ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説編集

遺伝的にアルコール分解能力が低い(を少ししか飲めない)か、全く欠けている(酒を全く飲めない)人のことである。対義語は酒豪


より厳密にいうと、下戸はエタノール(いわゆるアルコール)の分解能力が低いのではなく、エタノールの代謝産物であるアセトアルデヒド(ヒト体内のアルコール脱水素酵素により生成される毒物)の代謝能力を欠いている人である。下戸がエタノールを摂取するとアセトアルデヒドの作用で途端に悪酔いを起こすが、酒に強い人はアセトアルデヒドを肝臓で無害な酢酸に解毒するアセトアルデヒド脱水素酵素を持っているため、エタノールの摂取に耐えられるのだ。


下戸はモンゴロイド人種(黄色人種)に多くみられるが、その分布には民族差・地域差がある。中国南部とベトナムに下戸が最も多く、ベトナム人の6割以上が下戸であるという。中国北部と日本は全体の半分弱が下戸である。一方で韓国人やベトナム以外の東南アジア人においては下戸は少数派。同じモンゴロイドでも、インディアンには下戸はほとんどいない。この分布から、下戸遺伝子は約2万年前の中国南部で生まれ、各地に広がったと考えられている。


日本においては、酒の強い人は東北北海道高知県南九州に多いという。下戸が最も多いのは三重県である。


余談編集

下戸の人物は甘党であるというイメージがあるが、そうではない例もまま見られる。


酒嫌い(酒の味が苦手な人など)や健康志向で酒を避けている人は下戸ではないが、酒の勧めを断る口実として「酒が苦手」と下戸を自称することがある。


「酒は嫌い、あるいは飲めないがベタな酒のつまみは好き」として女性や子どもが屋台で売っていそうなオッサン臭い食べ物(渋めのおでん、焼き鳥、燻製など)をつまんでいるのもよくある風景。


下戸であった歴史上の人物編集

※日本人や中国人には該当人物が非常に多いが、体質的に全く飲めなかったことが判明している人物のみ記す(たとえば毛利元就石原莞爾は酒を飲まなかったことが知られているが、体質のせいではなく酒嫌いだったからかもしれない)。


下戸の有名人編集

※50音順

芸能人編集


スポーツ選手編集


声優編集


漫画家編集


下戸のキャラクター編集


未成年のキャラクター編集


関連イラスト編集

見た目に反して飲みすぎた早苗さん

カウンターバーお酒に弱いバーヴァンシー


関連タグ編集

ノンアルコール甘酒ソフトドリンク烏龍茶:下戸の味方。

アルコール中毒:一気飲みなどで下戸に無理に酒を飲ませると死ぬこともある(酒に強い人でも一気に大量にアルコールを摂取すると死ぬが)。お酒の無理強いダメ、ゼッタイ

アルコール依存症:下戸には無縁の病気。…というか、そうなる前に死ぬ。繰り返すが、下戸の人にお酒の無理強いダメ、ゼッタイ大事なことなので2回言いました

酒を飲ませてみたところ アルコールハラスメント 飲み会

関連記事

親記事

飲酒 いんしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1016165

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました