ピクシブ百科事典

大原大次郎

おおはらだいじろう

こちら葛飾区亀有公園前派出所のキャラクター。

CV:菱谷紘二佐山陽規(テレビアニメ版)、北村弘一(ジャンプ・スペシャルアニメ・大行進イベント)
演:伊武雅刀(テレビドラマ版)

人物

※トップ画像右側の人物。

漫画こちら葛飾区亀有公園前派出所』のメインキャラクターの1人。両津勘吉上司
作中にほとんど名前が出てこないため、タグとしては「大原部長」が多い。
千葉県の時空ヶ原という田舎に一軒家を構えており、大学時代に知り合った妻・良子と暮らしていた(なお、172巻で時空ヶ原は都市化が進み、以降さらに田舎に引っ越している)。初期は娘のひろみと共に市川に家を構えていたが、後にひろみは結婚し、孫が生まれている。娘のひろみは、登場初期は学生として登場し、後に子を儲けたが、一人娘だったせいか、ひろみを溺愛している節があり、初期の頃、両津にあの年になるまで、変な虫がつかぬように手塩にかけてきた……と明言している、(結婚後も気にかけている)

基本的には頑固で少々怒りっぽく、態度の悪い若者や覇気のない者に対しては年長者らしく毅然と叱りつけ、人生とは何かを諭したり原作において自分が恥をかくオチでは武装して両津はどこだ!と怒鳴ったりもする(アニメではあまり見られない代わりに激怒して両津を追いかけ回したり、監視下において後始末をさせる場面に差し替えられている)が(→大原部長オチ)、変人の多い葛飾署の中では真面目で常識的な人物とも言える。(この気質は、初期は元軍人であったために、軍人気質が残っているからと理由付けがされていた)
ただし、壊れるときは普段の反動なのか、両津すら引くレベルで壊れる
近年はあまり警官としてよくないような行為をしてしまうケースも散見され、磯鷲早矢にときめき、妻に嘘をついてまで京都に行ってしまったり、両津に貯金の大切さを教えるために彼のネットバンキングを管理するも、貯金を横領して買った物を没収されたこともある。署長とタッグを組み無茶苦茶な命令を両津にさせたり中川も困るほどのワガママを言い出す老害っぷりを見せるところもあり、以前よりもはっちゃっける事が多い。これは連載後期の特徴と言われがちだが、連載初期も派出所で飲酒した挙句両津にも手がつけられないほど泥酔したこともあり、この時期の部長はわりとフランクだった。また堅物キャラが定着していた中盤でも、両津が競馬で当てた大金を目の前にして理性が吹っ飛び、1億3000万円を2人で一晩で使ってしまったこともある。拳銃を抜くことも結構あり、おそらく発砲回数は両津・中川に次ぐと思われる。ほぼ私怨で発砲したこともある。
また、困ったことは両津に頼めば(または両津一人の責任にすれば)なんとかなる(両津が嫌がったらカネをちらつかせれば)と思いこんでるフシもある。その結果上記の大原部長オチになる話も多いが。

近年両津が多少なりともまともになり、超神田寿司を営む擬宝珠家で働きだしたため知識面のアドバンテージが以前ほど無くなり、両津に知識で遅れを取った事がある。マグロの種類を中川と当たり前に話す両津に怒り、お前にマグロがわかるはずはない!!と以前と同じ調子で怒鳴るが、中川と麗子に先輩(両ちゃん)は老舗寿司店の板前ですよと窘められ、それに気づいた時は大いに落ち込み(両津もその直前に擬宝珠纏から教えられたばかりだったが)両津に知識のアドバンテージを保とうと躍起になる子供じみた面もある(両津も同様だが。これも後半期と言われがちだが以前からあった)。知識面に限らず両津に対抗心を燃やすことは初期にも見られた。問題児の両津に劣る面があるのは自身のプライドが許さないのだろう。

両津達以外の若い部下と組んだ時は、ジェネレーションギャップもあり意思疎通はあまりできてないこともあり、当初若い部下から舐められてもいたが、そこへ現れた両津を部長がしかりつけ、「あの両津さんを叱れるなんて」と(破天荒な)両津を尊敬する若い部下からの見る目も180度変わった。

問題行動の常習犯である両津を怒鳴りつけたり、何かにつけて喧嘩になることも多いが、配属当時からの長い付き合いからか罠に掛けて真面目に仕事をさせたり、金儲けに走ってしまった際に自制を促す意味で制裁を加えることもある。一方で手柄を立てるなど職務を成し遂げた時は心から褒め、彼が警官として働けるように上層部に頼み込んだり(もっとも両津勘吉の項目にあるように、野放しにしておけないという理由もあるだろうが)、両津の技術を信頼して頼みごとをしたり、出向先に様子を見に行くなど気遣うこともあり、両津からも穴のない仕事ぶりと人柄を尊敬されるなど、それなりに良好な関係を築いている。
ただし手柄や頼みごとが絡まない時は基本両津を見下しているようであり、嫌味を言ったりスティックで頭を叩いてバカにしたりすることが多い。「○○しなければクビだ」といった理不尽な対応もしばしば見られる。その一方で両津の手柄ははまるで自分の手柄のようにひけらかす等、ある意味かなりのお調子者である。
作中においても、両津の暴走に歯止めをかけることができる数少ない人物として描写されている。
剣道の達人で、両津と渡り合えるくらい体力もある。しかし、
「警官は''どんな理由があっても暴力に訴えてはいけない''」。という考えから、一般人には手を挙げないようにしており、加害者に怪我をさせた両津にそのことを理解させるため無期限の謹慎を言い渡したこともある。
将棋も強く、連載の長期化に伴い盆栽書道などいろんなものを嗜んでおり、基本的に中年っぽい趣味にはあらかた手を出している。中でも園芸の才能はピカイチ。テレビゲームについては長年拒否反応を示していたが、時代の変化により、将棋ソフトや歴史系ソフトに手を出すようにもなり、孫の為にポケモンではほとんどのポケモンを集めたことがある(当初、両津に金で頼もうとしたが、両津は部長にゲームをやらせる為に断った)。
直属の上司だった署長の屯田五目須とは階級(関連タグにあるように大原は巡査部長。一方の屯田は警視正)を越えて仲が良く、共に行動することが多い。武装おしおきを二人でしたことも。

また、愛車は若き日に憧れた品を探して乗る傾向があり、初期は日野・ルノー→いすゞ・ベレル→トヨタ・コロナを。中期頃には、中川のツテを便り、青年期に憧れていたスポーツカーであるトヨタ2000GTのレストア車を購入。そこから約20年ほど愛用していたが、近年に老朽化で手放した。以後は作中のオリジナル車へ乗り換えているが、基本的に青年期以前に羨望していたカーライフを追い求める傾向である。

長期連載ものの宿命として性格や設定が大幅に変わるのは、他の作品でもよくある話だが、「誕生日は毎年変わる」という設定になっており、連載時に「今年の誕生日は○月○日になりました」と書かれる。極初期は元大日本帝国陸軍軍人で、軍解体後に警察官に転じた設定であったが、80年代以後は欲しがりません勝つまでは世代へと変遷した。

関連タグ

こちら葛飾区亀有公園前派出所 大原部長 大原部長オチ
警察/警察官 巡査部長 頑固親父 チョビ髭バカモーン‼︎

両津勘吉 中川圭一 秋本・カトリーヌ・麗子

pixivに投稿された作品 pixivで「大原大次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 376389

コメント