ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アークエンジェル(ガンダムSEED)

あーくえんじぇる

アークエンジェルとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場する戦艦、アークエンジェル級強襲機動特装艦・1番艦である。
目次 [非表示]

名の由来となった大天使についてはアークエンジェルへ。


概要


「…分かりました。では、アークエンジェル発進準備、総員戦闘第一戦闘配備」


アークエンジェル級強襲機動特装艦・1番艦で、ネームシップである。

地球連合宇宙軍のデュエイン・ハルバートン閣下の提言で大西洋連邦オーブ連合首長国の国営企業・モルゲンレーテ社が共同開発に携わり、ザフトが有するMSに対抗すべく開発されたG兵器の運用母艦としてオーブの資源衛星・ヘリオポリスで極秘裏に開発・建造された。


機動戦士ガンダムSEED

ザフトクルーゼ隊によるMS奪取及び戦艦破壊の強襲作戦により、本来の艦長や要職に就く筈だったハルバートン派の高官たちが死亡し、アークエンジェルの建造とG兵器の開発に携わった技術士官であるマリュー・ラミアス大尉が急遽、艦長の任に就いた。


本作戦に巻き込まれたヘリオポリスの民間人:キラ・ヤマトとその友人達の助けもあり、クルーゼ隊や他の多くの部隊の追撃を潜り抜けるも、キラは戦闘中にイージスと相打ちとなり行方不明となってしまう。

キラを欠いた後は連合本部のあるアラスカに辿り着くも、コーディネイターたるキラの助けで生き残って来たことから、反コーディネイターを掲げるブルーコスモス思想の強い高官たちから「コーディネイターに犯された汚れた艦とそのクルー」と見なされ、ザフトの大規模作戦「オペレーション・スピッドブレイク」の囮にされてしまう(囮とされた理由は他にもあり、例えば当時2番艦のドミニオンの建造が進行していたことや、MS開発が進んだ現状アークエンジェルは連合にとって必要では無かったこともある)。だが、行方不明と為っていたキラがザフトから奪取したフリーダムを引っさげて復帰。援護を受け、命からがら難を逃れる。

その後は連合上層部への不信感から、原隊への復帰ではなく、撃沈の危機を救ったキラと共にオーブに保護を求めた(所謂、脱走艦)。

しかし、束の間の平穏も、連合のオーブへ突き付けた理不尽な要求を拒否したことで開かれた戦端によって終わりを迎える。そしてアークエンジェルは、どちらかの殲滅を唱える連合でもザフトでもなく、ナチュラルとコーディネイターの共存を唱えるオーブ陣営として戦っていく事を決めたのである。


第1次連合・プラント大戦の最終盤(第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦)まで戦い抜き、一度も沈まなかったことから「不沈艦」の異名が付いた。それ以前にもあまりのタフさから連合上層部からは「ハルバートンの執念」とも言われている。

その戦果だけでなく、三隻同盟の所属艦としての活躍から連合・ザフトの両軍に大きな影響を与えた模様で、連合では後継艦と思われる「ガーティ・ルー級」、ザフトでは性能や運用目的などが似通った「ミネルバ」が建造されている。


略称は「AA」。アークエンジェルの特徴である艦首両舷から前方に突き出した脚部状のMSハッチから、ザフト軍には「足つき」と呼ばれた。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

戦後、ZGMF-X10A フリーダムと共にオーブ連合首長国が確保しており、モルゲンレーテ社の秘密工廠で修復、更に水中潜行能力も加わって更に全領域対応の万能艦にパワーアップを果たした。

長く潜行・潜伏など閉鎖空間に長時間滞在する必要が在った為、誰の発案かは不明だが「天使湯」なる温泉が新設されたり、艦内食にも「きつねうどん」など新メニューが加わる等、オーブ色豊かに様々な改良がなされた。

艦の運用面においても、殆どの席のコンソールから大半の操作が可能になり、CIC要員が少なくても運行が可能に為った。

再び始まった戦争の中、本艦は大西洋連邦と軍事同盟を結んだオーブ軍の戦闘を止めさせるべく、連合とザフトのどちらにも与せず武力介入を行う。

途中、エンジェルダウン作戦によってフリーダムを失い、艦も大破するが生き延び、その後はオーブ軍へ所属、メサイア攻防戦を生き抜いた。


機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

所属を世界平和監視機構コンパスに改め、主要クルーも全員転籍している。

宇宙空間に航宙するスーパーミネルバ級戦艦ミレニアムと並んでコンパスの母艦として使用されているが、専用新型艦であるミレニアムと比べると旧型である為か任務は地球上での支援がメイン。

大掛かりな戦闘時は軌道衛星上で待機するミレニアムから出動するMS部隊に戦闘を任せ、地球上で彼らを休ませる際には着艦させている。また、彼らが宇宙にいるミレニアムに帰投する際はローエングリンを用いてサポートしている。

本艦の艦載機はムラサメ改が複数。少なくとも2小隊は所属している。


ファウンデーション王国との合同作戦時には降下してきたミレニアムと共に任務に当たる、が……。


艦のデータ

艦籍番号LCAM-01XA
分類アークエンジェル級強襲機動特装艦・1番艦
建造ヘリオポリス(モルゲンレーテ社)
所属地球連合軍第8機動艦隊→脱走艦→オーブ義勇軍→三隻同盟→無国籍→オーブ軍第2宇宙艦隊→世界平和監視機構コンパス

オプション

プラズマブースター

元々はイズモ級宇宙戦艦用のブースターユニット。アークエンジェルの船体の大きさから、マスドライバーに乗らない為オーブ脱出時に装備された。ローエングリンの発射によって発生した前面の真空状態と磁場(ポジトロニック・インターファライアンス)を利用し、艦体表面にプラズマをブーストさせ一つの誘導体に見立てて推進させる。要するに、陽電子砲で大気を対消滅させて気圧を下げつつ残存大気をプラズマ化&電荷をマイナス化する事により、その中を電磁誘導によって空気抵抗を無視して加速する為のユニットである(なお、当初は設定担当の森田による「反物質のコクーンで正物質のコクーンを妨げる事により空気抵抗を無視する」という意味不明な説明であり、後にこの艦のデザインを担当した山根公利によって上記の説明が行われた)。


武装

本項では1番艦アークエンジェルのみの特徴・活躍を記載。


魚雷発射管

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」

アークエンジェルのCIWS(バルカン砲)。

アラスカ防衛戦では攻撃面でも大きく活躍した。

対空用だが、量産機程度ならこれだけでも十分蜂の巣に出来る。


110cm単装リニアカノン「バリアントMk.8」

アークエンジェルの副砲となる大型リニア砲。

『SEED DESTINY』では魚雷以外での海中戦闘オプションとしてザフト軍の潜水艦を沈めたり、射角の自由さを利用して海上のミネルバの底面に集中攻撃して撤退させている。


225cm 連装高エネルギー収束火線砲「ゴットフリートMk.71」

アークエンジェルの主砲となる2連装ビーム砲。

艦下に潜り込んだグーンを狙う際には、バレルロールを行って射線を確保している。


陽電子破城砲「ローエングリン」

アークエンジェルの両舷に計2門装備されている、同艦の武装で最も強力な陽電子砲。

地上での使用は倫理的制約があったが、後に汚染の少ないモデルへ換装されている。


魚雷発射管

水中戦のための追加武装。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後にオーブで改修された際に、水中潜行能力と共に追加された。


搭乗員

機動戦士ガンダムSEED

メインブリッジ(艦橋)

ポジション氏名階級
艦長マリュー・ラミアス大尉(15話~少佐)
操舵士アーノルド・ノイマン曹長(15話~少尉)
副操舵士トール・ケーニヒ二等兵
通信担当ロメロ・パル伍長(15話~軍曹
カズイ・バスカーク二等兵

CIC(Combat Information Center=戦闘指揮所)


パイロット

MSパイロットキラ・ヤマト少尉
MAパイロットムウ・ラ・フラガ大尉(15話~少佐)
(※)戦闘機パイロットトール・ケーニヒ二等兵

(※)29話,31話のみのスカイグラスパー2号機のパイロット。


整備兵


その他

庶務担当フレイ・アルスター二等兵
その他カガリ・ユラ・アスハ22話~25話まで乗艦
その他レドニル・キサカ22話~25話まで乗艦。オーブ軍特殊空挺部隊の一佐

31話にてMIA(Missing In Action=戦闘中行方不明)


31話にて捕虜

MSパイロットディアッカ・エルスマンザフトに階級はなし。赤服

34話にて離艦(移動)命令


38話~

メインブリッジ

ポジション氏名階級
艦長マリュー・ラミアス(地球軍的には)脱走兵
操舵士アーノルド・ノイマン(地球軍的には)脱走兵
通信担当サイ・アーガイル(地球軍的には)脱走兵
MS・MA管制担当ミリアリア・ハウ(地球軍的には)脱走兵

CIC

索敵担当ジャッキー・トノムラ(地球軍的には)脱走兵
火器管制担当ロメロ・パル(地球軍的には)脱走兵
電子戦担当ダリダ・ローラハ・チャンドラII世(地球軍的には)脱走兵

パイロット

MSパイロットムウ・ラ・フラガ(地球軍的には)MIA?
(※)キラ・ヤマト(地球軍的には)MIA
(※)アスラン・ザラザフトに階級はなし。ザフトから離脱 (ザフト的には脱走兵)
ディアッカ・エルスマンザフトに階級はなし。ザフトから離脱 (ザフト的にはMIA)

(※)43話以降はフリーダム,ジャスティスの専用運用艦であるエターナルに移動。


整備兵

整備主任コジロー・マードック(地球軍的には)脱走兵

38話にて自主退艦

通信担当カズイ・バスカーク(地球軍的には)脱走兵

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

メインブリッジ(艦橋)

ポジション氏名階級
艦長マリュー・ラミアス軍服の徽章は三佐仕様。正式な軍属から一佐
操舵士アーノルド・ノイマン軍服の徽章は三尉仕様。正式な軍属から一尉
副操舵士アンドリュー・バルトフェルド26話までの軍服の徽章は一佐仕様
オペレーター担当ダリダ・ローラハ・チャンドラII世軍服の徽章は不明
MS・MA管制担当ミリアリア・ハウ27話にて再乗艦。軍服の徽章は不明、正式な軍属から三尉

29話より一時的

CIC

(※)火器管制担当アマギ一尉

(※)28話で撃沈したタケミカズチより生き残ったオーブ兵と共に移乗。話数不明であるがアマギ自身は物語終盤クサナギへ移動。


パイロット

(※)MSパイロットキラ・ヤマト軍服の徽章は三尉仕様。正式な軍属から准将
(※)アンドリュー・バルトフェルドムラサメの専用機有
(※)カガリ・ユラ・アスハストライクルージュ有
(※)アスラン・ザラザフトを離脱。48話以降はエターナルに移動

(※)キラは39話で一時離艦、48話以降エターナルに移動。バルトフェルドは26話で離艦、エターナルに移動。アスランは38話にて保護、48話以降はエターナルに移動。カガリは41話で退艦、以降はオーブ本国にて活動。


整備兵

整備主任コジロー・マードック軍服の徽章は不明

捕虜→MSパイロット

元地球連合軍ファントムペインロアノーク隊司令官ネオ・ロアノーク45話から正式な軍属(一佐)

保護

元ミネルバMS管制担当メイリン・ホークアスランと共にザフトを離脱。48話以降はエターナルに移動

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

メインブリッジ(艦橋)

ポジション氏名階級
艦長マリュー・ラミアス大佐
操舵士アーノルド・ノイマン大尉
副操舵士ユウ・キリシマ軍服の徽章は不明
オペレーター担当ダリダ・ローラハ・チャンドラII世中尉
MS・MA管制担当ヒメコ・ユリー軍服の徽章は不明

パイロット


整備兵

整備主任コジロー・マードック軍服の徽章は不明

艦載機

機動戦士ガンダムSEED

GAT-X105 ストライク(31話で中破、37話までにオーブで修復、49話にて損失)

TS-MA02mod.00 メビウス・ゼロ

FX-550 スカイグラスパー×2(31話にて2号機を損失)

GAT-X103 バスター

ZGMF-X10A フリーダム(43話以降、エターナルに移乗)

ZGMF-X09A ジャスティス(43話以降、エターナルに移乗)

MAW-01 ミストラル×6


GAT-X102 デュエル(最終話にて一時的に着艦)


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

ZGMF-X10A フリーダム(34話にて大破、残骸のうちボディのみ収容)

MBF-02 ストライクルージュ(39話で大破、エターナルに収容)

MVF-M11C ムラサメ(アンドリュー・バルトフェルド専用機)

