ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

バクゥより一回り大型の上位機種。指揮官用として少数が量産化された。
カオシュン宇宙港陥落と同時期に発表されたザフト第三期MSのひとつ(同期はゲイツとゾノ)で、バルドフェルド専用バクゥの開発データを参考にしている。
設定によって開発当初から想定されていた、GAT-Xシリーズからの鹵獲技術などと振れ幅はあるがビーム兵器を実用化しており、コクピットはパイロットの負担を低減するべく前席にガンナー(砲手)、後席にメインパイロットが乗り込む複座式が採用された珍しい機種。その連携によりバクゥよりも機動性を活かした砲撃戦法が可能となっている。
遠距離では砲撃により敵を牽制し、一気に距離を詰めてクローとビームサーベルによる二段構えの打撃を加えることで、大抵のパイロットに対し回避不能なダメージを与えることができる。

ラゴゥハイマニューバ

『機動戦士ガンダムSEED Re:』に登場。
ジンハイマニューバのスラスターを用いて機動力の強化を図っているほか、2門の砲塔とビームサーベルを追加することで火力も強化されている。

ラゴゥ本体にも装甲と武装が追加されており、口元のビームサーベルは前方にも発振装置が取り付けられた事でケルベロスバクゥハウンドの様にビームの牙を形成する事が可能で、尾部のアンカーランチャーにはグフイグナイテッドの様に絡みついた物に電流を流す事で破壊する機能がある。

この様な改造を施した事で当然操縦性は悪化し、火器管制と機体操縦を分けなければコーディネイターでも扱えない代物と化している。
ザフトは何故こんな機体を作ったのか……

余談

元ネタはSEEDの監督が以前に関わっていたロボットアニメ『GEAR戦士電童』に登場する同名の敵キャラ。
名前は同じくインド神話等に登場する九曜の羅睺からとられており、独特な造語が多いザフトメカの中では具体的なネーミングとなっている。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
アンドリュー・バルトフェルド アイシャ
バクゥ ケルベロスバクゥハウンド
ガイアガンダム

関連記事

親記事

バクゥ ばくぅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラゴゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38942

コメント