ピクシブ百科事典

二次創作

にじそうさく

既存の作品を利用して、二次的に創作された作品などの総称。
目次[非表示]

概要

『二次創作』とは、何らかの下地となる作品・表現があり、それらを元にしている創作物および創作行為を指し、英語圏では『fanfic』や『au』とも呼ばれる。
同義語として『ファンアート』『二次的著作物』など。

類語として『三次創作』があるが、これは「二次創作に影響を受けて作られたもの」を指し、さらに三次創作に影響を受けて作られたものを『四次創作』と呼ぶなど、以降も付けようと思えばいくらでも増やすことが出来るが、イラスト・同人界隈でのみ通用する言葉であり、本来はどれも二次創作の一種である
詳しくは『三次創作』の記事を参照。

権利者が作成した画像や文章を少し加工して転載したり、素材に利用した場合は『二次転用』『二次利用』と呼ばれるが、似て非なるものであるため、この記事では割愛する。

二次創作と著作権

二次創作は権利者との間で著作権問題が発生しがちなため、度々“二次創作は法的にグレーゾーンだとよく言われており、特に権利者に無許可な二次創作は、事件性を帯びる可能性がある。
『二次創作と著作権について』

法務のプロと話し合った所、「いや訴える人がいないから罪にならないだけでほぼ真っ黒です」と言われたをはじめとした投稿意見がネット(SNSも含む)では多々ある事から、ネットユーザーの間では、

  • 「何も言ってこない(黙認)ということは合法」
  • 「プロや法律専門家がこう言っているから、二次創作は黒に近いグレーだ!」
  • 「権利者の著作物を盗んでいるから100%違法」

などと、擁護派・懐疑派を問わず極端な主張をする者もいるが、どれも恣意的な極論であり、後述する創作ガイドラインを全く考慮していないなど、現代の二次創作事情を見ておらず、単に抱いている印象論を法的問題へとこじつけたり、2000年代までの古い知識や認識・常識で語っている場合が少なくない。
著作権は親告罪であるため、当該の二次創作作品を合法か違法にするかを決めるのは、法律専門家でもネットの意見でもなく、権利者の判断である。またマンガ出版社などの場合、各作品の著作権は原作者に帰属されるケースが多く、仮に出版社が著作権に厳しいからといって、必ずしも二次創作を禁止しているとは限らない事は留意されたし。

因みに海外での二次創作は「公式作品の一部」として扱われる場合が多く、海外のペイントソフト紹介の絵の中に、アメコミキャラクターといった二次創作が掲載されている事があるのはそのため。

創作ガイドライン

2010年代にはTPP問題も相まって、このような二次創作に対する風当たりが強くなった出来事もあり、現在では公式側から「創作ガイドライン」を設け、このガイドラインに反しなければ、二次創作や、これらのファン活動としての金銭のやり取りおよび非営利的な行動を、“黙認”ではなく“許可”をするという、作品・著作物が多く登場する事になった。

ガイドラインを設けて二次創作・非営利なファン活動を許可している一部作品・著作物

IbVOCALOID(一部キャラクター)
UNDERTALEdeltarune
アズールレーン艦隊これくしょん
霧雨が降る森けものフレンズ
07th Expansionシリーズダンゲロス
超次元ゲイムネプテューヌ刀剣乱舞
東方Projectニンジャスレイヤー
Fate/GrandOrderブラックジャックによろしく
フリーシェアワールドシリーズブラック★ロックシューター※2008年に表明
SSSS.GRIDMAN※支援サイトの有料記事公開は認めないキズナアイ
※作品・作者によって違いがあるため、詳細は各自確認されたい。

その他 正式に二次創作が可能な例

検索上の注意

オリジナルを探す目的で検索から「創作」を検索すると、この「二次創作」タグまでヒットしてしまう可能性があるので、混同を避けたい場合は「一次創作」や「オリジナル」と検索するのが望ましい。

関連タグ

創作 オリジナル 版権 似顔絵 ファンアート パロ パロディ オマージュ スピンオフ
二次創作漫画 版権小説

外部リンク

関連記事

親記事

創作 そうさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「二次創作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67685119

コメント