ピクシブ百科事典

ルナマリア・ホーク

るなまりあほーく

ルナマリア・ホークは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物。
目次[非表示]

「忘れてたぁ?私も赤なのよ!」

プロフィール

生年月日7月26日
年齢17歳
身長164cm
体重46kg
血液型A型
所属ザフト軍
主な搭乗機
声優坂本真綾


概要

ザフトの最新鋭戦闘母艦ミネルバに所属するMSパイロットの1人。
赤服」を着用するエリート軍人。通称ルナ
同じくミネルバの管制官を務めるメイリン・ホークの実姉にあたり、シン・アスカレイ・ザ・バレルらとは士官学校の同期である。

赤のパーソナルカラーに塗装した専用のザクウォーリアに乗り、ガイアガンダムとの格闘戦では互角の戦いをするなど、赤服の名に恥じぬ活躍を見せる。
しかし、その他では戦う前にエンジントラブルで戦線離脱したり、敵の直撃弾を食らって大破し自身も負傷するなど、見せ場があったかと言われれば微妙である。
射撃スキルは特別低いわけではないが、「射撃は苦手」と認めるくらいの腕前である。だが、ザクには長距離砲撃戦用の装備であるガナーウィザードを装備させてしまうことが多く、取り回しの悪さなどから劣勢に回ることもあった。

アスラン・ザラに憧れと興味を抱いており、シンにうまく接することが出来ず思い悩む彼に理解を示し、裏で励ますこともあった。
物語の中盤で、戦闘介入を続けるアークエンジェル一行の真意を確かめるため外出するアスランをタリア・グラディスの命令で尾行するが、その際、アスランとキラ・ヤマトの間で交わされた「プラントのラクスは偽物であり、本物のラクスはザフト軍に殺されかけた」という事実を盗聴という形で聞いてしまう。
しかしながらタリアに対してその事実を報告することはできず、また、終盤で本物のラクスが表舞台に姿を見せた際も、ギルバート・デュランダルの示す道こそが正しいとするレイの言葉に何も言い返すことができず、以後物語が終わるまで、ルナマリアはこの事実を誰にも話すことはなかった。

そして戦乱の中、アスランがメイリンとともに軍を脱走し、シンに撃墜されるという事件が起こる。保安部からは「敵であるアスランに懐柔され、軍の機密情報を流した」という見解を示され、家族と憧れの人物とを同時に失ってしまい、悲しみに打ちひしがれる。
しかし自責の念に苛まれつつも自分に対して気遣いを見せるシンに対し、癒しを求めるかの如く急速に距離を縮めていき、恋人関係となる。

インパルスガンダム搭乗後は(というかアスランが抜けたことで)、シンとレイ・ザ・バレルとの抜群のチームワークで活躍を見せている。ザク搭乗時には発揮されることの少なかった白兵戦も増え、ヘブンズベース攻防戦ではソードインパルスで出撃し、デスティニー、レジェンドとの連携でデストロイガンダム5機を瞬殺する戦果を挙げるなど、このころから序盤でのつまずきっぷりが嘘のように活躍し始める。
その後のオーブ攻防戦では、ジブリールの乗るシャトルを落せず、射撃時のうっかりっぷりをネタにされたが、漫画などで「最大加速しながらの射撃は難しい」とキラやシンも外す姿が描かれ、フォローされた。

宇宙に上がった後のレクイエム攻防戦では、廃坑から単機で内部に進入しレクイエムのコントロールルームの破壊に成功する。
その後、戦果の中でメイリンがエターナルに搭乗して生存していることを知り、なおかつメイリンからどちらのラクスが正しいのかを問われることとなるが、その問いに答えを返せないまま、エターナルの直擁機ドムトルーパーに攻撃され、やむなく撤退。
迷いを抱えたままアスランに挑むも、パイロットの技量差により手持ち武装と脚部を破壊されてしまい、機体を中破に追い込まれるが、直後に駆け付けたシンにより窮地は脱する。
しかしアスランとシンのぶつかり合いを傍観する中、迷いながらも戦い続け、精神的に追い込まれて劣勢になってゆくシンを見るに耐えかね、機体を強引に割り込ませて戦闘を止めようとする。次の瞬間、妹やステラの幻覚を見たシンに危うく撃墜されそうになるが、アスランが間一髪のところでデスティニーの攻撃を防いだことで悲劇は免れた。
その後は、撃墜され月面に墜落したシンを追い、そのまま戦闘終結を迎えることになった。その際、オーブへのレクイエム発射が阻止されたことに涙を流すシンに対し、同じく涙しつつも安堵の表情を見せているなど、最後までシンを気遣っていた。

戦後、オーブの慰霊碑をシンとともに訪れ、そこでアスランやメイリンに再会する。戸惑うルナマリアに対し笑顔を見せるメイリンに、思わず笑みがこぼれるなど、姉妹間のわだかまりは無いようであった。
なお、同時に顔を合わせたキラに対してはフリーダムのパイロットだったという点では驚いていたものの、こちらも特に遺恨などは見られなかった。
シンと共にオーブ軍に出向している。

容姿

赤い髪をショートにした快活な美少女。
軍服を自分の手で改造しており、ピンクのプリーツに黒いニーソックスというスタイル。
その絶対領域は宇宙空間でのローアングルでも鉄壁を誇った

フィギュアでは紺色のパンツを着用していた事から、「見えても平気なブルマを着用している」と推測され、「ブルマリア」の愛称がついた。
アニメ本編では絶対見せないのかと思いきや、着替えシーンであっさり黒いパンツを披露
そして、HDリマスター版では興味津々でセイバーガンダムのコクピットを覗きこむシーンで
黒いパンツに包まれた見事なお尻をHD画面に大写しにしてくれたのだった

スタイルも良く、イラストやフィギュアによっては巨乳になっている。
作中でもメイリンよりウエストが細く、胸が大きい描写がされている。

外部作品

ガンダムEXVSシリーズではルナマリア専用のガナーザクウォーリアのパイロットとしてプレイアブルキャラクターとなっている。射撃性能が良く、後衛としては比較的優秀な機体であるにもかかわらず、戦闘中に度々「あたし、射撃苦手なのよねー。」とつぶやく様が若干シュールだったため、一部でネタになっていた。(射撃が苦手かどうかはプレイヤーの実力次第であったのも拍車をかけている)

また、Gジェネレーションシリーズ等のゲームでは、射撃よりも格闘に関するステータスのほうが高いという扱いをされることも在る。

スーパーロボット大戦Zでは命中率関係の精神コマンドがあるが、命中率を100%にする「必中」の消費SPが高く設定されており、30ポイントも消費してしまう(平均値は15~20。しかも命中率関係の精神コマンドはこれしか覚えない)。おかげで「必中30」が代名詞になってしまった。
トライアタックでは「先の大戦の英雄ならやれるわね?!行くわよ!」とキラ・アスランを気圧す場面も。
なお、第2次Z再世篇では結婚発表の後に作成された事もありシンとの関係をクローズアップされ、ギアスシナリオの「アッシュフォード・ラプソディ」ではシンの「俺たち…もう恋人同士だろ」の発言を受け肯定。

これ以降の作品ではシンのデスティニーガンダムとルナマリアのインパルスガンダムの合体攻撃・共同攻撃が用意されるケースが増えた。

Gジェネレーションシリーズ

『PORTABLE』にデビューして以来、着実に参戦。
『WARS』からは、GNドライヴ(GNドライヴ[T]も含む)搭載ユニットも搭乗でき、西暦世界館出身やイノベイターイノベイドではない)でもないのに特殊セリフ(ファングトランザムなど)もする。適合するユニットを選ぶならGN-XⅢアロウズ機のみ)とアルケーガンダムヤークトアルケーガンダムも含む)。

そして『WORLD』からは、マイキャラクターの助けや指揮も受けられるようになった。

関連イラスト

センシティブな作品
ルナマリア・ホーク


CB制服ルナマリア!
ルナマリア・ホーク



関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ルナマリア ザフト
メイリン・ホーク シン・アスカ レイ・ザ・バレル アスラン・ザラ
アスルナ シンルナ
ブルマリア 誤射マリア ブタマリア・ポーク

関連記事

親記事

ザフト ざふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルナマリア・ホーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6822571

コメント