ピクシブ百科事典

大人の事情

おとなのじじょう

説明しにくいことや説明すれば長くなるようなことをうまくごまかす便利な言葉
目次[非表示]

このコーナーは大人の事情により、急遽映像が差し替えになりました。
(『ポプテピピック』アニメ第5話冒頭より)

概要

大人の事情とは説明しにくいことや説明すれば長くなることをうまくごまかす便利な言葉である。
まさに今読んでいるこの記事の内容こそ、その例と言えよう。

…と済ませるのもさすがに不親切過ぎるので、クシャポイされない範囲で解説する。

真・概要

主に以下のような状況で使用されることが多い。

  1. 他社間の利害関係によって具体的な人名・商品名などが出せない。ちなみに、著作権については名前だけなら無断使用も問題ない。ただし、全体的なデザインや設定など、それ以外の要素には、侵害すると不法行為になるので、変えてしまった方が無難。そして商標権は名前だけでも認められるので、例えば同人活動においてペンネームに特定の商品名を用いており、商業デビューする場合などは名義を変更する必要がある。
  2. 1にも関係するが、行き過ぎたパロディなどが理由で利害関係に影響する場合or実際に影響してしまった場合
  3. 契約時に「放送のみ」(あるいは放送以外)という利用条件だった場合、契約の都合上でDVDやBlu-ray等のパッケージ化、再放送などができない
  4. 版権や放送権など権利が複雑な場合。例として制作に関わった人物や企業が複数存在し、それぞれが部分的に権利を有していたり、権利者の移籍や独立、引退などで権利の移管が行われたりといった事情がある
  5. 人権・宗教・時事情勢上のタブー(関係団体から抗議や意見が寄せられた、事件や事故・災害を想起させる描写があったなど)
  6. 上記に関連して、法律や社会倫理に反するような描写が多分に含まれている(飲酒・喫煙描写や、過剰な暴力、性的表現など。また、国や地域によって表現の規制基準が異なるため、制作された国で基準をクリアした表現でも放送される国によっては規制が入る場合も多い)
  7. 理由を公にできない当事者の不祥事などの事情がある
  8. 上記に関連して、実際に関係者が逮捕・起訴・服役といった状況になった(不祥事とは別に、出演者が引退した後に音信不通となったため、再放送やソフト化の承諾が得られず欠番になっている場合がたびたびある)
  9. 出演者の肖像権や、音声などを含む著作権の取り扱いが厳しく、その人の名前や映像などが出せない
  10. メディアミックスを含む)原作付きの作品や、芸能人・スポーツ選手といった有名人が実名で登場するようなタイアップ作品の取り扱い。特に、メディアごとに制作会社が複数に分かれる場合や、タイアップ先の人物が引退している場合など
  11. 上記に関連して、事務所同士・タレント同士の関係性による「共演NG」など(特に、大手男性アイドル事務所等は所属中のタレントと退所者の共演が殆ど見られない)
  12. 関係者の利害のため受け入れざるを得ない不条理・ご都合主義。例えばいわゆる「コネ」や「仕込み」でコンペ・オーディションの結果があらかじめ決まっていたり、競合する会社で同時期にそれぞれ別の作品制作に関与している人物がペンネームを使ったりする場合など
  13. 制作会社が倒産したり、権利者が死去または行方不明であったりという理由で、作品の管理者が不在である
  14. 予算不足などで充分な資金が回せない場合。例えばコンテンツや制作・運営の規模が小さく、有名キャストが当てられたキャラの出番やキャラクターソングなどが極端に少ない場合など
  15. 明確に上記いずれかに該当しないまでも、起こりうるトラブルを回避する為の「保険」(その他の理由、諸事情を含む)

いわゆる「コンプライアンス上の問題」をオブラートに包んだ表現であるともいえる。
また、深い理由はなく単なるジョークとして言う場合もある。

主な事例

基本的にはテレビ番組や映画、アニメ、ゲーム、漫画、小説などエンタメの分野について解説する。
特にフィクションの場合自主規制封印作品に該当するものも多いため、そちらの項目も参照のこと。