MVF-M11C ムラサメ×10

FX-550 スカイグラスパー

ZGMF-X20A ストライクフリーダム(48話以降、エターナルに移乗)

ZGMF-X19A インフィニットジャスティス(48話以降、エターナルに移乗)

ORB-01 アカツキ

ZGMF-XX09T ドムトルーパー×3


機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

STTS/F-400 ムラサメ改



外部作品での活躍

ガンダムブレイカー2

ストーリーにて自軍の艦として登場。ノイマンが居ないからか流石に原作ほどの挙動はしていない。


立体物

プラモデルではEXモデルで発売された。発売時期が無印放送後から丸一年だったのもあって、ドミニオンとのコンパチ仕様となっている(ドミニオンは要塗装)。エールストライクガンダム、メビウスゼロ、スカイグラスパー、バスターガンダムが付属。

後にランナーをシルバーメッキコーティングにしたリミテッドエディション仕様も出ている。こちらはパッケージが『DESTINY』仕様となっているが、ランナーはそのままなので内容は無印時代と同じ。


ガンダムシリーズでも知名度の高い戦艦であることから、「Realistic Model Series Gストラクチャー」ブランドでアークエンジェルの「格納庫」と「カタパルトデッキ」をそれぞれ1/144サイズで再現したHGブランド用ジオラマも発売されている。


関連イラスト

オーブの不沈戦艦 アークエンジェル


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

アークエンジェル級

マリュー・ラミアス ムウ・ラ・フラガ ナタル・バジルール アーノルド・ノイマン

ジャッキー・トノムラ ダリダ・ローラハ・チャンドラII世 ロメロ・パル コジロー・マードック

ミリアリア・ハウ サイ・アーガイル トール・ケーニヒ カズイ・バスカーク

フレイ・アルスター トリィ ハロ

キラ・ヤマト アスラン・ザラ ラクス・クライン カガリ・ユラ・アスハ

ディアッカ・エルスマン メイリン・ホーク


アークエンジェル








































大天使墜つ

キラの乱心に際してファウンデーション王国の奸計に気づき現場に急行したことで彼らの工作を目撃し、口封じの為の襲撃を受けてしまう。通信妨害でミレニアムとの交信も出来ず孤立させられた上、ブラックナイトスコード ルドラと無人MSの大群を前にその猛攻を避けることが出来ず兵装が全滅。エンジン部にも深刻なダメージを受け、弾薬庫への引火を防ぐため全エンジンを切り離したことで航行不能となり、山間部に敢え無く不時着。


このまま艦内にいても死を待つだけだったことから、マリューの判断により艦は放棄されクルーは全員退艦。ファウンデーション王国のきな臭さを調査していたアスランのズゴックとメイリンのキャバリアーアイフリッドが救助に駆け付けたこともあり、主要クルーは重傷者を出すこと無く戦域を離脱。

マリューはブリッジクルーの退艦を見届けるため最後まで残っていたが、直後にルドラが艦橋をビームライフルで撃とうとしたため、艦長席のシートを操作し間一髪で下層に避難。駆けつけたムウのムラサメ改に乗って戦域を離脱、先に脱出したクルーらと合流している。


そして残った艦体はユーラシア連邦から放たれた核ミサイルの大爆発に巻き込まれ、閃光の中へと消えた。ヘリオポリスから幾度もの危機を乗り越えた不沈艦は遂にその役目を終えることになったのだった。


現場の事後調査では本艦と思われる残骸が発見された様で、トーヤ・マシマがカガリにその旨を報告している。


だが、アークエンジェルが最後まで守り抜いたことで主要クルーはミレニアムとの合流に成功し、コズミック・イラ最強の布陣が完成。

その魂を受け継いだかのようにミレニアムはファウンデーション王国との最終決戦で獅子奮迅の大活躍、絶対に仕留めなくてはならない戦乱の元凶を討ち取るという大役を成し遂げたのである。


なお不時着のシーンでは、エンジンが無い状態で姿勢制御しつつ谷間ギリギリを挟んで胴体着陸するというノイマンの神憑りな操舵テクニックを垣間見せている。

もし熟練のノイマンでなければ普通にこの時点で轟沈して全員助からなかったかもしれないのである。

関連記事

親記事

アークエンジェル級 あーくえんじぇるきゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました