ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「撃てぇーッ!マリュー・ラミアスーッ!!」


CV:桑島法子


プロフィール

人種ナチュラル
生年月日C.E.46年12月24日
没年月日C.E.71年9月27日
星座山羊座
年齢25歳
血液型AB型
身長174cm
体重60.5kg
髪の色
瞳の色
階級少尉→中尉(地上降下後)→少佐(ドミニオン艦長)

人物

地球連合軍の女子士官で、当初の階級は少尉。代々続く軍人家系の出身で、優秀な戦闘指揮官である。Natarle Badgiruelという名前はユダヤ系である。


上記の代々続く軍人家系出身で大変男勝りな性格をしており、それが起因してなのか、一人称は「わたし」だが、二人称は自分より身分が低い人物には「おまえ」。ただし、マリューのように自分より身分が高い人物や頭が全く上がらない人物には「あなた」に変わる。公の場所や上司相手なら敬語を一応使うが、そうでもない限り、言葉遣いも常に男性口調且つ命令口調で、同じ女子指揮官であるマリューやタリアのように女性語を使う素振りは全くない。


気が強く、良くも悪くも軍務に忠実で頭が固く、柔軟性には欠けている。それ故に軍人としてはどこか甘く、情にも流されやすいマリュー・ラミアスとは度々意見が対立する。しかし、マリューと同じく友軍(仲間)を大事にする意識は強く、ストライクのカタログスペック上は単体での大気圏突入が可能だとして出撃しようとしたキラに対して「分かった!ただし、フェイズスリーまでに戻れ!スペック上は大丈夫でも、やった人間はいないんだ!中がどうなるかは知らないぞ!高度とタイムは常に注意しろ!」とキラの出撃を許しながらも生命を優先させる指示を出していた。また、提案および出資者から「生体CPU」とモビルスーツの部品扱いされていたオルガ・サブナックを「サブナック少尉」と一人の兵士(人間)として扱ってもいた(これはオルガの声優小田井涼平が印象に残ったシーンとして挙げている)。そのため、マリューとは意見こそ対立していたものの仲が険悪というわけではなく、むしろ『SEED』終盤に敵対関係になろうと互いに尊敬しあっていた。

一方、その固い性格に反して酒には弱い下戸であり、「明けの砂漠」のメンバーと祝杯を挙げた時は、1人だけ咳き込んでいた。


アフリカのタッシルの街がバルトフェルド隊に焼かれた時は、焼け出され泣いていた子供に被っていた軍帽や非常食をあげて慰めてあげるなど、優しい一面も見せる。しかし、子供の扱いは苦手なのか、その直後に子供達に囲まれた際には狼狽した姿を見せている。


経歴

アークエンジェルの搭乗員であったが、ヘリオポリスにおけるザフト軍の襲撃に遭遇する。この戦闘で艦長以下が戦死したことにより、同艦の副長兼CICの統括を務めた。


任務遂行を最優先とする典型的な軍人で、感情的な判断が多い艦長のマリュー・ラミアスとは、対立が絶えなかったが、内心ではどこか認めている所もあったようである。


アークエンジェルがアラスカ基地に到着した後、ナタルは少佐に昇進のうえアークエンジェル級2番艦ドミニオンの艦長に転属となる。アラスカ基地から逃亡したアークエンジェルの討伐命令を受け、かつての同僚を敵に回すことに躊躇いを感じながらも戦闘では見事な戦術を披露し、アークエンジェルを撃沈寸前まで追い詰めた。


ドミニオンに同乗していたムルタ・アズラエルコーディネイターを滅ぼすための手段を選ばない行動に疑念を抱きつつも任務を優先。

そして戦闘の最中にラウ・ル・クルーゼによってNジャマーキャンセラーのデータと共に流されたフレイ・アルスターを救出して、彼女を自身の元で保護する。


第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において、劣勢に追い込まれても尚、怒りに任せて徹底抗戦を主張するアズラエルを生かしておいてはならないと確信したナタルは、全クルーに退艦命令を出す。

