ピクシブ百科事典

グーフィー

ぐーふぃー

ディズニーキャラクターの一人。本名はグーフィー・グーフ。
目次[非表示]

CV:島香裕

概要

犬をモチーフとした長身の男性キャラクター。

デビュー作は1932年5月25日公開の『ミッキー一座』。
この時はディピー・ダウグ (Dippy Dawg)という名前で、観客席でばか笑いを続ける老犬として登場した。

グーフィーの名前がついたのが2年後に公開された『ミッキーの芝居見物』からである。

特徴的な笑い声はデビュー作の時点ですでにみられている。

キャラクター

のんびりとした性格やしゃべり方が特徴。口癖は「アッヒャ」「アッヒョ」。
おとぼけでどんなことでも信じてしまう程のお人好し。
Goofy(英語で"馬鹿馬鹿しい"という意味)という名前の通りおっちょこちょいなところがあるため、ドジを踏んでしまいドナルドを始めとする周りに迷惑をかけることが多々あるが、悪気はなく失敗してものほほんとしていることが多い。
マックスという息子がおり、彼が絡むと父親らしいまともな発言をすることも多いが、
度々過剰に気にかけたり、悪い意味で厳しい父親面をしてしまう事もあってマックスからは
うるさがられたりすることもしばしばある。

余談

短編アニメ『グーフィーの自動車大好き』では車に乗ると性格が大きく変わり、「前を開けろ!邪魔なんだよ!」と普段のグーフィーとは考えられない口調と形相で車を暴走させていた。
しかし、性格が変わっているのはグーフィーではなく、グーフィーが演じている一般市民の男性ウォーカーである・・・のだが、アニメ『ハウス・オブ・マウス』では、マックスがこの映像をグーフィーの私生活の模様であると紹介した。
『ハウス・オブ・マウス』のこの回は、マックスが車の免許を取りたいと言い出すもののグーフィーが「まだ子供なんだから早い」と言って許可してくれない、というストーリーで、自分の映像を見た当のグーフィーはこの映像を見て普通に笑っていたり恥ずかしがってたりしていた。本人曰く「あれはまだ若くて何にも分かっていなかった頃だから・・・」。

関連イラスト

僕と僕



関連タグ

ディズニー ディズニーキャラ
キングダムハーツ:主人公を支える騎士隊長として参戦

pixivに投稿された作品 pixivで「グーフィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2174304

コメント