ピクシブ百科事典

ザフト製MS・戦艦

ざふとせいもびるすーつせんかん

ザフト製のモビルスーツと戦艦の一覧である。
目次[非表示]

概要

ザフト軍がガンダムを開発したのは中盤以降であり、地球連合製のGAT-Xシリーズのデータを基に作られている。物語の流れでも軍の上層部(特にパトリック・ザラ)のナチュラル排除思想が過熱化している真っ只中での開発だったのもありバッテリー駆動だったGAT-Xシリーズと違い、初めから核駆動を前提とした設計が為されている。このためザフト製のZGMFシリーズの起動OSにも

GENERATION
UNSUBDUED
NUCLEAR
DRIVE
ASSAULT
MODULE
___COMPLEX

とあり、核エンジンで動いている事が分かる。

SEED最終決戦のヤキン・ドゥーエ後はユニウス条約により核の使用が禁じられたため、GAT-Xシリーズ同様ザフト製初のバッテリー駆動のGであるセカンドステージが開発された。

優秀なコーディネーターが開発を全て行う事によるメカニックの質の高さに目を付けられ、軍内部のセキュリティが甘いのか何度も味方の寝返りや敵勢力の侵入によって強奪されたり、ザフト内部のスパイにより極秘開発されたり、果てはデータを盗み出されて敵軍に先に開発されるなど何かと敵勢力に最新鋭の機体や機体データが渡ってしまうケースが多い。そのためザフトで開発されたガンダムが実際にザフト軍側で使われた例は半分にも満たないかどうかのレベルである。ザフト涙目。

また、こういった開発経緯が影響しSEED、SEED DESTINYともに主人公勢の最終決戦はザフト製ガンダムVSザフト製ガンダムという構図になってしまっており、地球連合のモビルスーツはその一歩手前で全滅(機能停止)してしまうケースが多い。地球連合涙目。結局モビルスーツの開発はコーディネーターが優位じゃないかとか言ってはいけない。

ちなみにザフトには現設定ではモビルアーマーの概念が存在しない事になっており、四足歩行型のバクゥなどもモビルスーツ扱いである。

ZGMF(Zero - Gravity Maneuver Fighter)シリーズ

ザフトの重力下用モビルスーツに使用される。

Nジャマーキャンセラー搭載機

ZGMF-X09A ジャスティスガンダム
ZGMF-X10A フリーダムガンダム
ZGMF-X11A リジェネレイトガンダム
ZGMF-X12A テスタメントガンダム
ZGMF-X13A プロヴィデンスガンダム
ZGMF-X19A インフィニットジャスティスガンダム
ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム

セカンドステージシリーズ

ZGMF-X56S インパルスガンダム
ZGMF-X23S セイバーガンダム
ZGMF-X24S カオスガンダム
ZGMF-X88S ガイアガンダム
ZGMF-X31S アビスガンダム
ZGMF-X42S デスティニーガンダム
ZGMF-X666S レジェンドガンダム

量産機

ZGMF-515 シグー
ZGMF-600 ゲイツ
ZGMF-601R ゲイツR
ZGMF-1000 ザクウォーリア
ZGMF-1001 ザクファントム
ZGMF-1017 ジン
ZGMF-2000 グフイグナイテッド
ZGMF-XX09T ドムトルーパー

ZGMF以外のシリーズ

YMF-X000A ドレッドノートガンダム
TMF/S-3 ジンオーカー
TMF/A-802 バクゥ
TMF/A-803 ラゴゥ
TMF/A-802W2 ケルベロスバクゥハウンド
TFA-2 ザウート
TFA-4DE ガズウート
AMF-101 ディン
AMA-953 バビ
UMF-4A グーン
UTA/TE-6 ジオグーン
UMF-5 ゾノ
UMF/SSO-3 アッシュ

補助兵器

ミーティア

戦艦

ナスカ級
ローラシア級
レセップス級
ピートリー級
ボズゴロフ級
ミネルバ級
ゴンドワナ級超大型空母
エターナル級

コメント