ピクシブ百科事典

石井琢朗

いしいたくろう

横浜ベイスターズ及び広島東洋カープに所属していたプロ野球選手。
目次[非表示]

概要

所属横浜ベイスターズ広島東洋カープ
出身栃木県佐野市
生年月日1970年8月25日
身長・体重174cm、78kg
投球・打撃右投左打
守備位置遊撃手三塁手
プロ入り1988年ドラフト外
引退2012年


横浜ベイスターズ(前身の大洋ホエールズを含む)及び広島東洋カープにて活躍した日本プロ野球の選手。本名は石井忠徳。

「走・攻・守」の3拍子揃った内野手。過去に4度も盗塁王を獲得している。

現役通算2432安打・通算358盗塁。

大洋ホエールズ・横浜ベイスターズ時代

タクロー



1989年、横浜大洋ホエールズにドラフト外で投手として入団。
当時は本名である石井忠徳を登録名としていた。

92年のシーズンより内野手に転向し、登録名を石井琢朗に変更。現在のしばらくは三塁手を務めたが96年のシーズンより遊撃手としての起用がメインとなり、1998年にはマシンガン打線の核弾頭である「1番・遊撃手」として最多安打と盗塁王のタイトルを獲得する活躍を見せ、38年ぶりの日本一に大きく貢献した。

その後もベイスターズの顔の1人としてチームをけん引していく。2006年には通算2000安打を達成し、名球会入りを果たした。2008年には「成績の不振」と「若手選手の起用」を理由に、球団より戦力外通告を受けた。しかし石井は現役続行を希望し、2009年に同じセ・リーグの広島東洋カープへ移籍した。

広島東洋カープ時代

僕をCSに連れていって下さい。



広島東洋カープ移籍後は本職の遊撃手を始め、守備固めでの三塁手や代打での起用が多く、ベテランとして前田智徳とともに若手選手の「精神的支柱」となった。
2012年に引退。2015年のシーズンまで一軍内野守備・走塁コーチを務め、2016年からは一軍打撃コーチとなった。

奔放な女性遍歴を持つため、全盛期には「足は速いが、手はもっと早い」とネタにされたことも。
また、絵心があることでも知られ、2013年には彼が描いた広島選手がデザインされたTシャツ、2017年にはLINEスタンプが発売されている。

関連項目


関連タグ

横浜ベイスターズ
広島東洋カープ

pixivに投稿された作品 pixivで「石井琢朗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8734

コメント