2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

競馬専用の競技場
従来は私的な草競馬も含めたレースのコースである馬場を指しており、今日では競走馬の飼育・調教や来客用設備も含めた公式競技施設に用いるのが一般的である。

日本の競馬場

日本では、1866年現在の神奈川県横浜市中区に初めての常設型洋式競馬場である横浜競馬場が開業。
同施設は1943年に閉場(事実上の廃止)し、終戦直後に敷地が米軍に接収される。
その後少しずつ返還が進み、根岸森林公園と馬の博物館(根岸競馬記念公苑)が整備。
現在は元敷地の大部分が返還されており、老朽化が進み立ち入り禁止となってはいるが当時の一部の観客スタンドが残されている。

現在は競馬法とそれに基づく政令省令によって必要な施設の規模や設備が定められている(農林水産省での紹介)。
主に日本中央競馬会(JRA)がレース運営する中央競馬場と地方公共団体が運営する地方競馬場に分かれ、民間企業が所有・管理する施設も多い。

維持コストの制約などから地方競馬場のほとんどがコースのないダート(砂)コース専用であり、老朽化や地域の過疎化などの影響により特に平成以降休止・廃止となった施設も多い。
しかしながら地域の自治体や関連業者にとっては重要な収入源であり、市民にとっても存在感の大きい娯楽施設であるため、現在の既存施設でも様々な振興策が試みられている。

かつてはJRA競馬と地方競馬のレース両方を開催する競馬場もあったが、2022年現在は併催する施設は存在しない。
近年はナイター開催とインターネットでの馬券購入システムが普及し、多くの地方競馬場で売上に貢献したといわれる。

2020年には新型コロナウイルス(COVID-19)流行の影響を大きく受け、JRAと地方全ての競馬場と場外馬券売り場が閉鎖。
レースは当面の間無観客開催となり、投票(馬券購入)に関してはネットや電話による手段のみの対応となった。
特にJRA競馬では日本ダービー宝塚記念など3月以降の春季GⅠ級競走が全て無観客で行われ、中には例年の中継を中止するテレビ局も現れた。

「みんなが帰ってこられるその時まで、まだまだ走ります。」


(無観客措置が取られた競馬場)

競艇などの公営競技やその他のプロスポーツリーグでは、6月から7月にかけて順次無観客開催措置が解除。
ただし競馬、特に例年のJRA競馬では一日で10万人以上の入場もある事などから3密における懸念が払拭されず、10月に事前予約の指定席限定という条件付きで無観客開催措置が解除された。
以降も入場券も含めて全て事前予約制にしたり、遊具の使用やポニーなどのふれあい体験を中止するなどの対策が取られている。

国内競馬場の主な場内施設

法令による設置必須の設備
・1周1,600m以上で、幅が20m以上の馬場(中央競馬)。
・1周1,000m以上(ばんえい競走のみを行う施設は200m以上)で、幅が16m以上の馬場(地方競馬)。
・審判所、検量所、装鞍(そうあん)所、下見所勝馬投票券発売所、払戻金交付所、観覧設備、場内放送設備、競馬場内外の境界柵。

レース本番のコースである馬場(本馬場)は一つ以上置かれ、その下地は芝またはダートで整備される。
大型施設ではその内側に向かって内回りコース、別下地コース(芝が外側の場合ダート)、障害用コースなども存在。
ばんえい競馬では200mの直線ダートコース上に障害として2つの坂道が設置されている。

コースの馬場より内側にあるスペースは「内馬場」と呼ばれる。
利用実態として調教用コース、観客向けの広場・ミニ遊園地・飲食店・駐車場、観賞用のなど、競馬場によって様々である。

観客スタンドは、一般的に屋外の立ち見エリア・自由席と別料金が必要な屋内の指定席に分かれる。
その他馬主専用入口・席・ラウンジや、場所によっては個室・半個室席、展望レストランを設けている競馬場も存在。
JRA競馬場では、一部がまるでショッピングセンターのような内装になっている。
レースが開催されない日時には、屋外スタンド席や内馬場などを公園代わりとして市民に無料開放したり、有料の夜のイルミネーションを開催している場合もある。

その他
・大型モニター
(JRAでは「ターフビジョン」として案内されている)
・オッズ板
(大型の配当倍率の電光掲示板)
・着順掲示板
飲食店売店
・場外馬券販売所
イベントスペース
厩舎馬房
騎手の宿泊施設
馬頭観音像及びそのお堂
など。

国内競馬場

中央競馬場
札幌競馬場 (北海道札幌市中央区)
函館競馬場 (北海道函館市)
福島競馬場 (福島県福島市)
中山競馬場 (千葉県船橋市市川市
東京競馬場 (東京都府中市
新潟競馬場 (新潟県新潟市北区)
中京競馬場 (愛知県豊明市)
京都競馬場 (京都府京都市伏見区)
阪神競馬場 (兵庫県宝塚市西宮市)
小倉競馬場 (福岡県北九州市小倉南区)

東京、中山、京都、阪神の4施設はGⅠレースの開催本数が多く、ファンの一部からは「中央四場」とも呼ばれている。
ちなみにこの4施設と中京の一般入場料金は現在200円で、その他は100円である。

地方競馬場
帯広競馬場 (北海道帯広市)
門別競馬場 (北海道沙流郡日高町)
盛岡競馬場 (岩手県盛岡市)
水沢競馬場 (岩手県奥州市)
浦和競馬場 (埼玉県さいたま市南区)
船橋競馬場 (千葉県船橋市・習志野市)
大井競馬場 (東京都品川区)
川崎競馬場 (神奈川県川崎市川崎区)
金沢競馬場 (石川県金沢市)
笠松競馬場 (岐阜県羽島郡笠松町岐南町)
名古屋競馬場 (愛知県弥富市)
姫路競馬場 (兵庫県姫路市)
園田競馬場 (兵庫県尼崎市)
高知競馬場 (高知県高知市)
佐賀競馬場 (佐賀県鳥栖市)

帯広は現在ばんえい競馬専門。
姫路は長い間開催休止中であったが、2020年1月に再開。
盛岡は地方競馬場で唯一芝コースがある。
名古屋は2022年4月に名古屋市港区より現在地に移転。

休廃止となった主な競馬場
ここでは1970年代以降に施設として正式に休廃止になった競馬場を記載する。

・(旧)中央競馬
横浜競馬場
宮崎競馬場 (宮崎県宮崎市)
この2施設は1943年に閉場し、1991年の法改正で完全に廃止されるまで休止扱いであった。
宮崎では戦後は1963年まで地方競馬が開催され、現在はJRAの「宮崎育成牧場」として再整備・運用されている。

・地方競馬
岩見沢競馬場 (北海道岩見沢市 2006年休止)
北見競馬場 (北海道北見市 2006年休止)
旭川競馬場 (北海道旭川市 2008年休止)
上山競馬場 (山形県上山市 2003年廃止)
宇都宮競馬場 (栃木県宇都宮市 2005年廃止)
足利競馬場 (栃木県足利市 2003年廃止)
高崎競馬場 (群馬県高崎市 2004年廃止)
三条競馬場 (新潟県三条市 2002年廃止)
春木競馬場 (大阪府岸和田市 1974年廃止)
紀三井寺競馬場 (和歌山県和歌山市 1988年廃止)
益田競馬場 (島根県益田市 2002年廃止)
福山競馬場 (広島県福山市 2013年廃止)
荒尾競馬場 (熊本県荒尾市 2011年廃止)
中津競馬場 (大分県中津市 2001年廃止)

関連項目

競馬 競技場 トラック コース
レース レーシング ダート
ファンファーレ

関連記事

親記事

競馬 けいば

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312891

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました