ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ゴッドフリート、撃てー!!」


「………ローエングリン……照準ッ!」


概要

英字表記Murrue Ramius
人種ナチュラル
誕生日C.E.45年10月12日
星座天秤座
血液型O型
年齢26歳(SEED)→28歳(SEED DESTINY)→29歳(SEED FREEDOM)
身長170cm
体重63kg(SEED)→50kg(SEED DESTINY)
階級
CV三石琴乃

一人称は「わたし」、二人称は相手の年齢や身分に関係なく「あなた」。

言葉遣いは公の場所や身分が高い上司には敬語を用い、戦闘中の指揮・伝達時は命令口調にもなる一方、プライベイトでは女性語を頻繫に用いる。

呼称はムウや敵キャラクターには「名前・姓+呼び捨て」、同性には「名前+さん」(ラクスさん、カガリさん、フレイさんなど)、同い年以下の異性には「名前+くん」(キラくん、サイくんなど)、身分が高い上司や戦闘時の呼称では「性+役職名」(フラガ少佐、バジルール中尉、ヤマト少尉など)と敬称を用いて呼ぶ。


地球連合軍の女性士官で、階級は大尉


大西洋連邦のヘブンアイランド技術研究所では、技術士官としてPS装甲の開発に携わっていた。しかし、紆余曲折あって強襲機動特装艦「アークエンジェル」の艦長代理に任命され、戦力も人員も不足する艦を率いるという重責を負うことになる。

種ろぐ4


情に厚く、軍人として冷徹さが要求される状況においても情を優先する傾向があり、軍務の遂行を最優先とする副長のナタル・バジルールとは対立が絶えなかった。

また、戦艦長として訓練を積んだわけではないためなのか、当初の指揮能力はあまり高くないほうであり、敵の策に嵌められる失敗も多々あった。『DESTINY』ではミネルバ艦長のタリア・グラディスに先手を何度も取られるなど、彼女に指揮能力で劣ると見られる描写が存在する。

そんな彼女を支えるのがキラ・ヤマトムウ・ラ・フラガアーノルド・ノイマンといったアークエンジェル隊の面々なのである。


作中でも一二を争うプロポーションを有し、様々なキャラからボインだの巨乳だの言われている。栗色セミロングに茶色の瞳をしているグラマー美女。

実際アークエンジェルが攻撃を受ける度に、でっかい乳が激しく揺れるシーンが何度もバンクで流された。

同時に女子としてはかなりの長身でもあり、男子のキラよりも身長が高かった(現在の両者の上背はイーヴン)。


作中のナチュラルキャラではかなり身体能力が高く、度重なる戦闘(銃撃戦)において、ザフト兵を多数撃退している。殊に、『DESTINY』ではザフトの特殊部隊と思われる部隊の襲撃に遭い、対等以上に戦った。


作中の登場人物の中でもトップクラス(名誉的な扱いで准将となったキラを除けば)の出世株で30を前に大佐という階級についているガンダムシリーズ有数の出世株である。


経歴

機動戦士ガンダムSEED

ザフト軍のヘリオポリス襲撃の際には、アークエンジェルの副長を務めていたが、輸送中のG兵器を自身の手で起動させたストライクを除いて奪取される。この戦闘により、アークエンジェルは艦長以下のブリッジ要員のほとんどを失い、多数の避難民を抱えた同艦の艦長代理を務める事になる。当初は軍事機密であるG兵器に触れたキラ・ヤマト達を拘束するなど、軍人としての行動をとるが、基本的に情に厚い人物で次第に理解を示し彼らと共闘するようになる。偶然、アークエンジェルに乗り合わせる事になったムウ・ラ・フラガとはのちに恋仲になっている。

軍人としての本分よりも情に流される面も見られ、副長兼兵器管制担当のナタル・バジルールと対立する事もしばしばであった。しかしだからこそ、任務遂行を最優先とするナタルと相互に補完し合うことで局面で的確な判断を下し、ザフト軍の執拗な追撃を凌ぎながらアークエンジェルをアラスカ基地まで辿り着かせる事が出来たと言える。ザフト軍によるアラスカ基地攻略戦の際に、多くの友軍を捨て駒に使う連合軍上層部に憤慨し、艦ごと連合軍を脱走し、オーブに身を寄せる。

オーブ壊滅後は、オーブ残存勢力の戦艦クサナギラクス・クラインらがザフトから奪取した戦艦エターナルと共闘し、連合軍、ザフトいずれにも属さない第3勢力「三隻同盟」の一翼をなした。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では恋人のムウが行方不明になってしまうが、彼女は過たずして放ったローエングリンでドミニオンを轟沈、最終決戦を戦い抜き生還している。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

第1次連合・プラント大戦終結後は、アンドリュー・バルトフェルドコジロー・マードックらと共にオーブへと亡命し、「マリア・ヴェルネス」を名乗りモルゲンレーテ社の造船課にエンジニアとして勤めていた。住まいはアスハ家の別宅で、バルトフェルドやキラ、ラクスらと同居。

アークエンジェル付きの整備士だったコジロー・マードック共々オーブに一時寄港したミネルバの整備を行っており、このときに同艦長のタリア・グラディスと対面している。


オーブの立場が微妙な中、深夜にザフト軍と思わしき部隊によるラクス暗殺の襲撃を受け、バルトフェルドやキラと共にこれを防ぐ。この事件をきっかけにして、フリーダムでユウナ・ロマ・セイランとの強制的な政略結婚式からカガリ・ユラ・アスハを連れ去ることにしたキラと共に出航したアークエンジェルの艦長席に再び座り、オーブを後にする。再びアスラン・ザラと敵対することになってしまい、彼が言うとおりギルバート・デュランダルはいい人で、ラクスが狙われたことも何かの間違いで、自分達のしていることが間違っているとしたらと悩むキラを母性的な優しさで励ました。


ベルリンの戦闘では、記憶を失いネオ・ロアノークとして生きていたムウ・ラ・フラガと再会する。しかし、彼はムウとしての記憶を消されており、かつての恋人であるマリューに対しても、「な、何だよ?一目惚れでもした?美人さん?」と言い放ち、マリューはあまりの事態に部屋を飛び出し泣き崩れるのだった。


エンジェルダウン作戦を経てオーブに帰還した後は、ザフトとの戦闘前にネオを解放するが、微かな記憶のために戻って来た彼を仲間として受け入れる。

最終決戦のメサイア攻防戦ではミネルバとの奮戦の末、再び艦に陽電子砲を向けられるも、ネオがアカツキで盾になったことで難を逃れる。

このとき、ムウとしての記憶を取り戻した彼に名を呼ばれたことで喜びの涙を流した。

ミネルバが撃破された際には軍人の礼儀として艦に向け敬礼し、戦いが終わった後はムウとモニター越しに笑顔を向け合っている。


余談

担当声優の三石琴乃は、番組ナレーションの他、ラクスが持つハロ(通称:ピンクちゃん)やエザリア・ジュールを兼役で担当している。


『DESTINY』では、SEED時代よりも体重が大きく落ちているのがファンの間で話題になっていたり。

実は前作から続投しているキャラは男女問わず体重が落ちているのだが、大体が1桁台の減少に収まっているのに対して彼女は13kgも減っており、身長からすれば病的なまでの落ち方となっている。

ムウが死亡したと思い、ショックで激ヤセしてしまったのだろうか…。


Pixivにおいては、一時期はフルネームよりも「マリュー」のみでタグが付けられるイラストが多かった。

最近はフルネームタグの方が多いが、タグ数に余裕があれば併用もアリか。

そして、名前ネタなのか、「魔乳」タグも多くのイラストに付けられている。


関連イラスト

艦長マリュー・ラミアス!(追悼)

マリュー・ラミアス僕らは生きる程、何かを失って、それでも明日への夢を捨てたくない!

EDのマリューさんセンシティブな作品


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED

巨乳 魔乳 乳揺れ 爆乳

長身女子 女性語を頻繫に使う女子一覧


ムウマリュ ネオマリュ


葛城ミサト:中の人が同じで主人公の上官繋がり。劇中で一尉(大尉)から三佐(少佐)に昇進しているという共通点もある。ちなみにどちらの監督も同声優の大ファンで知られる。「第三次スーパーロボット大戦α」での共演時には、ミサトの発音で「EVAを援護して」と発言するという声優ネタも披露。


中の人繋がり

トニヤ・マーム イオリ・リン子 ベガ






以下、劇場版ネタバレ注意。






機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

世界平和監視機構コンパスに所属し、引き続きアークエンジェルの艦長を務める。階級は大佐


ファウンデーション王国との合同作戦中に同国のブラックナイトスコード ルドラが不審な挙動をしている現場を目撃したことで、作戦がコンパスに対する罠であることに気付く。だが戦力差は覆せず、アークエンジェルは武装とエンジンを失い轟沈してしまう。

総員退艦を命じたマリューは、ブリッジにビームを撃ち込まれる寸前に緊急脱出装置で回避し、ボロボロになりながらも甲板まで逃れる。

  • 小説版ではアークエンジェルの後部デッキまで逃げ延びた時のマリューの心理描写が描かれている。

艦長らしく、艦と運命をともにするのか……?だが、彼女はまだ生きたかった。いいや、生きなければいけない。ファウンデーションがしたことを誰かに伝えなければ。そして彼らがこれから何をする気か、見極めなければ。およそまともなことではないに決まっているのだから。彼らを、止めなければ。


疲労と怪我で動けなくなっていたが、中破したムラサメ改で迎えに来たムウと一緒に離脱し、直後の核ミサイル爆発から逃れた。


「すまん、待たせた!」

「…遅いわよ!」

総員退艦


アカツキ島に避難後は、キラとアスランの殴り合いを仲間たちと見守り、キラがラクスは世界が平和になることを望んでたと口にした時には「でも、誰かに平和をポンとプレゼントしてもらおうと思ったわけじゃないでしょ?」と優しく諭した。


ファウンデーション、もといアコードとの戦いに際しては、艦が必要なのでオーブで停泊中のミレニアムをハイジャックし、正規クルーを降ろし自分たちだけで出撃することを提案し、決行。

しかし、ミレニアムクルーであるアレクセイ・コノエアルバート・ハインラインにはその策を見透かされていた。

部隊の再編制後はコノエから艦長席を譲られて戸惑うが、これからの戦いにはあなたのほうがこの席にふさわしいと評されて引き受ける。そしてコノエに副長を頼み、号令をかけオーブから宇宙へと向かう。


最終決戦においては、パイロットスーツを纏って戦闘用ブリッジに上がり、戦場を直接視認しながら指揮を執る。

勝手の違うスーパーミネルバ級のミレニアムであったが、他のクルーや僚機の支援を受け、アークエンジェルの仇討ちとばかりに敵旗艦のグルヴェイグを討ち取った。


戦闘終了後は、レクイエム発射をアカツキで妨害する命懸けの大仕事を終え帰還したムウをブリッジで出迎え、周囲の目も憚らずに抱き着き熱烈な深いキスを交わしたのだった。


余談として、スタッフトークイベントにて語られた本来の福田監督の予定では、アウラにトドメを刺すのは戦闘艦橋から装甲服を着たマリューが対戦車ライフルで狙撃させることだったとのこと。尺の問題で叶わなかったが、マリューの白兵戦伝説に新たなページが刻まれなかったのはそれはそれで残念である。

また福田監督はXで最後の入場者プレゼントについて触れ、ムウたちはラストあんな深いキスをしたら、その後の展開は自粛と意味深な発言をされている。

関連記事

親記事

歌姫の騎士団 さんせきどうめい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8337853

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました