ピクシブ百科事典

ラウ・ル・クルーゼ

らうるくるーぜ

『機動戦士ガンダムSEED』の登場人物。SEEDの戦争を裏から操った張本人であり、同時にSEEDの戦争の原因の一番の被害者でもある。
目次[非表示]

CV 関俊彦

概要

性別
人種ナチュラル
誕生日C.E.46年後半
出身地GARM R&D社L4コロニー メンデル内研究所(ヒビキ研究室)
年齢24歳(没年齢)
血液型O型
身長183cm
体重77kg


ザフト軍の精鋭部隊・クルーゼ隊の隊長でパトリック・ザラが信頼を置く士官。
シャアよろしくヘンテコな仮面をつけている。素顔を知りたがると死亡フラグ(実際知りたがっていたミゲル・アイマンニコル・アマルフィは戦死してしまった。また、素顔を見たフレイ・アルスターも殺されている。なお、素顔はスペシャルエディションDVDでしか披露していない)。
地球連合軍のムウ・ラ・フラガとはグリマルディ戦線のエンディミオンクレーターでの戦いで交戦して以降の因縁の相手である。(ただしラウの方はこれ以前から面識があるような言動をしていた)

ネタバレに関する注意


※以下の記述には、作品ストーリー及び彼の正体・目的・過去についてのネタバレが含まれます。未見の方はご注意下さい。※










出生事情および作中での動向


その正体は、キラ・ヤマトの父親であるユーレン・ヒビキ博士がスーパーコーディネイターの研究資金を欲して生み出した存在「ラウ・ラ・フラガ」。
ライバルであるムウ・ラ・フラガとは、『ムウの父親「アル・ダ・フラガ」のクローン』という複雑な関係にあたる。
人間のクローンを創り出す行為はコズミック・イラにおいても違法行為であったのだが、アルは不仲の妻との間に生まれたムウに納得いかず、代わりの後継者が欲しかったという「愚の骨頂」を絵に描いたような実にくだらない理由で、「法など変わる。所詮は人が定めたものだ」と研究資金を餌にヒビキ博士にクローンを作らせたのである。(ラウ曰く「己の死すら金で買えると思い上がった愚か者」とと唾棄している)
ナルシズムの強かったアルの「完全なる分身」という意向を受けて遺伝子改良を加えられていない「ナチュラル」なのだが、遺伝子を改良して産み出され、最初から高い能力を有する「コーディネーター」だらけのザフト軍で白服(指揮官クラスの能力者)を着ている事から素質の高さや壮絶な努力をしたことが窺える。また遺伝特性からか、ムウ同様にドラグーンシステムを制御可能な高い空間認識能力を有するとともに、近くにいるムウの存在を感じる事ができるという特殊能力を持つ。
ちなみに本編放送終了後の監督の発言では「彼は死にもの狂いの努力でザフトのエースになった。」ともある。

しかし、体細胞クローンの宿命であるテロメア遺伝子の減少短縮問題を解決することが出来ず、彼は余命が短く早期に老いが訪れるという「失敗作」として誕生させられてしまい、アルはラウをムウに代わる後継者として期待していたが、失敗作だと知るや彼を家から追い出してしまう。
このことから彼は、自分を不遇な身体で誕生させたアルとそれを招いた人類の競争を憎悪し、放火でアルを妻もろとも焼死させ、以後「ラウ・ル・クルーゼ」と名乗り、人類を滅ぼすための活動を始めたのであった。物語終盤ザフト軍の新兵器であるNJC(ニュートロン・ジャマー・キャンセラー)のデータを「戦争を終わらせる鍵」と説明してザフトに拘束されていたフレイ・アルスターに持たせて解放し、そのデータが連合軍戦艦ドミニオンに乗船していたブルーコスモスの頭首ムルタ・アズラエルの手に渡った(それ以前からアラスカ基地でのオペレーション・スピットブレイクの内容を漏洩したなど内通していた節がある)事で、地球連合軍は核兵器を再び使う事が可能になった。クルーゼはこの行為によって戦局が更に泥沼と化する事、それによってたくさんの犠牲者・死者が生まれる事をすべて承知の上でNJCのデータを流出させたのは、もはや説明する必要はないだろう。

ちなみに彼が常時服用していたカプセルは親友であるギルバート・デュランダルに特別に作って貰ったもので、細胞分裂を抑制し、テロメアを延長させることで老化を遅らせる薬である。ただし副作用として薬効が切れると激しい苦痛に全身が蝕まれるほか、長期服用すると癌の発症確率が飛躍的にあがる。もしかすると、彼の身体はもうボロボロだったのかもしれない。

なお「DESTINY」に登場したレイ・ザ・バレルと遺伝子的には同一人物(同一遺伝子から作出されたクローン体。出生的に表現するならラウの弟に近い)。

コーディネイターで構成されたザフト内部で、彼がナチュラルであった事はデュランダルとレイしか知らなかった。

自らを産み出した人類に対する憎悪で行動しており、最終目的や行動原理、行動パターンはフロスト兄弟類似している。

最終的にはキラ相手に戦いで圧倒した上に言葉で勝利し、更にフレイをキラの目の前で殺害するが、それで怒りを爆発させSEEDを発動させたキラに惜敗、アスランによって破壊されたジェネシスのガンマ線の光に包まれて、乗機であるプロヴィデンスガンダムと共に消滅した。

後に彼の名前と人類に対する憎悪は、DESTINYにて意表を突いた形で復活を遂げるが、SEED最終話よりも意志と決意が強固になったキラに戦いと言葉の両方で完全敗北する、という結末を辿ることとなる。

また公式ガイドブック3に掲載されている監督インタビューでは、「彼の中には人類を滅ぼしたい自分とそうしたくない自分が同時に存在し、自分に未来が無く死期が見えていた。フレイを送り出したのは意識的に扉を開くというよりもコインを投げる賭けの感覚に近く、世界の行く末を決める重要な場面を人智を超えたところに判断を委ね、結果データは渡った為行くところまで行くしかないのだ、となった。」とあり、彼が完全には人類に絶望しておらず、心のどこかで自分を止めてくれる存在を求めていたのが伺える。 ムウやキラに対し、「お前に討たれるなら本望だ」というような事を言っていたのもこの気持ちからである。
つまり、最期に笑みを浮かべながら消えていったのは自分を止めた事への納得や安堵の為であった。 彼にとってキラは「憎くもあれど自分と同じく個人の欲望で人為的に作られた存在として愛しくも思っていた。」とも記されており、完全なる人工人類として嫉妬と羨望を向けると同時に、自分と同じ他者の身勝手で生み出された存在として親近感も抱いていた。

そして、彼の憎悪自体も至極もっともであり、親の身勝手で不完全な体で作り出され、挙句不完全だと解ったらまたも親の身勝手で追い出されるとなれば、彼でなくとも程度は違えど同じような思考にたどり着くのは想像に難くない。
ある意味では、彼は人間の業の一番の被害者でもある。
彼がSEEDで戦争を裏から操り数々の悲劇を招きながらも根っからの極悪人として扱われないのも、そういった事情があるからであろう。

小説版においては、仮面の下の素顔はアル・ダ・フラガが存命ならばこうなっているだろうという老人の姿とされているが、スペシャルエディションやリマスター版で追加されたシーンの素顔や同じクローンであるレイ等は若々しい姿である。

搭乗機体

シグー
ディン(指揮官機)
ゲイツ(指揮官機)
プロヴィデンスガンダム

関連イラスト

ねむい
ラウ




関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 
クルーゼ ムウ・ラ・フラガ レイ・ザ・バレル ギルバート・デュランダル
ミスマル・ユリカスパロボJでは草壁春樹を殺害し「火星の後継者」が誕生しなくなったため、結果的に彼女を救うことになった。
秋津マサト/木原マサキ←中の人が同じ、関俊彦氏で「クローン」という共通点有り。スパロボJでは特殊台詞が複数存在する。 
ボン太くんスパロボWではその愛らしさに心の中の闇が薄れかけた

ドルメン大帝←クルーゼと同じく、人間のエゴでクローンとして生み出された事が原因で自らを生み出した世界全てに対して憎悪を向けたラスボス。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラウ・ル・クルーゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310874

コメント