ピクシブ百科事典

ボルボ西郷

ぼるぼさいごう

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場する警官(メイン画像左)。
目次[非表示]

概要

声:岸祐二

漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場する警視庁葛飾署勤務の警察官決して西郷隆盛の子孫ではない
傭兵で、銃器使いのエキスパート。ニューヨーク市警に勤務していた経験もある。
筋骨隆々とした体格の持ち主であり、登場初期はそれなりに女性から人気があった。
両津左近寺とは体育会系繋がりで仲がよく、3人でつるんでいることも多い。アニメ版では本田を加えて4人でトラブルに巻き込まれたりすることもあった。原作では左近寺とコンビを組むことが多く、特にケンカをすることもないので仲は良好。

性格

戦場生活が長すぎたせいで異常に警戒心が強く、「いつどこから敵に襲われるかわからない」という理由から常に全身にあらゆる武器を装備している。自宅のマンショントラップだらけで、ガトリングガンが仕掛けられていた事もある。物音や気配にも敏感なため、後ろに立つなど言語道断である。そのせいか登場初期には身の危険を感じるとすぐにを撃ってしまうばかりか、武器を全部失った途端にパニックに陥り全裸を逃げ回ったことすらある(この時、両津も同行していたのだが、この事態はさすがに予想できなかったらしく、大原部長に責められた際、言い訳に苦心していた)。
傭兵時代の上官である爆竜大佐とは懇意な仲で、彼の娘のジョディー(メイン画像右)とは半ば婚約者状態。しかし、男ばかりの環境で育ってきたので女性には全く免疫がなく(両津曰く「中学生レベル」)、女性と密着したり露出度の高い恰好をしている女性を見たりするとすぐに鼻血を噴き出してしまう(学習漫画では繋がって飛んでるトンボにまで興奮していた)。
他にも幼少期のトラウマからが大嫌い。

実力

見た目と性格があっていない彼だが、素手の実力では完全にジョディの上を行っており、道具を使わずを取り押さえたこともある。しかし女性に免疫がないため、ジョディとの勝負ではそのムッチムチのお色気に鼻血を噴き出して気絶、戦闘不能になってしまい、惜しいところで負けてしまう(爆竜は「(娘に負けたから)結婚はダメだ」と言い、これに両津は「なんでお前(=爆竜)の娘はあんなにスタイルがいいんだ。汚いぞ」と抗議していた)。
なお、意外なことに射撃の腕前は今一つ。射撃大会コンテストでは両津、中川が的にヒットさせたのを見て「簡単に当てていくな」と告げ、続いて自分も銃を構えるが外れてしまい、あっさりと失格になった。

過去

実家は鹿児島県。祖父の小金丸は現役の忍者で、両津同様にパワフルなので振り回されっぱなし。幼少の頃から微量の毒薬を飲まされて育ってきたらしい(祖父が薬草を適当に使っていたのが原因)。

関連項目

こち亀 警官 兵士 丸刈り

関連記事

親記事

こちら葛飾区亀有公園前派出所 こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボルボ西郷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131517

コメント