ピクシブ百科事典

加藤康介

かとうこうすけ

加藤康介とは、阪神タイガースに所属するプロ野球選手。投手。左投左打。

概要


1978年7月2日生まれ、静岡県出身。

日本大学から2000年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズを逆指名し、2位で入団。ロッテを指名したきっかけは、シドニーオリンピックの野球日本代表候補としてロッテの鹿児島キャンプに参加したからだという。

ロッテでは「期待のサウスポー」として将来を嘱望されていたが、故障や二軍落ちを繰り返していた。2007年に金銭トレードでオリックス・バファローズへ移籍。同年は二軍スタートだったものの、翌2008年一度も一軍登板出来ずに一度目の戦力外通告を受けてしまう。その後トライアウトで横浜ベイスターズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)に入団し、中継ぎとしてプレーしていたが、2010年二度目の戦力外通告を受けた。同年に左の中継ぎを探していた阪神タイガースに入団。2011年は7月に一軍初昇格。4試合に中継ぎ登板するも安定感を欠き、およそ2週間で登録抹消された。二軍では31試合に投げ、防御率2.83であった。

2012年西村憲の怪我による戦線離脱もあり、中継ぎとして41試合に登板。敗戦処理または大量リードしている場面での登板が主となるも、防御率0.83と安定感を見せた。

2013年現在でも中継ぎを任されているが、藤川球児の跡を継いでクローザーになった久保康友の代わりにクローザーやセットアッパーを任されることもある。

人物


登板時にはゴーグルを着用している。ゴーグルを着用した姿の方が定着しているため、ゴーグルを外すと誰なのか分からない。

ボールを投げる時は左であるが、筆記は右。

二度の戦力外を経験した苦労人。2013年8月31日広島戦(甲子園)では、1点リードの8回表に3番手で登板すると、3者連続三振を奪ってホールドポイントを記録。チームも勝利したため、試合後には、移籍後初めてヒーローインタビューを受けた。ゴーグルを外して臨んだインタビューでは、「(甲子園のお立ち台からの眺めは)最高です…。(お立ち台は阪神移籍後)初めてです。涙が出そうなんですけど、本当に嬉しいです。(同じくインタビューを受けた先発投手の藤浪)晋太郎が頑張っていて、(高卒新人投手ではセントラル・リーグ史上5人目のシーズン)10勝がかかっていたので、(自分も)頑張りました」と言いながら、感極まって号泣している。

pixivに投稿された作品 pixivで「加藤康介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 966

コメント