ピクシブ百科事典

インパルスガンダム

いんぱるすがんだむ

ZGMF-X56S インパルスとは、アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するモビルスーツである。劇中以外では「インパルスガンダム」と呼ばれる。 前半主役機で、パイロットはシン・アスカ。(後半はルナマリア・ホーク)
目次[非表示]

機体データ

型式番号ZGMF-X56S
全高17.76m
重量63.54t
装甲材質ヴァリアブルフェイズシフト装甲
動力源バッテリー
所属ザフト
パイロットシン・アスカルナマリア・ホーク


概要

ユニウス条約締結後、ザフトが開発した試作MS群「セカンドステージシリーズ」の1機。型式番号はZGMF-X56S。型式番号の「5」は装備換装型系統、「6」は開発ナンバー、「S」は「Second Stage(セカンドステージ)」を示す。
リジェネレイトガンダムテスタメントガンダムで使用された技術を発展させ、コアスプレンダーを中心とする合体システム等を始めとした革新的な技術が惜しみなく盛り込まれている上、そのコンセプトは単機での高性能の特化を目指すというもので、ファーストステージシリーズフリーダムガンダムから変わらない全領域高性能機である。
ただし、機能上性能を最大限に発揮するには専用の母艦が必須になった上、機体構造が複雑で整備性が悪く、訓練面においてもパイロットに負担を強いる機体となったため、前線配備された機数は2桁にも満たない。

ユニウス条約の影響で核エンジンの使用に制約が発生したものの、デュートリオンビーム送電システムなどの複数の代替技術や母艦までも含めた連携運用によってその性能を補完している。その反面、インパルス本体はオーソドックスな機体となったが、ファーストステージシリーズから培われたデバイス面の技術や、重力下においてもホバー飛行できる多機能性を有している。劇中では多数の敵機を始め、キラ・ヤマトのフリーダムガンダムを撃墜するなど、輝かしい戦果を上げている。
パイロットのシン・アスカデスティニーガンダムを受領した後、本機のパイロットはシンの同僚であるルナマリア・ホークが務めている。

インパルスシステム

本機「インパルス」が持つ独自の機能、及び専用の母艦ミネルバとの連携する各種システムを総括した呼称。
主に、コアスプレンダーを中心とする分離・合体機構、シルエットシステムによる状況に応じた武装換装、ミネルバからエネルギー供給を行うデュートリオンビーム送電システムが該当する。

武装

MMi-GAU25A 20ミリCIWS

胸部に2門装備されている機関砲。
本来はミサイル迎撃・牽制・対ソフトスキン用だが、至近距離では一般的なMSの装甲を貫通できる威力を持ち、第18話でダガーLの装甲を貫通している。

M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ

ストライクのアーマーシュナイダーに相当する折りたたみ式ナイフ。両腰に1本ずつ装備。
他の武装と異なり機体の電力を消費しない利点があるため、インパルス最後の武器となる。

MA-BAR72 高エネルギービームライフル

フリーダムやジャスティスに装備された「MA-M20 ルプス」を改良したビームライフル。非使用時は腰にマウントする。

MMI-RG59V 機動防盾

対ビームコーティングがなされたシールド。伸縮機能を有しており、ソードインパルス・ブラストインパルスでは邪魔にならないよう縮めたまま使用される。また、チェストフライヤー時にはランディングギアの代わりとして上端と下端部分がせり出して接地面となるように設計されている。

バリエーション

インパルスジム

ガンダムビルドファイターズトライアイランド・ウォーズ』に登場するインパルスの改造機。ガンプラバトルチーム「北宋の壺」のサノ・ケイコが搭乗する「wktkカスタム」、シグレ・マヒルが搭乗する「マヒル仕様」の2種が存在する。
各種で頭部形状、武装、バックパックの形状が異なっており、奥の手として2体の武装とバックパックを合体させた『ザ ノーザンポッド』を使用することが可能である。

忍パルスガンダム

『ガンダムビルドファイターズGMの逆襲』に登場するインパルスガンダムの改造機。
ニルス・ニールセンがインパルスをベースに日本のニンジャを機能を加味したもの。
主な武器はパワーアックス『剛力圧塵』、両腕の『幻影胡蝶剣』、口に咥えることが出来る双刀型のビームサーベル。バックパックは機翼を展開すると巨大な手裏剣『天空十字剣』へと変化する。

インパルスガンダムアルク/インパルスガンダムランシエ

ガンダムビルドダイバーズ』に登場するガンプラ。
下半身はほぼインパルスガンダムだが、上半身の意匠はAGE系(特にAGE-3とAGE-FX)に近いものとなっている。
「アルク」「ランシエ」というネーミングはエミリアの意向が強いらしい。

変形・分離・合体ができるギミックはインパルスガンダムと同じだが、コアスプレンダーがオミットされた簡略版となっている(そのため合体機構的にはAGE-3が近い)。シルエットシステムはオミットされているが、下記の機構や両者を合体させることによる機能の切り替えが可能となっている。

ランシエ:背部にマウント可能な水中航行用ブースターを付属
アルク:エネルギータンクは背部へのマウント、ライフルへの装着が可能。

現実のガンプラでは余剰パーツとして他のインパルスガンダムのパーツがある程度残っているため、それを使って(多少パーツが足りないが)別カラーのインパルスガンダムを作成したり、劇中では設定上オミットされているシルエットシステムの再現もできる。

立体物

いずれもコレクションシリーズ以外は分離、合体ギミックが再現されている。
HG SEEDでフォースインパルス、ソードインパルスが発売され、ソードインパルスはフォースインパルスに次ぐ売上だった。
2016年にはHGCEでフォースインパルスが発売され、プレミアムバンダイ限定でソードインパルスが発売された。
MGではコアスプレンダーの収納ギミックが再現され、フォースインパルスとソードインパルスが発売された。
BB戦士シリーズにラインナップ。劇中で使用した装備が同梱されている他、組み換えであるがコアスプレンダーとインパルス本体との合体ギミックが再現されており、展示用台座も付属する。

後期主人公機のデスティニーから7年越しにRGが発売され、こちらもMGと同じくコアスプレンダーの収納ギミックが再現されている。フォースインパルスが一般発売され、ソードインパルスはプレミアムバンダイ限定で発売された。
ブラストインパルスは劇中での不遇さから長らくコレクションシリーズのみの発売であったが、プレミアムバンダイ限定でHGCEの発売が決定し、更にソードインパルスから約10年越しに同じくプレミアムバンダイ限定でMGの発売が決定した。

関連イラスト

深海の孤独
ソードインパルスガンダム!



関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY 機動戦士ガンダムSEEDMSV 機動戦士ガンダムSEEDASTRAY
セカンドステージシリーズ デスティニーガンダム
ストライクガンダム リジェネレイトガンダム
シン・アスカ ルナマリア・ホーク マーレ・ストロード コートニー・ヒエロニムス

クラスターガンダム

インパルス
お笑いコンビ。SDガンダムフルカラー劇場で名前がネタにされていた。

関連記事

親記事

セカンドステージシリーズ せかんどすてーじしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「インパルスガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「インパルスガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 384802

コメント