ピクシブ百科事典

ナタル・バジルール

なたるばじるーる

ナタル・バジルールとは、『機動戦士ガンダムSEED』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:桑島法子

プロフィール

人種:ナチュラル
生年月日:C.E.46年12月24日
没年月日:C.E.71年9月27日
星座:山羊座
年齢:25歳
血液型:AB型
身長:174cm 
体重:60.5kg
髪の色:黒
瞳の色:紫
階級:少尉→中尉(地上降下後)→少佐(ドミニオン艦長)

人物

地球連合軍の女性士官で、当初の階級は少尉。代々続く軍人家系の出身で、優秀な戦闘指揮官である。Natarle Badgiruelという名前はユダヤ系である。
気が強く、良くも悪くも軍務に忠実で頭が固く、柔軟性には欠けている。それ故に軍人としてはどこか甘く、情にも流されやすいマリューとは度々意見が対立する。その性格に反して酒には弱い下戸であり、「明けの砂漠」のメンバーと祝杯を挙げた時は、1人だけ咳き込んでいた。
アフリカのタッシルの街がバルトフェルド隊に焼かれた時は、焼け出され泣いていた子供に被っていた軍帽や非常食をあげて慰めてあげるなど、やさしい一面も見せる。しかし子供の扱いは苦手なのか、その直後に子供達に囲まれた際には狼狽した姿を見せている。

経歴

アークエンジェルの搭乗員であったが、ヘリオポリスにおけるザフト軍の襲撃に遭遇する。この戦闘で艦長以下が戦死したことにより、同艦の副長兼CICの統括を務めた。
任務遂行を最優先とする典型的な軍人で、感情的な判断が多い艦長のマリュー・ラミアスとは、対立が絶えなかったが、内心ではどこか認めている所もあったようである。
アークエンジェルのアラスカ基地到着後、ナタルは少佐に昇進のうえアークエンジェル級2番艦ドミニオンの艦長に転属となる。アラスカ基地から逃亡したアークエンジェルの討伐命令を受け、かつての同僚を敵に回すことに躊躇いを感じながらも戦闘では見事な戦術を披露し、アークエンジェルを撃破寸前まで追い詰めた。
ドミニオンに同乗していたムルタ・アズラエルのコーディネイターを滅ぼすための手段を選ばない行動に疑念を抱きつつも任務を優先し、宇宙へと上がった。
そして戦闘の最中にラウ・ル・クルーゼによってNジャマーキャンセラーのデータと共に流されたフレイ・アルスターを救出して、彼女を自身の元で保護する。
第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において、ドミニオンがアークエンジェルとの戦闘で損傷した際、アズラエルを生かしておいてはならないと確信したナタルは、戦闘継続を主張する彼の抗弁を無視して全クルーに退艦命令を出す。ナタルはアズラエルに全身を銃で撃たれながらも彼をブリッジに拘束し、アークエンジェルにローエングリンを撃たせ、アズラエルを道連れに戦死した。その際の表情は、銃撃による血に塗れながらも穏やかな微笑みに満ちていた。
その最期がキラ、マリューのみならず、アークエンジェルのクルーの進むべき道をも示唆することとなる。
さらにフレイのことも事前に艦から逃がしていたものの結局、彼女はそのままラウによってキラの目の前で殺害されることになってしまった。

後藤リウによる小説版によると、死の間際、マリューに対して「あの優しい女性がよく砲撃を躊躇わなかった」と内心で賞賛を送りながらローエングリンの砲火の中に消えていった模様。

客演作品

悪人ではないが主に敵役・体制側の協力者(生還の場合)として出演、ドミニオン艦長として仲間になる展開が少ない。(GジェネDSライバルルートを除く)

スパロボシリーズ大筋は本編と変わらないがJでは同じ軍人一家に生まれた士官学校のエリートという共通点を持つが飛びぬけ明るいミスマル・ユリカと波長が合わず敵対した際には専用会話が用意されている。Wは死亡せず連合側に戻ってブルーコスモスを告発する。

真・ガンダム無双とあるオリジナルシナリオでは主役として活躍する。あの名悪役のようにきれ…というよりは非常に話の分かる人物となっており、いろいろと個性的な部下たちと共に地球と袖付きの陰謀に立ち向かう。



関連イラスト

W桑島
ナタル


ごめんな
センシティブな作品



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
マリュー・ラミアス フレイ・アルスター

関連記事

親記事

地球連合軍(ガンダムSEED) ちきゅうれんごうぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナタル・バジルール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 714886

コメント