ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

野村道子

のむらみちこ

日本の女性声優。国民的ヒロインである『しずかちゃん』と『磯野ワカメ』の中の人を永らく勤めた。
目次 [非表示]

概要

1938年3月31日生まれ。神奈川県横浜市出身。

賢プロダクション所属の女性声優であり、同社の相談役。

付属養成所スクールデュオでは代表を務めている。

かつての所属事務所は、劇団三王→近代劇場→東京俳優生活協同組合→東京アーチストプロ→青二プロダクションに所属していた。

本名・内海道子(うつみみちこ)。夫は同じく声優で、賢プロダクション会長でもある内海賢二(2013年死別)。


サザエさん』の磯野ワカメや『ドラえもん』の源静香と、国民的アニメの代表的な2作品に長年出演していた大御所。その他、60年代から80年代にかけて、少女役やマスコットキャラクターを数多く演じている。


夫の内海賢二とはTVアニメ『マッハGoGoGo』で知り合い、内海からの熱心なアプローチを受けて交際を開始した。結婚後も『ドラえもん』の劇場版など複数の作品で共演を果たしている。

ちなみに生前の家庭内勢力では野村が上で、内海と彼の愛犬が喧嘩したときはなぜか夫婦喧嘩と勘違いされたという逸話がある。

二人は業界内でもオシドリ夫婦として有名であり、内海を失った時の野村の憔悴っぷりは凄まじく、周囲からはとても心配されていた。

現在でも「もう少し生きてほしかった」と夫の死を今でも非常に惜しんでおり、夫・内海賢二への思いは深い。声優アワードで自身が功労賞を授与した際は「ウチで待っている内海賢二に、私も功労賞とったわよ、と報告します」と語った。ちなみに内海は第3回、野村は第10回にて授与し、夫婦揃って同じ賞を取っている。


現在は育成側として数多くの生徒を排出しており、意図的に個性の強い人物を生徒に採用している。「自分のスタイルを変えない子は強いですよね。魅力がある。私はそういう子を見ると、どう料理しようかとすごく楽しみなんです(笑)。」とインタビューで語ったように、スクールデュオでは本業とはまた違った楽しみを見出している。


夫の死と同時期に大山のぶ代が認知症に、そしてその後立て続けにたてかべ和也肝付兼太が逝去した際は流石に堪えたと言い、事務所運営もスタッフの裏切り等から厳しい運営が続いているという。

しかし2020年には「残りの人生は全て後進の育成に尽くす」と語り、現在でもスクールデュオで新人達に指導を行っている。同年、声優e-ラーニングシステム「SPOT」を立ち上げた。


主な出演作


関連タグ

声優


外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

賢プロダクション けんぷろだくしょん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41104

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました