ピクシブ百科事典

ウィリアム・サザーランド

うぃりあむさざーらんど

ウィリアム・サザーランドとは、『機動戦士ガンダムSEED』に登場するキャラクター。

CV:稲葉実

人物

地球連合軍最高司令部統合作戦室所属。
階級は大佐
乗艦はアガメムノン級宇宙母艦ドゥーリットル。漫画『Re』ではルーズベルトにも乗艦し、血のバレンタインを発生させた核ミサイル部隊を指揮した。

連合軍将校であると同時に反コーディネイター組織ブルーコスモスのシンパで、盟主であるムルタ・アズラエルとも繋がりがある。
連合軍の最新兵器であるストライクガンダムをコーディネイターのキラ・ヤマトが操縦していることを忌々しく思っており、ストライクとその母艦アークエンジェルがアラスカ基地に到着しない方がいいと考え、アークエンジェルが地球に降下した後も一切の補給や増援を送らず孤立無援な状態に陥れ、何とかアークエンジェルがアラスカに到着したときには査問会を開き、自分たちの所業を棚に上げて「アルテミスや第8艦隊等の多大な犠牲に支えられて本部に帰還したが肝心のストライクを失っている。これでは犠牲になった見方が浮かばれない」「アルテミスを壊滅させ、第8艦隊をも失わせた」と一方的に糾弾。アラスカに降下したザフト諸共サイクロプスで一掃を図るなど連合の腐敗を体現した人物。

ビクトリア基地奪還後のエルビス作戦にてアガメムノン級宇宙母艦ドゥーリットルに艦長として乗艦し、ザフトの宇宙要塞ボアズを核ミサイルで武装したMS部隊「ピースメーカー隊」で壊滅させた。
続く第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦においてもプラント本国に核ミサイル発射を指揮したが、発射されたミサイルはフリーダムガンダムジャスティスガンダムにすべて破壊されてしまう。
そのためフリーダムとジャスティスに攻撃を集中するよう指示するが、直後にデュエルガンダムの発射したグレネードランチャーがブリッジに命中、爆死した。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED

コメント