ピクシブ百科事典

声優アワード

せいゆうあわーど

声優を対象とした賞。その年度に「最も印象に残る」活躍をした声優や作品を対象とする。2006年創設。
目次[非表示]

概要

「声優アワード」とは、その年度に「最も印象に残る」活躍をした声優や話題となった作品を対象に、その業績を称えるために2006年に創設された「声優を対象とする賞」である。
主催、選定は「声優アワード実行委員会」による。
共催はKADOKAWA小学館、小学館集英社プロダクション、文化放送、アーイメージ。声優の地位の向上に寄与することを目的としている。
12部門を設け、各々の定義に従って選定・評価・贈賞するものとする。

年度によって選考方法が若干異なるが、現在は10月~11月に行われる一般投票の結果を元にノミネート者を決定。
選考委員会による二次選考後、中央選考委員会を経て受賞者が選出され、翌3月に表彰される。

特徴

長所

声優の活動のみを対象とした大規模なアワードは他に存在しない為、稀少価値がある。
また賞に名前が冠された富山敬高橋和枝の功績を称えるアワードとしても評価される。
最多得票賞など、声優ファンの投票数がそのまま反映される部門がある点も、一般視聴者も参加して楽しめる大きな長所と言える。(ただし2017年度は最多得票賞は廃止となっている)

短所・課題

短所は、アカデミー賞のように演技に対する評価として与えられる賞ではなく、作品の話題性と人気に対する評価として与えられる為、一般のアニメファンによる投票の結果を基準にノミネートが決められるルールも相まって、主要部門の受賞はベテランは難しく(山寺宏一すら主要部門を受賞したことは一度もない)、その年に話題作のレギュラーを多く演じた若手の人気声優が授与されやすい点にある。
他にも

  • 声優事務所の力や利害関係なども大きく働く為、同じ声優が再び受賞したり、新人賞はゴリ推しと揶揄されたりする事もある
  • 適正な人物がいないと「該当する受賞者なし」とすることもあった(主演男優賞など)。
  • その年によってそれぞれの部門の枠(受賞人数)を減ったり増やしたりという曖昧な措置も通例。
  • アカデミー賞と違って、一般には知名度がない。
  • 受賞したからといって箔が付くわけでもない。
など挙げたらキリがない。

不参加事務所

上記などから、声優アワード自体が陰謀出来レース大人の事情などの黒い噂があることで有名なせいか、実力派声優が揃う大手事務所の一つ、シグマ・セブンは賞レースには珍しく非協力的(不参加)である。
実際、声優アワードにおいて演技(主演賞・助演賞・新人賞等)で受賞された声優が未だ一人もいないことからも色々と察せられる。受賞歴があるのは水樹奈々(第2回・歌唱賞、第3回・富山敬賞)のみだが、ご覧のとおり、いずれの賞も声優の演技とは関係ない賞であり、声優事務所としてではなく音楽レコード事務所として受賞したようである。

実際に、数年前にシグマ・セブン準・所属のとある声優が「うちの事務所は声優アワードに参加してないから、どんなに人気作品に出てようと所属声優は演技で選ばれない」旨をTwitterで明言して話題となった(尚、この声優はこの騒動によりTwitter削除・事務所を辞職させられた)。これらの事情を鑑みても、事務所が声優アワードに不参加なのはもはや明白なのだろう。

ただし、あくまで声優アワードに非協力的なだけで、他のアニメ関連の受賞には比較的寛容なようである。
例として、事務所の主力的声優である中村悠一井上麻里奈は、日髙のり子らが主催する長寿ラジオ番組(声優アワードより歴史が長い)・『ノン子とのび太のアニメスクランブル』におけるアニメグランプリで、過去にそれぞれ主演男優賞・主演女優賞を受賞している。

以上のように、シグマ・セブンが声優アワードのみは頑なに参加していない詳しい理由は明かされていない。しかし、ほとんどの事務所が参加する中、不参加という清々しいほど孤高な精神をアワード開設以来ずっと貫いていることを評価する声が年々高まっている。今後も不参加の精神を貫くのか注目である。

俳優の受賞

2014年に「アナと雪の女王」の吹き替えの人気に対する評価として神田沙也加に主演女優賞が贈られた際は、声優を本業としていない俳優への授与は賞の理念としてどうなのかと、アニメファンの間でも賛否両論であった。
さらに2016年に「君の名は。」への評価として神木隆之介上白石萌音が主演部門を制し、「この世界の片隅に」ののんに特別賞が授与された。
上述のようにファンの最多得票賞なども排され、今後は「声優を対象とする賞」ではなく「全ての声優活動を対象とする賞」に移行していくのかもしれない。
こうなると、大作映画などにキャスティングされる機会がそもそも無くなっているプロの声優にとっては、非常に不利な「声優アワード」になったと言える。

受賞者一覧










主演男優賞おめでとうございます
主演女優賞おめでとうございます


主演男優賞松岡禎丞主演女優賞水瀬いのり
助演男優賞鈴村健一助演女優賞伊藤静
細谷佳正早見沙織
新人男優賞梅原裕一郎新人女優賞上坂すみれ
武内駿輔高橋李依
村瀬歩田中あいみ
パーソナリティ賞鈴村健一歌唱賞i☆Ris
  
特別功労賞逝去された声優を顕彰功労賞中村正
 千々松幸子
 野村道子
富山敬賞森久保祥太郎高橋和枝賞井上喜久子
シナジー賞ちびまる子ちゃんキッズファミリー賞ピエール・コフィン
最多得票賞神谷浩史(殿堂入り)特別賞A応P



受賞部門

第1群 一般投票により一次選出を行う部門

主演男優・女優賞
対象期間中に発表された作品の中で主演として活躍された声優
他の賞と比べ、審査対象年度の作品を象徴とする人物が選ばれる模様

助演男優・女優賞
対象期間中に発表された作品の中で助演として活躍された声優
初期のサブキャラクター賞に相当

新人男優・女優賞
原則として声優としてデビュー5年以内で対象期間中に「新人賞」を取るにふさわしい、特に目立った活躍をした声優
近年は男女ともに3人枠になっている

歌唱賞
声優自らの名前もしくは演じている役名で歌唱を発表している声優

パーソナリティ賞
声優自らの名前もしくは演じている役名でラジオ、webラジオ、TV、その他の番組でパーソナリティとして活躍されている声優

第2群 選考委員会にて顕彰される特別賞など
特別功労賞
故人の中で、長年に渡り多くのジャンルに貢献した声優

功労賞
長年に渡り多くのジャンルに貢献した声優

シナジー賞
作品として声優の魅力を最大限に発揮した作品

富山敬賞
声優という職業を各メディアを通じて多く広めた男性声優
高橋和枝賞が新設される前は男女の区別が無かったので女性では唯一水樹奈々のみ受賞している

高橋和枝賞
声優という職業を各メディアを通じて多く広めた女性声優
富山敬賞と並ぶ女性声優に贈られる賞として新設

キッズ・ファミリー賞
子ども達の視点で選ばれた声優

特別賞
どの賞にも当てはまらないが、表彰すべき特別な活動をされた声優・作品・活動等

関連タグ

声優 人気声優 超!A&G テレビアニメ 2017年アニメ総覧
KADOKAWA 文化放送 小学館 

関連サイト

-=Seiyu Awards=-

pixivに投稿された作品 pixivで「声優アワード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11984

コメント