ピクシブ百科事典

フリーダムガンダム

ふりーだむがんだむ

フリーダムガンダムとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」及び「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

機体番号ZGMF-X10A
頭頂高 18.03m
本体重量71.5t
所属ザフト地球連合軍オーブ
パイロットキラ・ヤマト


概要

パトリック・ザラの指示のもと、国力・物量に劣るザフトが、単機で絶対多数の敵を殲滅するほどの圧倒的戦闘力を示すための対地球連合軍の切り札として、兄弟機であるジャスティスガンダムとともに奪取した連合軍製ガンダム(デュエルバスターイージスブリッツ)のデータを注ぎ込み、開発された。

これまでバッテリー駆動を基本としていたモビルスーツと異なりエンジンを搭載している事が挙げられ、更に安定稼動を実現する為、ニュートロンジャマーの効果を打ち消すNジャマーキャンセラーと、それらを制御する新型OSを搭載している。
核エンジンを動力源としている為、PS装甲の展開時間や、高出力ビーム兵装の使用限界が事実上無限となり、強力な兵器を多用する事ができる(但しバルカン砲レールガンといった実弾兵装の弾薬や、推進剤と酸素の量には限りがある為、機体全ての稼働時間が無制限という訳では無い)。その性能に初めて乗ったキラ・ヤマトは「ストライクの4倍以上のパワーがある」と述べている。

背部メインスラスター基両脇に備えたウイングバインダーは、コンピュータ制御で状況に合わせた形状をとることができ、高機動戦闘に特化した「ハイマットモード」や絶大な威力を誇る一斉射撃形態「フルバーストモード」、更に両方のモードを合わせた「ハイマットフルバーストモード」等といった機能を搭載している。

パイロットはイザーク・ジュールかそれ以外のエースが務める予定だったが、ラクス・クラインの手によりキラ・ヤマトに譲渡され、アークエンジェルやオーブ軍と共に活躍した。

ザフトと連合の戦争を終結させたその活躍振りは、連合・ザフト・オーブに語り継がれており、スウェン・カル・バヤンはキラの事を「伝説のパイロット」シン・アスカはフリーダムを「無敵のフリーダムガンダム」と呼んでいた。

フルバーストモードの圧倒的な火力で一度に多数の敵を粉砕し、残った敵を高機動モードで仕留める、というのが本機の得意とする戦術であり、砲撃戦と接近戦どちらでもトップクラスの戦闘力を発揮する隙の無い機体である。
しかし、SEED→DESTINYの2年の歳月の経過による技術革新が恐ろしく早い事もあり、明確に劣ると設定されたビームサーベルの性能を初めに、様々な特化方面でセカンドシリーズの機体に性能面で追いつかれている。
それでも、全面的な総合性能及び機体の基本パワーではセカンドシリーズの追随を許さない。

後期主人公機として

ガンダムシリーズでは、主人公が物語の後半に新型に乗り換えるのが定番となっているが、それらの機体は前半の主人公機をもとに、所属している組織が開発した後継機の場合がほとんどである。しかし、フリーダムはむしろ前半に登場した5機のガンダムの内、主人公機であるストライクガンダムのデータだけは入っておらず、おまけに敵軍が開発したものである。これは、ロボットアニメに於いては非常に珍しいケースである。なのになぜカラーリングがストライクに類似していたかについては、キラの立ち上げたOSの設定によってPS装甲の電圧が変化したためと思われる(実際、SEED DESTINYでラクス救出時にキラがストライクルージュに乗ったときは、装甲を優先した赤から機動性を優先した白に変わっている)。

因みに、敵から奪った機体はガンダムDX、後継機でないものはウイングガンダムゼロ(プロトタイプ)があげられる。

武装

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲

頭部と胸部に固定装備されている滞空防御用機関砲。
ゲイツ等にも同型の装備が搭載されている。

MA-M01 ラケルタ・ビームサーベル

地球連合軍製ガンダム(GAT-Xシリーズ)のデータを基に開発されたビームサーベル。
ジャスティス、フリーダム共通の装備であり、核エンジンからのエネルギー供給により、高出力で刃渡りが長いビーム刃を形成出来る。
2本のビームサーベルの柄同士を連結させ「アンビデクストラス・ハルバード」と呼ばれる、
ビームナギナタの様な二枚刃のビームサーベルになる。
フリーダムにとっては敵に接近された際の予備武装なのだが、事実上、シリーズを通してもっとも使われた武装となった。
しかし、セカンドステージの装備するヴァジュラ・ビームサーベルに比べて性能で大きく劣り、本機の後継機であるストライクフリーダムガンダムの装備する本武装の強化型であるシュペールラケルタ・ビームサーベルにおいてようやく性能が追いついた程。

MA-M20 ルプス・ビームライフル

ジャスティス、フリーダム共通のビームライフルで、本機よりも先に完成していた。
核エンジンからのエネルギー供給により、GAT-Xシリーズ等のビームライフルを超える威力を持つ。

M100 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲

背部ウイング内に計二門装備された高出力プラズマビーム砲。
一門でも、ランチャーストライカーのアグニに匹敵する威力と射程距離を誇り、本機の火器の中では最大の破壊力を持つ。
この武器の改良型がアビスガンダムに搭載されているが、こちらはバッテリー搭載機用に省電力化されたモデルの為、威力で劣る。

MMI-M15 クスィフィアス・レール砲

両サイドスカートに設置されたレールガン兼AMBACユニット。
小口径の弾丸を高速で射出する事で、ランチャーストライクガンダム並の火力と携行弾数の多さを両立している。
ビーム兵装ではないため、水中の敵やラミネート装甲に対しても効果を発揮する。
フルバーストで使用する際の演出はどう見ても黄色のビームにしか見えなかった(これは他のレールガン搭載機にも言える)が、HDリマスター版で編集され、球を連射しているシーンがうかがえるようになった。

ラミネートアンチビームシールド

アークエンジェル等の外装に採用されているラミネート装甲製の対ビームシールドで、ジャスティス、フリーダムの共通装備。
視察窓に加え、ビームライフルの防護の為に、シールドを構えた状態から銃口を覗かせる為の銃窓がある。
意外にもザフト製モビルスーツに初めて正式装備として開発されたシールドである。

劇中の活躍

SEED編

アスラン・ザラとの死闘で心身ともに深い傷を負い、ラクス・クラインの元で療養生活を送っていたキラ・ヤマトが再び戦場に戻る決心を固めた際に彼女の手引きで強奪。哨戒中のジン2機を無力化して地球へと向かう。アラスカ基地で危機に陥ったアークエンジェルを救出して地下に仕掛けられたサイクロプスから一人でも救うために尽力した。
オーブ攻防戦では、新型GAT-Xシリーズ(カラミティガンダムレイダーガンダムフォビドゥンガンダム)と対峙。途中で戦列に加わったアスラン・ザラのジャスティスと共闘し撃退させる(この時、シン・アスカの家族がフリーダムが放った砲撃の流れ弾により死亡してしまう)。(TV版及び機動戦士ガンダムSEED Destiny 連合 VS Z.A.F.T 2 PLUS ではそのままだが機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター版ではカラミティの砲撃が要因となっている)
宇宙に上がった際は、ラクスとバルトフェルドが搭乗したエターナルを援護し、L4コロニー郡へ向かう。L4コロニー郡で新型GAT-Xシリーズとドミニオンと交戦するが、自身に秘められた出自を知ったことに加えてフレイ・アルスターがドミニオンに回収されたことで動揺してしまい、頭部と左翼を損傷してしまう。
第二次ヤキン・ドゥーエ戦では、強化モジュールミーティアを装備してプラントに向けられた核ミサイルを迎撃。ジェネシスを破壊するべく出撃するが、ムウ・ラ・フラガを一蹴したラウ・ル・クルーゼプロヴィデンスガンダムと対決。この時クルーゼによってフレイ・アルスターを目の前で殺され、怒りに燃えるキラの猛攻でこれを撃破する。が、プロヴィデンスの核爆発とジェネシスの一次反射ミラーに反射されたガンマ線レーザーを至近距離で受けた本機は、PS装甲がダウンし両翼を失った状態で吹き飛ばされ、付近の宙域を漂流するも、その後キラと共に回収され、終戦を迎えた。

SEED DESTINY編

前大戦の後、機体は回収・修復され、アスハ家別邸の地下シェルターに封印・秘匿されていた。ラクス暗殺を意図した特殊部隊の襲撃に際して、キラの手で封印は解かれ、アッシュから成るモビルスーツ部隊をあっさりと一蹴。その圧倒的な戦闘力の健在ぶりを見せ付けた。
続く第14話では、カガリ・ユラ・アスハの結婚式に乱入し彼女を連れ去り逃走。追跡したムラサメ隊第一陣の戦闘能力を奪った。
外伝ΔASTRAY第3話では、その後さらに出撃したムラサメ隊およびデルタアストレイを圧倒し、尚も逃走を続けアークエンジェルへ帰艦した。
着艦後、大西洋連邦との同盟締結を目前に控え情勢不安なオーブ連合首長国を、アークエンジェル共々脱出し、スカンジナビア王国へ旅立った。
第22話および23話では、地球連合とオーブ派遣軍との合同艦隊がミネルバと対戦するダーダネルス海峡の戦場に舞い降り、オーブ艦隊に向けられたミネルバの陽電子砲タンホイザーを発射寸前で破壊した。さらに両軍モビルスーツ部隊に対して無差別攻撃を開始した。
第26話では、宇宙へ上がるディオキア基地から強奪したラクス搭乗のシャトルを援護して、ザフト軍ディオキア基地のモビルスーツ部隊を撃退。更にディオキア基地に追撃を加えてから既に飛び去っていたシャトルに追いついてみせる。
第27と28話では、クレタ沖での地球連合・オーブの同盟軍対ミネルバの戦闘に再び介入。アスラン・ザラセイバーガンダムを大破させる。
第32話においては、親プラントを表明したユーラシア西側の都市を次々と殲滅して行くデストロイガンダムを阻止すべく、ベルリン上空でこれと対戦。ネオ・ロアノークウィンダムを撃墜、さらに戦闘を停止していたデストロイを暴走させた末に撃破する。
第34話ではザフトからエネミーと認定され(エンジェル・ダウン作戦)、攻撃行為の事実を作らぬためにムラサメ隊の支援を断り、ウィラード隊のバビによる空襲、バクゥによる砲撃からなる波状攻撃にさらされるアークエンジェルを護衛する。さらに、ウィラード隊の支援(ウィラード隊自体は後退している)としてミネルバおよびその艦載機インパルスガンダムが出現。本機は、レイ・ザ・バレルの協力の下フリーダム=キラの弱点および戦闘パターンを把握し尽くし、機体特性をフル活用する戦法を準備したシンが駆るインパルスに追い詰められ、ついにはエクスカリバーで機体を貫かれ、撃墜された。

バリエーション

ストライクフリーダムガンダム

フリーダムガンダムの後継機。
詳細はストライクフリーダムガンダムを参照。

フリーダムガンダムフェーダー

ガンダムビルドファイターズ炎トライに登場するガンプラ
ソウマ・ツバサがRGフリーダムガンダムをベースに、部分的にRGストライクフリーダムガンダムのパーツを流用し、強化したガンプラ。
当初はツバサによって「俺のフリーダム」と名付けられていたが、そのネーミングセンスに異を唱えたコウエン・ユウカによってドイツ語「翼」を意味する「フェーダー」の名を与えられた。
パーツを換装する事で機体特性を任意に変更する事が可能。また、シールドの裏面にもウエポンラックが増設されており、対戦相手に併せてグランドスラムなど様々な武装を装備する。
そのカラーリングはコウエン・ユウセイのウイングガンダムゼロ炎にリスペクトを受けて赤と白を主体としており、またウイングゼロ炎が使用した炎システムを擬似的に再現した物も使用可能。
その後、ツバサが謎の男マスター・ジャパンとの修行の果てにウイングガンダムゼロフレイムフェーダーを完成させた事でツバサの愛機としての座をウイングゼロFFに譲ったが、ツバサはいずれウイングゼロFFをも越えるフリーダムガンダムフレイムフェーダーを作り上げる事を目標にしていく事になる。

フリーダムガンダムフレイムフェーダー

ガンダムビルドファイターズ炎トライに登場するガンプラ。
ソウマ・ツバサが、ウイングガンダムゼロフレイムフェーダーの制作で得たノウハウを基にHGCEフリーダムガンダムをベースに改修した、フリーダムガンダムフェーダーの後継機。
射撃・機動戦を得意とするフリーダムガンダムに格闘機としての性質を付与するコンセプトで作成され、各部関節は強度を重視して強化されている。
最大の特徴としてツバサが習得した「拳征剣」を効果的に活かすべく制作されたフェイダトンファーを両腕に装備している事が挙げられ、このフェイダトンファーはビームサーベル、ライフルとしての機能に加え、複数種類のブレードを装着する事が可能な複合兵装として機能する。
また、これまでツバサが使用して来た擬似炎システム「FFシステム」は調整によって青白い光を帯びるようになった。
両肩に備えられた追加パーツはブレードを装備する為のアジャスターとフィンビットとの選択式となっており、これによってベース機となったフリーダムガンダムと比較した際により攻撃的なシルエットを成している。

フリーダムガンダムトライフェーダー

ガンダムビルドファイターズ炎トライに登場するガンプラ。
フリーダムガンダムフレイムフェーダーの後継機であり、ツバサがそれまで得た経験の全てを盛り込み、「フジガンプラフェスティバル」の必勝を期して制作した。通称フリーダムF3。
基本シルエットはフリーダムFFから大きく変化している訳ではないが、各部パーツ形状は大きく見直され、インフィニットジャスティスガンダムを参考にした脚部ビームサーベルの追加などが行われている。
携行武装も変更されており、ルプス・ビームライフルを標準装備として復活させ、フェイダトンファーは取り回しを考慮した改良型を一基左腕に装備する形に改められた。また、脚部ビームサーベルの追加に併せてツバサが拳征剣をベースに編み出した「拳征脚」を必殺技とする。
フリーダムFFと同様にFFシステムを搭載するが、特徴的な炎はバラエーナ・プラズマ収束ビーム砲からフレームが展開し、炎の翼のように展開する。

アメイジングストライクフリーダムガンダム

ガンダムビルドファイターズA-Rに登場するガンプラ。
第8回世界大会時にメイジン・カワグチアラン・アダムスと共同でストライクフリーダムガンダムをベースに製作した機体であり、ブレイヴドラグーンなどストライクフリーダムの要素を受け継ぎつつも、フレームの色はメイジンの二つ名である「紅の彗星」を思わせる赤に改められている。
ドラグーンをダブルオーライザーのようにバインダーに懸架する形に変更し、ストライクフリーダムではオミットされていた背部ビーム砲を復活させているなど、ベース機とはバックパックの構成も大きく改めており、これによってストライクフリーダムとはまた異なる印象を見る者に与えている。

関連項目

登場作品

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY

関連機体等

ストライクガンダム ストライクフリーダムガンダム
ジャスティスガンダム プロヴィデンスガンダム

エターナル アークエンジェル

機動武闘外伝ガンダムファイト7th機動武闘伝Gガンダムの外伝。ガンダムフリーダムと呼ばれる機体が登場する。

関連人物

キラ・ヤマト ラクス・クライン
イザーク・ジュール

その他

VSシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「フリーダムガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 605957

コメント