ピクシブ百科事典

無観客試合

むかんきゃくじあい

スポーツの試合を観客を入れずに行うこと

競技場に観客を全く入れず、無人の観覧席の中で試合を繰り広げる。
その理由は最も多いものが、違反行為や迷惑行為をしたチームや観客への制裁であり、次いで多いのがテロ・暴動・伝染病の蔓延防止。

また主催が敢えて無観客試合を選ぶケースというのもある。プロレス競輪のようにテレビ中継さえ行うことができればわざわざ現地に観客を入れずとも十分成り立つ種目は敢えて無観客で行うことも多い。
無観客であれば、観覧席の清掃や場内警備・入退場整理など観客を入れることによって発生する費用をカットできるからである。

余談ながら、2018年3月21日、神宮球場で行われる予定だったプロ野球オープン戦・東京ヤクルトスワローズ読売ジャイアンツは試合が雨で中止になったため、場所を東京ドームに移して練習試合として観客を一切入れずに行ったことがある。

関連記事

親記事

試合 しあい

兄弟記事

コメント