ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手。ポジションは外野。

日本では阪神タイガースに所属。在籍6年間で3度の最多安打、1度の首位打者を獲得するなど2010年代を代表する助っ人外国人の1人として活躍した。


メジャー時代

2003年のドラフト1巡目でジョージア工科大学からボストン・レッドソックスに入団。

その後、2004年に4チームが絡むトレードにより、シカゴ・カブスへ移籍。

2005年7月8日の対フロリダ・マーリンズ戦でメジャーリーグデビューした。

この試合では、のちに阪神でチームメイトとなるランディ・メッセンジャーがマーリンズの2番手投手として登板。2打席対戦して右犠飛と右二塁打を放っている。


その後はオークランド・アスレチックスコロラド・ロッキーズでプレーしていたが、シーズンのほとんどを3Aで過ごすなどメジャーでのプレー機会には恵まれなかった。


阪神時代

2009年オフ、阪神タイガースが2年契約で獲得。背番号は「9」。

このシーズンをもって長らくレギュラーを務めていた赤星憲広が怪我で電撃的に引退したこともあり、赤星の後を継ぐ「1番・中堅」として期待をかけられた。


とはいえ春季キャンプでは、不慣れなセンターの守備に苦しんだこともあり、評論家から酷評されるなど前評判は決して高くなかった。

しかしながら、開幕後はそのような下馬評を吹き飛ばすかのように活躍。

シーズンを通して好調を維持し、9月23日には史上4人目となるシーズン200安打を記録。

その後10月5日には211本目の安打を放ち、イチローの持つシーズン安打記録を更新(ついでに川藤幸三の生涯安打数にも追いついた)

最終的には安打数を214まで伸ばし、最多安打のタイトルを獲得。打率.349、17本塁打、91打点とリーグ屈指の成績を残した。


2011年は、開幕戦で先頭打者ホームランを記録するも、春先は打率1割台と不振にあえいだ。

さらに、5月26日の千葉ロッテマリーンズ戦では、8回表、1死ランナー二塁の場面で、清田育宏が打ち上げたライトフライを捕球した際に3アウトチェンジだと勘違いし、ボールをスタンドに投げ入れてしまうという大失態も演じた。奇しくもこの日は8年前に同じ事をやらかしてしまった元巨人のクリス・レイサムの誕生日であった。


とはいえその後は持ち直し、最終的には180本安打を記録。前年に続いて最多安打を獲得した。

このシーズンを以って2年契約が満了したこともあり、メジャーリーグへの復帰も取りざたされたが、オフに再び2年契約を結んで阪神に残留。


2012年はシーズンを通じて攻守に精彩を欠いた。


2013年は、福留孝介の加入もあり、ライトからレフトに転向。

打撃フォームも214安打を放った2010年のものに戻した。

それが功を奏したのか、開幕直後から首位打者を争うなど打撃が復調。

4月からは故障で離脱した新井良太に代わって4番打者に抜擢された。

最終的には19本塁打(自身最多)、178安打、37二塁打を記録。来日後3度目の最多安打に加えて、リーグ最多二塁打も達成した。

シーズン終了直後にはメジャーリーグへの復帰を示唆したものの、結局1年契約で残留を決めた。


2014年は、4月5日の広島戦で自己最多となる1試合7打点を記録。

さらに4月30日の広島戦では日米通算1000安打を達成。

最終的には打率.338をマークし、来日後初めて首位打者のタイトルを獲得した。


2015年も阪神に残留した。

シーズン序盤は不振に陥り、3年ぶりにスタメン落ちも経験したが、夏ごろからは徐々に復調。

9月3日の広島戦では、阪神の外国人選手では初めてとなるNPB通算1000本安打を達成した。

しかし序盤の打撃不振も響き、最終的には打率.276、9本塁打という成績に終わった。

年俸面での折り合いがつかなかったこともあり、このシーズン限りで阪神タイガースを退団。

大減俸を受け入れ、日本人枠扱いとなるまで在籍年数を稼げば、日本人枠としてはまだまだ許せる成績を残せる見込みはあったため、退団を惜しむ声もあった。一方、日本球界終盤は常に審判のジャッジに苛立ちを見せるなど精神面に問題があり、将来性はなかったという意見もあった。


阪神退団後

2016年のシーズン開幕前に古巣であるシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。

3Aでは76試合に出場し、打率.314、2本塁打、37打点を記録したが、メジャー契約には至らずFAとなった。

2017年シーズンはデトロイト・タイガースとマイナー契約を締結したが、4月中に契約解除。

シーズン終了後に現役引退を発表した。


エピソード

「アイドントライクノウミサン」

2012年6月9日のオリックス戦、緩慢とも思える守備で2塁ランナーの生還を許してしまった件について報道陣に尋ねられた際に彼が言ったコメントの一部

「俺は(能見)が嫌いだから、オリックスに点をあげたんだ」という趣旨の発言であるが、もちろん本心ではなく、打撃不振などに起因する焦燥を抑えられなかったが故にしてしまった発言である。

しかしながら、チーム内の確執・個人的感情によって敗退行為が行われたとも受け止められかねない発言であったこともあり、マスコミ各社が大きく取り上げ騒動へ発展。


とはいえ、藤川球児が報道陣に対し「俺も能見さん嫌いだし」とジョークを飛ばし、マートンをフォローするなど、実際にチーム内での確執が見られることはなかった。


その後2013年4月9日の読売ジャイアンツ戦で、勝利の立役者として能見とマートンの2人がお立ち台に上がることに。

マートンのインタビューの最初に「チョットマッテ、チョットマッテ」と断りをおいたうえで、「ノウミサン アイシテル!」と宣言。能見とマートンがその場で熱い抱擁を交わしたことで、この騒動は収束を迎えることとなった。


体当たりを巡るエピソード

日本球界時代は本塁での危険な体当たりの常習犯で、コリジョンルール制定のきっかけの1つとなった。また、日本球界時代からしばらくは優等生のイメージが強かったが、体当たりの件がクローズアップされるにつれてマスコミや世論でも荒くれ扱いされるようになった。


関連タグ

プロ野球選手 引退したプロ野球選手一覧 日本プロ野球でプレーした外国人選手一覧 メジャーリーガー 阪神タイガース レイサムビーム 能見篤史(ノウミサン)


マット・マートン/マートン:表記揺れ

関連記事

親記事

日本プロ野球でプレーした外国人選手一覧 にほんぷろやきゅうでぷれーしたがいこくじんせんしゅいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56284

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました