ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

保護地域(ホームエリア)は東京都。親会社は創設時から同じ読売新聞社である。

球団会社名は読売巨人軍で、通称は『ジャイアンツ』もしくはチーム名の和訳である『巨人』(一般名詞の『巨人』とはアクセントが違う)。なおドラフト会議などでは『読売』と呼ばれる。

野球をよく知らない人は混乱しやすいが、「巨人=ジャイアンツ」なので、「巨人ジャイアンツ」というチームは存在しない

チームカラーはオレンジと黒。


2024年現在の本拠地は、1軍は文京区にある日本初の完全屋内型球場の東京ドーム

1987年まで1軍は東京ドームに隣接していた後楽園球場を本拠地としていた。

イースタン・リーグに所属する2軍と3軍はよみうりランドに隣接する「読売ジャイアンツ球場」を本拠地としている。

2軍は1998年まで大田区にあった「多摩川グラウンド」を本拠地としていた。

また、2022年に女子野球のクラブチーム「読売ジャイアンツ女子チーム」を立ち上げ、2023年から地域リーグのヴィーナスリーグに参加している。


1934年に創設した日本で初めてのプロ野球チームである。現存する最古の球団であることや、当時の球団オーナーの呼びかけで興行目的の職業野球リーグが始まったことから「球界の盟主」と呼ばれる。

大手マスコミの親会社が持つ宣伝力と資金力から、選手の様々な面での待遇は最も恵まれていると言われ、名実ともに日本一の名門チームである。

かつては日本テレビを筆頭にテレビ中継を全国で展開していたことから知名度が他球団に比べて高く、「野球はよく知らなくても巨人は知っている」という人も多数いる。フランチャイズ球団のない地域に巨人ファンが多くいるのはこういう事情による。

もっとも、近年ではスポーツの多様化や、四国を除く全地方にプロ野球チームが存在するようになったため一強の傾向は弱まりつつある。それでも監督・選手・スタッフいずれも高水準を維持しているため、成績は安定している。

一方、前述のように人気を支えていた地上波のテレビ中継は現在20試合、このうちナイターに至っては5試合前後と大幅に削減され、延長も当然ながら行われなくなった。

2007年には本拠地東京ドームで優勝が決定したにもかかわらず地上波は特番の「踊る!さんま御殿」を優先し、その合間に15分程度の優勝特番を放送しておしまいというあまりにも軽い扱いとなってしまい、ライバル誌である中日新聞が苦言を呈する社説を掲載したほど。


日本テレビでは「若年層がサッカーやバラエティにシフトしてしまい野球を見る習慣が身に付かなかった」「野球好きの多い団塊世代はBSで見ている」と見解を示しており、実際BS日テレではほとんどの主催カードが放送されている。

こうした知名度の低下からか、最近では「巨人=某進撃漫画」のイメージが一般化しつつある(両者公認でコラボ試合をやったことも)。


現在47回のペナントレース優勝と22回の日本シリーズ制覇を誇り、共に12球団最多である。特に1965年から73年まで、9年連続で日本一に輝くという黄金時代V9の伝説を打ち立てた。


球団史

プロ野球の産声と共に

1934年、日本プロ野球の歴史と共に大日本東京野球倶楽部が結成。

当時人気の六大学野球に対して、「職業野球」と蔑視されながら、ノーヒットノーランを3回達成した豪腕沢村栄治、初の三冠王中島治康らを擁し、高い技術を見せ付けて次第にファンを獲得。太平洋戦争で中断されるまでの9年間で8回の優勝(36年は秋季、37年は春季、38年は秋季優勝、その後は一シーズン制)を飾り、第一次黄金時代を築いた。


じゃじゃ馬・青田と赤バット・川上

プロ野球の戦争からの復興は早く、1945年(昭和20年)11月には東西対抗戦、翌年には早くもペナントレースが再開された。

混乱期の中、ジャイアンツは快進撃を続ける。1940年代こそ優勝は一回だけだが、1950年代に入ると第二期黄金時代が幕を開ける。1951年からは日本シリーズ3連覇、一年おいて1955年にも日本一になるなど、手のつけられない強さだった。この時代で忘れてはならないのが、西鉄ライオンズとの死闘である。ジャイアンツからライオンズの監督に転身した故・三原脩は、「打倒・ジャイアンツ」を目標に新興ライオンズを育て上げ、1956年から1958年にかけては、日本シリーズで三度ジャイアンツと対決し、三度ともこれを下す。ジャイアンツにとっては屈辱となったが、いずれも日本野球史上に語り継がれる熱戦となり、ファン層の拡大に大きく寄与することになった。


ONとV9

大リーグでも例を見ない日本シリーズ9連覇(通称V9)。日本の高度成長期と歩みを共にする快進撃が始まったのは、65年(昭和40年)、川上哲治監督就任5年目からだった。この時期のジャイアンツは、長嶋茂雄王貞治というスーパースターを軸に、堀内恒夫高橋一三を中心とした投手陣、スピードに優れる柴田勲高田繁ら脇役陣も充実し、それぞれが個性を発揮。圧倒的な強さで他チームを蹴散らした。

この間、セ・リーグでは村山実江夏豊を擁する阪神タイガース星野仙一板東英二高木守道らを抱える中日ドラゴンズ、パ・リーグでは闘将・西本幸雄監督率いる阪急ブレーブスが立ちはだかったが、いずれも巨人に屈し、独走を止めることは出来なかった。


挫折と80年代

しかしドラフト制の導入による各チームの戦力均等化が進み、さしもの巨人といえども、圧倒的な強さを発揮できた時代は永遠には続かなかった。


1974年に長嶋茂雄が引退し翌年に即監督に就任、その初年は屈辱のリーグ最下位。翌年は巻き返して優勝するなど、浮き沈みの激しいチーム状態が続く。川上哲治監督の後釜は、長嶋→藤田元司→王貞治→藤田(第二次)と続くが、2年連続リーグ優勝は1976~77年、1989~90年の2回だけ。各チームの力がいかに拮抗していたかが分かる。


特に70年代は球界全体で八百長行為が行われた黒い霧事件でプロ野球の人気の低迷が避けられなかった状況下で湯口敏彦投手が急死したのにもかかわらず、その原因が球団フロントのパワハラ行為によることや他人事のような発言したことで批判が集まった「湯口事件」と江川卓を当時のドラフトに選ばれた選手のルールの盲点を突き、巨人に入団させたことで正々堂々さを欠けた行動として日本プロ野球機構から無かったことにされ、巨人がその年のドラフトをボイコットし、新リーグを立ち上げセ・リーグから脱退する事態にまで発展しそうになった「江川事件」など紳士たれと呼ばれたジャイアンツの化けの皮が剥がれたほどの嫌われ球団と化した。


この時期最大の話題は、王貞治の本塁打世界記録。1976年10月11日、ベーブ・ルースを超える715号本塁打、77年9月にはハンク・アーロンの大リーグ記録を破る756号本塁打を放つ。80年にバットを置くまで、積み重ねた本塁打は868本と、まさに前人未到の記録を打ち立てた。


この時期に活躍した若手には、小林繁西本聖角盈男鹿取義隆中畑清河埜和正松本匡史篠塚和典原辰徳等がいたが、小林に関しては江川事件の落とし所として、当時の江川の交渉権を持っていた巨人のライバル球団である阪神タイガースへとトレードされる事態に至り、両者が酒のCMでの共演を果たしたことで和解するまで、江川と小林は犬猿の仲であった。


1988年には本拠地が日本初のドーム球場、東京ドームに移転した。


ミスター復権

Jリーグ人気に押され、プロ野球の危機が叫ばれていた1993年、長嶋茂雄監督が復帰。プロ野球人気は一気に盛り返した。


1994年は、史上初の同率首位チーム同士の最終試合直接対決(10.8決戦)で、中日を下し優勝。1996年にはセ・リーグ史上初の広島との最大11.5ゲーム差をはねかえして優勝。この大逆転優勝は長嶋が「メークドラマ」と命名、流行語にもなった。劇的な試合展開、スリリングなペナントレースは、ファンの心をがっちりつかんだ。2000年には王貞治監督率いる福岡ダイエーホークスとの「ON対決」が日本シリーズで実現。これに見事勝利し20世紀の最後を華々しく飾った。


この頃の選手には松井秀喜仁志敏久二岡智宏桑田真澄斎藤雅樹槙原寛己高橋由伸などがいる。

だが球団の上層部が日本球界に対し、強引に自球団に有利な制度(ドラフトの逆指名制度やFA制度など)の導入を押しつけ、他球団の大物選手を次々に獲得する行為を(現在に至るまで)大々的に行ったために、他球団(とそのファン)からはこれまで以上に憎しみを買い、また従来のファンが離れていったのも事実である。


同時にチーム内の戦力バランスも大きく損ない、時間をかけた若手の育成が年を追うごとに困難になり、結果として(これも現在に至るまで)毎年のように対症療法的な補強を繰り返す負の遺産を抱え込むことになる。特に、西武ライオンズのスター選手で長嶋巨人に憧れていた清原和博は巨人入団という10年越しの夢が叶うもケガ等で成績は徐々に低迷し、漫画でもネタにされるなど戦力補強としては大きく失敗となった。


長嶋監督は21世紀最初の2001年シーズンを最後に勇退(終身名誉監督に就任)し、原辰徳新監督の元で、2002年シーズンからの戦いが始まった。


選手もフロントも経営陣もバラバラだった暗黒時代

原監督初年度は優勝、そして日本一で飾ったが、翌年2003年にライバルである阪神タイガースに優勝されると原監督はその責任を当時のGMに命令口調で指摘されたことで「聖域を犯された」と悔しさを噛み締め、監督から辞任した。(当時、阪神の監督を務めた星野仙一は「経営側が現場のことを何にも分かっていないから原が辞任しても当然の判断。」「球団側に阪神vs巨人との最終戦終了後に彼に花束を渡すことを伝え、彼に「必ず戻って来い」とエールを送った」と語っている。)


それから堀内恒夫が監督に就任したが、務めた2年間は優勝できなかったどころか経営陣側からの要請とはいえ、個性的な選手を纏められずにタフィ・ローズや清原和博を中心としたベテラン陣との確執をおこしたことで負け続け、この時代は巨人ファンにとって、暗黒時代と呼ばれることになった。


更に2004年にはプロ野球再編問題が起こり、オーナーであった渡邊会長が選手軽視の発言をしたり、巨人(と阪神、横浜)がアマチュアの選手を獲得するために金銭を受け渡していたことが発覚(一場事件)。渡辺は球団社長の座を降りつつも会長職に就いて影響力は保ったが、巨人の独断や独走を監視する姿勢はより強まった。

一方、この問題以降テレビ中継の視聴率が低下。以降中継の大幅な削減および衛星放送への移管が開始されている。


若手の台頭と有言実行の強さ

堀内監督辞任後は再び原監督が復帰。フロントもそこから意識を変え、血の入れ替えによるベテラン陣を切ったことによって、坂本勇人亀井義行といった無名の若手が台頭するようになると、2007年から2009年までにセ・リーグとしては久々の3連覇を達成、2009年には7年ぶりの日本一を達成。


2010年、2011年はともに3位に終わるが、2012年から2014年と再び3連覇を達成。2012年には3年ぶりの対決となった北海道日本ハムファイターズを再び破って日本一に輝いたが、2013年は東北楽天ゴールデンイーグルスに初の日本一を許し、2014年はクライマックスシリーズで阪神に4連敗を喫し、日本シリーズ出場を逃した。

2015年は序盤から打撃陣の不振が続いたが、菅野智之マイルズ・マイコラス、クローザー転向の澤村拓一ら投手陣の奮闘とチーム力で東京ヤクルトスワローズ、阪神、広島東洋カープとの大混戦の優勝争いを演じる。最後はヤクルトに優勝を明け渡す形となり、V逸の責任を取って原監督が退任。野球賭博による一連の問題が明るみに出たこともあり後任人事が危ぶまれたが、高橋由伸の引退と監督就任という形に落ち着いた。


高橋監督時代の低迷

2016年は辛うじて2位を死守したが、若手の伸び悩みによる層の薄さがたたって広島東洋カープに独走を許したあげく、クライマックスシリーズ(以下、CS)第1ステージで3位・横浜DeNAベイスターズに敗退。オフに交換トレードで日本ハムから吉川光夫石川慎吾東北楽天から柿沢貴裕、FAで福岡ソフトバンクホークスから森福允彦、横浜DeNAから山口俊、日本ハムから陽岱鋼を獲得するなど、30億円もの大補強で大胆な血の入れ替えを行った。東北楽天ゴールデンイーグルスでプレー経験のあったケーシー・マギーも加入。


しかし2017年、オフの大補強組は石川を除いて故障者と不調者ばかりでまるで戦力にならなかったばかりか、交流戦前の広島戦では全く歯が立たず1勝11敗という大ブレーキとなり、ペナントレースから脱落。不調のまま突入した交流戦では13連敗を喫し、1975年以来42年ぶりにワースト記録を更新してしまった。シーズンは4位で終わり、初めてCS出場を逃した。


2018年は菅野智之が15勝8敗で沢村賞を受賞、岡本和真が22歳にして打率3割・30本塁打・100打点を達成。さらには若手左腕の今村信貴、育成選手から支配下に登録されたC.C.メルセデスがローテーション入り、サムエル・アダメスがセットアッパーとして活躍するが、彼ら以外の選手に目立った活躍がなく3位。CS第2ステージでは、広島に3連敗を喫する屈辱を味わった。高橋監督は今季限りでの退任を表明。

この時期では巨人のOB選手が世間を騒がせる事件を次々と起こしていたことで、球団歌「闘魂込めて」をベースとして、巨人の良くないところを集めた替え歌「商魂込めて」が続々と他球団のファンで歌われることになった。(特に阪神ファンは嬉々としながらやっていることに他球団ファンはドン引きしている。)


原監督第3期。大規模補強と血の入れ替えを行うも……

後任は原が3度目の登板。選手の編成を引き受けるGM(ゼネラルマネージャー)も事実上兼任、「全権監督」の立ち位置になった。

古くからの首脳陣を一新し、新たなコーチとして宮本和知元木大介などを起用。西武からFA宣言した炭谷銀仁朗、オリックスを自由契約となった中島宏之MLBパドレスからはクリスチャン・ビヤヌエバマリナーズからライアン・クック岩隈久志らを獲得した。2019年は一時期2位DeNAに0.5ゲーム差まで詰め寄られたが、5年ぶりにリーグ優勝を達成。平成元年に続いて令和元年もリーグ優勝を決めた。CS第2ステージでは3位阪神を下して日本シリーズに進出するが、2000年シーズン以来の対戦となったソフトバンク戦では、相手の勢いを止められないまま1勝もなく屈辱の4連敗を味わった。


2020年はシーズン中盤から独走状態で、シーズン突入後高梨雄平ゼラス・ウィーラーなどをトレードで獲得することになる。最終的には2位・阪神と7・5ゲーム差をつけて連覇を達成し、ホーム最終戦では、序盤から不調ながら持ち直した坂本勇人が31歳の若さで通算2000本安打に到達した。日本シリーズでは前年と同じソフトバンク戦が組まれたが、(かつての阪神対ロッテ戦の「33-4」を連想させる)4戦合計「26-4とほぼ一方的な試合展開により、この年も屈辱の4連敗を味わった。


桑田真澄を投手チーフコーチ補佐に召集して臨んだ2021年。FAで横浜DeNAから梶谷隆幸井納翔一を獲得。また廣岡大志中田翔をトレードで獲得、MLBから山口俊が途中復帰…と補強を行ったが、投手陣はシーズン前半からマシンガン継投に駆り出され、後半戦から先発ローテーションを中4・5日で回したことで10連敗をするなど大失速し、Bクラス入りは免れたものの3位で終了。CSはファイナルステージで敗退している。


オフに原監督は多数の支配下登録選手を育成落ちさせて、現有戦力のシャッフルを敢行した。2022年はシーズン序盤に両リーグ最速20勝に到達したものの、若手選手のスタミナ不足やキャプテンである坂本勇人の負傷によるシーズン大半の離脱が原因で徐々に失速。チーム防御率はリーグ最下位を記録し、(CS進出をかけた)阪神・広島との3位争いに敗れBクラス・4位で終了。新人の翁田大勢が抑えとして好投した。


2023年は桑田が投手チーフコーチから配置転換となり、代わりに阿波野秀幸を起用。ここ数年の投手陣のマシンガン継投&防御率悪化問題はこの年も改善されず、試合展開では8回になると特に炎上・逆転される試合が際立った。4位で終了し「同一監督で2年連続Bクラス」は球団で初めての事態となったほか、「伝統の一戦」阪神戦のカードは6勝18敗1分けで最低勝率を記録。その責任を取る形で原辰徳監督は任期途中で辞任した。


阿部監督の……

後任は阿部慎之助ヘッドコーチが昇格。トレードや現役ドラフトで実績のある投手を獲得したことで、課題となっていた中継ぎ投手陣の大補強を行った。


フィクション作品における読売ジャイアンツ

ジャイアンツに所属する選手が主人公となる作品として、巨人の星侍ジャイアンツミラクルジャイアンツ童夢くんリトル巨人くんなどがある。1960年~80年代は選手の肖像権の概念が薄いため作品の中で実名で登場する選手も多かった。昭和期の少年たちの間で「巨人のプロ野球選手になる」ことは将来の夢の中でも人気のあるものの一つであった。


選手・スタッフ一覧

2024年5月30日現在

監督・コーチ

一軍

背番号名前役職
83阿部慎之助監督
76二岡智宏ヘッド兼打撃チーフコーチ
74村田善則総合コーチ
80矢野謙次打撃コーチ
78川相昌弘内野守備コーチ
79亀井善行外野守備兼走塁コーチ
81杉内俊哉投手チーフコーチ
77内海哲也投手コーチ
88實松一成バッテリーコーチ

二軍

背番号名前役職
73桑田真澄二軍監督
75安藤強ヘッドコーチ
87橋本到打撃コーチ
71山口鉄也投手チーフコーチ
72大竹寛投手コーチ
85脇谷亮太内野守備兼走塁コーチ
82鈴木尚広外野守備兼走塁コーチ
89加藤健バッテリーコーチ

三軍

背番号名前役職
70駒田徳広三軍監督
101古城茂幸打撃コーチ
100三澤興一投手チーフコーチ
104野上亮磨投手コーチ
105吉川大幾内野守備コーチ
103金城龍彦外野守備兼走塁コーチ
102市川友也バッテリーコーチ

巡回

背番号名前役職
84久保康生巡回投手コーチ
86ゼラス・ウィーラー巡回打撃コーチ

育成

背番号名前役職
108朴錫珉育成コーチ

所属選手

投手

背番号名前備考
15大勢
17西舘勇陽2023年ドラフト1位
18菅野智之
19山﨑伊織
20戸郷翔征副会長、投手キャプテン
26今村信貴
28高橋礼ソフトバンクからトレード移籍
29フォスター・グリフィン
30近藤大亮オリックスからトレード移籍
31赤星優志
32鈴木康平
33カイル・ケラー阪神から移籍
36馬場皐輔阪神から現役ドラフトで移籍
41中川皓太
45畠世周
46又木鉄平2023年ドラフト5位
47森田駿哉2023年ドラフト2位
48田中千晴
49アルベルト・バルドナード
53高梨雄平
54直江大輔
56石田隼都
57髙橋優貴47から背番号変更
58船迫大雅
62横川凱
63泉圭輔ソフトバンクからトレード移籍
64大江竜聖
65ヨアンデル・メンデス
66平内龍太11から背番号変更
68代木大和
90山田龍聖28から背番号変更
91堀田賢慎
93松井颯
96菊地大稀
97井上温大
99京本眞支配下昇格
011笠島尚樹育成選手
012三浦克也育成選手・2023年育成ドラフト1位
015川嵜陽仁育成選手
016千葉隆弘育成選手・2023年育成ドラフト6位
018木下幹也育成選手
019園田純規育成選手・2023年育成ドラフト5位
020戸田懐生育成選手
021小沼健太育成選手・92から背番号変更
023田村朋輝育成選手
026吉村優聖歩育成選手
028富田龍育成選手
030山﨑友輔育成選手
034森本哲星育成選手
035エルビス・ルシアーノ育成選手
047鴨打瑛二育成選手
056伊藤優輔育成選手
063花田侑樹育成選手

捕手

背番号名前備考
22小林誠司
24大城卓三選手会長
27岸田行倫
37郡拓也日本ハムからトレード移籍
67山瀬慎之助
94喜多隆介
006坂本勇人育成選手
010大津綾也育成選手
022亀田啓太育成選手
024前田研輝育成選手
069萩原哲育成選手

内野手

背番号名前備考
00湯浅大
0増田大輝
2吉川尚輝副キャプテン
5門脇誠35から背番号変更
6坂本勇人
25岡本和真キャプテン
35泉口友汰2023年ドラフト4位
40中川礼都
55秋広優人
60菊田拡和
61増田陸
95中田歩夢支配下昇格
98エスタミー・ウレーニャ楽天から移籍・支配下昇格
001加藤廉育成選手
004村山源育成選手・2023年育成ドラフト2位
005田上優弥育成選手・2023年育成ドラフト4位
007宇都宮葵星育成選手・2023年育成ドラフト3位
008相澤白虎育成選手
025岡本大翔育成選手
027北村流音育成選手

外野手

背番号名前備考
7長野久義
8丸佳浩
12萩尾匡也
13梶谷隆幸
23立岡宗一郎支配下昇格
38岡田悠希
42エリエ・ヘルナンデス新外国人
43重信慎之介
44佐々木俊輔2023年ドラフト3位
50オコエ瑠偉
51浅野翔吾
59松原聖弥
003鈴木大和育成選手
009笹原操希育成選手
013フリアン・ティマ育成選手
031三塚琉生育成選手
033平山功太育成選手・2023年育成ドラフト7位
044大城元育成選手
051船越秀虎育成選手・ソフトバンクから移籍


過去に所属した選手

相川亮二

会田有志

青木高広

青田昇

朝井秀樹

浅野啓司

阿部慎之助

有田修三

淡口憲治

阿波野秀幸

池田駿

石井浩郎

石井義人

石川慎吾

石毛博史

一岡竜司

市川友也

井納翔一

井上真二

井端弘和

入来智

入来祐作

岩隈久志

上田和明

上原浩治

宇佐見真吾

内海五十雄

内海哲也

江川卓

江藤智

王貞治

大久保博元

大西崇之

大田泰示

大竹寛

大西崇之

大野倫

大村三郎

岡崎郁

小笠原道大

岡島秀樹

緒方耕一

岡本光

小関竜也

小田幸平

越智大祐

落合博満

柿澤貴裕

鍵谷陽平

笠原将生

柏田貴史

片岡治大

香月一也

香月良太

加藤健

加藤英司

門倉健

鹿取義隆

金田正一

金刃憲人

亀井義行(善行)

川相昌弘

川上哲治

川口和久

川中基嗣

河原純一

河本育之

木佐貫洋

岸川勝也

北篤

木田優夫

北村拓己

木村拓也

木村正太

木村龍治

清原和博

金城龍彦

工藤公康

工藤隆人

久保裕也

公文克彦

黒江透修

黒沢俊夫

桑田真澄

鍬原拓也

香田勲男

河埜和正

河野博文

小久保裕紀

小坂誠

後藤孝志

小林繁

小林雅英

駒田徳広

小山雄輝

斎藤雅樹

酒井順也

栄村忠広

桜井俊貴

定岡正二

真田裕貴

實松一成

沢村栄治

澤村拓一

篠塚和典

柴田勲

清水隆行

城之内邦雄

條辺剛

末次利光

杉内俊哉

勝呂壽統

鈴木尚広

須藤豊

角三男

炭谷銀仁朗

関本四十四

平良拳太郎

高木京介

高木勇人

高木康成

高田繁

高田誠

高橋一三

高橋信夫

高橋尚成

高橋由伸

田口麗斗

田中俊太

田中貴也

田中豊樹

谷佳知

谷岡竜平

田畑一也

田原誠次

千葉茂

辻内崇伸

円谷英俊

鶴岡一成

寺内崇幸

土井正三

東野峻

戸根千明

堂上剛裕

豊田清

中井大介

中尾孝義

中島治康

中島宏之

中田翔

中畑清

長嶋一茂

長嶋茂雄

二岡智宏

仁志敏久

仁村薫

西村健太朗

西本聖

野上亮磨

野口茂樹

野村克則

橋本到

橋本清

馬場正平

林昌範

原辰徳

張本勲

廣岡大志

広岡達朗

広澤克実

廣田浩章

福井敬治

福王昭仁

福田聡志

藤井秀悟

藤田宗一

藤田浩雅

藤田元司

藤村大介

藤本英雄

古城茂幸

別所毅彦

堀内恒夫

星孝典

マイケル中村

前田幸長

槙原寛己

松井秀喜

松田宣浩

松本匡史

松本哲也

松本竜也

三上朋也

三沢興一

水野雄仁

水原茂

宮國椋丞

宮本和知

村田修一

村田真一

村田透

村田善則

元木大介

森昌彦

森福允彦

屋鋪要

柳沢裕一

矢貫俊之

矢野謙次

山倉和博

山口俊

山口鉄也

山本功児

山本泰寛

湯口敏彦

陽岱鋼

横川史学

吉岡雄二

吉川大幾

吉川光夫

吉田孝司

吉武真太郎

吉原孝介

吉村禎章

四條稔

与那嶺要

若林晃弘

脇谷亮太

渡辺秀武

外国人

ジョン・シピン

ビル・ガリクソン

ウォーレン・クロマティ

呂明賜

シェーン・マック

ヘンリー・コトー

ジャック・ハウエル

バルビーノ・ガルベス

ドミンゴ・マルティネス

趙成珉

ダレル・メイ

ロベルト・ペタジーニ

タフィ・ローズ

ダン・ミセリ

ブライアン・シコースキー

ジェレミー・パウエル

李承燁

アレックス・ラミレス

セス・グライシンガー

マーク・クルーン

ディッキー・ゴンザレス

レビ・ロメロ

デニス・ホールトン

ホセ・ロペス

ジョン・ボウカー

ホアン・フランシスコ

フレデリク・セペダ

レスリー・アンダーソン

ルイス・クルーズ

マイルズ・マイコラス

ギャレット・ジョーンズ

アルキメデス・カミネロ

ケーシー・マギー

スコット・マシソン

ライアン・クック

テイラー・ヤングマン

クリスチャン・ビヤヌエバ

アレックス・ゲレーロ

ジェラルド・パーラ

ジャスティン・スモーク

エリック・テームズ

エンジェル・サンチェス

ルビー・デラロサ

C.C.メルセデス

チアゴ・ビエイラ

イアン・クロール

ゼラス・ウィーラー

グレゴリー・ポランコ

タイラー・ビーディ

ルイス・ブリンソン

アダム・ウォーカー

ルーグネッド・オドーア

ユーリー・ラモス


永久欠番

1・王貞治

3・長嶋茂雄

4・黒沢俊夫

14・沢村栄治

16・川上哲治

34・金田正一


マスコット

333・ジャビィ

555・ジャバ

777・ビッキー


その他ファミリーが数名存在する。


球団歌

現在の公式球団歌は『闘魂こめて』。(ただし正式名称は『巨人軍の歌』で闘魂込めては愛称。)

六甲おろし』こと『阪神タイガースの歌(大阪タイガースの歌)』とは作曲者が同一人物である。


関連サイト

公式ページ


関連項目

野球 プロ野球 NPB セントラル・リーグセ・リーグ

東京ドーム 後楽園球場 よみうりランド 読売新聞

進撃の巨人軍 - 2015年進撃の巨人コラボ

関連記事

親記事

セ・リーグ せりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2847525

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました