ピクシブ百科事典

はだしのゲン

はだしのげん

「はだしのゲン」は原作者、中沢啓治による広島原爆の被爆体験を元に作られた反戦漫画である。
目次[非表示]

概要

「はだしのゲン」は広島市出身の漫画家中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元に作られた反戦漫画である。太平洋戦争末期から戦後までの激動の時代を必死に生き抜こうとする主人公中岡元(ゲン)と隆太たちの生々しい姿を描く。

連載当初は週刊少年ジャンプで連載されており、当時でも今と同じアンケート至上主義だったが、内容が内容だけに読者の評判も賛否両論で、必ずしも人気があったとは言えないが、この作品は編集長が肝いりで書かせたこともあり、例外的にこの編集長が異動するまで掲載を続けさせたといういわくがある(ちなみにこの編集長、当時の安保闘争情勢での社内での左寄り運動には否定的であったとされる)。

友子が死ぬ所で(単行本での4巻)ジャンプでの連載は終了、その後掲載誌を転々としながら、ゲンが東京に行く場面で「第一部・完」として一旦中断したが、作者の病気の悪化の為に、ついに第二部は書かれることなく断念されている。

反戦を題材にしているが、一部コメディ要素も盛り込まれている。

  • 同情を買って食べ物を分けて貰うために泣く泣く妹を殴る兄を助ける為、同じ様な手口で隆太を殴るが、どう見ても楽しんでる様にしか見えないゲン。
  • 反戦デモ妨害に乱入するも、急所蹴りで悶絶する右翼団体員をからかう隆太。
  • GHQに逮捕、監禁されて、拷問に備えて少しでも痛みを減らす練習をし、その最中にケンカを始め、GHQに「狂った」と思われたゲン、隆太、ムスビの三人。
被爆直後の被爆者の描写の凄惨さでも有名だが、作者によれば、あれでも少年誌に掲載するために表現を抑えたとしており、実際はもっと凄惨だったことを述べ、原爆(核兵器)の恐ろしさをこの漫画を通して知ってほしいとしている。

思想的には反米、反体制、反天皇制反軍国主義など露骨に左翼寄り(本人は共産党の党員であり、その関係から共産党の機関誌「文化評論」(現在は廃刊)で一年間連載していた。)である。ただし実体験に基づいているだけあって、戦時中差別されていた朝鮮人が戦後徒党を組んで犯罪行為を行う描写があったり(石坂啓など戦後生まれの左翼系反戦漫画家の作品では、朝鮮人や韓国人を被害者としてしか描かないものが多い)、戦後「戦争反対だった」と宗旨変えする軍国主義者(成田亨の遺稿集には、戦犯逃れのためにクリスチャンに改宗した将校等は多かったと書かれている)、ヤクザと関わり悪の道に染まるメインキャラクターなど、荒廃した戦後の広島で泥臭く生きる人間像を描き、単純な善玉・悪玉のみで割り切れない人間の生々しさも描かれている。

また、この作品は実写映画やアニメ映画、ミュージカル、テレビドラマも作られている。自伝的な作品で、作中のエピソードの多くも中沢が実際に体験したことである。母親を火葬した際に骨が残らなかった、という作中にもあるエピソードが、中沢に広島原爆の被爆を題材とした漫画を描かせるきっかけとなった。

作者の自伝的作品であり家族構成も一致するが、中沢は家族(被爆直後の父、姉、弟と戦後の母親)の死には直面しておらず(逆に妹の死には立ち会っている)、父などとの別れの名シーンはまったく創作である。

あらすじ

広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)に住む国民学校2年生の主人公・中岡元(なかおか げん “以下、ゲン”)が1945年8月6日に下された原爆で父・大吉(だいきち)、姉・英子(えいこ)、弟・進次(しんじ)の3人を亡くしながらも、たくましく生きる姿を描く。

名シーン

「はだしのゲン」作中ではいろんな名シーンがいくつかある。

  • ゲンの家族(父、英子、進次)の死別。
  • 死んだ弟と思ったが、実はそっくりな別人だった隆太との出会い。
  • 画家の吉田政二の世話をしたことで絵の素晴らしさを知る。その後、政二は死去し、ゲンと隆太は彼をいじめた兄夫婦と姪姉妹を懲らしめる(良心があった兄は改心したが、兄嫁は反省しなかった)。
  • 間借りしていた江波の知人宅を些細な喧嘩で追い出されたゲンら家族。ゲンと隆太は仕返しに知人宅のいじめっ子達をぶん殴って泣かせ、それに激怒した意地悪な御隠居さんが肥溜めに落ちる。
  • 友子の誘拐事件、悪友クソ森との和解、妹をさらった被爆者や復員兵達の悲しみ、そして友子の死。
  • 念願の旅行先京都で母が、姉と慕う夏江も原爆症で死亡。更にはムスビまでもが麻薬売買ヤクザの手に掛かり・・・
  • ゲンの初恋の人、中尾光子との出会い、そして、死。
他にもいろいろと・・・。

pixivではこのシーンのパロディイラストが作られ、特に吉田政二、江波のおばさんの肥溜め、
米兵の「オ ナイス デザイン」、「ムスビうそをつけっ」などのパロディが多い。
また、作中(「ゲン」に限らず、中沢啓治の漫画作品全般)で見られる独特の擬声語「ギギギ・・・」
も有名で、この擬声語ネタもpixivでもパロディイラストに使われ、pixivだけでなく2chなどでも
使用される事が多い。

関連イラスト

オ ナイス デザイン
なぜはだしのゲンの絵はこわいんじゃ?


はだしのシゲ
T2×はだゲン



松江市における閉架騒動


2012年八月、「はだしのゲン」を学校の図書館に置かないよう求める市民からの陳情があった。
市議会は同年12月に不採択としたが、「内容の過激さ」を理由に同市教育委員会は学校側に「閉架」措置を要請した。この「過激」とされたシーンは10巻の日本兵による強姦のシーンで、この問題を取材した朝日新聞の武田肇記者によると市の教育委員会は学校の図書館に置く際全巻をチェックしておらず、上述の市民の陳情があってはじめて全巻を点検し「このシーンは子供に見せられない」との判断をしたとのことである(こちらのまとめを参照)。
そして、同月の校長会で本作を閉架措置とし、できるだけ貸し出さないよう口頭で求めた。

もっとも、実際には「陳情した市民」はクレーマーの類に過ぎず、閉架措置が発覚した2013年八月十六日以降には閉架措置の撤回を求める声が各方面から松江市に寄せられた。
最終的には2013年八月二十七日に閉架措置は撤回される旨決定したものの、「表現規制」の「悪しき先例」が残る形になった。


関連タグ

オ、ナイスデザイン ギギギ ムスビうそをつけっ ラわーん ラララ…
中岡元 近藤隆太 勝子 ムスビ クソ森 林のばあさん

pixivに投稿された作品 pixivで「はだしのゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1783603

コメント