ピクシブ百科事典

ブライアン・シコースキー

ぶらいあんしこーすきー

アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手(投手)。

概要

アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身。
ウエスタンミシガン大から1995年MLBドラフト4巡目でヒューストン・アストロズに指名され入団。
1999年途中にFAからテキサス・レンジャーズに移籍。翌2000年にメジャー昇格を果たした。

2001年シーズン途中に来日し、千葉ロッテマリーンズに入団。この年は12試合で防御率5.73と振るわなかったが残留。2002年2003年と右の中継ぎとして2年連続で50試合に登板し、小林雅英川井貴志小林宏之らと強力リリーフ陣を形成。
2004年2005年読売ジャイアンツでプレー。堀内恒夫政権下の脆弱なリリーフ陣の中で岡島秀樹とともにブルペンを支えた。

2005年オフに巨人から戦力外通告を受けると、東北楽天ゴールデンイーグルスと契約するがシコースキーがアメリカでのプレーを急きょ希望したため自由契約にされる。その後サンディエゴ・パドレスと契約する。
2006年のシーズン途中にクリーブランド・インディアンスに移籍する。

2007年に再来日し、東京ヤクルトスワローズとシーズン途中に契約。ここでもリリーフ陣の一角として活躍するが、契約更改で交渉がまとまらず自由契約になる。
2008年、5シーズンぶりに千葉ロッテに復帰。川崎雄介荻野忠寛らと勝利の方程式を確立。翌2009年は両者の不振からクローザーを務め、15セーブを挙げた。
2010年からは埼玉西武ライオンズへ移籍。当初はアレックス・グラマンへつなぐセットアッパーとして起用する予定が、グラマンの戦線離脱と大沼幸二小野寺力の開幕二軍スタートなどが重なったため、いきなり藤田太陽長田秀一郎とともに終盤の大事な局面を任せられるようになる。この年も抑えとして30セーブを挙げ、自身初タイトルとなる最多セーブ王を獲得。
2011年東日本大震災の影響で一時帰国し、開幕は二軍スタート。しかし右ひじ痛の影響で4試合にしか登板できず、シーズン途中で自由契約となる。
2012年カナダ独立リーグでプレー。シーズン終了後、西武の入団テストに合格し、1年半ぶりの復帰となった。しかし、右膝の故障で一軍登板は無く、シーズン中の8月に退団。

その後現役を引退し、2015年テキサス・レンジャーズのプロスカウトに就任した事が発表された。


人物

・登板時の投球練習でをグルグル回すのが恒例行事。攻守交替時には全力疾走でベンチ、マウンドへ駆ける。白線を飛び越えるのもお約束。
・また、かつてはロジンバッグを手に取った後その手をなめるパフォーマンスをやっていたが、現在は胸焼けを起こすためやっていない。
・何故か在京球団内での移籍しか無かった。
・他人の悪口をめったに言わない人のいい性格。しかしシーズン途中で解雇されたダン・ミセリ浅草観光していた件についてはミセリを痛烈に批判している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブライアン・シコースキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント