ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ザフト

ざふと

ZAFT(ザフト)とは、「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場する軍隊である。
目次 [非表示]

概要編集

遺伝子操作を受けて生まれた人類・コーディネーターのコロニー「プラント」の政治結社(政党)。一方、プラント国防委員会を中心とした国軍を示す場合にも用いられる。

正式名称は『自由条約黄道連盟』(Zodiac Alliance of Freedom Treaty)。


成立経緯編集

C.E.50年にシーゲル・クラインパトリック・ザラによって結成された黄道同盟という、プラント内での自治権と貿易自主権の獲得を訴える政治結社を前身している。

当初の黄道同盟はプラント内において大きな影響力を持つ党ではなかったが、C.E.58年にプラント最高評議会の委員としてシーゲルとパトリックが選出されたことにより、急速にシンパを増やしていくことになる。

地球連合(当時はプラント理事国)の強硬的な姿勢に対して独立の機運が高まり始めたC.E.63年に、シーゲルとパトリックを筆頭として黄道同盟内に理事国からの独立を目指すグループが生まれ、水面下で活動を開始する。

C.E.63年から開始していたMS開発が実を結び世界初のMSがロールアウトされたC.E.65年に「自由条約黄道同盟:ZAFT」へと改名する。それに伴い、ロールアウトされたMSには「ザフト」という名前が与えられた。

さらにC.E.68年にシーゲルがプラント最高評議会議長に選出されると、ザフト所属議員が評議会の多数派となり、より独立を目指すための決議が行われるようになった。しかし、これをプラント理事国が認めるはずもなく軍事的緊張が高まっていき、同年に起きた「マンデルブロー事件」※を契機としてパトリック指導の下で組織の解体と再編が行われ、その際にプラント内の警察的保安組織と合併され、MSを運用する軍事的組織(国軍)としてのザフトが誕生し、そのまま7年後のC.E.75年(劇場版時点)まで至る。

そのため、イメージとしては大日本帝国陸軍のような軍閥に近い(事実上の一党独裁なことも含めて)。


このような経緯を持つザフトは言わば「緊急避難的な性格を持つ軍事に特化した専門組織」であり、「結合的テクノロジーによる生産的配列集合体」という正式名称に違わず学術と技術を重んじるプラントの常識からはかけ離れている。そのため、最高評議会メンバーが国防委員会(後述)を兼任するのには、国軍としてのザフトの暴走をシビリアン・コントロールするための安全装置という配慮が働いている。


※プラント理事国によるプラントへの食料輸入制限が続く中、プラントが独自に南アメリカから食料を輸送しようとしたプラント籍の貨物船団がプラント理事国側によって襲撃・撃沈され、多くのコーディネイターが犠牲となった事件。


組織構造編集

国軍としてのザフトは「プラント国防委員会」の管轄にある。国防委員会から国防事務局を経由する形で各部隊(総数は約100ほど)に指示が行われる。また、国防委員会の立案した作戦はプラント最高評議会によって決議されることにより実施される。

国防委員会の管轄には、ザフトの他にも設計局、広報局、特務隊が存在する。特務隊は国防委員会の代理人でもあり、国防事務局を介さず直接各部隊へ指示することができる。


創設時からC.E.74年まで、あくまで名目上は義勇軍であり、採用は志願兵制度をとっており徴兵はなされていない。プラントの法において15歳で成人となる少年らも多く参加しているが、彼らも普段は別の本職を有している。

そうした背景と、敵対勢力から軍事規模を悟られないようにカモフラージュする目的から階級制度は導入されておらず、方便上のザフト隊員はすべて同階級である。そのため、各部隊は「クルーゼ隊」「ザラ隊」といったように、責任者の名称で名付けられる。ただし、その中から選抜された隊長(責任者)やエリートは存在し、人間社会という構造から逃れることはできず服の色や戦歴等で実質的な上下関係は存在する。また、法制上の都合上でアカデミーと呼ばれる事実上の士官学校は存在し、そこで2年間に渡り軍事カリキュラムは叩きこまれる。


C.E.74年後は、プラント国内の政情の変化や他国との共同軍事作戦が続いたこともあり、正式に国防軍へ改組される。それに伴い、(政治的な建前を掲げた上で)階級制度も導入された。ただし、設立当初の思惑と相反するであろう階級制度の導入には、第一および第二連合・プラント大戦において構成員の暴走による敵兵への虐殺が頻発し、組織からの脱走も相次いだり、指揮系統の崩壊が容易に起こったことへの対策も兼ねていると思われる。


しかし、基本的には制服のカラーによって地位や役職を示す風土は変わっていないようで、『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』に登場するザフト軍人の階級は明かされていない。

階級がはっきりしないせいで、「かなり恣意的な人事」が行われているのではと疑問を持たれる部隊が存在するのだが…。


制服編集

前身である黄道同盟時代では現在と異なる制服(連合軍寄りのデザイン)を採用していたが※、国軍としてのザフトが成立した際に変更され、よく知られるものへ改められた。所属や能力によって着用できる制服が異なる。

トール・ケーニヒ曰く「制服は(地球連合軍より)ザフトの方がかっこいい」らしく、ルナマリア・ホークらの例を見るに、制服はある程度のカスタマイズが可能であると思われる。


  • 緑服

三月二十九日めーりんちゃん

士官学校の卒業成績で11位以降(機動戦士ガンダムSEED DESTINYでは21位以降)の兵士に送られる制服。ただし、成績は各分野の総合評価であるため、特定の分野において赤服(後述)に勝っているというケースもある。

また、赤服の者が一度除隊し、再び軍籍に復帰した際にはこの緑服が与えられる。


  • 赤服

二代目ザラ隊

士官学校の卒業成績で上位10位(機動戦士ガンダムSEED DESTINYでは20位)入りした者にのみ送られるエリートの証。通称「ザフトレッド」「赤服」「アカ」。

国軍化したC.E.68年から導入されたと仮定すると、C.E.74年までに最低でも70人・最高でも140人しかいおらず、エリート中のエリートとされるFAITHに選抜される者も専ら赤服が多い。

キラ・ヤマトフリーダムを奪取する際にラクス・クラインから貸し出され着用したことがある。


  • 白服

くるぜグラディス艦長誕2020

戦艦クラスの指揮官に送られる制服。主な着用者はラウ・ル・クルーゼタリア・グラディスなど。

C.E.74年以降にオーブ国防軍から連絡将校として出向しているキラもオーブ国防軍の階級(准将)の都合から着用している。


  • 黒服

お誕生日おめでとう

基本的には白服の補佐官に与えられるが、戦艦クラスの指揮官でも着用する者はいる。


関連組織編集

プラント最高評議会編集

12の各市から選出されたそれぞれ一人の主任議員によって構成された、プラントとコーディネイターの施政を大局的に定めていく意思決定機関。

詳細はコチラ


制服編集

  • 青服(青緑服)

Patres Patriae

議員の内、国防委員会を兼任していない人物(文官)が着用する制服。主な着用者はシーゲル・クラインエザリア・ジュールなど。


  • 紫服

アスランとパパ

議員の内、国防委員会を兼任している人物(武官)が着用する制服。主な着用者はパトリック・ザラユーリ・アマルフィなど。機動戦士ガンダムSEED FREEDOMではエザリア・ジュールも着用。


ギルラウ

※作中で「黄道同盟」時代の制服を着用した姿を見せた人物として、ギルバート・デュランダルの回想におけるラウ・ル・クルーゼが存在する。バルトフェルドやモラシムの軍服もこれに近いデザインではあるが、半袖という違いがある。


プラント国防委員会編集

プラントの国防を総括する委員会。国防事務局を介して国軍としてのザフトを管轄している。

その成り立ちからプラント最高評議会のザフト議員が委員長を務め、その他の委員も最高評議会議員が兼任することが多い。パトリックは最高評議会議員に選出されて以降は議員と国防委員長を兼任しており、シーゲルから議長の座を勝ち取った後は議長と兼任することとなった。


国防事務局編集

国防に関する事務処理を行う部局。国防委員会の管轄。

指示系統としては国防委員会の直下組織として国軍としてのザフトを管轄しており、各部隊への直接的な命令権を持つ。

また、「直轄特殊部隊」という非公然部隊を独自に保有し、極秘裏に要人の誘拐、暗殺、後方攪乱といった非正規作戦を行っているとも言われている。これは真実だとする意見と、プラントの広告代理店が地球連合側を混乱させるために流した噂だとする意見が、人々の間でも分かれている。


戦術統合即応本部編集

国防委員会直属の指揮下に置かれている部隊。「特務隊」「FAITH」とも呼ばれる。

詳細はコチラ


広報局編集

ザフトの広報およびプロパガンダ活動を担当する部局。国防委員会の管轄。

デスティニー・プランの解説・啓蒙のためのアニメーションを制作して放送した。


設計局編集

MSや戦艦の開発を行う行政機関。国防委員会の管轄。

元は複数の局に分かれており各設計局により得意分野が異なっていた。しかし、C.E.71年2月に当時の国防委員長であるパトリックが次世代MS開発を名目に統合を行い、以降は「統合設計局」として各兵器を開発することとなる。なお、MSの武装についてはプラントの兵器メーカーに開発を委託することが多い。型番の頭が「MA-」「MMI-」以外の武装は設計局が開発したものとなる。

各局・統合設計局ともに所在地は応用機械工学やロボット工学を管轄するマイウス市となっている。ちなみにこの市は再編前のザフトがC.E.67年から68年にかけて秘密裏にプロトジンを量産していた場所でもある。


ハインライン設計局

高機動MSの開発を得意とし、ジンディンシグーなどを手掛ける。三大設計局の一角。


アジモフ設計局

四脚型MSの開発を得意とし、バクゥラゴゥなどを手掛ける。三大設計局の一角。


クラーク設計局

局地対応型MSの開発を得意とし、グーンゾノザウートガズウートなどを手掛ける。三大設計局の一角。


ヴェルヌ設計局

戦艦の開発を得意とし、エターナルをはじめ数々の戦艦を手掛けるだけでなく、戦闘機や小型宇宙船の開発も行っている。そのノウハウ(特にスラスター技術)を活かしてミーティアの設計も行った。

また、ニュートロンジャマーキャンセラー搭載型核エンジンの開発も担当した。


ウェルズ設計局

戦艦の開発を得意とし、ヴェルヌ設計局と共同でミーティアの設計を行った。


統合設計局

ゲイツファーストステージシリーズなどを手掛ける。

統合以降も総出で全ての兵器を手掛けているというわけでもなく、ものによっては一部の設計局のみで開発することもある。

また、リーダーとして音頭を取る設計局が決まっていなかったり設計局同士で仲が悪かったりする。ゲイツを開発する際は半国営の兵器メーカーであるマイウス・ミリタリー・インダストリー社をリーダーカンパニーとしており、フリーダムの開発時には機体設計を担当した設計局と武装設計を担当した設計局の間でいざこざが発生した。


プラント司法委員会編集

プラントの司法を担当する委員会。ザフトに合併された後も残ったプラント内警察組織の長。「司法局」とも呼ばれる。

パトリックの指示により、フリーダム強奪に関与したとされたクライン派議員の拘束に駆り出された。


軍事施設編集

アーモリーワン

L4宙域に存在する軍事コロニー。

極秘でインパルスをはじめとしたセカンドステージシリーズの開発が行われた。

C.E.73年10月2日カガリ・ユラ・アスハギルバート・デュランダルの会談が同地で行われるが、その途上ファントムペインの襲撃により、カオスアビスガイアが強奪されている。


ボアズ

ヤキン・ドゥーエと共にプラントの防衛ラインを形成するザフトの宇宙要塞。その名前はソロモン王が建てたソロモンの神殿にある一対の青銅製の円柱に由来し、左側の柱を「ボアズ」と呼びヘブライ語で「」を意味する。

元々は東アジア共和国がL4宙域に所有する資源採掘用小惑星「新星」であったが、C.E.70年6月14日から7月12日にかけて行われた新星攻防戦において、ザフトから侵攻を受け降伏・放棄された。以後、施設はザフトの防衛用軍事衛星として改装を受けながらプラントが存在するL5へ移送された。

C.E.71年9月23日のボアズ攻略戦において、地球連合軍のピースメーカー隊による核攻撃により、基地中枢の司令部諸共完全に破壊された。『SEED』後日談「星のはざまで」では、破壊されたボアズの本体とザフト製の兵器残骸が大量に漂っている姿が確認できる。

C.E.75年時点ではクライン派の秘密格納庫として使われ、核動力に改修されたMSが秘匿されていた。


ヤキン・ドゥーエ

プラント最終防衛ラインであるザフトの宇宙要塞。L5宙域に存在する。その名前はソロモン王が建てたソロモンの神殿にある一対の青銅製の円柱のうち、右側の「ヤキン」(ヘブライ語で「美」)に由来し、ドゥーエはイタリア語で「2」を意味する。

C.E.70年4月17日の第一次ヤキン・ドゥーエ攻防戦までは資源採掘用の小惑星であったが、その後は軍事要塞に改造され多数の兵力を配置した。内部に最終兵器ジェネシスの制御室があり、ニュートロンジャマーの影響下において遠隔操作を行う必要性により後方にジェネシスが配置されている。

C.E.71年9月26日27日の第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦においてザフト側の前線拠点として活躍するも、ジェネシスにより友軍ごと地球を撃とうとした最高責任者であるパトリックをレイ・ユウキが射殺し、その直後にアスランとカガリ・ユラ・アスハが制御室を掌握したため放棄された。そして、放棄と同時に自爆シーケンスが起動し(退避の猶予は1800秒)、自爆によって完全に破壊された。また、パトリックの手によりこの自爆と地球へ照準を定めたジェネシスの発射は連動していたが、自爆直後にジェネシス中枢部にてアスランがジャスティスを自爆させたことによりジェネシスの照射が即座に止められたため地球への被害は防がれた。


メサイア

ザフトが第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後に建造した機動要塞。資源採掘後のアステロイドの残骸に設備を組み込んだもので製造費は戦艦よりも安価とされる。

要塞の周囲にリング状の陽電子リフレクターの発生装置が配置され、陽電子リフレクターで要塞全体を覆うことができる。さらに対艦兵器としてネオジェネシスまで内蔵している。内部には広大なコンピュータールームがあり、ここにデスティニー・プランで集まった人類の遺伝子情報の解析を行い管理する施設がある。また、ザクウォーリアやグフイグナイテッドなど多数のMSが配備されている。

C.E.74年1月初頭に行われたメサイア攻防戦において、レクイエム攻防戦時に月地表付近にまで接近し、ネオジェネシスによりオーブ国防軍と大西洋連邦軍の混合艦隊を半壊させた。しかし、ミーティアを装備したストライクフリーダムのビームソードによる攻撃により陽電子リフレクターの発生装置を破壊され、無防備を晒したところにストライクフリーダムとエターナルによる対艦ミサイルの一斉掃射を受ける。さらに、戦艦用の出撃ハッチから内部に侵入したストライクフリーダムが止めと言わんばかりにミーティアフルバーストを行ったことにより致命的なダメージを受け、月面に墜落して崩壊した。


カーペンタリア基地

オーストラリアのヨーク岬半島とアーネムランド半島にまたがるカーペンタリア湾に位置するザフトの軍事基地。

C.E.70年4月2日、前日のエイプリル・フール・クライシスの混乱に乗じてザフトは親プラント国家である大洋州連合オーストラリア地区のカーペンタリア湾に軌道上から基地施設を分割降下させ、48時間でカーペンタリア基地の基礎を建設した。カーペンタリア制圧戦において、地球連合軍太平洋艦隊が迎撃したが大敗した。基地は翌月5月20日に完成し、以後、ザフトの地球侵攻における地上最大の基地として重要拠点になった。ボズゴロフ級潜水艦をはじめグーン・ディンなどの戦力が配備されている。ザラ隊はここでボズゴロフ級潜水艦を受領し、アークエンジェル追撃を行った。

C.E.71年5月8日のアラスカ基地攻略戦、5月25日のパナマ攻略戦、6月15日16日の地球連合軍によるオーブ解放作戦、7月24日の第二次カサブランカ沖海戦でのジブラルタル基地放棄によるヨーロッパ戦線から撤退と情勢が悪化してもなおザフト最大の基地として機能していた。C.E.71年8月8日の地球連合軍による八・八作戦では、エアーズロック降下作戦による衛星軌道上からのレイダー制式仕様を中心とする降下部隊と、フォビドゥンブルーディープフォビドゥンを先陣とする太平洋艦隊によって、内陸と海上から挟撃された。地球連合軍の物量に対してザフトと大洋州連合軍は苦戦を強いられたが、基地が陥落する前に終戦を迎えた。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦の後に結ばれた停戦条約ユニウス条約施行後は、その条約内容に従う形でジブラルタル基地共々ザフトの条約監視団常駐基地や在地球公館として使用されることになった。『DESTINY』では、基地内部がより鮮明に描かれて、大規模なMSハンガーであるミネルバの整備可能なドックの姿が明らかになっている。


ジブラルタル基地

イベリア半島ジブラルタルのザフトの軍事基地。ユニウス条約締結後も2箇所のみ地球上に残すことが許されたザフト拠点の1つ。

C.E.70年5月25日の第一次カサブランカ沖海戦においてユーラシア連邦艦隊を破ったザフトはイベリア半島の最南端ジブラルタル海峡を望める地にジブラルタル基地を建設した。以後ヨーロッパ・アフリカ侵攻の橋頭堡としてザフトの重要拠点になった。低軌道会戦により地球に降下して来たイザーク・ジュール、ディアッカ・エルスマンがしばらくの間滞在している。また、バルトフェルド隊には補給としてザウートを送っている。

C.E.71年5月5日のアラスカ基地攻略戦では、多数の兵力をアラスカに送っている。しかし、アラスカ基地地下に事前に仕掛けられたサイクロプスにより戦力の大半を喪失した。直後のパナマ攻略戦では戦力を補うためアフリカ戦線の縮小を行い、同基地の兵力の大量導入を余儀なくされた。地球連合製MSの量産が軌道に乗り戦局が徐々に悪化する中、C.E.71年7月24日の第二次カサブランカ沖海戦ではグーン・ゾノの部隊がフォビドゥンブルー・ディープフォビドゥン部隊に大敗し、これによりザフトはジブラルタル基地を放棄する。それにより、ヨーロッパ方面からの撤退を余儀なくされ、地球戦線はカーペンタリア方面へ推移する。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後に結ばれたユニウス条約により、ジブラルタル基地はカーペンタリア基地と共にザフトの条約監視団常駐基地や在地球公館として使用されることになった。これに伴い、C.E.71年1月23日にザフトが占領したカオシュン基地(『SEED』第1話にてキラが見ていたニュースはこれ)と交換にプラント政府へ引き渡された。『DESTINY』ではスエズ基地攻略の拠点となり、ロード・ジブリールをはじめロゴスのメンバーが立てこもるヘブンズベース攻略のため、ザフト及び反ロゴス同盟軍の参集地になった。


サンディエゴ基地(仮名)

大西洋連邦のサンディエゴにあるザフト軍施設。

『DESTINY』スペシャルエディションの冒頭(時系列的にはC.E.73年9月下旬頃)でブルーコスモス関連組織である「聖なる大地」の爆弾テロを受けて、爆発・炎上していた。これに対してプラント政府は大西洋連邦政府に厳重抗議し、事態の解明を要求していた。

あくまで「基地」ではなく「施設」であるためか、地球連合の主である大西洋連邦の懐にいながら配備されているMSはジン(当時の主力量産機はゲイツやゲイツR)しかおらず、爆弾テロを防げないほどセキュリティも甘い。


ディオキア基地

黒海沿岸、その南岸側で現在のトルコ〜グルジア側付近にあるザフトの軍事基地。

ガルナハン攻略戦後、ミネルバが寄港した。その際、ミーア・キャンベルが扮装するラクス・クラインの慰問ライブが行われた。


マルマラ海の港

ボスポラス海峡を抜けたミネルバが寄港したザフトの港。

地球連合の勢力圏と隣接しており、ここからほど近い位置に強化人間の実験・養成施設「ロドニアのラボ」がある。


マハムール基地

ペルシャ湾に面するザフトの軍事基地。

ガルナハン攻略のためにミネルバが寄港した。地理上、地球連合のスエズ基地と近く、睨み合いの最前線になっている。


南アメリカ非武装中立監視所D-3

南アメリカにあるザフトの基地。

非武装中立地帯の監視の他、試作機(ザク量産試作型など)の運用テストを行っている。


ラガシュ基地

カーペンタリア基地とジブラルタル基地の中間点に位置するザフトの極秘海底基地。

第2次連合・プラント大戦の開戦後に発動された大規模降下作戦のオペレーション・スピア・オブ・トワイライトの最中に、MS部隊や降下カプセルなどと共に大気圏外から投下した6隻のボズゴロフ級潜水空母を海底で集合させて建造したものであり、艦同士の連結部にある各ドーム施設は大気圏突入時に使用した耐熱カプセルが転用されている。

当該基地には医師としてミハイル・コーストが常勤しているほか、配備されているザクウォーリアはパーソナルカラーで塗色されている。


人物編集

主人公サイド編集

アスラン・ザラ

シン・アスカ

ルナマリア・ホーク

メイリン・ホーク

アンドリュー・バルトフェルド

マーチン・ダコスタ

ザフト軍編集

クルーゼ隊編集

ラウ・ル・クルーゼ

フレデリック・アデス

ミゲル・アイマン

ラスティ・マッケンジー

オロール・クーデンブルグ

マシュー

ゼルマン

ラコーニ

ポルト

ザラ隊編集

ニコル・アマルフィ

ジュール隊編集

イザーク・ジュール

ディアッカ・エルスマン

シホ・ハーネンフース

アイザック・マウ

バルトフェルド隊編集

アイシャ

メイラム

ハダト

カークウッド

モラシム隊編集

マルコ・モラシム

ハンス

モンロー

ジェネシスα防衛隊編集

アッシュ・グレイ

ハイネ隊編集

ハイネ・ヴェステンフルス

ウィラード隊編集

ウィラード

グラスゴー隊編集

グラスゴー

グラディス隊(ミネルバ隊)編集

タリア・グラディス

アーサー・トライン

レイ・ザ・バレル

ヴィーノ・デュプレ

ヨウラン・ケント

マッド・エイブス

チェン・ジェン・イー

バート・ハイム

マリク・ヤードバーズ

アビー・ウィンザー

ショーン

デイル

その他編集

レイ・ユウキ

ヨアヒム・ラドル

ヨップ・フォン・アラファス

ユン・ロー

ボズマン

モディン

フレッド

ヒルダ・ハーケン

ヘルベルト・フォン・ラインハルト

マーズ・シメオン

アグネス・ギーベンラート

ミハイル・コースト

リンナ・セラ・イヤサカ

マリオ・クレッグス

アンリ・ユージェニー

グゥド・ヴェイア

コートニー・ヒエロニムス

リーカ・シェダー

マーレ・ストロード

レオンズ・グレイブス

ルドルフ・ヴィトゲンシュタイン

アレック・ラッド


脱走兵編集

サトー


MS・戦艦編集

ザフト製MS・戦艦も参照。


プラント開発のMS編集

ファーストステージシリーズ


※この2機は元々プラントで開発されていた原型機と設計データをクライン派が奪取し、新技術を用いて完成させた機体である。このため元はファーストステージ機だが、プラントが製造した機体ではない


ニューミレニアムシリーズ


※一度プラント内で製造されコンペンションに出されたが、ユニウス条約抵触の危険から採用されずプラントからはデータが抹消された。その後これもクライン派に奪われ、オリジナルの調整を加えられて日の目を見ることになる。


セカンドステージシリーズ


サードステージシリーズ


上記のいずれにも該当しない機体群


鹵獲機編集


艦船編集


メディアミックス作品では編集

スーパーロボット大戦編集

基本的に味方部隊と敵対する組織であるが、「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」が参戦し、視点がミネルバ隊の場合は共闘関係になっており、作品によって立場が異なる稀な組織となっている(ただし、デュランダルだけは原作通り終盤に敵対する)。


余談編集

  • 中東戦争時代のイスラエルや独立戦争時代のアメリカを意識して作られている。独立陣営の義勇軍組織というテイストに影響が垣間見える。
    • 『1st』ガンダムを多分に意識したSEEDシリーズなので設定的な前駆はジオン公国軍といえるが、技術者のフロンティアをベースに作られた、章が英文字をベースに作られている、番組後半に思想で内部抗争が発生する等は部分などは監督が影響を公言した『機甲戦記ドラグナー』に登場するギガノス帝国軍に類似する部分もある(ギガノスの国章はG、ZAFTはZ+プラントがモチーフ)。
    • 上述通りC.E.73以降はザクグフドムギャンゲルググ(と特殊な事例でズゴック)モチーフの機体群が次々と表舞台へ登場したためますますジオン公国軍っぽくなっている。

  • 国防事務局が管轄する設計局にてMSや戦艦の設計・開発が行われており、その発注もザフトを管轄する国防委員会が行っているため、TVアニメ公式サイトやプラモデルの説明書ではその辺の関係性を簡略化して「ザフトが設計・開発」という記述が頻繁になされている。実際に「(国軍としての)ザフト(のトップが管轄する行政機関とそれと連携する民間企業)が設計・開発」してはいるため、若干誤解を招く書き方ではあるが間違ってはいない。
    • 類似例としては、オーブ連合首長国が設計・開発という記述で実際に設計・開発を行っているのは国営のモルゲンレーテ社または関連企業というものがある。なお、これについても発注自体はオーブ国防軍が行っている。
    • ザフトとプロトジンだけは自力で企画・設計・開発した機体であり、外部委託するようになったのはC.E.69年に存在が明かされたジンからとなる。

  • FAITHは、プラント国防委員会の精鋭部隊で委員長が任命するシステムのはずだが、『SEED DESTINY』ではプラント最高評議会の議長であるギルバート・デュランダルがプラント国防委員会委員長となっていたためかFAITHへの任命権を持っており、またFAITHもデュランダル議長の私兵として扱われていた

関連項目編集

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 機動戦士ガンダムSEED MSV 機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE

プラント コーディネーター

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2145309

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました