ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

黒歴史

くろれきし

アニメ『∀(ターンエー)ガンダム』の用語で「封印された歴史」のこと。本稿は∀ガンダムの用語として扱う。
目次 [非表示]

ネット用語の黒歴史に関してはこちら

∀ガンダム編集

アニメ『∀ガンダム』の作品内に登場する用語。


広義ではターンエーガンダムの武器「月光蝶」によって消滅させられた歴史とその遺物=先史文明を指す。狭義ではに保管された膨大な記録データを指す。


これらのデータは再び人類に闘争の歴史をもたらす『過去の人類の負の遺産』と判断され、ゆえに厳重な管理のもと限られた人間しか閲覧できない。

劇中のストーリーでは宇宙世紀の時代のMSが多く発掘され、再び兵器として蘇っているが、この行為自体も本来は禁忌だということになる。


保管されている文明の記録には、宇宙世紀は無論の事、いわゆるアナザーガンダムとされる未来世紀アフターコロニーアフターウォーのものが含まれている。


宇宙世紀における黒歴史は地球連邦議会議長であるゴップが月に置いたアーカイブが関係しているらしい。


なお、富野由悠季によれば、SDガンダムの世界も黒歴史に組み込む予定があったといわれている。実際、SDガンダムシリーズの一つ『ムシャジェネレーション』は『∀』のパラレルストーリーであり、『SD戦国伝』から続く武者頑駄無シリーズの前日談でもある。

ガンダムシリーズ自体がフィクションとして扱われている『ガンプラビルダーズ』や『ガンダムビルドファイターズ』及び『ガンダムビルドダイバーズ』といったガンプラ系アニメは含まれないようである。


∀は「全て」を意味し(入力のときも「全て」で変換できる)、恐らくはリギルド・センチュリーポスト・ディザスターアド・ステラなど、今後発表される作品で取り上げられる文明も、全て黒歴史の中に含まれるのだろう。

西暦やアドヴァンスドジェネレーションについては、年号に関して無視できない矛盾(宇宙世紀が西暦の後の年号である設定や、西暦に存在するELSの存在など)もあるが、「ガンダム」と題が付いている以上は最終的に黒歴史として正暦へと繋がるのかもしれない。


…ということになっているが、実はこれらのガンダムの歴史がどのようにして繋がるのかはほぼ明確化されていない。というより全てを繋げようとすると∀の間で起こったとされる文明崩壊(世界観のリセット)をアナザーガンダムの数だけ起こさなければ辻褄が合わないし、例えそうだとしても無理が発生するのである。

ファンの間で「全作品はどのような流れで∀に繋がるか」が考察されることが多いが、実際は下記するのようにファンサービスやメタ的な意味合いが含まれる設定であり、基本的にアナザーガンダムの世界観はそれぞれ独立していると考えるのが妥当であり、「すべてのガンダムシリーズは∀に繋がる」という発言も真面目に受け取るよりかは、ふんわりとした形で受け取ったほうがいいということを理解すべきだろう。

富野監督自身も「ファンの皆さんでガンダム全史を考えてくれればいい」と語っている。


なお、Gのレコンギスタのリギルド・センチュリーについて富野監督は「∀の後の歴史を想定した」と発言しており実際に劇中でも過去の技術として月光蝶が使われている。ただしこれは放送後に監督が発言したものであり、サンライズの公式設定ではリギルド・センチュリーは宇宙世紀から地続きで∀より前の時代となっている。この辺りは現在、あくまで

富野監督の中での設定であり完全な公式設定という訳ではないので注意が必要である。


また、U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズに収録され、編集版がYouTubeのガンダムチャンネルで公開されている「光る命 chronicle U.C」では∀が宇宙世紀の文明を滅ぼし、数々のアナザーガンダム作品と繋がっているかのような映像があるが、この作品は福井晴敏描き下ろしのシリーズ40周年記念で作られた特典映像なので、これを根拠に全ての作品が繋がっていると断定できるものではない。


なお、ファンの中には好きなガンダム世界を黒歴史として扱ってほしくないと考える人もおり、そもそもアナザーに関してもSEED以降は含まれているかハッキリしていない傾向にあるため、やたらに「ガンダムシリーズは全部∀に繋がる」という発言をするのは、控えた方がいいだろう。


黒歴史のメタ的な意義編集

ざっくりと言えば、黒歴史という設定を加えることで宇宙世紀以外の全てのガンダム作品を「過去にあった正史として含める」という目的があったと思われる。


放送当時は、宇宙世紀とアナザーガンダムのファンの間で不毛な批判合戦が行われていた。これに富野はニュータイプ論争を含めて辟易としていたようであり、「不毛な論争を叩き潰すために、原作者自らがどれほど設定に無理があろうが全てを肯定して一つに繋いだ」のが富野由悠季氏の意図として強い。


