ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

作者は秋本治
1976年から2016年まで40年にも及ぶ週刊連載で一度も休載せず、単独作者による連載漫画として「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録を持っている。連載40年目2016年9月に第200巻で完結。(当時。後述)
さすがにその間全く休息を取ったりしなかった訳ではないのだが、数週分の連載ストックを編集部に渡していた事で最後まで連載皆勤を崩す事はなかった。
この記録的な連載作品故に氏のライフワーク的にこの先も連載が続いていくと思われていたが、こち亀終了の発表は衝撃かつ話題となってニュースにもなった。
つまり最終回もって以降40年ぶりにこち亀が週刊少年ジャンプに存在しない事になったのである。

東京都葛飾区にある架空の派出所を舞台に、万年巡査長の問題児警官両津勘吉を中心とした地方公務員たちが大暴れして周囲の人物(主に上司の大原部長)に迷惑をかける下町コメディ漫画。

長期連載の宿命というべきか時代毎に絵のタッチも変化があり、初期の両津は劇画タッチに近い顔つきであった(そもそもは作者が劇画志望があった為だとも)。それ故かキャラクターの人物像にも大小問わず変化が見られる。

レギュラーキャラクターの変遷も顕著で、戸塚金次は初期のレギュラーといえるキャラクターだったが、後期では登場回数が激減した。
初期は男性キャラばかりだった反動か、次第に女性のレギュラーが増え、女性優位ともとれる話が目立つようになった。

基本的に1話~数話で完結する読み切り形式のギャグ漫画であるが、時折トリビア的な話や作者の趣味が全面に押し出されたマニアックな話、最近の流行や時事問題を皮肉るような話、感動的な人情話や後味の悪いシリアスな話をすることもある(初期は「無茶苦茶な警察官・両津勘吉」の話であり、真っ当な「お巡りさん漫画」である)。第100巻以降はこの手の話の比率がかなり高いため、「こち亀が面白いのは第100巻まで」と否定的に捉えられることも。尚、実際に100巻までと言ってる人達が本当に100巻以前が面白いと思っているのかは不明。
なんと、あの同じ集英社の少女漫画雑誌「りぼん」に出張した事もあるすごい作品。

1970年代後半から2016年までの連載だった為、第1巻から第200巻を読むと(結構時間がかかるが)時代を感じる内容が多く含まれており、サザエさん時空と思いきや細かいところで舞台の時代背景の移り変わりは目に見えてわかるようになっている。

ジャンプのギャグマンガのお約束というべきか、メタフィクション的な発言や描写が多い。両津が作者に代わって話を描いたこともあった。
また、登場人物や企業、製品の名前にもじりやパロディが散見される。それ以外では大抵「山田」等ありふれた名前や便宜上の名前であることが多い。

コミックスの巻数が3桁を超えたのは1996年の第100巻で、それから20年後の2016年の第200巻で完結したわけであるが、実はこの時点で同じく長寿連載のゴルゴ13の巻数を上回っていたりする。
「山止たつひこ」表記の初期こち亀の初版本は今では重版に次ぐ重版のうちに削除されたエピソードがある事も含めてプレミア化している。
なお、終了の発表前の第190巻以降は通常のコミックスの厚さより厚めになっていたのだが、どうやら第200巻きっちりで完結する為に収録話数を増やしていたとみられる。
1976年頃のジャンプコミックスは、著名人のコメントが巻末に寄稿される形式だった。それはいつしか廃止されていたものの、こち亀だけはそのスタイルが残っていた。

なお、通常の連載は完結したがそのきっちり1年後である2017年9月に一時復活し、今後も不定期に顔出しがあると見られている。
2021年10月4日に読み切り番外編を集めた第201巻が発売される

正式名称が長いため、タグとしては『こち亀』のほうが一般的。

ジャンプ黄金期前、黄金期の真っ只中、衰退期、衰退期後のジャンプを駆け抜けた作品であった。
ちなみに後述のせんだみつお版実写映画「こち亀」は封印作品入りされている。

最終回は本誌掲載とコミックスとでは異なる結末の形式をとっており、最終回が掲載された号は記念すべき第1話もフルカラー復刻で再掲載、珍しく重版された。

他にも特別増刊号にはコミックスにはない日暮熟睡男が大活躍する特別ストーリーが収録。
最終回から一年後の特別読み切りに週刊少年ジャンプ50周年記念の読み切りとして年一回の特別企画がある。
2020年は東京オリンピックコロナで延期したために、翌年読み切り掲載された。都合とはいえ日暮はオリンピック延期を予測していたのだろうか?

長期連載の秘訣

原作者の秋本氏がミーハーなところがあり、かつては仕事場にテレビを複数台置いて様々な情報をキャッチしていた事で漫画のネタになりそうなものをチェックしていた事、自身が速筆であり分業体制で優秀なアシスタントを抱えていた事から掲載分の原稿を常に余裕をもってストックしていた事で休載する事なく取材する時間を確保できていた背景もある(実際に取材はこと細かく、いつからこの建物があるとか、どう変わったのかまで徹底的に調査していたらしい)。

また、長期連載ゆえに掲載当時はネタ程度だったのが後年では形を変えたり、ほぼそのままで実現・的中している例がチラホラある為、こち亀は予言書扱いされる事もある。

また、世相風俗がかなり変化している為に現在読むと信じられない出来事に驚く事も。例えば、コンビニエンスストアや年中無休のスーパー等がまだそこまで普及していない頃の年末年始は、特に独身者が実家に里帰りしない場合は買い置きをしてないと食う物に本当に難儀するというエピソードもある。

メディアミックス

アニメ

フジテレビでアニメ化され、1996年6月16日から2004年12月19日まで、こちらも8年半と長きに渡って放送された(制作:ぎゃろっぷ)。前番組は8年3ヶ月続いた『キテレツ大百科』。
あまり知られていないが、アニメ化された事は実はこれが初めてではない。1985年にジャンプのイベントで二本程短編アニメ作品としてタツノコプロが製作している。

両津役にラサール石井、麗子役に森尾由美を起用する等、本職の声優以外の芸能人も多数キャスティングされているのが特徴であり、その中には無名時代の八嶋智人堺雅人がいた。放送初期は本職の声優をそれなりに起用していたが回が進むごとに薄れていき、一部では芸能人に交代されたケースも存在する(寺井役の茶風林、小町役の岡本麻弥など)。一方で木内秀信竹内順子などこのアニメでデビューした声優も存在する。
なお、声優の多くが『おじゃる丸』、『メダロット』、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』、『Dr.リンにきいてみて!』、『ボンバーマンジェッターズ』でも共演している。

原作連載開始から20年を経ての放送開始であるため、原作のストックも時勢が過ぎたものはアニメ化されず(または出来ず)、必ずしもすべての原作のエピソードがアニメ化された訳では無かった。原作で言えば第141巻までがアニメ化された。

アニメ版のBGMを担当したのは、『激走戦隊カーレンジャー』、『ウルトラマンガイア』、『ウルトラマンメビウス』、『仮面ライダー電王』など多くの特撮を担者した佐橋俊彦である。

TOKIO所ジョージ天童よしみテツandトモがオープニングやエンディングで担当した事がある他、村上ショージ、天童、嵐、TIM三瓶、テツandトモは本人役でゲスト出演しており、2003年8月10日の放送には映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の公開記念として北村総一朗斎藤暁小野武彦スリーアミーゴスもゲスト出演している。

アニメ放送当初は終了後に両津が壊した物を紹介する「本日の被害」というコーナーが設けられていたが、1997年放送回からアイキャッチ導入に伴い「本日の被害」は廃止された。 

2004年以降の放送は第313話から監督が変わった事により感動エピソードもほとんどなくなり、視聴率も低下していった。

レギュラー放送終了後はTVスペシャル版が数回制作され、フジテレビがゴールデンタイムのアニメ枠を廃止してからは「ドリーム9」に枠を移して放送されていた。
2008年を最後に一切アニメは制作されていなかったが、2016年9月18日に8年ぶりの新作「THE FINAL 両津勘吉最後の日」を放送。原作最終回が掲載された翌日であり、アニメシリーズも同作をもって完結とされた。ただしその後も翌年の27時間テレビでは短編として復活しており、2018年にはNHKの「アニ×パラ」第4弾、「こち亀×ゴールボール」とのコラボとして放送され、ゲスト声優には元AKB48篠田麻里子がゲスト出演した。なお、篠田氏は兄が『こち亀』のマンガも持っていて、アニメも一緒に見ていた事をインタビューで語っている。ちなみに篠田氏は以前にもドラマ版の『こち亀』にAKBのメンバーの本人役としてゲスト出演している。

制作話数は344話+テレビスペシャル27回に及んだ。

劇場版は1999年12月23日に『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE』、2003年12月20日に『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!』の2度制作されている。

アニメが終了したためか、『ちびまる子ちゃん』、『サザエさん』、『ONE PIECE』とゴールデンタイムで放送されていた時間帯のアニメの中では、唯一『逃走中』とのコラボが行われていない。そのためネット上では『こち亀』とのコラボもやって欲しいという声もある。ちなみに原作第172巻にて「逃げ切ったら100万円の巻」という『逃走中』を元にした話がある。

『ちびまる子ちゃん』、『サザエさん』、『ONE PIECE』、前作の『キテレツ』とゴールデンタイムで放送されたアニメでは『FNS歌謡祭』でアニソンで歌われたのに対し、『こち亀』は現在唯一アニソンで歌われていない。ただし、2021年の放送で森七菜が「スマイル」のカバーを披露している。

実写版

実写化は2度されており、せんだみつお版(東映映画)と当時SMAP香取慎吾版がある(TBSドラマ+映画)。ちなみに香取は2000年10月1日放送のアニメスペシャルで慎吾ママとしてもゲスト出演している。

舞台版でもアニメ版の両津を演じたラサール石井が主演で、脚本・演出も1999年から担当している。
岸祐二岩崎征実小宮孝泰齋藤彩夏佐山陽規 三浦理恵子らがアニメ版と同じキャラクターを演じている他、坂本あきら斉藤レイ麻生かほ里三橋加奈子(大阪公演のみ)、竹内順子(大阪公演のみ)が別役で出演している。

登場人物

詳細はこち亀の登場人物一覧


関連イラスト

両さんをたくさん描きました


真ピンク婦警
こち亀連載40年で終了


こち亀マリオ
『共鳴!?神×両津』





関連タグ

秋本治
こち亀
週刊少年ジャンプ連載終了作品の一覧
ギャグ
コメディ
アクション
少年漫画

檸檬が泣いた日…の巻

大原部長オチ
こち亀パロ

全部同じじゃないですか
きゃあ_こんなにあるの!
アオいいよね いい…

ONEPIECE…同じ週刊少年ジャンプの連載作品。現在ではこち亀に次ぐ連載期間の長さかつ、2021年にはついに100巻に達した。週刊少年ジャンプに連載中で巻数三桁に突入したのはこち亀以来で、実はONEPIECEが連載開始したのはこち亀が1996年に100巻を迎えた翌年の1997年だったりする。

外部リンク

こち亀.com|集英社 こちら葛飾区亀有公園前派出所公式サイト
こちら葛飾区亀有公園前派出所 - Wikipedia

関連記事

親記事

秋本治 あきもとおさむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7130244

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました