウスプロモーションへ移籍後、2017年死去)
勝田久(⇒アーツビジョンへ移籍後、2020年死去)
八奈見乗児(⇒青二プロダクションへ移籍後、2021年死去)
上田敏也(⇒81プロデュースへ移籍後、2022年死去)

物故者・引退者(没年・最終活動年順)

※俳協に籍を置いたまま死去した人物、あるいは俳協がキャリア最後の所属先だった人物のみ記載。
大宮悌二1994年死去)
城達也1995年死去)
今西正男2000年死去)
神山卓三2004年死去)
西尾徳2005年死去)
小林恭治2007年死去)
寺島幹夫(2001年に引退後、2008年死去)
加藤精三2014年死去)
仲村秀生(1990年代に引退後、2014年死去)
田中信夫2018年死去)
依田英助2019年死去)
中村正(2019年死去)
岸野一彦(2020年死去)
増岡弘(2020年死去)
小林清志(2022年死去)
清川元夢(2022年死去)

羽柴秀矢(2005年引退)
武居”M”征吾(2009年引退)

女性

離籍者

※存命者は五十音順、物故者は没年順。
伊倉一恵(⇒ぷろだくしょんバオバブ⇒NABEYA⇒青二プロダクション)
石毛佐和(⇒フリーランス⇒ディーカラー⇒フリーランス)
大浦冬華〈現芸名・緒乃冬華〉(⇒アクロスエンタテインメント⇒グリーンノート
鳳芳野(⇒アーツビジョン⇒シグマ・セブン⇒フリーランス⇒賢プロダクション)
折笠富美子(⇒アトミックモンキー)
加藤みどり(⇒シグマ・セブン⇒フリーランス)
榊原良子(⇒フリーランス⇒コンビネーション⇒フリーランス)
坂本千夏(⇒アーツビジョン)
清水愛(⇒フリーランス)
城咲名津(⇒フリーランス)
鈴木弘子(⇒賢プロダクション)
仙台エリ(⇒ぷろだくしょんバオバブ⇒フリーランス⇒アミュレート⇒フリーランス⇒グリーンノート代表)
高島雅羅(⇒青二プロダクション)
玉川砂記子(⇒シグマ・セブン)
長沢美樹(⇒アトミックモンキー)
中川亜紀子(⇒フリーランス⇒コトリボイス
永野愛(⇒ブックスロープ)
中村知子(⇒賢プロダクション)
夏樹リオ(⇒コトリボイス)
野村道子(⇒賢プロダクション)
平野文(⇒ホリプロ⇒アクセント⇒青二プロダクション)
松尾佳子(⇒シグマ・セブン)
松岡洋子(⇒81プロデュース)
村川梨衣(⇒ステイラック)
もものはるな(⇒フリーランス)
よこざわけい子(⇒ゆーりんプロ代表)
吉田小南美(⇒アンジュドール(個人事務所)設立⇒プロダクション・タンク⇒キャトルステラ

本多知恵子(⇒フリーランス⇒マックミック⇒フリーランス⇒青二プロダクションへ移籍後、2013年死去)
菅谷政子(⇒アーツビジョンへ移籍後、2021年死去)

物故者・引退者(没年・最終活動年順)

※俳協に籍を置いたまま死去した人物、あるいは俳協がキャリア最後の所属先だった人物のみ記載。
菊容子1975年死去)
井上瑤2003年死去)
来宮良子(2013年死去)
麻生美代子(2018年死去)
貴家堂子(2023年死去)

水野マリコ(2017年引退)

余談

広島のローカル番組「アグレッシブですけど何か?」の企画コーナー
「アポ取り選手権〜ノーギャラで仕込める大物タレントの限界〜」という企画を行った際に
俳協所属で大御所の池田秀一にオファーをかけたが、俳協が
「俳優や団体にメリットがない」という理由で毅然と断った事が有る。


関連項目

声優事務所 生協

外部リンク

公式サイト
公式Twitter(劇団俳協)
Wikipedia

関連記事

親記事

声優事務所 せいゆうじむしょ

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました