ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

パイレーツ・オブ・カリビアン

ぱいれーつおぶかりびあん

『パイレーツ・オブ・カリビアン』とは、ディズニーのテーマパークにある「カリブの海賊」を原作とした映画シリーズ。
目次 [非表示]

概要

監督ゴア・ヴァービンスキー(1作目~3作目)、ロブ・マーシャル(4作目)、ヨアヒム・ローニング(5作目)。


ディズニーランドの人気アトラクションの1つカリブの海賊をモチーフに、大航海時代の海賊ジャック・スパロウとその周辺人物達の活躍を描く冒険映画シリーズ。

ファミリーで楽しめる娯楽映画として世界中で人気であり、これまでに5作が制作され、シリーズ合計で45億ドル以上を稼いでいる。

公開後、東京ディズニーランドでは『カリブの海賊』とのタイアップも実現し、アトラクションにはジャックやデイヴィ・ジョーンズなどのキャラクター達が加わった。東京ディズニーシーでは、5作目公開にともない2017年7月から、本作をテーマにした夏イベントが開催された。


1作目から3作目までは連続した物語だったが、4作目では新たなシリーズの始まりを企図し、これまでの登場人物の殆どが一新され、1~3作目との繋がりも少ない新たな物語が描かれた。5作目では再び1~3作目との繋がりが深い世界観へと回帰している。


5作目の公開から5年以上が経過しているが、6作目は発表されておらず、代わりに世界観を一新したリブートの噂がたびたび報道されている。

なお、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップは、元妻アンバー・ハードに対するDVを巡る裁判の影響で、主演続投が絶望的と見られている。


主要人物

ジャック・スパロウ / 演:ジョニー・デップ

登場:1、2、3、4、5

本作の主人公で海賊


ヘクター・バルボッサ / 演:ジェフリー・ラッシュ

登場:1、2、3、4、5

ジャックの元仲間で好敵手の海賊。4作目では一時的にだがイギリス海軍の人間となった。


ウィル・ターナー / 演:オーランド・ブルーム

登場:1、2、3、5

バルボッサに浚われた総督令嬢を救うためジャックと海に出た刀鍛冶。後に「フライング・ダッチマン号」の船長となり、呪いを受け継ぐ。


エリザベス・スワン / 演:キーラ・ナイトレイ

登場:1、2、3、5

父親の治める島を襲撃してきたバルボッサの海賊船に交渉のため乗り込むも、そのまま浚われてしまった総督の令嬢。最終的にウィルとの子供をもうける。


ジョシャミー・ギブス / 演ケヴィン・マクナリー

登場:1、2、3、4、5

ジャックの右腕を勤める一等航海士であり、全作に渡って忠実な部下として出演。アクの強い他の主要人物たちと比較すると極めて常識的な人物(それだけに損な役回りが多い)。ジャックやバルボッサには「ギブス君」と呼ばれている。


ジェームズ・ノリントン / 演:ジャック・ダヴェンボート

登場:1、2、3

エリザベスに恋するイギリス海軍士官。ジョーンズの心臓を手に入れた後は、ベケット卿によって代将の座に就くも、エリザベスを守ったために死亡する。


カトラー・ベケット卿 / 演:トム・ホランダー

登場:2、3

東インド会社総督。会社の利益のためには手段を選ばない冷徹な性格であり、デイヴィ・ジョーンズすらも手中に納め、ジャックのコンパスを狙う。2~3作目通してジャックと戦い、終始余裕の表情を浮かべていたが、自身の敗北が確実となった際には呆然とし、逃げることもせずに船と運命を共にした。


デイヴィ・ジョーンズ / 演:ビル・ナイ

登場:2、3、5

幽霊船フライング・ダッチマン号」を操る船長。海の女神“カリプソ”の呪いを受け、半魚人のような姿にされた。


伝説の海賊

登場:3

ジャック、バルボッサを含めた9人の海賊王。東インド会社との決戦の為、七つの海から集う。


アンジェリカ / 演:ペネロペ・クルス

登場:4

ジャックの元恋人。「生命の泉」を得るためにジャックに近づく。


エドワード・ティーチ(黒ひげ) / 演:イアン・マクシェーン

登場:4

最恐最悪の海賊にしてアンジェリカの父親。死の予言を覆すために「生命の泉」を目指す。


アルマンド・サラザール/演:ハビエル・バルデム

登場:5

魔の三角海域」に幽閉された“海の死神”。ジャックへの強い復讐心を持つ。


ヘンリー・ターナー/演:ブレントン・スウェイツ

登場:3、5

ウィルとエリザベスの息子。父の呪いを解くために「ポセイドンの槍」を求め、ジャックを探す。


カリーナ・スミス/演:カヤ・スコデラリオ

登場:5

天文学者。「ポセイドンの槍」の在り方を示す「ガリレオ・ガリレイの日記」を所持している。


シリーズ一覧

1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』(2003年)

2作目『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』(2006年)

3作目『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』(2007年)

4作目『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(2011年)

5作目『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』(2017年)


関連タグ

映画 洋画 ディズニー映画

海賊 カリブの海賊 ジャック・スパロウ


ジャングルクルーズ ホーンテッドマンション:同じく映画の元になったディズニーランド内にあるアトラクション


キングダムハーツ23において主人公のソラが本作の世界に飛び込む。ジャックたちが原作映画をほぼそのまま再現したリアルな姿(3では特にそれが顕著に羅われている)であるが、ソラはともかく、アニメキャラクターのドナルドグーフィーも同席している状態のため、ややシュールな光景に見える。舞台が地球のため、ソラも地球に来たことになる。


村田諒太:テーマ曲『He's a Pirate』を入場曲に使用。


外部リンク

パイレーツ・オブ・カリビアン - Wikipedia

パイレーツ・オブ・カリビアンとは - はてなキーワード

関連記事

親記事

ディズニー映画 でぃずにーえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1520186

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました