ピクシブ百科事典

ムルタ・アズラエル

むるたあずらえる

ムルタ・アズラエルとは、機動戦士ガンダムSEEDに登場する人物。
目次[非表示]

「自軍の損失は最小限に!そして敵には最大の損害!…戦争ってのはそうやるもんだろ!」

CV:檜山修之

概要

反コーディネイターを掲げる政治団体「ブルーコスモス」の盟主。古くから反コーディネイター運動に最大の出資をしてきたアズラエル財閥の御曹司でもある。また、国防産業連合理事の任にあり、デトロイトに本拠を置く大手軍需産業の経営者でもある。大西洋連邦政府及び同国軍に対して強い発言力を持ち、現場指揮官に直接命令を下すことすらある。家系の影響に加え、幼少期に同年代のコーディネイターにどうしても敵わず、軽くあしらわれて以来、彼らに対して激しいコンプレックスを持つようになった。
因みに父親と思われるブルーノ・アズラエルは、ロゴスのメンバーであり、彼もロゴスのメンバーだと思われる。

普段はクールな皮肉屋を装ってはいるが余裕がなくなると感情をむき出しにして周りが見えなくなる一面があるなど、精神的な面は脆いところがある。

アラスカ基地の情報を提供する見返りにスピット・ブレイクの情報をバーターし、ザフト地上軍の8割と連合内の反対派閥を抹殺する事に成功。パナマ攻めが失敗した後は脆弱化したビクトリアを陥落させ、連合軍の宇宙進出を成功させた。その後色々な成行でNJCの技術を入手し、プラントへの核攻撃手段を手に入れる
…と功績を列挙すれば後任の盟主と違って結果を残しているのだが、最初のスピット・ブレイクの情報獲得時点でクルーゼと通じており、結果的に地球内に閉じ込められていた連合軍の大規模宇宙進出による最終決戦の引き金となった。その後のNJCの入手さえも彼の計らいが多分に含まれており、最終的には相互確証破壊さえも無視した先制核攻撃を敢行し、怒りに燃えるパトリックにより、ミラージュコロイドによって隠匿されていたジェネシスの反撃を受け、多くの部隊とその月面基地を失ううえ最後の照準として地球を危機にさらしてしまう。一連の行動は人類の滅亡を望むラウ・ル・クルーゼの思惑通りに進んでおり、アズラエルもまた仇敵=コーディネイターのトップであるパトリック・ザラ同様、仮面の男の掌の上で踊らされていた人間の一人であったのかもしれない。

中の人某勇者などに出演していたため、ファンからの通称は「盟主王
第3次スーパーロボット大戦α』に登場した際はその某勇者と共演し、「あのライオンロボ……なんとなく、気に入りませんね」「勇気などという不確かなものに頼っていてはいつか敗北しますよ」などという声優ネタが見られる。

外伝作品「SEED ASTRAY」スニーカー文庫版1巻では強化人間の導入によって不要となった自軍のコーディネイター兵を演習の的にする等、コーディネイターに対して冷淡な面が強調されている。尚、小説版「SEED」5巻によると、彼が盟主を務めるブルーコスモスには自身の遺伝子操作を憎悪したコーディネイターも在籍しているとの事。

劇中での活躍

パナマ攻略戦において地球連合軍はマスドライバーを失い、宇宙への橋頭堡確保のため、マスドライバーを持つオーブへの侵攻を提案し、自ら指揮する。オーブへの侵攻とマスドライバーの奪取はオーブ側のマスドライバーを含む軍関連施設およびモルゲンレーテ社の自爆により失敗に終わったが、後期GAT-Xシリーズのカラミティフォビドゥンレイダーを実戦投入するという、もう一つの目的は大きな戦果と共に達成された。
その後のアークエンジェル討伐戦では、フリーダムとジャスティスに核エンジンが搭載されている事を見抜き、捕獲を命令。
宇宙に上がってからは、ナタル・バジルールが艦長を務めるアークエンジェル級2番艦ドミニオンに乗り込み、民間人でありながら実質的な指揮官の座にあった。

ザフトから解放されたフレイ・アルスターの「戦争を終わらせる鍵を持っている」という言葉に関心を持ち彼女を救助し、ニュートロンジャマーキャンセラーのデータを手に入れ、それがクルーゼによる世界を終わらせる為の企みとも知らず狂喜した。

地球連合軍上層部を説き伏せ、Nジャマーキャンセラーを利用した核ミサイル搭載モビルアーマー部隊「ピースメーカー」を編成。ザフトの宇宙要塞ボアズを核攻撃で沈めた後、プラントに対しても核攻撃を行おうとする。
しかし、最終決戦である第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において投入された核ミサイルは、キラ達によって全弾撃墜され、腹心であるウィリアムが戦死、主力の連合新型MSが2機も撃墜されパイロットシャニオルガも死亡するなど劣勢に追い込まれる。
同時に、かねてよりアズラエルの行動に疑問を抱いていたナタルが造反。フレイをはじめとする全クルーをアークエンジェルに投降させた後、アズラエルを艦内に閉じ込める。
追い詰められた彼はナタルの全身を拳銃で撃ち、自分の解放を強要。それが叶わぬと見るや、自分用の端末でローエングリンを起動、アークエンジェルを沈めようとするがムウの犠牲により失敗。激昂したマリューが放ったアークエンジェルのローエングリンでナタルと共に最期を迎え、断末魔と共にアズラエルは宇宙の藻屑となって散っていった。

ファンからの支持

劇中においては完全な悪役であり、落ち着きのない言動やラウ・ル・クルーゼに踊らされる姿から小物のイメージが定着しているが、正論を放つ場面も少なくなく、良くも悪くも熱血漢なためファンからの支持はかなり厚い。
キラ・ヤマトラクス・クラインといった主役陣が、浮世離れした完璧超人めいた人格であるのに対し、恵まれた立場にありながらコーディネイターへのコンプレックスにまみれた人間臭さが共感を呼ぶのかもしれない。

続編『DESTINY』において、彼の後釜として登場したロード・ジブリールが口先だけの小物であったことも、彼の評価を相対的に上げる要因となっている。

台詞

『無理を無理と言うことくらい誰にでも出来ますよ。
それでもやり遂げるのが優秀な人物。これ、ビジネス界じゃ常識なのですけど?』

『言って分かればこの世に争いなんてなくなります。分からないから敵になるんでしょう?
そして、敵は討たねば!』

『核は持ってりゃ嬉しいただのコレクションじゃあない!  強力な兵器なんですよ?兵器は使わなきゃ。
高い金かけて造ったのは使う為でしょう?』

『ビジネス界だって同じですよ。貴女って、もしかして確実に勝てる戦しかしないタイプ?』

『勝ち目のない戦いに死んでこいって自分の部下を送る人たちより、僕の方がよっぽど優しいと思うけど?』

『それもいいですけどね…ここ!って時には頑張らないと勝者にはなれませんよ。
ずっとこのままじゃいられないんだ、頑張ってくださいよ。虎穴に入らずんば虎児を得ず、ってね。』

関連イラスト

あずにゃんペロペロ(^ω^)
地獄のムルタ


アズラエル



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED ナタル・バジルール フレイ・アルスター
オルガ・サブナック クロト・ブエル シャニ・アンドラス
ロード・ジブリール
スウェン・カル・バヤン

ラスタル・エリオン…同じく最終決戦で戦争の早期終結のために禁止兵器に手を出しているがこちらは成功している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ムルタ・アズラエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62650

コメント