「その後に製作されたガンダムは正史たり得ない」という意見も、先の公式見解に加えて、本編での演出・役割を考えるとそもナンセンスな意見となるだろうし、富野もそれを意識して演出したと思われる。


黒歴史の設定を表面的に見れば「過去作のガンダムが否定された」と受け取ってしまいがちだが、

実際に∀ガンダムのストーリーを見れば分かる通り、本作は黒歴史(過去のガンダムシリーズ)をただ単に否定しているわけではなく、同時に過去作の歴史を知ってほしいと肯定する意味合いも強く含まれている。


それは∀ガンダムの劇中の描写においてもハッキリと表現された。

地球人がモビルスーツのことをモビルドール、機械人形という正式ではない名称で呼んだり、思わずシリーズファンが笑ってしまうものでは初代ガンダムに登場する旧式のザクⅡ(∀ではボルジャーノンと呼ばれる)で、あろうことか最新式のモビルスーツであるスモーに対抗する展開も。


詳しくない人のために説明すると、ザクⅡは初代の数十年後である『ZZ』の時点で既に骨董品とも呼ばれるほど型落ちかつ戦闘用として使い物にならない性能で、スモーはそこから何百年、下手すれば何千年も後と推測される時代の機体である。どれだけ無茶なことをしているか見て取れる。


これはまだコメディの範疇として描かれたが、更に恐ろしい表現として、地球人が何も知らずに核爆弾を持ち出してしまう「夜中の夜明け」という回も描かれた。

要するにこれらは歴史に詳しくないがために起きる問題であり、過去の歴史を知る必要性が描かれている。


なお、ファンの考えでは、本作は最終的にターンタイプが繭の中に封じられるため、「ガンダムシリーズを終わらせる」という裏のメッセージを入れたという説も提唱されているが、ハッキリとは語られていないため不明である。

仮に事実だとして、Gレコが∀の後の歴史だと語られたことで、この設定は消滅したと考えられる。


作中に登場した過去作の機体/要塞/コロニー編集

()は登場したエピソードを指す。

第43話での黒歴史の映像は作中史から見て古代とされる「宇宙世紀」から始まっているが、パラレルワールドに当たるアナザーガンダムの映像も使用されている。

「長い長い戦争の歴史があったのです」ともディアナの発言から宇宙世紀から始まったガンダムの歴史を振り返るというメタ的な意味合いを含んだシーンなのだろう。


第45話ではシド・ムンザの保有するデータとして過去作の機体がいくつか登場。


機動戦士ガンダム編集


機動戦士ガンダムΖΖ編集


機動戦士ガンダム逆襲のシャア編集


機動武闘伝Gガンダム編集


新機動戦記ガンダムW編集


機動新世紀ガンダムX編集



スパロボでは編集

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇』第15話クリア時のトークにて、エスターが自身の幼少期のとある思い込みを、スラングとしての「黒歴史」と評した。

このとき話を聞いていたシンゲイナールナマリアガロードカミーユの5人は驚いていたのだが、彼らは過去作で本来の意味での黒歴史を目撃しているので、これらの世界が繋がっていると仮定すれば、エスターの言葉の意味ではなく「黒歴史」という言葉そのものに反応したと言えるだろう。

「ネットスラングとしての黒歴史」と「∀ガンダムでの本来の意味の黒歴史」が同時に登場したと考えられる稀有な例である。


ロストヒーローズ2では編集

リジェスによって各世界の要素が混じり合った影響でマウンテンサイクルが「マウンテン・キューブ」として編纂されてしまっており、黒歴史もその中に眠っている(なお、本作では∀の前史であるガンダムたちと当たり前のようにクロスオーバーするので掘り下げはあまりない)。

ボルジャーノン隊は発掘したMSを味方に付けて戦っており、ターンエーは世界融合の影響で再び石像化(正確にはナノマシンによる保護状態)してしまい、ムーンレィスの襲撃により目を覚ました。


なお、マウンテン・キューブには「山に眠る過去作の遺物」繋がりでか『ウルトラマンギンガ』の降星山の要素も混じっている。


関連タグ編集

∀ガンダム関連編集

月光蝶 ∀ガンダム(黒歴史) 先史文明

ラッキースケベ:本項目と同様に、ガンダムを語源とするネットスラング。

メタフィクション ガンダム連合:公式作品において、パラレルワールドに当たるシリーズのガンダムが登場した先例。


外部リンク編集

Dark History

『黒歴史』という日常用語はこのアニメから生まれた!

関連記事

親記事

正暦 これくとせんちゅりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31192947

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました