ピクシブ百科事典

オリックス・バファローズ

おりっくすばふぁろーず

日本のパシフィック・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。保護地域は大阪府。現在の親会社はオリックス。
目次[非表示]

略歴

1936年、阪急軍として結成。本拠地は兵庫県宝塚市
1937年、兵庫県西宮市に移転。
1947年、阪急ベアーズを経て阪急ブレーブスに改称。
1989年、オリックスへ球団売却。球団名をオリックス・ブレーブスに改称。
1991年、兵庫県神戸市に移転。オリックスブルーウェーブに改称。
2005年、大阪近鉄バファローズと合併し、オリックス・バファローズに改名。

本拠地は大阪府大阪市京セラドーム大阪2005年から2007年までは合併によるダブルフランチャイズ制に伴い兵庫県神戸市スカイマークスタジアム(現・ほっともっとフィールド神戸)を「準本拠地」として使用していた。

キーワード・歴史

前史、日本最初のプロ球団とその顛末

1920年、当時スターとしての人気におぼれた大学野球部員の腐敗を嘆いた河野安通志は野球人の模範となるべきプロ球団の創設を考え、芝浦に日本初のプロ野球チームである日本運動協会を結成した。選手の入団は人格を重視し野球の練習と共に英語や数学などの学問を学ばせた。
ライバルは当時最強を誇った「大毎野球団」や翌年結成された2番目のプロ野球チーム「天勝野球団」があった。
1923年、関東大震災とそれに伴う芝浦球場の徴用から阪急が買収した上宝塚に拠点を移し宝塚運動協会と名前を変える。
阪急は各電鉄会社がそれぞれ球団を持つ電鉄リーグ構想(これは後にNPBに形を変えて阪神タイガース南海ホークス近鉄バファローズ東急フライヤーズ、及び東京ジャイアンツへの京成出資として一部実現する)を持っており京阪もグラウンドを建設したが、京阪は結局球団を持たず、そのままライバルであった大毎野球団が不況で解散し連鎖的に一旦宝塚運動協会が解散することとなった。一説によれば、メンバーの一部は宝塚ベースボールクラブというノンプロチームを結成し組織温存に努めたという。(参照
河野安通志はその後プロ野球復活時に名古屋軍に参加後後楽園イーグルスを結成し、宝塚運動協会メンバーも片岡勝を除き、そちらに引き抜かれた。(片岡勝は阪急軍運営に関わった。)

阪急軍の設立、パ・リーグの古豪として

1936年プロ野球の誕生と共に阪急電鉄を親会社とする阪急軍が誕生。1リーグ時代は巨人阪神にどうしても勝てず優勝を逃していた。
戦後阪急ブレーブスとして再出発。結局1リーグ時代は優勝する事はなく、2リーグ分裂時にはパシフィック・リーグに加盟。
2リーグ分立以降も序盤は低迷。それでも1953年に2位に浮上した。この年のオフに梶本隆夫が入団。その後も南海ホークス西鉄ライオンズの厚い壁を破れず優勝できなかった。
このころの主力選手には野口二郎天保義夫米田哲也種田弘河野旭輝らのほか、ジミー・ニューベリージョン・ブリットンルーファス・ゲインズラリー・レインズロベルト・バルボンら多数の外国人選手が在籍した。

「悲運の名将」西本幸雄監督とV9巨人の頂上決戦

1963年から西本幸雄が監督に就任。この年の阪急は最下位に終わるが、この年加入したダリル・スペンサーがもたらした「考える野球」によって後の阪急黄金時代が築かれることになる。
その後1967年長池徳士住友平足立光宏、米田、梶本、スペンサーらの活躍で悲願の初優勝。しかし日本シリーズでは巨人の前に敗れ去る。1968年1969年とリーグ3連覇を達成するが日本シリーズではともに巨人に敗れている。1968年のドラフトでは山田久志福本豊加藤英司ら後の主力選手が多数入団している。
1971年は2年ぶりとなるリーグ優勝、1972年も続いて連覇。しかし、日本シリーズではまたしても巨人の前に膝を屈した。1973年は2位に終わり、西本は退任。後任に上田利治が就任した。

上田・梶本政権下での悲願の日本一、そして阪急の身売りへ

1974年、上田監督1年目の成績は2位。翌1975年山口高志らの活躍で優勝。6度目の日本シリーズで広島東洋カープを破り悲願の日本一に輝いた。
その後1978年まで佐藤義則高井保弘今井雄太郎蓑田浩二らの活躍で4連覇。1978年を除いて日本一に3回輝いた。上田は1978年のヤクルトスワローズとの日本シリーズでの抗議の責任を取る形で一度監督を辞任する。
1979年1980年は梶本が指揮を執ったが2位、5位と優勝は出来ず。上田が再登板した1981年以降はなかなか優勝出来なかったが、1984年ブーマー・ウェルズが三冠王を獲得する活躍を見せて優勝を飾った。
なお、1984年に日本球界では3番目となるマスコットキャラクターブレービーが登場している。
1984年以降は優勝から遠ざかり、1988年10月19日に阪急ブレーブスの身売りが決定。おりしも同日10.19も起こっていたためマスコミを大いに混乱させた。

「ブルーサンダー」とイチロー、「がんばろうKOBE」から21世紀の暗黒時代へ

1989年、球団をオリックスが買収。チーム名はオリックス・ブレーブスとなる。1989年、1990年は2年連続で2位。この年限りで上田が辞任し、後継に土井正三が就任。

1991年、本拠地を西宮球場からグリーンスタジアム神戸へ移転。チーム名をオリックス・ブルーウェーブに変更。土井政権の3年間は3年連続3位。1992年には田口壮鈴木一朗が入団している。
1994年からは仰木彬が指揮を執る。この年、仰木は田口を内野手から外野手へコンバート、鈴木の登録名を「イチロー」に変更させ二人をブレイクさせ、特にイチローは日本プロ野球史上初のシーズン200本安打を達成。当時のレフト田口・センター本西厚博・ライトイチローの布陣は12球団最強の外野陣と称された。この年は惜しくも2位に終わる。
そして1995年1月17日阪神・淡路大震災が発生。神戸は大きな被害を受ける。一時は本拠地神戸での開催も危ぶまれたが、宮内義彦オーナーの「こんなとき神戸を逃げ出して何が市民球団だ。一人も来なくてもいいから、スケジュール通り絶対、神戸でやれ」という一声で神戸での試合開催を決定。スローガンを「がんばろうKOBE」としたチームは野田浩司平井正史ら新戦力の活躍も重なってダントツでの優勝を飾る。日本シリーズでは「小林オマリーの14球」を演じた末敗れはしたものの、被災地の勇気と感動を与えたシーズンとなった。
1996年は前年果たせなかった神戸での胴上げを実現させてリーグ2連覇。日本シリーズで「メークドラマ」を果たした巨人を破ってオリックス球団としては初の日本一に輝く。この年のオフ、長谷川滋利MLBアナハイム・エンゼルスに入団。
1997年は2位、1998年は3位。この年のドラフトでの新垣渚を巡る騒動で球団編成部長が自殺するという悲劇に見舞われる。さらに2000年にはイチローがポスティング制度で、2001年には田口がFAでそれぞれシアトル・マリナーズセントルイス・カージナルスへ移籍。仰木も監督を退任する。
2002年石毛宏典2003年はシーズン途中から石毛に代わってレオン・リー、さらに2004年伊原春樹が監督を務めるも3年連続で最下位。この間、2002年に金田政彦が最優秀防御率のタイトルを獲得するものの4勝しか挙げられないほど打線に元気がなかった。
そして2004年オフ、プロ野球再編問題によって大阪近鉄バファローズとの合併が報じられる。結果正式に合併が発表され、オリックスが大阪近鉄を吸収する形になった。本拠地は大阪ドームとグリーンスタジアム神戸のダブルフランチャイズ制となり、新球団の監督には仰木が復帰することとなる。
選手間の異動では2003年オフにFAで村松有人を獲得している。

新生オリックス・バファローズとして

2005年はAクラス争いを演じながらも4位に終わる。仰木はこの年死去し、後任には中村勝広が就任。また清原和博中村紀洋と言ったビッグネームの選手を次々と獲得。しかしシーズンでは5位に終わり中村は退任。
2007年テリー・コリンズが指揮を執るが最下位。この年は開幕前に前川勝彦が無免許運転でのひき逃げを起こして契約解除、さらに中村紀洋も契約で揉め結局解雇。さらに長年チームを支えてきた谷佳知もトレードで放出されている。オフにはオフでジェレミー・パウエルとの二重契約問題でうやむやになり福岡ソフトバンクホークスへ入団されるなど踏んだり蹴ったりだった。
2008年はコリンズがシーズン途中で監督を辞任、代わって大石大二郎が指揮を執る。この年は小松聖が新人王を受賞、また金子千尋山本省吾近藤一樹加藤大輔ら安定した投手陣に支えられ7年ぶりのAクラス進出。
しかし2009年以降は再びBクラス生活に逆戻り。この年小松が絶不調に陥ったうえホセ・フェルナンデスタフィ・ローズアレックス・カブレラグレッグ・ラロッカの4外国人選手の度重なる離脱などで最下位に転落。大石は解任され、2010年からは岡田彰布が就任。
岡田時代の2010年は春季キャンプ中にホテルから小瀬浩之が転落死するというショッキングな事件からスタート。チームは交流戦で優勝するなどしたが5位に終わっている。T-岡田が本塁打王、金子が最多勝をを獲得している。
続く2011年は球団旗からマスコットキャラクターまですべてを一新。この過程でバファローブルバファローベルが誕生している。チームはAクラス争いを演じるが最終戦で敗れて4位に終わる。翌2012年は浮上のきっかけすらつかめず最下位に終わり、岡田が監督を解任される。西勇輝がノーヒットノーランを達成した以外明るいニュースがなかった。
2013年からは森脇浩司が監督を務める。オフには日本ハムと球界きっての好選手・糸井嘉男八木智哉とともに、木佐貫洋大引啓次赤田将吾と2-3で交換する大型トレードが行われた。シーズンでは糸井、李大浩を除いて打線が機能せず5位に沈む。オフに李、アーロム・バルディリスら主軸が退団。2014年は西が開幕から8連勝、セットアッパーの佐藤達也が月刊防御率0点代を5度記録するなど投手陣が前年以上の活躍。課題とされていた打線は、糸井やソフトバンクから加入のウィリー・モー・ペーニャが牽引し勝ちを積み重ね、周囲の予想に反し健闘。6年ぶりにAクラスを確保した。だが、10月2日のソフトバンク戦に敗戦し、首位と2厘差の2位に終わった。


pixivでは

タグは正式名称のオリックス・バファローズ(中点あり)よりオリックスバファローズ(中点無し)の方が多い。他にオリックスバファローズなどに分散される。ただしバファローズに関しては大阪近鉄バファローズも入るので注意。
投稿数は圧倒的に選手<<<バファローベルブルくん涙目。


監督・選手

(所属は2017年8月31日現在)
監督・コーチ
一軍
78福良淳一…監督
77西村徳文…ヘッドコーチ
71星野伸之…投手コーチ
72平井正史…投手コーチ
73高橋光信…打撃コーチ
74下山真二…打撃コーチ
76風岡尚幸…内野守備走塁コーチ
86中村一生…外野守備走塁コーチ
82鈴木郁洋…バッテリーコーチ
90別府修作…ブルペンコーチ
二軍
81田口壮…監督兼打撃コーチ
75佐竹学…ヘッドコーチ
89小林宏…投手コーチ
88小松聖…投手コーチ
79辻竜太郎…打撃コーチ
83勝呂壽統…内野守備走塁コーチ
84早川大輔…外野守備走塁コーチ
87前田大輔…バッテリーコーチ
育成
85弓岡敬二郎…育成統括コーチ
80酒井勉…投手コーチ
70三輪隆…育成コーチ

投手
11松葉貴大
13山岡泰輔
14吉田一将
15佐藤達也
16平野佳寿
17山崎福也
18岸田護
19金子千尋
20近藤大亮
21西勇輝
25フィル・コーク
26東明大貴
27青山大紀
28塚原頌平
29マット・ウエスト
32ブランドン・ディクソン
35比嘉幹貴
36高木伴
39小林慶祐
42ゴンザレス・ヘルメン
43山本由伸
47海田智行
48齋藤綱記
49澤田圭佑
54黒木優太
57山田修義
58金田和之
59根本薫
60赤間謙
63山崎颯一郎
64佐野皓大
65八木亮祐
66吉田凌
67佐藤世那
68鈴木優
69大山暁史
91塚田貴之
123角屋龍太
124榊原翼
125戸田亮
126神戸文也

捕手
22伊藤光
23伏見寅威
37若月健矢
45飯田大祐
62山崎勝己
121赤松幸輔
128中道勝士

内野手
1中島宏之
3安達了一
4ブレント・モレル
5西野真弘
6宗佑磨
10大城滉二
30岩崎恭平
31小谷野栄一
33縞田拓弥
38小島脩平
40鈴木昴平
44園部聡
52岡崎大輔
120ダリル・ジョージ
127坂本一将

外野手
8駿太
9ステフェン・ロメロ
12クリス・マレーロ
24宮崎祐樹
34吉田正尚
46川端崇義
50小田裕也
53吉田雄人
55T-岡田
56武田健吾
99杉本裕太郎
122張奕


主なOB 

近鉄バファローズのみに所属した選手は表記していない
投手
足立光宏
井川慶
石井茂雄
伊藤敦規
稲葉光雄
今井雄太郎
今西錬太郎
戎信行
大久保勝信
梶本隆夫
嘉勢敏弘
香月良太
加藤康介(康介)
加藤伸一
加藤大輔
金田政彦
川越英隆
木佐貫洋
菊地原毅
桑原謙太朗
小林雅英
近藤一樹
佐藤義則
清水章夫
高木晃次
高宮和也
寺原隼人
天保義夫
戸叶尚
野口二郎
野田浩司
野村貴仁
長谷川滋利
マック鈴木
馬原孝浩
本柳和也
森弘太郎
山沖之彦
山口高志
山田久志
山本省吾
吉井理人
米田哲也
アニマル・レスリー
具臺晟
ジェレミー・パウエル
トム・デイビー
朴賛浩
アレッサンドロ・マエストリ
エリック・コーディエ

野手
青田昇
赤田将吾
阿部真宏
五十嵐章人
石嶺和彦
糸井嘉男
井上修
大島公一
大橋穣
大引啓次
大村直之
岡田彰布
小川博文
岡村浩二
小瀬浩之
葛城育郎
加藤英司
門田博光
北川博敏
清原和博
河野旭輝
後藤光尊
齋藤俊雄
坂口智隆
佐藤和弘パンチ佐藤
塩崎真
塩谷和彦
島谷金二
進藤達哉
鈴木一朗イチロー
住友平
高井保弘
高田誠
高橋智
高橋信二
竹原直隆
田中大輔
谷佳知
土谷鉄平
中沢伸二
中嶋聡
中田昌宏
長池徳士
中村紀洋
馬場敏史
濱中治
原拓也
日高剛
平野恵一
福本豊
藤井康雄
藤田浩雅
松永浩美
的山哲也
水口栄二
水谷実雄
南牟礼豊蔵
簑田浩二
村上信一
村松有人
本西厚博
山﨑浩司
山﨑武司
山口富士雄
山森雅文
横山徹也
吉原孝介
ダリル・スペンサー
ボビー・マルカーノ
バーニー・ウイリアムス
ブーマー・ウェルズ
トロイ・ニール
ダグ・ジェニングス
フェルナンド・セギノール
ジョージ・アリアス
ホセ・オーティズ
カリーム・ガルシア
タフィ・ローズ
アレックス・カブレラ
ホセ・フェルナンデス
グレッグ・ラロッカ
李承燁
李大浩
アーロム・バルディリス
ウィリー・モー・ペーニャ
エステバン・ヘルマン
フランシスコ・カラバイヨ
トニ・ブランコ
ブライアン・ボグセビック

マスコットキャラクター

現在のマスコットキャラクターは牛型ロボのバファローブルとその妹で可愛い事で有名なバファローベルである。また、最近ではバファローズポンタが有名である。
阪急ブレーブス時代は球団マスコットの先駆けブレービー、ブルーウェーブ時代はネプチューンの息子ネッピーと海賊の娘リプシーであった。この内、ブレービーネッピーは元プロ野球選手である島野修氏が中の人を務めていたことで有名であった。

チアリーディングチーム

オリックスのチアリーディングチームとしてBsGirlsが2009年から活動している。ちなみに近鉄はOSK歌劇団若手から成るOSKチアリーディングチームが、阪急は阪急百貨店チアガールと阪急百貨店吹奏楽団が(参照)それぞれ応援を行っていた。


関連タグ

オリックス オリックスバファローズ(表記揺れ)
プロ野球

pixivに投稿された作品 pixivで「オリックス・バファローズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199961

コメント