ピクシブ百科事典

アナと雪の女王

あなとゆきのじょおう

ディズニーの長編アニメーション映画の邦題。原題は『Frozen』である。
目次[非表示]

概要

アンデルセン童話雪の女王』からインスピレーションを得たディズニーの長編オリジナル3Dアニメ映画である。
原題は「凍りついた」という意味の『Frozen』。日本での略称は「アナ雪」。

原案となった『雪の女王』は世界各国で何度もアニメ化されている(ソ連版が特に有名)が、本作は『雪の女王』とはストーリーや登場人物が全く異なり、断片的にモチーフを借用している以外の共通点はないと言ってよい。

声の出演はクリスティン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフなど。
日本語吹き替えはアナ(クリスティン・ベル)に神田沙也加、エルサ(イディナ・メンゼル)に松たか子を起用している。

ちなみに本国アメリカおよび各国では概ね2013年11月に公開されたが、日本のみ2014年3月公開と大幅に遅れることになったため、日本でのブーム到来も遅かった。
このためpixivでも公開当初は、主に海外絵師による原題「Frozen」のタグでの投稿が多く残っている。

ストーリー

沿岸部に位置するアレンデール王国の王女エルサは、触れたものを凍らせたり雪や氷を操ることができる魔法の力を持って生まれてきた。そんなエルサだが、両親からは愛されており、3つ年下の妹アナとも仲が良く、時にはエルサの魔法の力を使って共に遊ぶこともあった。
しかし幼いある日、魔法で遊んでいた最中に怪我をしそうになったアナを救おうとしたエルサの魔法が予期せぬ形でアナに当たり、アナは意識不明の重体に陥ってしまう。
助けを求めるエルサとアナを連れ、王と王妃は山奥のトロール一族の元へアナを救う手立てを求めに向かう。幸いトロールの力でアナは救われるが、魔法による傷を癒すためには、姉妹の楽しい思い出だけを残して、魔法に関する記憶をアナの頭から消すことが必要だった。魔法の力に対してトロールから忠告を受けたエルサと両親は、成長と共に増大する魔法の力を制御できるようになるまでエルサが誰とも触れ合わないように城を閉ざし、魔法の記憶を失ったアナとの接触も断つようにした。
以来、エルサは部屋に閉じこもるようになり、理由も分からず突然姉に会えなくなったアナは一人寂しく過ごす。その十年後、両親が海難事故で亡くなり、姉妹は互いだけが唯一の肉親となってしまう。

それから三年後、姉妹二人は成長し、エルサはアレンデールの年若い女王となる。
戴冠式には特別に一日だけ城が開放されることになり、諸外国から訪れる大勢の人々との触れ合いに喜びを抱くアナは南諸島の王子・ハンスと出会い、意気投合。電撃的に婚約を決めるが、エルサが反対したことで姉妹は喧嘩となり、エルサは大勢の人を前にして魔法を暴走させてしまう。
秘密を知られ、化け物呼ばわりされたエルサは山へ逃げ出すが、魔法は彼女の意識を超えて影響を広げ、夏のアレンデールは雪の降りしきる永遠の冬に閉ざされてしまう。アナは姉を追いかけて山へ旅立ち、途中で山男のクリストフトナカイスヴェン、夏に憧れる雪だるまオラフと出会い、王国と姉を救うために氷の宮殿へと向かう。

登場人物

アナ(CV:神田沙也加
エルサ(CV:松たか子
クリストフ(CV:原慎一郎
オラフ(CV:ピエール瀧
ハンス・ウェスターガード(CV:津田英佑
ウェーゼルトン公爵(CV:多田野曜平
パビー(CV:安崎求
オーケン(CV:北川勝博
ブルダ(CV:杉村理加
アレンデール国王(CV:根本泰彦
カイ(CV:飯島肇
ゲルダ(CV:増岡裕子

興行成績と受賞歴

  • 第86回アカデミー賞にて主題歌賞(『Let It Go』)と長編アニメーション賞を受賞
  • 第71回ゴールデングローブ賞にてアニメーション映画賞を受賞
  • 第67回英国アカデミー賞にてアニメーション映画賞を受賞
  • 世界興行収入が10億ドルを突破。ディズニーのアニメ映画としては、それまで「トイ・ストーリー3」が保持していた記録を塗り替えた。(ちなみに「ディズニー映画」全体での記録保持作品は「アベンジャーズ」の15億ドルとなる)
  • 日本における興行収入が250億円突破。16週連続興行収入ランキング第1位を記録。
  • サウンドトラックCDの販売数がアメリカのアルバムチャートにて、通算11週首位をキープ。
  • iTunesのランキングのTOP10のほとんどを関連曲で埋め尽くした。トップは主題歌『Let It Go』。

日本における歴史的ヒット

世界中で人気を博した本作だが、とりわけ日本では社会現象となる大ヒットとなった。
日本における興行収入254億円は、「千と千尋の神隠し」「タイタニック」に次ぐ歴代第3位の記録である。
特に日本では吹き替えのキャスティングが高く評価され、これもヒットに繋がった。

BDが1日で66.1万枚を売り上げ、それまで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が保持していたBD累積売上記録46.5万枚を塗り替えた。MovieNEXは3週間で250万枚を売り上げている。

また主題歌『Let It Go』も大ヒットを記録し「レリゴー現象」を巻き起こした。
サウンドトラックの売り上げは100万枚を突破、アニメ映画のサントラの歴代セールス記録を塗り替えるなど、音楽面でもブームを巻き起こした。
日本語版ではMay J.がED曲として『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』を歌っていた。

このような経緯から、2014年の流行語大賞トップテンに「ありのままで」が選ばれ、また同年の『ヒット商品番付』でも第1位となった。

ちなみに本国アメリカでの興行収入は「トイ・ストーリー3」「ライオンキング」「シュレック2」などには及ばず、最終的に「ファインディング・ニモ」と同じくらいの興行成績に落ち着いており、日本のような記録的ヒットにまでは至っていない。
主題歌や作品がアカデミー賞などに輝くことも、ディズニーアニメでは珍しいことではなく、作品としての評価がより高い作品は他にも多数あるのだが(著名な映画の格付けサイトRotten Tomatosにおけるアナ雪の評価は89%。近年アカデミー賞を受賞したディズニーアニメだと「トイ・ストーリー3」が99%、「カールじいさんの空飛ぶ家」が98%、「WALL-E」が96%という評価を受けている)本作は、日本人の心の琴線に特別に触れる何かを備えていたのかもしれない。

2017年の1月12日には地上波初放送が告知され、同年の3月4日にフジテレビ系列でオンエアされた。
大ヒット作であっただけに19.7%という高視聴率を記録したものの、エンドロールの代わりに挿入されたフジテレビオリジナルのエンディングが多くの視聴者を困惑させ、放送終了後に賛否両論となった。

続編

後日談となる短編アニメ『アナと雪の女王 エルサのサプライズ(原題:Frozen Fever)』が、実写版映画『シンデレラ』同時上映予定。
やって来たアナの誕生日。サプライズの準備は万端、アナを街中連れ回して十数年分のプレゼント攻撃を繰り広げるエルサは、調子が悪いのかくしゃみばかり。うれしさ半分、心配半分のアナにとって、いちばんのプレゼントとは――。

さらにディズニー社の株主総会において、同じスタッフを起用しての長編第二弾『Frozen2』の製作も発表された。公開日を含め詳細はまだ不明。

関連イラスト

Family - Frozen


少しも寒くないわ



関連動画

イディナ・メンゼルの歌う主題歌「Let it go


松たか子の歌う「Let it go」の日本語バージョン。


関連タグ

ディズニー/ディズニー映画 Frozen
エルサ/Elsa アナ/ANNA クリストフ オラフ ハンス
エルアナ クリアナ ハンアナ ハンエル 雪だるまつくろう 
アニメ映画 童話 雪の女王 アンデルセン 

外部リンク

アナと雪の女王 | ディズニー映画

pixivに投稿された作品 pixivで「アナと雪の女王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26844028

コメント