ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

保護地域(ホームエリア)は神奈川県

2020年現在の親会社はモバイルゲームなどIT事業を広く手がけるディー・エヌ・エー(DeNA)である。
球団会社名はチーム名と同じで、通称は『DeNA』又は『ベイスターズ』。 「ベイスターズ」とは「(横浜)港の星」という意味の造語であり、外国人の中には「ヨコハマベイ・スターズ(横浜港スターズ)」と勘違いしている者も少なくないらしい。

チームカラーはやや明るい青で、青系の他球団との区別のため星の光として黄色と組み合わされる事もある。

本拠地は、1軍は横浜市横浜スタジアム
イースタン・リーグに所属する2軍は、横須賀市の追浜公園内にある「横須賀スタジアム」である。
また2軍は平成前期にブランド戦略のため一時期湘南シーレックスというチーム名(愛称)であり、ユニフォームも別仕様であった。

捕鯨や水産加工食品の生産事業を行っていた大洋漁業(現マルハニチロ食品)の実業団チームを起源とする。1949年11月にプロ野球球団大洋ホエールズとして設立。本拠地は山口県下関市にあったが、1953年に松竹ロビンスと合併し「洋松ロビンス」と名乗り大阪府大阪市へ移転。1955年に「大洋ホエールズ」に名前を戻し神奈川県の川崎市へ移転。1978年に同県横浜市への移転と同時に横浜大洋ホエールズ、さらに1993年に横浜ベイスターズと改名し、2012年より現球団名。
2002年より親会社はTBS(現TBSHD)に変わるが、2011年11月に現親会社とチーム名になる。1992年オフから2011年オフの球団名の改名までの間、現在の12球団で唯一親会社名が入っていない球団であった。

セ・リーグ所属の現行6球団で唯一、以下の2つを経験している。

  1. 他球団との合併(1953年松竹ロビンスと合併)
  2. 保護地域となる都道府県の変更(山口県⇒大阪府⇒神奈川県)

過去の親会社時代には2回のリーグ優勝と日本シリーズ制覇を達成した。

球団史

現球団名になるまでの歴史については、大洋ホエールズ横浜大洋ホエールズ横浜ベイスターズの個別記事を参照。

中畑監督時代

2011年オフに尾花監督の解任とDeNAへの球団売却が正式に発表。球団名を現在の横浜DeNAベイスターズに改称した。新監督には中畑清を招聘、GMに高田繁が就任。監督は当初、工藤公康を招聘しようとしたが、破談に終わった。

DeNA球団1年目の2012年は最下位に沈む。しかし2年目の2013年には遂に長い最下位を脱出。最終順位こそ5位に終わったものの終盤までCS争い、ギリギリまで4位争いを繰り広げファンに暗黒時代の終焉を期待させた。
2014年も5位に沈み、中畑監督は辞任を申し入れるが、球団から慰留され続投。
2015年は春先こそ絶好調だったものの、交流戦を境に次第に失速。前半戦はどうにか首位で折り返したものの、勢いは既に削がれてしまっており最下位に転落。前半の時点で続投が報じられていた中畑は最下位になった責任を取り辞任した。後任には、アレックス・ラミレスが監督として3年ぶりに復帰。

ラミレス監督時代

2016年は4月に出遅れるものの、5月には一気に借金を完済。7月に3位になった後は1度も下がらず、9月19日に3位以上を確定させ、2005年以来11年ぶりのAクラスを決め、クライマックスシリーズに初めて進出した(CS発足後現存する12球団で一番遅い)。翌日には、大洋時代を知る最後の現役選手である三浦大輔が現役引退を表明した。クライマックスシリーズでは、ファーストステージで巨人を2勝1敗で破るが、広島と戦ったファイナルステージは1勝4敗(カープへのアドバンテージ含む)で敗れた。

2017年はシーズン終盤の巨人とのCS争いを制して2年連続3位でCS出場。甲子園での「泥試合」、広島マツダスタジアムでのコールド負けと天気との戦いもあったがそれぞれ2勝1敗、4勝2敗(カープへのアドバンテージ含む)で勝利。セ・リーグ初となる3位からの日本シリーズ出場(19年ぶり3度目、球団名変更後初)を達成。日本シリーズではソフトバンクと対戦し、いきなり3連敗(横浜スタジアムで行われた第3戦の敗戦で「日本シリーズホーム不敗記録」が途絶えた)。それでも2連勝で巻き返してヤフオクドームに戻り、大逆転を狙うも第6戦サヨナラ負けで力尽き、2勝4敗で球団初の日本シリーズ敗退となった。これにより、1950年に出場し、1952年にこの球団と合併し消滅した松竹ロビンスと、2004年に消滅した大阪近鉄バファローズ(4回出場ですべて敗退)を含む日本シリーズの参加経験のある20世紀・昭和誕生の13球団が日本シリーズを敗退した事になる(2005年発足の楽天は2013年の優勝以外に出場・敗退がない)。

20年ぶりのリーグ優勝を目指した2018年は、東克樹(1位)と神里和毅(2位)の新人コンビが躍動し、新外国人ネフタリ・ソトが41本で本塁打王に輝くも、シーズンはCS進出を逃す4位となった。

球団創設70年目を迎えた2019年は、4月は調子が上がらず下位に低迷していたが、交流戦を機に徐々に復調。一時は首位巨人に0.5ゲーム差まで詰め寄るも、最後は巨人の底力に屈して9月21日に目前胴上げを許したが、ソトが2年連続の本塁打王と打点王の2冠に輝き、1997年以来となる2位になった。
CSファーストステージでは、滑り込みで3位に浮上した阪神タイガースと本拠地・横浜スタジアムで戦うこととなった(本拠地初開催。CS発足後現存する12球団で一番遅い)が、横浜スタジアムでの阪神との相性の悪さが影響して結局1勝2敗で阪神に敗退。

2020年MLB挑戦で退団した筒香嘉智の代わりに佐野恵太が4番打者に抜擢された。彼は打率.328で首位打者のタイトルを初めて獲得したが、チームは2年ぶりのBクラスとなる4位に終わった。シーズン終了後ラミレス監督が退任、後任は三浦大輔2軍監督が昇格。
主力として活躍していた梶谷隆幸井納翔一両選手がFA宣言により巨人へ移籍、またNPB/MLB公式戦通算2000試合出場・2000安打を達成し巨人・DeNA2球団で長らく活躍し続けてきたホセ・ロペスが退団。

三浦監督時代

2021年はフロント側の外国人選手のビザ発注に関する手違いで、外国人選手抜きの状態で開幕を迎えざるを得なくなってしまい、チームは最初から低調。また試合終盤に失点が嵩み中継ぎ投手が固定できなくなり、チーム防御率はリーグワーストの4.15を記録、最下位でシーズンを終えた。新人の牧秀悟が「球団54年ぶりとなる新人規定打席到達」&「セ・リーグ新人最多二塁打記録更新」&「打率3割越え」を達成。


pixivでは

2011年までの正式名称だった横浜ベイスターズベイスターズのタグが多い。
コラボレーションも実施したミルキィホームズ関連のイラストもちらほら。

フィクション作品において

ホエールズやベイスターズに所属する選手のキャラクターとして、巨人の星左門豊作パワプロシリーズの六道聖などがいる。

選手一覧

2021年6月16日現在

監督・コーチ

一軍

背番号名前役職
81三浦大輔監督
83青山道雄ヘッドコーチ
77坪井智哉打撃コーチ
84嶋村一輝打撃コーチ
73木塚敦志投手コーチ
72川村丈夫投手コーチ
88永池恭男内野守備走塁コーチ
71小池正晃外野守備走塁コーチ
79新沼慎二バッテリーコーチ
89藤田和男ブルペン担当バッテリーコーチ
76田代富雄巡回打撃コーチ

二軍

背番号名前役職
87仁志敏久監督
82万永貴司総合コーチ
90大村巌打撃コーチ
70下園辰哉打撃コーチ
78大家友和投手コーチ
86牛田茂樹投手コーチ
95藤岡好明投手コーチ
85柳田殖生守備走塁コーチ
97田中浩康守備走塁コーチ
74鶴岡一成バッテリコーチ

所属選手

投手

背番号名前備考
11東克樹
12阪口皓亮
13伊勢大夢
14石田健大選手会長
16大貫晋一
17三嶋一輝
19山﨑康晃
20坂本裕哉
21今永昇太
22入江大生2020年ドラフト1位
24齋藤俊介
26濵口遥大
27上茶谷大河
28勝又温史
30飯塚悟史
34平田真吾
35三上朋也
40松本隆之介2020年ドラフト3位
41櫻井周斗
42フェルナンド・ロメロ新外国人
43進藤拓也
45マイケル・ピープルズ
46田中健二朗育成から支配下登録
47砂田毅樹
48京山将弥
49ケビン・シャッケルフォード新外国人・育成から支配下登録
53池谷蒼大2020年ドラフト5位
54浅田翔汰
56高田琢登2020年ドラフト6位
58武藤祐太
59平良拳太郎
62エドウィン・エスコバー
64風張蓮ヤクルトから移籍
65宮國椋丞育成から支配下登録・巨人から移籍
67有吉優樹ロッテからトレード移籍
93中川虎大
94笠井崇正
100宮城滝太育成選手
101石川達也育成選手・2020年育成ドラフト1位
102加藤大育成選手・2020年育成ドラフト2位
107レミー・コルデロ育成選手
109ジョフレック・ディアス育成選手
110スターリン・コルデロ育成選手・新外国人


捕手

背番号名前備考
10戸柱恭孝
29伊藤光
32益子京右
36髙城悛人
39嶺井博希
50山本祐大
57東妻純平


内野手

背番号名前備考
0中井大介
2牧秀悟2020年ドラフト2位
4伊藤裕季也
5倉本寿彦
6森敬斗
9大和
31柴田竜拓
38田中俊太巨人から梶谷隆幸のFA移籍に伴う人的補償による移籍
44小深田大地2020年ドラフト4位
51宮﨑敏郎
55田部隼人
60知野直人
66山下幸輝38から背番号変更
99ネフタリ・ソト
108フランディー・デラロサ育成選手


外野手

背番号名前備考
00宮本秀明
1桑原将志
7佐野恵太キャプテン・44から背番号変更・内野手からコンバート
8神里和毅
23タイラー・オースティン内野手からコンバート
33乙坂智
37楠本泰史
52細川成也
61蝦名達夫
63関根大気



過去に所属した選手

ア行

相川亮二
青田昇
秋元宏作
秋山登
荒井幸雄
綾部翔
荒波翔
阿波野秀幸
五十嵐英樹
石井琢朗
石井浩郎
石井裕也
石川雄洋
市川和正
井手正太郎
稲田直人
井納翔一
井上純
岩本義行
内川聖一
内村賢介
有働克也
江尻亮
江尻慎太郎
江藤慎一
遠藤一彦
大田阿斗里
大西宏明
大沼幸二
大原慎司
岡島秀樹
小川博文
長田秀一郎
長田幸雄
小関竜也
小田嶋正邦
小山田保裕

カ行

加賀繁
加賀美希昇
欠端光則
梶谷隆幸
片平晋作
加藤武治
加藤博一
門倉健
川端一彰
河原隆一
菊地和正
金城龍彦
国吉佑樹
工藤公康
久保康友
久保裕也
熊原健人
黒羽根利規
桑田武
桑原謙太朗
桑原義行
後藤武敏
小林太志
駒田徳広
小宮山悟
近藤昭仁
近藤和彦

サ行

齋藤明雄
斎藤隆
佐伯貴弘
坂元弥太郎
佐々木主浩
真田裕貴
重松省三
篠原貴行
島田直也
清水直行
清水義之
白崎浩之
進藤達哉
鈴木隆
鈴木尚典
須田幸太
関口伊織

タ行

大門和彦
高木豊
高木由一
高崎健太郎
高城俊人
高橋尚成
高橋雅裕
高宮和也
高森勇旗
武山真吾
田中一徳
田辺学
谷繁元信
種田仁
多村仁志
銚子利夫
辻恭彦
筒香嘉智
寺原隼人
土井淳
土肥義弘
東野峻
戸叶尚
友利結

ナ行

内藤雄太
中後悠平
長崎慶一
中塚政幸
中根仁
中野渡進
中村武志
中村紀洋
那須野巧
新浦壽夫
野村収
野村弘樹

ハ行

橋本将
畠山準
早川大輔
林昌範
波留敏夫
引地信之
平松政次
福嶋久晃
福田岳洋
福盛和男
福山博之
藤井勇
藤井秀悟
藤江均
藤田一也
古木克明
細山田武史

マ行

松家卓弘
松原誠
松本啓二朗
光山英和
宮里太
村岡耕一
村田修一
基満男
森徹
盛田幸妃(幸希)
森中聖雄
森本稀哲

ヤ行

屋鋪要
山口俊
山崎賢一
山崎憲晴
山下大輔
山本省吾
山本武白志
横谷彰将
横山道哉
吉見祐治
吉村裕基
米田慶三郎

ワ行

若田部健一
若菜嘉晴
渡辺直人

外国人

ディック・スチュアート
ジーン・マーチン
ジョン・シピン
クリート・ボイヤー
フェリックス・ミヤーン
レオン・リー
カルロス・ポンセ
ジム・パチョレック
ラリー・シーツ
R.J.レイノルズ
グレン・ブラックス
ロバート・ローズ
ラファエル・ベタンコート
ボイ・ロドリゲス
スティーブ・コックス
タイロン・ウッズ
セドリック・バワーズ
マーク・クルーン
ターメル・スレッジ
ホセ・カスティーヨ
ブレッド・ハーパー
アレックス・ラミレス
アーロム・バルディリス
ナイジャー・モーガン
エンジェルベルト・ソト
ホルへ・ソーサ
トニ・ブランコ
ユリエスキ・グリエル
ギジェルモ・モスコーソ
ヨスラン・エレラ
マイク・ザガースキー
エリアン・エレラ
ジョー・ウィーランド
スペンサー・パットン
ホセ・ロペス

永久欠番

なし
ただし、18番は「横浜ナンバー」として横浜を象徴する選手が出るまで準永久欠番扱いになっており、2021年時点で最後につけていた三浦大輔と球団が協議した上で継承されることになっている。

マスコット

2012年3月以前

ホッシー ホッシーナ ホッシーゾ

2012年3月以降

DB.スターマン DB.キララ DB.ライダー

球団歌

現在の公式球団歌は横浜ベイスターズ時代に原曲が作られた『熱き星たちよ』である。何と毎年現役の監督および選手が歌いリリースするという独自のコンテンツ展開を行っている。

関連項目

野球 プロ野球 NPB セントラル・リーグセ・リーグ
DeNA 横浜スタジアム

大洋ホエールズ 横浜大洋ホエールズ 横浜ベイスターズ 湘南シーレックス

関連記事

親記事

セ・リーグ せりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「横浜DeNAベイスターズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「横浜DeNAベイスターズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3523384

コメント