ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ウィリアム・サザーランド

うぃりあむさざーらんど

TV『機動戦士ガンダムSEED』に登場するキャラクター。 地球連合軍の中心的人物であると同時に「連合の腐敗の象徴」でもある。
目次 [非表示]

「奴らがいるから世界は混乱するのだよ!」


CV:稲葉実

人物

地球連合軍最高司令部統合作戦室所属。階級は大佐。所属国は大西洋連邦

乗艦はアガメムノン級宇宙母艦ドゥーリットル。漫画『SEED Re』では同型艦のルーズベルトにも艦長として乗艦し、血のバレンタインを発生させた核ミサイル部隊を指揮した。


連合軍将校であると同時に反コーディネイター組織ブルーコスモスのシンパで、その盟主であるムルタ・アズラエルとも繋がりがある。


宇宙世紀における地球連邦軍本部の官僚主義的な軍人という印象はなく、第三次ビクトリア攻防戦やプラントとの決戦となるエルビス作戦にも参加するなど、最高司令部に属していながら前線に出ることをいとわない人物としての側面もある。

アズラエルからは第三次ビクトリア攻防戦の戦果を「流石ですな」称賛されている。

また、第三次ビクトリア攻防戦を通して感じたストライクダガーの完成度や、オーブ解放作戦の報告を聞いただけでフリーダムジャスティスザフトMSである可能性(現場目撃したアズラエルでさえオーブ製MSだと思っていた)に言及するなど、兵器知識にも明るい優秀指揮官としての顔も持つ。


本編での登場

連合軍の最新兵器であるストライクコーディネイターキラ・ヤマトが操縦している(しかも、それがザフト相手にかなりの戦果を挙げている)事実を忌々しく思っており、ストライクとその母艦アークエンジェルアラスカ基地に到着しない方がいいと考え、アークエンジェルが地球に降下した後も一切の補給や増援を送らず孤立無援な状態に陥れた。


何とかアークエンジェルがアラスカに到着した時には査問会を開き、自分たちの所業を棚に上げて「アルテミスや第8艦隊等の多大な犠牲に支えられて本部に帰還したが肝心のストライクを失っており、これでは犠牲になった味方が浮かばれない」「アルテミスを壊滅させ、第8艦隊をも失わせた」とまるでアークエンジェルがやったかのように一方的に糾弾した。


挙句の果てにラウ・ル・クルーゼリークした情報からザフトがアラスカ本部を襲撃することを一足先に認知しているのをいいことに、アラスカに降下したザフト部隊に対する囮部隊の一つとしてアークエンジェルを使い友軍諸共サイクロプスで一掃を図り、友軍の犠牲を対外的には「ザフトが新型大量破壊兵器を使用したため」と責任転嫁して事実を隠蔽している。

尤もザフトが新型大量破壊兵器を所有していたのは事実で挙句に棚に上げてナチュラルがそれを使おうとしていると勝手に決めつけており(この辺はアズラエルが正論同然の文句を述べている)、しかもパトリック・ザラはガチでナチュラル殲滅を目論んでいるので疑いをかけられるのは普通である


ビクトリア基地奪還後のエルビス作戦においてはアガメムノン級宇宙母艦ドゥーリットルに艦長として参戦し、アズラエルの進言を受けザフトの宇宙要塞ボアズを核ミサイル搭載型メビウスで構成される「ピースメーカー隊」で壊滅させた。


続く第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦においてもプラント本国への核ミサイル発射を指揮したが、発射されたミサイルはフリーダムジャスティスの駆るミーティアストライクルージュにすべて破壊されてしまう。

そのためフリーダムとジャスティスに攻撃を集中するよう指示するが、直後にデュエルが発射したグレネードランチャーが艦橋に命中、グレネードの爆発により死亡した。


その他のメディア



余談

  • 上述のサザーランドが爆死する場面は、続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE-44ではアガメムノン級宇宙母艦MS搭載型のブリッジ破壊のシーンとして使われてしまっている。
    • 少し遠のいていてサザーランドと分かりにくいので、そのまま流用したのだろうか。

  • たまに誤解されるが、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦での地球連合軍の総大将はアガメムノン級空母ワシントンの艦長であり、その僚艦であるドゥーリットルをサザーランドが担っている。
    • ワシントンの艦長の階級は不明だが、サザーランドの大佐よりも上の准将〜大将の将官クラスの人物と思われる。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED

地球連合軍

ブルーコスモス

ムルタ・アズラエル

レイシスト

人間のクズ

ブラック上司


バスク・オム/アーサー・グッドマン:同類

ホアキン中佐/ミケール大佐:ブルーコスモスつながり。


メデル・ザント:声が同じガンダムキャラだが、彼は地球側の腐敗を暴こうと画策していたため、思考が真逆。

関連記事

親記事

大西洋連邦 たいせいようれんぽう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 621

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました