2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

大西洋連邦

たいせいようれんぽう

アニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する架空の国家、及び同国が有する軍隊。
目次[非表示]

概要

西暦末期に勃発した再構築戦争(第三次世界大戦)の結果誕生した、アメリカメキシコイギリスアイルランドなどによる連邦国家。首都はワシントンD.C。
プラント理事国の一つで、プラント建設計画の際に各国から出資を呼び掛けた事から、理事国のリーダーにもなっており、軍事面以外にも強い発言力を持っている。

コーディネイターの色が強く、大西洋連邦から配属される構成員はブルーコスモスの者が多い。

連合軍内での大西洋連邦

将校クラスの制服の色は白系統。
要塞アルテミスを除く地球連合軍の所属はこちらであり、ヘリオポリスにおけるモルゲンレーテと共同での設計・開発したG兵器やアークエンジェル級戦艦の建造も、全て大西洋連邦が独自に行っている事である。つまりSEED主人公のキラたちが所属していた組織でもある。
また、アラスカ基地のサイクロプスによる自爆や核ミサイルの大量製造に加え、ブーステッドマンや戦後のファントムペインのエクステンデッドと言った研究も率先して行っている。
その上、ムルタ・アズラエルの意向でオーブ連合首長国に侵攻作戦を展開したほか、続編でレクイエムを保有してプラントのコロニーに壊滅的な攻撃を行っている。
ブルーコスモスの影響力とはいえ、コーディネイター関係で異様に暴走をしている地球連合軍はだいたいこいつらであると言える。ただ、作中で連合軍側の味方サイドのメインキャラクターもこの国の人が占めるので、ムウやナタルやマリューのような人情家も輩出している。

関連タグ

地球連合(ガンダムSEED)

関連記事

親記事

地球連合(ガンダムSEED) ちきゅうれんごう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「大西洋連邦」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました