ピクシブ百科事典

セイバーガンダム

せいばーがんだむ

セイバーガンダムとは、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するMSである。
目次[非表示]

概要

ユニウス条約締結後にザフトが開発した試作MS群「セカンドステージシリーズ(セカンドシリーズ)」の1機。型式番号はZGMF-X23S。ちなみに「X」は実験機、「2」は航空機系統、「3」は開発ナンバー、「S」は「Second Stage(セカンドステージ)」を示す。
直系の前駆型であるジャスティスでは分割されていたMSとMAの要素を本体に纏め、双胴の戦闘機型MA(モビルアーマー)への変形機能を採用した。大気圏内外を問わない優れた機動性を発揮し、多様かつ高火力のビーム兵器での一撃離脱戦法を得意とする。
デュートリオンビーム送電システムとVPS装甲を採用し、フリーダムやジャスティスといったファーストステージMSの基本性能やその系譜となる高火力、防御力を両立している。あ頭のトサカセンサーも漏れなく搭載。
既にパワーエクステンダーが普及していたために稼働時間も長く、プラントからオーブまで、大気圏突入を含め補給なしで長距離を移動する事も可能だった。ビームサーベル・ライフル・シールドという「ガンダム三種の神器」も備えているため、汎用性も決して低いものではない。

実装された運用

ザフトに復隊したアスラン・ザラの乗機として運用され、彼の操縦技術と相まってゲルズゲーを撃破するなどの活躍を見せる。ムラサメやウィンダムといった量産機相手にはほとんどの場合パイロットを殺す事もなく完勝し、そうしたハンデを課しつつも同世代機種のカオス相手に互角の戦闘を繰り広げた。
…のだが、無差別不殺攻撃を行って戦場を混乱させるキラ・ヤマトの行動に疑問を抱き、クレタ沖での戦闘においてキラ・ヤマトの駆るフリーダムガンダムと直接対決。その際にキラからカガリとの不和を指摘され迷いを見せた不意を突かれ、修復不能なまでに四肢を切り刻まれてダルマにされてしまう。
カタログスペックにおいては非の打ち所のない機体であるが、序盤でバトルプルーフを重ねてもパイロットが迷いを持つ事で徐々に弱体化してしまった模範的な例である。

商品事情

立体物においてもMG化もROBOT魂化もしていない機体である。コレクションシリーズ1/144、HG1/144、1/100にラインナップされている。中でも1/100の製品はチーフメカ作画監督の重田智氏や阿久津潤一氏の監修が加わり中々にシャープな造形に仕上がった一品である。もっとも腕の付け根が肉抜きされているため、強度に不安があるなら真鍮線なりを間に差し込み補強する事を薦める。また、つま先のポリキャップがプラモのインストラクション通りでは緩くなることがあるため、その際は肩のポリキャップと入れ替えるとよい。主翼はアレンジが強く、本編で見せたMS形態での展開が妨げられる形状となっているため、好み次第では干渉し易い先端部分のみ削って成型し直すのもいいだろう。裏面には戦闘機らしさを演出するハードポイントがモールドされているが、開口されていないので取り付けの際は細い真鍮線を介して市販のエアクラフトパーツからパイロンやミサイルなどを取り付けるのも一興だろう。

武装

MMI-GAU25A 20mmCIWS
頭部内蔵の対空機関砲。MA時は砲口がシールドで覆われるため使用不能。

MA-BAR70 高エネルギービームライフル
MA(マティウス・アーセナリー)社製のビームライフル。原型となったのはジャスティスやフリーダムに採用されたルブスで、デュートリオンビーム対応仕様に改装されている。デバイスの基本構造は他のセカンドシリーズ用ライフルと共通。セカンドステージシリーズのビームライフルはこの「MA-BAR70」をベースに各々の運用形態に適したアレンジが加えられている。MA時は左肩アーマーに固定される。MS形態で使用しない際はリアスカートに装着。

MA-M941 ヴァジュラビームサーベル
アビスを除くセカンドシリーズ共通の格闘武装。両肩アーマーに格納される。

M106 アムフォルタス プラズマ収束ビーム砲
背部に接続された2門の大出力ビーム砲。フリーダムに装備された「M100 バラエーナ」の改良型で、エネルギー変換効率の向上により核動力機と遜色ない威力を持つ。MS形態では両脇に抱える形で使用する。

MA-7B スーパーフォルティスビーム砲
アムフォルタス砲身の上部に設置されたビーム砲。ジャスティスの「MA-4B フォルティス」をバッテリー動力用に改良した装備で、威力重視のアムフォルタスと対照的に連射性能を重視している。

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲
ZAFTガンダム目の機体やゲイツと同型の対空機関砲。MA時の機首部分(MS時の頭部後方ブロック)に2門を内蔵する。

MMI-RD11 空力防盾
左腕に装備される対ビームコーティングシールド。MA時は機体下面に装着され、死角からの攻撃に対応するとともに、ベントラルフィンによる整流効果を担っている。

バリエーション

プロトセイバーガンダム

型式番号ZGMF-YX21R
重力下における試験を目的として製造されたセイバーのプロトタイプ。
重力下における風道試験のために白色のストライプが施されているが、イルド・ジョラールの意向からVPSの再設定を行わずにパーソナルマークとしてそのままにしている。基本スペックはセイバーと同じであるが、アンテナに量子コンピューターウィルスの送信機能を付加された。後に一族によって鹵獲されたリジェネレイト・コアと合体しプロトセイバー+11となる。

ヴァンセイバーガンダム

型式番号LV-ZGMF-X23S
ライブラリアンでは珍しく、最新鋭のセカンドシリーズであるセイバーを再設計した改修機。もっともX23Sのデータをザフトから得られなかったことから、その設計上の原型となったのはプロトセイバーである。主翼の位置を肩部に変更したことでMS形態における空戦能力が向上。変形時には位置が下降しており、翼の形状を変えずにより効率的に握力を得ることができる。更にインフィニットジャスティスガンダムのファトゥム-01を参考に、MS形態時に両肩上にアムフォルタス砲身を展開したファトゥム形態が追加されている。他にも頭部センサーの強化や形状変更に加え、機体のいろいろな部分に手を加えたことでベース機よりも全面的に性能が上がっている。
他のライブラリアン製ガンダムと違って固有のストライカーパックを持っていなかったが、とある理由でイライジャ・キールが手に入れた際に改修を依頼されたロウ・ギュールによって、偶然手に入れていたネブラブリッツのマガノイクタチストライカーを装備。ストライカーに搭載されていたミラージュコロイドによって飛行時の空力を制御することができるため、更に微調整を重ねたことで操作性が格段に上がった。

関連タグ

アスラン・ザラ
イージスガンダム ジャスティスガンダム インフィニットジャスティスガンダム
インパルスガンダム カオスガンダム ガイアガンダム アビスガンダム
フリーダムガンダム

Gセイバー・・・セイバーの名を持つMS。生みの親は、同じ大河原邦男

クラウドセイバー・・・2002年に発売されたゲーム「機甲武装Gブレイカー」で登場したフライングトルーパー。セイバーガンダム同様に双胴型飛行機形態に変形するうえパイロットの声優は石田彰氏と色々な意味で因果を感じずにはいられない機体。果たして元ネタなのか否かは神のみぞ知る

デルタプラス別作品における可変機・不遇繋がり。カッコいいデザイン、長距離移動、もう一人の主人公が乗る前半の乗機など共通点が多いのだが、撃墜シーンこそあれど、最後はバラバラにされたり(OVA版のみ)とセイバー同様にロクな扱いがない。

カスミトゲピー…MSではないが、別シリーズにおける初登場が遅れた余りロクな出番が終始少ないほど影が薄くなった不遇繋がり。

コウサカ・ユウマ:ガンダムビルドファイターズトライに登場するキャラ。模型の世界に飛び込む時のデビュー作としてHG1/144の製品を手にしている

pixivに投稿された作品 pixivで「セイバーガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132636

コメント