実写

  1. 29歳のクリスマス:主題歌となったマライア・キャリーの『All I Want for Christmas Is You』が「放送のみ」の使用契約となっており、商品化するにはさらに莫大な著作権料の支払いが発生するため未商品化(再放送はBS中心に不定期に行われている)。
  2. 海猿シリーズ:フジテレビの実写化ドラマの一つ。海上保安庁の職員達によって巻き起こる複雑な人間ドラマ。これまで4度映画化をしているが、局側がアポなしで作者本人に突撃取材をしたり、本人の許可どころか契約もないまま関連本を出した事で、「フジテレビとは仕事の取引をしない」と激怒され、それ以降の「海猿」シリーズ及び、企画は事実上の打ち切りとなってしまった。
  3. 映画悪霊島:主題歌にビートルズの『Let It Be』、挿入歌に『Get Back』を使用。当初は再上映・TV放映・ビデオ化も可能だったが、期限付きの楽曲使用契約であった為に、期間満了以降長らく幻の作品に。その後、楽曲をカヴァー版に差し替えることで再び日の目を見ている。
  4. ウルトラセブン12話:「遊星より愛をこめて」 当該記事参照。
  5. 怪奇大作戦24話:「狂鬼人間」 Wikipedia上の記事参照。
  6. 動物のお医者さんテレビ朝日系で放送されたドラマだが、出演者の一人・平井理央あろう事かフジテレビアナウンサーになる、という事態が発生。商品化はされているものの、地上波での再放送は実質的に不可能となった(ただし、BS/CSでは不定期に再放送あり。また、2013年からフリーとなったので状況が変わる可能性も)。
  7. セクシーボイスアンドロボ:7話で取り扱われた籠城事件と同様の事件が現実に起こってしまったため、直前に放送中止が決定。2話の再放送に差し替えられた。その後販売となったDVDではビデオスルーとして収録されているが、再放送や配信は行われていないため現状の視聴方法はDVD購入またはレンタルのみとなっている。
  8. 靖国 YASUKUNI:2007年に日中で共同制作された靖国神社を題材にしたドキュメンタリー映画。公開前に右翼団体からの抗議や、政府からの公開差し止め要求などを食らったため一部地区のみでの公開となってしまった。
  9. 田代まさし出演各作品:盗撮事件を起こし、その後覚醒剤やマリファナ、コカインなどの所持および再び盗撮が発覚したことにより、長年に亘り出演していた『志村けんのだいじょうぶだぁ』などで登場した分のフィルムなどは当然再放送の見込みなしとなっている。『劇場版ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』では玩具屋の店主役で出演していたが田代の部分だけカットされて放送及び配信された。 なお2020年にイザワオフィスが『バカ殿』シリーズの動画をYouTubeで公開したが、この時は田代の出演シーンはカットされなかった為、話題となった(一方で、同時期テレビで放映された志村けん追悼番組ではカットされていた)。
  10. スウィートホーム:映画公開後に東宝が出したレンタルビデオ用のビデオ及びLDが原因で監督の黒沢が伊丹プロと東宝相手に訴訟した事が原因で、ビデオは絶版しテレビ放送されることも無ければDVDなどの商品化もされていない(ただし、判決は伊丹プロ側のビデオ化を容認するものであった)。また、これに関連して制作されたゲーム版もリメイク・復刻が難しい状況である。
  11. 烈車戦隊トッキュウジャー:エンディング曲のミニコーナーの内容が鉄道会社の許諾が必要だった為、映像ソフト版と動画サイト配信ではエンディングがカットされている。
  12. マツコの日本ボカシ話:全編ボカシまくりな番組の内容と演出方法のクレームが殺到し、1回で打ちきりになった。
  13. 仮面ノリダーとんねるずのみなさんのおかげですで放送された企画。『仮面ライダー』のパロディ作品だが、いずれの関係者にも無許可であったため『仮面ライダー』の製作・版権元の東映を激怒させた案件でもある。無許可の非公認企画な上、放送当時はバラエティの一コーナーをソフト化すること自体が珍しく、とんねるず本人が肖像権に厳しい姿勢を見せていることなどからソフト化に至らなかった。その後正式に和解し、2013年には東映が版権を所持するに至ったが、2022年現在までノリダー単体でのソフト化は行われていない。また、2018年に発売された『おかげです』の映像を収録したDVDには版権が移った影響で収録されていない。

アニメ

  1. アニメトラップ一家物語:DVDや有料ネット配信ではOPテーマ(ドレミの歌)がテレビ放送とは別の曲に差し替えられている。歌の使用料が高かったために「放送時」の使用しか許可を得ていないのが理由であり、再放送ではドレミの歌が流れる。
  2. アニメ「ASTROBOY鉄腕アトム」/「犬夜叉」:共にジャニーズ事務所所属(当時)のアイドルがゲスト声優として出演しているが、いずれもパッケージ化の際に別の人物によって吹き替えられている。また、これとは別に『アストロボーイ』の方はソニー・ピクチャーズ(アメリカ系)が制作であり、専業声優ではない俳優・タレントが出演しているため、権利関係が複雑である。『犬夜叉』についても、V6タッキー&翼が担当した楽曲については配信等で別の曲に差し替えられている。
  3. 未来少年コナン:正確に言えば「本来の形での」再放送ができないパターン。NHKアニメはある時期まで30分枠目一杯で制作されていた為、CMを入れなければいけない民放での再放送はオープニングエンディング超短縮版次回予告ばっさりカット…という事態になっていたが、2020年にキングダムの3期がコロナウイルスの影響で製作が滞り中断になった際に代替番組として放送される事になり、(リマスター版の為に画面比率が変更されていて、完全再現ではないものの)現時点では本来の形に最も近い再放送が実現することになった。
  4. キャンディ・キャンディ:原作者・水木杏子と作画者・いがらしゆみこの間で、著作権帰属を巡り最高裁までもつれ込む泥沼の争いとなる。結果としては水木が勝訴するが、その後の出版や二次利用について和解に至らず、漫画・アニメ共封印状態が続いている。これに加え、いがらしは水木と組んだ他の作品についても権利を主張・無断での利用などを行なっていること確認されている。
  5. ヒュッケバイン:詳細はリンク先を参照してもらいたいが、ある作品に登場する機体と似てしまったが為に起こった。その後、別作品で全機体が修理中の所を襲撃されて破壊されるという展開を迎える。その為、襲撃に関わったガリルナガンには創通の使者という称号が付けられることに。ちなみに相方の機体『グルンガスト』は初代を除いて封印されなかったが最近の作品では冷遇される結果となった。
  6. カードファイト!!ヴァンガードG月刊ブシロードの付録として本編放送のDVDが付いてくるのだが、本編放送時とは異なる状態で収録(主題歌がキャラソンに差し替え)されている。収録自体は不可能ではないと思われるが、使用料的な部分で未収録になっている可能性が大きい。本編放送時バージョンのパッケージ化はBlu-rayBOXを待つしかないのか…。なお、ギアースクライシス編に関してはDVDBOXのリリースが予定されている。
  7. おそ松さん:テレビで放送された第1話がパッケージ未収録に。第1話の放送が遅れたという作品もあるにはあるのだが、第1話を完全新作に差し替えるという予想の斜め上を行く展開である。差し替え対象になった第1話の詳細は復活!おそ松くんの記事に詳しいが……どうしてこうなった。そして、AT-Xでの放送で修正を行ったデカパンマン(第3話)も円盤未収録扱いとなっている。そんな事情もあり、CS放送などの再放送時は2話(もしくは完全新規の1話)から放送される。
  8. アニポケサトシリセット:アニメポケットモンスターシリーズの主人公であるサトシが激戦を経て実力を伸ばしていくものの、新シリーズに入ったタイミングでトレーナーとしての実力が急激に弱体化してしまうこと。ゲーム版では作品ごとに主人公も世代交代しているが、アニメでは人気が爆発的に高まったことでシリーズが長期化し、サトシとピカチュウのコンビが作品の象徴として認知されたためこの2人を外しての展開が難しくなったといえる。また、ストーリーとしても主人公として子供の共感を得やすい少年のままでいなければならないこと、実力を持ち越したままだと新シリーズ序盤に苦戦する展開を挟みづらいことなどが理由に挙げられる。
  9. 勇者シリーズ:制作はサンライズ、スポンサーはタカラ(現:タカラトミー)だが、シリーズ放送中にサンライズがライバル企業のバンダイグループになった影響でシリーズ存続の危機に陥っている(その後タカラ側が頭を下げシリーズ続投となった)。元々ロボットのコンセプトも海外企業が版権を持つトランスフォーマーをベースにしているのもあって、過去作のリメイクや続編の制作が著しいこのご時世でも複雑な版権が原因で新作を作ることすら困難な状況にある。例外として版権がそこまで複雑ではなかった勇者王ガオガイガーのみメディアミックスが積極的に行われている。しかし最近になって版権が整理されたのか勇者特急マイトガインのスパロボ参戦を皮切りに規制が緩くなっている。
  10. アニメ版SchoolDays:最終話放送前に京都で女子高生が実父を斧で切りつける殺人事件が発生したため、最速放送だったtvkが急遽本放送を海外の大自然のヒーリング映像に差し替え、その他放送予定だったテレビ局もそれに追従し次々と他の番組に差し替えた。最終話を楽しみにしていた視聴者からは当然バッシングを受けたが、後にAT-Xや視聴会で流れた最終話の内容が上記事件の内容をそのまま彷彿させるような過激な内容だったとても地上波で流せるようなものではなかったことから、元々制作会社は事件関係なく地上波で流すつもりはなかったのでは?という憶測すら立つほどであった。このため、視聴者の意見も一転して放送を取りやめたテレビ局側に同情する声の方が強くなっていった。しかし、2016年に地上波で最終回の一部が流れるという事件があった。
  11. アニメ版BLEACH:本作では、アニメのストーリーが進みすぎて原作に追いつきそう(及び追いついた状態)になると、一旦アニメオリジナルストーリーを挿入し、原作のストックが溜まるまで待つという手を使っていた。これを、次週予告内では「大人の事情」と呼称している。アニメではよくある事であるが、ことBLEACHにおいては、この「大人の事情」というワードを特に強調していた。
  12. アニメ版ホイッスル!(2002年の元祖ボイス版):主人公役の声を担当した小向美奈子の不祥事の影響もあって再放送の機会が無かった。アニメ化15周年記念の2016年に声優が一新されたリメイク版が発表され、週刊少年ジャンプ50周年を記念してYouTubeでジャンプ作品のアニメを配信していた時もリメイク版の方が採用されていた。
  13. XXXHOLiC:原作においてはツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-と話やキャラクターがリンクしているのだが、アニメ化したときに互いの放送局とアニメ製作会社が違うためかXXXHOLiCの方にツバサのキャラクターが登場しなかった。
  14. 星合の空:24話予定だったが都合により12話に減らされたが話の変更が難しい所まで製作が進んでおり、変更を選ばず24話中の12話までの話を放送する方向性に踏み切ったと監督がTwitterで語っている。
  15. 少年アシベ:集英社の雑誌で連載していたのだが、双葉社の雑誌に掲載を移し集英社の方で掲載していた物も双葉社から改めて発行したことから集英社に対する絶縁と見る読者も存在する。またTBS系で放送された旧アニメ版も、本放送当時はビデオが発売されたが、製作プロが倒産し、広告代理店が現存しているかどうかも不明の為、DVD/Blu-ray化は為されていない。
  16. ピグマリオ:話の最後までアニメ化するという条件にもかかわらず出来が悪かった上に打ち切りを作者に持ちかけたことで、作者との間に修復不可能な溝が生じ、自身の作品をアニメにする事を許可しなくなったとされる。このため、再放送、DVD/Blu-ray化、再アニメ化が絶望的になっている。
  17. しろくまカフェ:テレビアニメ化の際に作者の確認を取っておらずアニメの事に関与もさせないという扱いに抗議し休載。謝罪が行われ連載は再開されたものの、のちに小学館から集英社の雑誌へ移籍している。
  18. ウマ娘プリティーダービー:第一期アニメ版のPVに登場していた数頭のウマ娘が本編では全く登場していない(例としてゴール前でナリタブライアンと競っていたウマ娘など)。原因としてモデルとなった馬の馬主から許可が下りなかったためと言われており、また運営元のサイゲームスが馬主の許可が下りなかったウマの使用をしない姿勢をとっているためである。実際あるウマ娘モデルとなった馬の馬主がSNSで商品化に関して使用許諾をしている旨の発言をしている。
  19. アニメ版ロックマンエグゼ:2期以降、1期の内容に相当する回想シーンでも2期のPETが使われている。これは、1期のPETと2期以降のPETの販売元が異なるため。
  20. ヤッターマン(平成版): 全60話中5話が再放送および配信では欠番タイトル(※DVD版には収録)となっている。サブタイトルや内容に有名映画や他局の番組のパロディが含まれていることが理由と考えられる。これに加え「今夜限りの」と題した特別編が2話存在し、この内の実写映画版のキャストが出演している話に関しては再放送もDVD収録もできない状態である。
  21. 異種族レビュアーズ:内容が内容だけに、地上波での放送では大幅な規制が入った。さらに動画配信サイトでも一部はやや緩いものの規制が入っている。TOKYOMX・サンテレビでの放送は途中で打ち切りになっている。
  22. デ・ジ・キャラットピョコラ=アナローグIII世のキャラクターソングのみ極端に少ない。詳細な理由は不明であるが、担当声優が歌手として著名であることなどを踏まえると、予算的な都合があったと推測される。 
  23. キャプテン翼(2018年版):一部の表現が変更されている。例として、吉良耕三の飲酒描写が「急須に入ったお茶」に差し替えられており、深夜帯での放送であるにもかかわらず強い規制であるといえる。
  24. ダイの大冒険(2020年版):(キー局のテレビ東京での放送時間が土曜朝のためか)性的な表現や戦闘以外での暴力描写などがカットされている。また、1991年版ではゲーム『ドラゴンクエスト』のBGMも使われていたが、本作では全て新規に作曲された楽曲となっている。
  25. 銀魂:複数あり。ある政治家をギャグに使った回では、本放送後に出たセルDVDやネット配信などで該当するキャラクターが黒塗りとなっている。また、本放送では原作で書かれている通りの楽曲の音源をそのまま流していたが、セルDVDなどではよく似たオリジナル曲に差し替えとなっている。
  26. 妖怪ウォッチ:複数あり。例えばアニメ版39話のUFOの形をした「U.S.O.」にとり憑かれた登場人物達がピンクレディーの「UFO」によく似た曲で踊る、というシーンが、本放送後に出たネット配信やDVDなどでは雰囲気の異なる番組オリジナル曲に差し替えられた。
  27. ちびまる子ちゃん:複数有り。おそらく一番有名なのは「まる子、百恵ちゃんのコンサートに行く」の回(77話)で、本放送の時は山口百恵のコンサートの映像を使用していたが、権利上の問題のためか、動画サイトの配信では欠番しており、アニマックスなどでの再放送も行われていない。また、放送開始30周年を記念して発売された第1期をHDリマスター収録したBlu-rayBOXでもこの回と8話(※エルビス・プレスリーの楽曲を使用したのが原因とされる)は未収録となり全話収録とはならなかった。現状は1996年のVHS『さくらももこ自選傑作集1991ちびまる子ちゃん5』と2006年発売のDVD『ちびまる子ちゃん全集』(こちらは全話収録された)に収録されているのみである。
  28. クレヨンしんちゃん:複数あり。中でも有名なのはまつざか先生の恋人の行田徳郎について、原作では2007年の連載時点で発掘調査のため渡ったアフリカでテロに巻き込まれて死亡しているが、アニメでは「仕事のためチリに渡った」という設定となっている。アニメの世界線では長年登場こそしていないものの2022年時点でも生存しており、一応設定上は二人の関係は続いているようである。設定・展開が変更されている正式な理由は不明だが、低年齢向けのアニメ版で描写するにはあまりに重い内容であるため変更されたと考えられる。
  29. かいけつゾロリ(テレビアニメ無印版):亜細亜堂(制作)とアンバーフィルムワークス(メイン企画、製作)で制作されていた無印版のみ、動画配信サイトでの配信が行われていない(※DVDは発売されている)。2期にあたる『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』からは、製作協力として関与していたバンダイ系列のサンライズ(のちにBNPに移管)と亜細亜堂の共同制作となっており、権利関係が複雑なためと見られている。余談だが、テレビアニメ以前に制作されたOVA、短編映画版、テレビアニメ版のパイロット版とされる非売品ビデオ『恐怖の花嫁作戦』は現在公式ではその存在について触れられておらず、事実上の封印作品扱いとなっている。


漫画

  1. 魔法使いサリー:連載開始時は「サニー」だったが、アニメ化に際して「サニー」を商標登録しているSONYからの許諾が降りなかったため変更となった。なお、同時期に販売されていた自動車のサニーはSONYの許可を得ていたため利用が可能であった。
  2. はだしのゲン:1巻の原爆実験の時に描かれた学者がこの人を模したものであったが、実際この人は原爆の有用性について大統領に書簡を送っていはいるが開発製造には関与しておらず(むしろ親日家として有名で、ヒロシマで使われた時ひどく落胆していた)、海外で出版された際は別の中年男性に差し替えられている。
  3. 平成義民伝説代表人木多康昭週刊少年マガジンにて連載していた作品。開始当初から登場人物について物議を醸し、さらに藤沢とおる冨樫義博を茶化す内容がそのまま掲載されたが、ある回でこの人を茶化した内容を1話丸々使用して連載しようとしたところ、編集部もさすがに許容できないと没にし、この回は作者の都合により休載という措置をとった。これがきっかけで木多はやる気をなくし、不人気ということもあり最後は「今までのことはなかった」ことにしたうえで木多が裁判にかけられるネタで打ち切られ、以降木多は週刊少年マガジン誌上で連載を行なっていない。ちなみに作中で主人公の一人である佐倉惣五郎が「大人の事情」という必殺技を駆使している。
  4. タッチファミリーコンピュータで発売したゲームソフトの出来が酷すぎてあだち充が激怒しゲーム化を一切許可しなくなったという都市伝説が存在する。さらに、アニメ化や企業コラボは数多く行われているのに対し、ゲーム関係の露出は極端に少ないため真実味が増している(※全くないというわけではなく、ファミコン版タッチの後に陽あたり良好!のゲーム版が発売されているほか、『サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン』に『タッチ』『クロスゲーム』『H2』のキャラクターが登場している)。あくまで都市伝説であり、ゲーム化やキャラクターの客演が少ない理由について公式での発表はない。
  5. 金色のガッシュ!!:少年サンデー(小学館)で連載されていたが、作者と編集者との確執のため連載終了後に版権を引き上げ、作者は少年マガジン(講談社)に移籍。改めてマガジンのレーベルから単行本が出るも、別作品の連載終了に伴い作者が独立。電子書籍で展開された完全版は電子書籍系のレーベルであるクラーケンコミックスから刊行され、それ以外の作品についても作者が立ち上げたプロダクションの管理下にある。なお、作者が独立後の2019年~2020年3月末までリリースされていたソーシャルゲームについては、テレビアニメ版に準拠し、サンデー・マガジンのいずれとも無関係となっている。なお、テレビアニメ版の版権は東映アニメーション側が管理していると見られ、作者もそれを仄めかす発言をしている。


小説

  1. スーパーカブカクヨムの連載では登場人物である礼子のバイクはSUZUKIハスラーTS50で、富士登山の際もエンジンを125ccに換装して挑戦している。しかし角川スニーカー文庫にて単行本化の際にHONDAが監修を行なうようになったため、ハスラーTS50の表記はHONDA・MD90に置き換えられ、その後も単行本での小説や漫画、テレビアニメでもHONDAのバイクのみが登場し、他社のバイクに関しては「浜松で造られたバイク」(※HONDAのバイク製造拠点は熊本県で、浜松市ではバイク製造を行なっていない)などぼかした表記になっている。但しこれはバイクに限った話で、四輪車では他社の自動車も登場している。
  2. Fate/Zero:2004年発売のゲーム『Fate/staynight』のスピンオフ小説。ニトロプラス所属の虚淵玄が執筆を担当した。当初は本編の正式な前日譚という体であったが、設定の追加や一部変更があり、奈須きのこがシナリオを手がけた本編との矛盾が生じるため、のちに「本編と条件は同じだが、微妙に違う世界」としてパラレルワールドのように扱われるようになっている。ただし、ufotableが制作した一連のアニメ作品においては矛盾点がある程度フォローされている。なお、他のスピンオフについても基本的にはパラレル・IFという扱いに近い。


ゲーム・アプリ

  1. 初音ミクの暴走初音ミクの消失:こちらはSOUND_VOLTEXのみになるが、それぞれの曲タイトルが「暴走」と「消失」のみになっている。他機種では特に問題はない。その理由として、クリプトンと契約をしていなかった為に初音ミクの名称が使えなかったことが挙げられる。後にMÙSECAで名称が使えるようになってからは、大々的にイベント(「ミク誕2016」)が行われている。
  2. ポケモンサファリゾーンゲームコーナー:第四世代までは定番のスポットであったが、第五世代のポケモンBW以降の本格的な海外展開に伴い、海外圏の厳しい規制の影響で「戦闘を行わず石や餌でポケモンを捕獲する形式」のサファリゾーンと賭博要素の高いゲームコーナーが消滅。後者は元々海外圏では規制がかかっており、施設内部が普通のカード遊びに作り変えられていた。
  3. 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALスネーク関連:2018年にSPECIALが発売となったが、その数年前にスネークが主役のメタルギアシリーズの生みの親である小島秀夫がKONAMIを退社している。このため、ゲーム本編のロゴと共用しているFOXHOUNDのロゴイラストが使用不可になってしまい、「!」のアイコンに変更された。また、「無線会話」についても、大佐を演じた青野武が2012年に死去している上、スネークを演じた大塚明夫が小島退社後に制作された関連作品への新規収録を断っているため、新キャラクターに関連する会話が増えることは無くなっている。
  4. BMS:最近になって東方アレンジボカロ曲以外に音ゲー次々楽曲収録されているが、こちらのみカテゴリーが「その他」や「バラエティー」扱いであり、「BMS」と言う単独カテゴリーではない。誕生した経緯が経緯なだけに、本来のカテゴリー表記が出来ないのかもしれない。
  5. RZ声優リモ:2011年に3ヵ月限定でAndroid向けに公開されていた東芝「REGZA」用リモコンアプリ。起用声優にけいおん!の主要キャスト陣(豊崎愛生日笠陽子佐藤聡美竹達彩奈米澤円)と当時新人だった内田真礼を加えた6名を起用しているが、寿美菜子だけはこの1年前にライバル社の電子書籍端末「GALAPAGOS」のプロモーションに出演していたため起用されなかった。
  6. ニード・フォー・スピード、Forzaを除く一部のレースゲーム:ポルシェEAとの独占契約の関係でポルシェの車が出せないので代わりにポルシェをベースにしたRUFを出していた。しかし、2016年をもってEAとの独占契約が終了したため2017年発売のグランツーリスモSPORT、2018年稼働の湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 6へのポルシェ車の登場が発表された(ただしその代わり湾岸ミッドナイトではRUFが削除され、引き継ぎ時に強制的にポルシェに変更された)。
  7. 首都高バトルなどアザーカーが登場するゲーム:本田技研工業が過去に環状族で使用された車がシビックだったことから一切許可を取らないため、ホンダ車が登場しない(そのため、首都高バトルではホンダ車に乗っていた一部の人物が登場できなかったり、別のメーカーの車に乗り換えている)。また、日産に至っては首都高バトルXでは日産のカスタムカーに乗っていた一部の人物が別のメーカーのカスタムカーに乗り換えたりせざるをえなくなり、ニード・フォー・スピード モストウォンテッド(2005年)に至ってはゲームの性質から許可を出さなかったため登場すらできなかった。しかし、近年ではホンダ車がアザーカーが登場するゲームにも登場するようになった。
  8. 湾岸ミッドナイト:上記の関係からゲームでは島達也ナムコ版湾岸ミッドナイト・湾岸ミッドナイトRには登場せず、ブラックバードのベース車両も元気版湾岸ミッドナイトではRUF・RCT及びRUF・CTR(PS3版ストーリー序盤のみ)、湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNEシリーズでは3DX+以前はゲンバラ・3.8rs、4以降はRUF・CTR及びRUF・RCT(5DXストーリー途中より)に差し替えられており、S2000に乗る岸田ユウジもロードスターに乗っている。また、イシダヨシアキも同じ事情で元気版には登場できず、PS2版のセーブデータのブラウザ(PS3ではメモリーカード管理)画面で「やっと・・・出れたヨ」のセリフのみ、MAXIMUM TUNEシリーズでも3DX・3DX+でゲンバラ・アバランシェ、4~5DX+でシボレー・コルベットZR1、6でランボルギーニアヴェンタドールに乗る形でようやく登場できた。ただし、ゲンバラのほうは海外版の3DX+以前では登場できず、ブラックバードは日産のZ33フェアレディZに、イシダのアバランシェはスバルアルシオーネに差し替えられた。
  9. 湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE、頭文字D ARCADE STAGE:R35 GT-Rが登場するが後述の前例のない規定が存在するためかR35にはエアロパーツは一切用意されず、チューニングも別の表現に差し替えられている(ただしグランツーリスモ、ニード・フォー・スピードなどはエアロパーツを装着したり普通にチューニングすることは可能。)しかし湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNEでは6より別の表現からチューニングに改められ6RRではR35GT-Rの中では初めてドレスアップ可能になるGT-R50byイタルデザインが収録された(イタルデザイン以外はドレスアップ不可)。
  10. 海外製レースゲーム全般:2017年ごろからトヨタが「今後は一切海外レースゲームに対してライセンスを許可しない」と明言。以降、海外のレースゲームからトヨタ車が姿を消してしまっている(ただし86の姉妹車であるBRZはスバルの車なのでスバルの車種として登場している)。
  11. ペーパーマリオマリオストーリーペーパーマリオRPGスーパーペーパーマリオといった過去シリーズは個性豊かなキャラクターや濃いストーリーが印象的だったが、プロデューサーの田邊賢輔が「社長が訊く」で語るところによればマリオの生みの親、宮本茂から「なるべく既存のマリオキャラだけで完結するようにして欲しい」、「ストーリーはあまり入れないで欲しい」という指示があり、これを踏まえスーパーシールでは仲間キャラ、シリーズ限定のキャラが登場しなくなり、アクション要素が強まった代わりにストーリーもそれほど濃いものではなくなった。*1
  12. 龍が如く4谷村正義:2010年に発売されたPS3版では俳優の成宮寛貴がCVとモデルを担当していたが、2016年に成宮が芸能界を引退した為、2019年に発売されたPS4リマスター版ではCVが増田俊樹に変更。モデリングも変更されている。
  13. JUDGE EYES:死神の遺言羽村京平:2018年12月の発売時点ではピエール瀧がCVとモデルを担当していたが、2019年3月の瀧の逮捕により一時パッケージ版の出荷停止・DL版も発売停止に。その後2019年7月に「新価格版」として再販された際は田中美央に差し替えとなった。ただし、差し替え前に発売されていたパッケージ版についてはパッチや交換などの対応は行わないとしている。
  14. ドラゴンクエストシリーズの女戦士/あぶない水着/踊り子の服:平成後期突入あたりに海外展開の強化を意識した為か、それぞれの要素の肌露出が減っている、またこれ以外にも「ジプシー」の用語や教会の十字架なども自粛や排除をしていたりする。
  15. 無双シリーズ:かつては猛将伝と呼ばれる追加ディスクを展開していたが、2014年にカプコンから訴訟されて以降は展開されていない。またゼルダの伝説シリーズとのコラボレーション作品である『ゼルダ無双』ではゼルダの伝説の様々なシリーズ作からのキャラクターが登場しているがふしぎの木の実4つの剣ふしぎのぼうしのキャラクターに関しては作品の開発元がカプコンである為か一切登場していない。
  16. MOTHERおよびMOTHER2:GBA移植のMOTHER1+2やVCにて、固有名詞を出したパロディネタや倫理的に問題の有る台詞が全て差し替えられている。
  17. 天外魔境Ⅱ:移植やリメイクなどで倫理的に問題の有る台詞や描写が規制されたり差し替えられている。PCエンジンminiに収録されている物は一番規制の少ない内容で遊ぶことが可能である。
  18. ShinyDays(SummerDaysの「SHINY版」):ミニゲーム「野球拳 Strip Battle Days」において、登場キャラクターの一人、小渕みなみのボイスが収録されていない(当初はキャラも登場しないことが告知されていたが、製品版では声なしでの登場となった)。プロデューサーのメイザースぬまきちが「NHKとか子ども番組とかに出ている期間は出演できないというおなじみのアレ」と事情について説明しており、発売当時小渕みなみの声優を担当する栗林みな実が「機動戦士ガンダムAGE」の主題歌を担当していたことに由来することを仄めかしている。


*1…ただし、批判の多い新キャラや仲間要素の削除、シナリオ面の簡易化などは宮本の指示ではなく、製作側の判断である。実際にクラブニンテンドーで行ったスーパーペーパーマリオに関するアンケートでも、「ストーリーが面白い」という意見はごく少数派であったという。さらに、シナリオを担当した工藤太郎(元ラブデリック→バンプール。「moon」などの開発に携わる)が、既存のRPGシステムやシナリオに対し批判的であることの影響もある。
本作以降のシリーズとして、(本作の評価が原因で前評判は高くなかったものの)仕掛けや謎解き要素が多くなったカラースプラッシュや、オリジナルキャラや重厚なストーリー要素が復活したオリガミキングについては、特に宮本の関与はなく、そもそもマリオシリーズのキャラクターは任天堂内における表現におけるガイドラインの関係上あまり奇抜な表現はできないなどの事情を田邊が言及している。

自動車

  1. リトラクタブルヘッドライト:安全性の関係や重量増などの関係からシボレーコルベット(C5型)を最後に生産されていない
  2. ダイハツブーンX4:ダイハツがモータースポーツ事業から撤退した関係で2代目以降は設定されていない
  3. 日産GT-R:違法改造対策で指定のディーラー「日産ハイパフォーマンスセンター」でないと整備が受けられなくなり「日産ハイパフォーマンスセンター」以外で整備したり純正以外の部品を装備した時点で保証対象外になる。


その他

  1. JR東海:発足当初からアニメやゲーム、前面展望ビデオの使用許諾を一切認めなかったことで有名。特にこのゲームではJR東海の車両のみ登場しなかったり、このゲーム山陽新幹線編でも車両はJR西日本仕様であることを強調。アニメに関しても許諾しなかったことで東海道新幹線の車両が雑だったり、在来線の車両が不自然に登場しないなどの影響が発生している。しかし2014年頃から段階的に使用許諾を行なうようになり、このゲームに関してもJR東海許諾済というシールが貼られた「JR東海パック」が発売されている。ちなみにテレビドラマバラエティ番組、さらに鉄道模型に関しては2014年以前から寛容である。
  2. ソフトバンク:CMにおける上戸彩:一大イベントとなったサントリーとのコラボの際、単に不参加だっただけではなく、名前すらも出ずに最初からいなかったような扱いとなっていた。上戸個人がライバルのアサヒビールとCM契約していた為である。
  3. 中央大学東京都内を代表する大学の一つ。元々MARCHは全て東京23区大都会にメインキャンパスが存在し、中大も千代田区駿河台にあったが、1960年代後半から学生運動が激化しさらに大学側が負け続けた。この状況を不利と感じた教員達が学生運動防止のために1978年に八王子市、しかも駅周辺の繁華街エリアではなく郊外のド田舎に拠点を移動(という名の隔離である)させMARCHでは唯一23区内にメインキャンパスが存在しない大学となった。
  4. マルボロ:たばこブランドだがセガがスーパーモナコGPを出した際マルボロのロゴの看板やマルボロのロゴが描かれたF1マシンがいたため裁判を起こされた。以降マルボロがスポンサーの車がゲームや模型で出る際には自主規制でマルボロがスポンサーの車(主にWRCランサーエボリューションⅥ)はマルボロロゴが外されていることが多い。ちなみにたばこメーカーがモータースポーツのスポンサーになることはあることだがたばこ広告が禁止されている国でレースがある際は別のデザインに差し替えられている。
  5. ジャニーズ事務所:所属タレントの肖像権や著作権に非常に厳しい姿勢を見せており、複数の事案で他のタレント事務所とは異なる対応がとられている。著名な例として、上記にも複数挙げられているように一部タレントの出演作のソフト化が制限されていることが挙げられる。また、特にネットでの取り扱いが厳しく制限されており、ニュースサイトなどでは画像や映像を掲載しないようにしていたほか、通販サイトや電子書籍においては雑誌の表紙やグラビアに起用された所属タレントの画像が塗りつぶされている。もっとも、滝沢秀明が芸能界を引退して副社長に就任した2018年ごろからは徐々に緩和しており、ネット進出にも積極的で写真などの使用許諾が下りやすくなっているが、未だに自主規制として過去と同じような措置がとられることも多い。
  6. とあるイラスト投稿サイト:トップ画面に表示されるタグのランキングにおいて投稿数やPV数も少ないはずのジャンルが何故かランク上位の常連として表示される現象が発生している。また、規約違反に当たる可能性が高い作品やそのようや作品を投稿しているユーザー、コメント欄等で問題行動をしているユーザーが、何故か規制されない事態も度々観測されている。→運営仕事しろ運営のお気に入り



災害や事件により影響を受けた作品関連

新潟県中越地震(2004年)関係

  1. 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」:第3話放送日に地震が発生。電波を負託されている使命から一刻も早く人々に重大な情報を伝えるために予定を変更、第3話の放送を中止し地震に関する報道特別番組を放送。なお、内容自体は地震と関係なかったため翌週再放送。
  2. ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」:「ゆれる島の戦い ドジョッチvsナマズン!!」が放送予定だったが被災者に配慮してお蔵入り。以降、アニポケ全体での「じしん」、「じわれ」、「マグニチュード」、「だくりゅう」など地震を連想させる技の使用が禁止された。
  3. ブラック・ジャック」:「Karte03:ひったくり犬」放送前々日に地震が発生。このエピソードは、この後レギュラー出演するラルゴ(ブラック・ジャックの家で飼われる犬)のお披露目回であったが、劇中に地震のシーンがあった為に放送中止。代替で「Karte00:オペの順番」が再放送された。なお、「Karte03:ひったくり犬」のエピソードは、2006年7月に改めて放送された。


東日本大震災(2011年)関係

  1. 東京マグニチュード8.0」:2009年放送の「現代日本の関東地方に大震災が起きたら?」というコンセプトのアニメ・ドラマ。2011年2月からアニマックスにて再放送が行われていたが、震災を受けて放送中止となり、その後も各放送局で再放送が自粛されていた。
  2. 仮面ライダーオーズ」:放送期間中に震災が発生。脚本が変更され、オーズの形態のうち地震の能力を持つサゴーゾコンボ及び海関連の能力を持つシャウタコンボへの変身が自粛され、以降の登場回数が激減した。
  3. 魔法少女まどか☆マギカ:最終話の放送前に震災が発生。ラスボスに当たるキャラクターが「甚大な災害を引き起こす強大な力を持つ」という設定で、住民が避難所に避難するシーンが描かれていたこともあり放送が延期され、なおかつ避難所のシーンは放送時ほとんどカットになった。(DVD・Blu-rayおよび配信ではノーカットとなっている)
  4. ポケットモンスター ベストウイッシュ」:「ロケット団VSプラズマ団!」が放送予定だったが、前の話となる22話『ヒウンシティ!フシデパニック!!』でもこの話に向けての伏線や予告が行われていたのだが、その放送翌日となる3月11日の金曜日、東日本大震災が発生。その影響によって放送休止になってしまった。ただし地震ではなく、これの余波で起こった福島第一原子力発電所事故が原因と思われる(予告内にメテオナイトが猛烈な熱を発し、ヒウンシティを飲み込んでいくという映像がある)。
  5. TSUNAMIサザンオールスターズの楽曲。タイトルや歌詞中の文言が津波被害を想起させるという理由から、テレビ・ラジオなどでの使用が自粛されていた。その後「津波というのはあくまで比喩、楽曲の直接的なテーマというわけではない」という理由でいくつかの番組で放送されるようになり、数年経って被災地のラジオ局でも「リクエストが多数寄せられた」「曲に罪はない」という理由で放送されている。一方でサザン側は、直接理由は説明しないものの思うところがあるようで「ライブでの演奏」については行なっていない。
  6. 絶体絶命都市4アイレムによる『絶体絶命都市』シリーズ4作目。大地震によって被害を受けた都市から、残された人々と協力し脱出を図るという内容である。PS3で発売予定であったが開発自体が中止となり、その後2018年にプラットフォームをPS4に変更して『絶体絶命都市4plus』として発売された。
  7. MotorStorm3:SCEIによる『モーターストーム』シリーズの3作目。日本では2011年3月17日に発売予定であったが、発売未定となった後に正式に発売中止が告知された。海外では発売されており、プレイ自体は可能である。理由については公式からは「諸般の事情を鑑」とのみ説明されているものの、地震や台風、津波など災害下での過酷なレースに挑むという内容が問題視されたものと見られる。


上記に加えて2012年以降ドラマ、漫画などに「地震」「津波」という演出展開がしばらく停止している。

京都アニメーション事件(2019年)関係

  1. アニメ炎炎ノ消防隊及びテレビドラマ『監察医 朝顔』:火災について取り上げているため、両番組とも第3話の放送を自主的に延期した。
  2. アニメ指先から本気の熱情-幼なじみは消防士-:上記と同じ理由で第7話の修正をするために自主的に延期し、第2話の再放送をした。


アメコミ関連

日本で一般的な漫画の制作体制とは異なり、「一人のキャラクターのストーリーを、複数の原作者と作画者(アーティスト)がそれぞれ制作する」というスタイルのため、作品やそのシリーズごとに設定やキャラクターの造形が全く異なる。これにより、キャラクターや展開が簡単にリセットされたり、映画などである程度統合されたりすることが頻繁に起こる。

  1. シャザム:元々はフォーセットコミックという出版社から発行された『ウィズ・コミックス #1』に登場する「キャプテン・マーベル」(同名のキャラクターとは別)というヒーロー。設定などでスーパーマンの影響を強く受けており、著作権侵害でDCコミックからフォーセットコミックが訴えられた(※裁判は示談金を払っての和解という形になった)。その後フォーセットコミックはアメコミから撤退し、20年ほど経ってからDCコミックによって版権が買い取られ、タイトルもキャラクター名も「シャザム」に改められた。
  2. スポーン:登場キャラクターの1人「アンジェラ」がマーベルに移籍している。シリーズ原作者のトッド・マクファーレンと、アンジェラの作者であるニール・ゲイマンとの原稿料を巡る裁判において、マーベルがゲイマンを支援し、ゲイマンが裁判終了後に返礼という形でアンジェラの権利を売却した。のちに「マイティ・ソー」にソーの姉妹という形で登場し、シリーズに完全に組み込まれることとなった。

総括

上述で述べたのも以外にも多々ある。

まぁ、大人の事情というのはいかなる物事に対して常について回るものと言えるかもしれないが…「どうしてもやむを得ない理由で」とかならまだしも、中には“制作側および発信する側の勝手な都合”とも取れるような理屈でそれらの表現や内容が作り変えられたり差し替えられたりするケースも非常に多く、それにより表現や情報の意味が変わってしまったり、その作品内の一部あるいは全体の面白味さえも揺らいでしまったりする場合もあり、消費者の中にはそういった露骨な“大人の事情”の介入を快く思わない人間も少なくはない。

関連タグ

黒歴史 夢の国チキンレース参加者 作者は命知らず 封印作品
諸般の事情 コンプライアンス


関連リンク

ニコニコ大百科のページ
アンサイクロペディアのページ

関連記事

親記事

創作 そうさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「大人の事情」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「大人の事情」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2399804

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました