ピクシブ百科事典

広島カープ誕生物語

ひろしまかーぷたんじょうものがたり

広島カープ誕生物語とは中沢啓治による描き下ろし作品である。
目次[非表示]

概要

1994年にカープファンであった中沢啓治による描き下ろし作品であり、戦後の焼け野原となった広島に誕生した広島東洋カープの史実を交えつつカープに熱狂する当時の市民、そして25年後の初優勝までを描いた作品。
はだしのゲンでもカープのエピソードの登場はあったが、濃密なエピソードを交えてカープを主に描いたのは中沢作品でも唯一である。

登場する人物は球団関係者を除いてフィクションであるものの、内容は史実からほとんど誇張されていないというのがこの作品の凄いところである。

カープの資金難に対し選手達の苦境を何とかしたい球団の後援の要請活動とそれを応援する市民による後援である「樽募金」、「熱狂ゆえのファンの暴走(縄ホームランやポール引っこ抜き事件など)」は概ね史実に則って描かれている(ただし、その張本人が全て主人公の進たちによるもの、ということになっている)。

現在、マツダスタジアムにはこの広島カープ誕生物語の登場人物の銅像が建立されている。

ストーリー

原爆投下による壊滅的被害を受けた戦後の広島の地では草野球が復活し盛んに行われていた。その中でも戦災孤児となった主人公・「大地進」は親友達と共に、呉の進駐軍相手に物資を賭けた野球に明け暮れる日々を送っていた。
ある日、広島にプロ野球チームが誕生する事を知り狂喜する。しかし、球団の資金難による解散危機に直面。球団のピンチにファンの支援を経てカープはファンと共に苦難を歩んでいくのだった。
進達カープファンの熱狂的な支えを経て発足から25年目、広島の人々が固唾を飲んで見守るここ一番の大勝負でカープはついに初の優勝を掴み取る。その時、広島の街はかつてない熱狂と興奮と感動に包まれるのであった。




反響

この作品は1994年に発行されたが、それほど売れ行きが良くなく絶版となっていた。ただし、学校の図書室にはだしのゲンを含む作品集を収蔵しているケースが多い為、目にした人によってそれなりの知名度があったと推測される。後に2014年に上下巻だったこの作品を一冊にした形で復刊している。

ところが2016年のセ・リーグ優勝の際は広島市内でカープファンの度を越した狂喜乱舞っぷりが発生、野球ファン以外をも驚かせた。

  • 優勝決定直後の深夜、繁華街に繰り出した大勢の市民によるエンドレスハイタッチが発生し新井貴浩に似ていると問答無用で胴上げされ、注意する警官も思わずハイタッチ
  • スーパーやデパート、飲食店や個人商店で投げ売りのようなセールが多発
  • 居酒屋で酒をタダで振舞ったり、店内のビールかけや鏡割りはもちろん、窓の外にもビールを噴射し街頭でもビールの掛け合いが発生
  • ローカルラジオ局やTV局が揃って特番、広島ホームテレビに至っては優勝が見えた時点でキー局の深夜番組を潰しまくり朝まで特番を発表
挙句の果て
  • 広島弁護士会が半月間無料相談会を開催
という珍事も発生。
これらが報道されると「カープの初優勝時に豆腐屋がタダで商品を配る」といった本作のシーンを思い出しネットで本作を紹介する読者が相次ぎ、再びこの作品が脚光を浴びる事となった。奇しくも初優勝と同じく25年ぶりで、対戦相手が巨人というなんとも不思議な一致である。

2017年もカープがリーグ優勝したため、やはり同じような広島市内での狂喜乱舞が発生。
繁華街に群衆が繰り出し、ハイタッチをかわしたり「それ行けカープ」を一斉に大声で歌うなど混沌とした模様の動画が次々とアップされた。
この日は試合時間が前年よりも早く18時までには試合が終了したため、ショッピングモールでは当日中に投げ売りセールが開始される有様であり、広島ホームテレビはまたも深夜番組を潰して朝までの特番を敢行。


本作で描かれるカープファンの暴走はネット上でネタにされることが多く、中沢の漫画作品としては『はだしのゲン』に次いで知られている作品であると言っていいだろう。

映像化

この作品を原案としたアニメ作品「かっ飛ばせ!ドリーマーズ」として発表されている。

関連タグ

中沢啓治 広島東洋カープ フーリガン

外部リンク

広島カープ誕生物語 - Wikipedia

コメント