アズラエルに全身を銃で撃たれながらも彼をブリッジに拘束し続け、アークエンジェルが放ったローエングリンに撃たれ、彼諸共心中した。その際の表情は、銃撃による血に塗れながらも穏やかな微笑みに満ちていた。

その最期がキラ、マリューのみならず、アークエンジェルのクルーの進むべき道をも示唆することとなる。

更にフレイのこともドミニオンのクルーと共に事前に艦から逃がしていたものの、彼女はそのままラウによってキラの目の前で殺害されることになってしまった。これにより、最後の最後に過ちに気付き、この戦争の元凶の一人に反抗した女副長の真実は、闇に葬られてしまった……。


小説版によると、死の間際に「非の打ちどころの無いエリート軍人の自分が、今こうしてイカれた男と死ぬのを待っている」という状況を自嘲しつつ、マリューに対して「あの優しい女性がよく砲撃を躊躇わなかった」と内心で賞賛を送っていた模様。


2024年に公開された劇場版『FREEDOM』では当然故人のため登場しないが、終盤におけるファウンデーションとの決戦の際に、ミレニアム艦長となったマリューが、彼女の名を冠した「戦術バジルール」を実行した。

これはかつてナタルがドミニオン艦長としてアークエンジェルとの交戦時に用いた攪乱戦術をややアレンジしたもので、予めプログラムした多数のミサイルを放出した後、敵を自身の艦に引き付けて注意を逸らさせ、矛先が向いた瞬間ミサイルに点火して別方向から敵を攻撃するというもの。作中ではファウンデーション艦隊に対してこの戦術が行われ、見事戦果を挙げた。


客演作品

悪人ではないが主に敵役・体制側の協力者(生還の場合)として出演、ドミニオン艦長として仲間になる展開が少ない。(GジェネDSのライバルルートを除く)


スパロボシリーズ

第3次スーパーロボット大戦α

民間人であるラクスを人質に取った時は自軍から非難されていた他、その苛烈さも民間人協力者が多い事もあってかαナンバーズの面々からは快く思われておらず、少々浮いた立場だった。


今作ではロンド・ベル所属の地球連邦軍の正規軍人にして熟練兵(そして階級上上官かつ年上)となっているアムロ・レイからも、正論が先行して人心を掴めていないことを窘められたことがある他、一部のメンバーからは「一歩間違えれば三輪防人の同類になるのでは?」とまで言われてしまった(ナタルは時に冷徹・冷酷さを見せることがあったが、本質的には悪人・外道でない点で三輪とは異なる)。


原作では地球降下シークエンスに入る少し前にハルバートン提督が発艦させていた避難民を乗せた降下艇を、本作ではナタルの指示で降下直前、ザフトの攻撃を受けている真っ最中に発艦させてしまっている。迂闊かつ危険過ぎるタイミングで降下艇を出した事を周囲から激しく糾弾されつつ「条約違反になるから攻撃されることは無い」とタカを括るなど、原作以上に杓子定規過ぎる感があった。


中断メッセージではアズラエルと「勇気」について漫才したり、某ライオンロボと戦う際に対抗心を燃やしまくる彼を制止したりする苦労人。

ケイサル・エフェスとの最終決戦では、霊魂としてマリュー達αナンバーズに力を貸した。


スーパーロボット大戦J

原作通り…なのだが、ナデシコ勢の空気に馴染めず、同じ軍人一家に生まれた士官学校のエリートという共通点を持つ艦長(かつ同じ声)だが飛びぬけ明るい同じミスマル・ユリカとはとことんウマが合わなかった。


そのせいか、敵対した時は専用セリフを言いながらナデシコを墜とそうと躍起になる場面も。

その点をアズラエルに「私見が入ってません?」などと突っ込まれ、漫才を繰り広げる様は第3次αとまるで逆の構図である。

ツンデレ冥王様との漫才は必見。


スーパーロボット大戦W

第2部から登場。ラクスを人質にした件でカズマ・アーディガンと口論になりかけるも、ムウの仲裁で互いの事情を知り和解。カズマからは「厳しいが悪い人ではない」と評価されている。


終盤ではアズラエルに殺されかけていた所を叢雲劾に助けられる。 マリューとも和解を果たし、軍内部のブルーコスモス派の横暴を告発した。


また、同じく『艦長』の立場にいるホシノ・ルリと対峙した際には、


良い声をしてますね。 私の目指す人とそっくりです

貴女ならきっと良い艦長になれます。 道を間違えなければ…


といったやり取りをする場面もあり、結果的に生存フラグに繋がった。

ルリの言う「目指す人」とは、恐らくユリカの事と思われる。


スーパーロボット大戦DD

原作通りドミニオンに転属され、ローエングリン発射を止められずムウがMIAになってしまうが、彼女自身はフレイと共に救出され生還。

アズラエルに撃たれた傷が回復した後はアークエンジェルの副長に復帰し、そのまま続編の物語への参戦が実現。

そして、自分とは逆に悪の混成部隊の一員として復活したアズラエルと邂逅。因縁の敵として刃を交える事になる。


Gジェネシリーズ

SDガンダム GジェネレーションDS

平成ガンダムルートではほぼ原作準拠。

ライバルルートでは、自軍の旗艦の艦長として実質の司令官として活躍。


最初はアズラエルのもとで三馬鹿やジェリド・メサセレイン・イクスペリ等の跳ねっ返り達を纏める中間管理職だったが、

途中でシーマ・ガラハウの自分のように都合のいい駒にならない様にとの説得に応え、アズラエルから離反し、自らの意志で人々のために戦うことを選ぶ。


そして寡兵(ライバルルートは他のルートに比べ人員が少なく育成する時間が短い)を率いて、レギオンや木星帝国を退けた。


ガンダム無双シリーズ

真・ガンダム無双

とあるオリジナルシナリオでは主役として活躍する。あの名悪役のようにきれ…というよりは非常に話の分かる人物となっており、いろいろと個性的な部下たちと共に地球と袖付きの陰謀に立ち向かう。


余談

ナタルを演じた桑島氏はフレイ・アルスターも兼任していた。ナタルはハスキーボイスであり、フレイとは声色が全く異なるものの、ナタルとフレイが二人きりで会話するシーンでも違和感が無いことは放送当時から視聴者に高評価を得ていた。


関連イラスト

W桑島ナタル

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED

マリュー・ラミアス

ムウ・ラ・フラガ

軍人

不器用


類似・関連人物

フレイ・アルスター/ヴィア・ヒビキ/ステラ・ルーシェ/アグネス・ギーベンラート:声が同じ、「機動戦士ガンダムSEED」シリーズの女性キャラ。


エマ・シーン:『機動戦士Ζガンダム』に登場する女性士官。両者共に『エリート軍人家系の生まれ』『真面目で責任感の強い性格』『定規杓子な考え方をしやすく、柔軟性に欠けている』『自身が所属していたの実態を知って在り方に疑念を抱き、反逆するもその戦いの中で命を落とす』など性格や辿った運命がよく似ている。ただ、まったく同じわけではなく『エマは物語の序盤にエゥーゴに寝返ったが、ナタルは終盤でブルーコスモス反逆した』『ナタルはマリューの力を借りて、戦争の元凶の一人であるアズラエルを自分のと共に道連れにし、(自嘲を含めて)満足そうな顔で逝ったが、エマは戦争を終わらせる信念を持っていたが、志半ばで倒れてしまい、カミーユに看取られる形で死んだが、無念さから死に顔が決して安らかなものではなかった』など、差異もある。


なお、『機動戦士ガンダムSEED』がスーパーロボット大戦シリーズに初参戦した『第3次スーパーロボット大戦α -終焉の銀河へ-』では、自分と同じ境遇のエマがバルマー戦役の頃に、何故ティターンズを裏切りエゥーゴに下った一件が気になって、ナタルが理由を聞く場面がある。


カップリングタグ

ノイナタガンダム史上最強の操舵手アーノルド・ノイマンとのNLカップリング。ゲーム『友と君と戦場(ここ)で』のルートによっては…?

関連記事

親記事

大西洋連邦 たいせいようれんぽう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2502736

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました