ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

セントラル・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。

通称は『阪神』又は『タイガース』。メディアなどでは『猛虎』『虎』とも呼ばれる。チームカラーは黄色と黒。球団旗にも描かれており、この旗や虎マークは創設時からほぼ変わらない(HANSHIN Tigersのロゴが入れられた程度)。

株式会社阪神タイガースが運営を担当。球団名の「阪神」は親会社の阪神電気鉄道が由来。


1935年に「大阪タイガース」として創立。現存球団では34年創立の読売ジャイアンツに次ぐ2番目の歴史を誇る。以降は「阪神軍」、「大阪タイガース」と改名し、1961年に現在のチーム名となる。


1軍本拠地は、西宮市にある阪神甲子園球場

ウエスタン・リーグに所属する2軍は同じく西宮市内にある阪神鳴尾浜球場を本拠地としているが、設備の老朽化に伴い2025年から東隣の尼崎市大物駅付近)に建設中のSGLスタジアム尼崎へ移転する予定。

ちなみに創設以来1軍の本拠地球場を変更したことのない球団の一つである。

※現存する12球団では、東北楽天ゴールデンイーグルスも同様。


野球にあまり詳しくない人からは、本拠地球場である甲子園球場が大阪府大阪市にあると思われがちだが、甲子園球場の所在地は兵庫県西宮市である。

さらに保護地域(ホームエリア)も兵庫県であることから分かるように、厳密には阪神は兵庫の球団であって大阪の球団ではない

しかしながら、上記の通り創設時の名称が「大阪タイガース」である他、大阪市にある京セラドーム大阪を準本拠地と定めており、その上保護地域こそ兵庫県でありながらも主要駅は大阪駅とされる等、現在も大阪と密接に関係している。

親会社である「阪神」の名も、元々大阪-神戸間を指す言葉であり、西宮はその間に位置する。


いずれにせよ、大阪を含めた近畿地方を中心に全国で幅広く応援されている球団であることに変わりはなく、関西地区の野球関連のメディアでは阪神タイガースを中心に取り上げることが常態化し、ドラマやアニメ等で関西弁を喋るキャラは大抵阪神ファンとされ、阪神と明言せずとも黄色と黒の縞模様や虎の名前がさりげなく見られるなど、関西圏を代表するキーワードの一つとして扱われ親しまれている。

その一方で、80年代後半~90年代の漫画やアニメにおいては阪神タイガースをモチーフとした球団は弱いという扱いをされ、弄りのネタにされることもよくあった。これは下記の暗黒時代の影響が強いと思われる。


阪神ファン(虎党とも)の熱狂ぶりは何かと有名で、ホームゲームともなると大観衆が押し寄せ、地鳴りのような大歓声が起こる。ビジターゲームでもホームチーム顔負けの声援で話題になることもしばしばである。こうした熱狂ぶりは海外ではあまり見られないためあ、野球の本場であるアメリカでも「メジャーワールドシリーズでもこうはならないよね」とファンの間ではしばしば話題になるとか。

また、老舗球団同士という事から、読売ジャイアンツとの対戦では「伝統の一戦」というフレーズがよく使われる。球団やファンはジャイアンツをライバル視しているが、哀しいかな優勝回数や勝率は遠く及ばない。ただし、ジャイアンツOBには阪神戦を特別だったと語る者もおり、少なくとも彼らからはライバルと目されていたことは確かである。


2リーグ制以降では6回のリーグ優勝と2回の日本シリーズ制覇を達成している(1リーグ制時代では3回優勝)。


ちなみに、阪神のリーグ優勝がもたらす経済効果はとてつもなく巨大で、2003年の優勝時は1400億円を越え、2005年も600億円以上に達した。2023年の優勝時は800億円を越えると試算されており、この金額は同年のWBCでの侍ジャパンの優勝時の経済効果を上回る。また、他の球団を寄せつけない規模でもある(2017年の広島カープの優勝でも500億円に届かなかった)。


2021年には、NPB球団傘下としては西武に次いで2チーム目となる女子野球クラブチームの阪神タイガースWomenを創設した。


球団史

戦前の大阪タイガースと「ミスタータイガース」景浦・藤村の入団

1935年東京巨人軍読売新聞社を創立した読売新聞社の誘いに乗る形で阪神電気鉄道が甲子園球場を本拠地に「大阪タイガース」を立ち上げた。

創立当初は門前眞佐人山口政信藤村富美男藤井勇松木謙治郎中等社会人のスター選手を集めた、巨人に勝るとも劣らない強豪チームだった。1936年には若林忠志景浦將が入団する。

1937年から1938年にかけては御園生崇男西村幸生らが入団。この2年間で巨人を破って2連覇を達成。1940年第二次世界大戦の激化により英語の使用を禁じられてからは阪神軍の名称を用い、戦後の1946年に名称を「大阪タイガース」に戻した。

戦後は1947年に初優勝。この年は若林が齢40近くにして投手兼監督としてMVPを受賞。また打線は呉昌征金田正泰、藤村、土井垣武ら球界屈指の強打者を並べ「ダイナマイト打線」と恐れられた。


2リーグ分立以降のタイガース

1949年プロ野球2リーグ分立時、当初は毎日オリオンズなどの新規球団の参加に賛成していたが、直後に反対派に回る。そして巨人などと共にセントラル・リーグに加盟。

反対に回った理由として、当時2リーグ制賛成派はパ・リーグに参加するという協定があったが、巨人戦というかなりの興行が見込めるカードを失うことを惜しんだためであるとされている。


阪神に裏切られた形となった毎日は、その報復として選手兼監督の若林をはじめ、呉、土井垣、別当薫本堂保次など主力選手6人を引き抜いた。さらに阪神に入団する予定だった荒巻淳も毎日に奪われている。

その他の主力も西鉄クリッパース大洋ホエールズらに引き抜かれ、ダイナマイト打線は崩壊。レギュラーの大量流出を許したチームはその後内紛まで起き優勝することができなかった。


それでも1961年にチーム名を現在の阪神タイガースとしてからはしばらく好調だった。翌1962年小山正明村山実の両エースと吉田義男三宅秀史鎌田実ら堅守の選手を擁し2リーグ分立後初優勝を飾る。さらに1964年にも山内一弘ジーン・バッキーら新戦力が活躍しリーグ優勝している。しかし日本シリーズではそれぞれ東映フライヤーズ南海ホークスの前に敗れ去っている。

その後はAクラスをキープするものの優勝までは手が届かず、巨人のV9を許していた。


艱難辛苦の末の1985年日本一

1970年代は村山、金田、吉田、後藤次男ドン・ブレイザーが監督を務める。主力選手では江夏豊田淵幸一のバッテリーの他藤田平江本孟紀島野育夫ハル・ブリーデンマイク・ラインバック掛布雅之ら個性的で人気のある選手が台頭。

1978年、田淵と古沢憲司と西武の竹之内雅史真弓明信若菜嘉晴竹田和史をトレード。一方、この年のドラフトでは巨人入りを熱望していた江川卓を強行指名しているが「空白の一日事件」で小林繁と交換トレードした。

1980年代に入ると岡田彰布ランディ・バースらが入団。

1985年に巨人・槙原寛己からバース・掛布・岡田がバックスクリーン3連発を放って開幕ダッシュに弾みをつけると、リリーフ陣の中西清起福間納山本和行らもフル回転の活躍を見せる。最後は21年ぶりのリーグ優勝を決めて、日本シリーズでも西武を破って球団初の日本一に輝いた。

その後はバースが1985年・1986年と続けて三冠王を獲得。しかし主力選手の不調、引退が相次ぎ再び優勝からは遠ざかることとなる。


どん底の暗黒時代

1986年はシーズンで巨人と広島東洋カープの首位争いに加われず3位。川藤幸三が引退、掛布と池田親興が負傷離脱、岡田も不振にあえいだ。

さらに翌1987年は投手陣の崩壊が響いて最下位に転落。1988年和田豊大野久中野佐資ら若手を起用するが浮上のきっかけをつかめなかった。

特にこの年は親会社の経営陣が総入れ替えの影響が大きく、バースが解雇を喰らうハメとなり、当時の球団代表が精神的に追い込まれたのか自殺するという最悪の事態が起きてしまった。また、掛布も負傷離脱以降の成績悪化や飲酒運転でのオーナー代行との確執などにより88年に引退をしてしまった。

さらに、打率3割及び出塁率4割を越えてたトーマス・オマリー長打力不足を理由に解雇するも、移籍先のヤクルトが彼を使った結果、3度目の日本一を達成。本拠地が違う影響もあるとはいえ、当時の球団が外国人を見る目が無かったのがはっきりと分かったであろう。


1990年代は状況がさらに悪化。序盤は中村勝広が監督に就任するが、1992年に優勝争いを演じた以外は全くいいところがなかった。

補強もちぐはぐで、外国人はグレン・デービススコット・クールボーらを除き、自前外国人がろくに活躍せず、FAやトレードで山沖之彦松永浩美らを獲得するも山沖は一軍登板なし、松永はすぐにFA権行使で福岡ダイエーホークスに移籍してしまった。

若手では新庄剛志亀山努八木裕久慈照嘉湯船敏郎中込伸野田浩司弓長起浩田村勤らが出てくるが、他球団に移籍したりケガなどで落ち込んだりと、ほとんどは長く活躍できず。

監督は中村に続き、藤田、吉田が務めるも暗黒からは抜け出せなかった。

1999年からは野村克也が指揮を執り、選手のプロ意識や戦術指南で大きく改革を図るが、球団運営や戦力補強の方針について当初からフロントと対立、練習方針や選手起用をめぐる一部のコーチ陣・選手との確執もあって3年連続最下位を脱することができず、契約満了に伴い辞任。

しかし野村政権下で入団、台頭した選手が後のチームに大きく貢献することとなる。


猛虎フィーバー

2002年は、野村の後任として星野仙一が監督に就任。

FAでは片岡篤史を獲得した。

赤星・矢野の離脱もあり最終的には4位に終わったが、チームとしては5年ぶりに最下位を脱出した。


オフにはFA・トレードで金本知憲ジョージ・アリアス下柳剛野口寿浩ジェフ・ウィリアムス伊良部秀輝ジェリッド・リガンらを獲得。

血の入れ替えとも言われる改革によって26人もの選手が入れ替わった。


2003年は血の入れ替えが功を奏し圧倒的強さで18年ぶりとなるリーグ優勝を飾った。

生え抜きでも、前年に引き続き井川慶今岡誠赤星憲広濱中治上坂太一郎沖原佳典藤本敦士ら好選手が台頭した。

しかし日本シリーズでは福岡ダイエーの前に3勝4敗と惜敗。

なお、星野はこの年をもって退任。後任の監督に岡田彰布が就任した。

秋のドラフトで鳥谷敬を獲得。


2005年にはジェフ・ウィリアムス藤川球児久保田智之からなるいわゆるJFKをはじめ、桟原将司橋本健太郎江草仁貴ら強力救援陣を作り上げる。打線も金本、アンディ・シーツ今岡誠のクリーンナップが活躍し、2年ぶりのリーグ優勝を果たした。

しかし、日本シリーズでは千葉ロッテの前に総得点差33-4という大差で惨敗してしまう。

この年のオフではFAで新井貴浩、トレードで平野恵一金村曉らを獲得した。


その後2008年は一時ペナントレースを独走するものの終盤に大失速。

7月には2位に最大13ゲーム差をつけながら、宿敵・巨人に優勝をさらわれた。いわゆる「Vやねん!」。

この責任をとり岡田監督はこの年をもって退任した。


猛虎フィーバーのその後

2009年からは真弓明信が指揮。真弓監督1年目は4位に沈む。

2010年城島健司マット・マートンランディ・メッセンジャーらを補強したうえで開幕に臨んだ。しかしペナントでは先発投手のコマ不足で2位に終わり、クライマックスシリーズ(以下、CS)でも巨人の前に敗退。

2011年はロッテ・楽天からそれぞれFA移籍してきた小林宏之藤井彰人らを加えるが4位で終わり、真弓監督は辞任した。


2012年には和田豊が監督に就任するが、まったく浮上のきっかけをつかめないままシーズン5位が確定。同年に金本が引退。

オフにはドラフトやFAなどで藤浪晋太郎西岡剛福留孝介日高剛らを獲得した。

それもあってか2013年は2位に躍進。

しかしCSで3位の広島東洋カープ相手にストレート負けを喫する。

2014年マウロ・ゴメス呉昇桓ら助っ人外国人選手を獲得。最終的には2位に付け、CSで広島、巨人を撃破。2005年以来9年ぶりの日本シリーズに進出した。とはいえ、日本シリーズでは1勝4敗。日本一の座は福岡ソフトバンクホークスに渡った。

なおこの年はランディ・メッセンジャー、呉昇桓、ゴメス、マートンのチームの主力外国人選手が全員タイトルを獲得した。


2015年は藤浪が13勝、呉昇桓が最多セーブ、福留が9年ぶりの20本塁打とチームを牽引したが、9月に入ると負けが目立ち始め優勝争いから脱落、シーズンは3位で終わり、CS敗退後和田が監督を退任。


金本・矢野ドラフトによるチームの若返り

当時の阪神は安定してAクラス入りする実力はありつつも、長らく課題となっていた主力の高齢化問題を解決できていなかった。

さらにドラフト戦略の失敗もあり、(特に中堅層の)生え抜きが中々育たずレギュラーに定着できていないこともその状況に拍車をかけた。


こうした状況を解消すべく、和田監督の後任には金本知憲が就任。

就任会見では、一回壊してでもチームを立て直したいというフロントの熱意が就任の決め手になったと述べた。

ドラフト会議では「短所に目をつぶってでも、秀でたものがあり将来性の高い選手を獲る」という方針のもと高山俊青柳晃洋らを指名。


2016年超変革のスローガンのもと、若手を積極的に起用。

ルーキーの高山がレギュラーを取り、青柳も先発陣の一角を担う活躍を見せたほか、3年目の横田慎太郎を開幕スタメンで抜擢。

藤浪や鳥谷の不振もあり最終的には4位に終わったものの、世代交代の波を感じさせるシーズンとなった。

同年オフのドラフト会議では大山悠輔才木浩人糸原健斗らを指名。

FAではオリックスより糸井嘉男を獲得。


2017年秋山拓巳の台頭により先発が安定。

リリーフも桑原謙太朗がセットアッパーとして大ブレイクし67試合に登板。マテオ、髙橋聡文岩崎優、ドリスと共に「60試合クインテット」の一角として活躍した。

野手陣は、糸井・福留・鳥谷らベテラン勢に加え、中谷将大やルーキー糸原ら若手も躍動。

打線全体で四球数が増加したこともあり、一部では「歩いてまえ打線」と称された。

最終的には2位でフィニッシュ。とはいえCSでは1stステージでDeNAに敗れた。


2018年は首位広島を除いて団子状態であったが、雨天中止が相次ぎ過密日程となった後半戦で失速。最終盤で故障者が続出したことがとどめとなり、2001年以来17年ぶりの最下位に終わった。

また、鳴り物入りで獲得したウィリン・ロサリオが活躍できないのも誤算であった。


この責任を取る形で金本監督は辞任を発表。

後任にはファーム日本一へ導いた矢野燿大が昇格。

オフには、FAでオリックス西勇輝を獲得。

ドラフト会議では近本光司木浪聖也らを指名した。


2019年は、西勇輝青柳晃洋が先発ローテーションの柱となり、リリーフでも守屋功輝島本浩也岩崎優、新外国人のピアース・ジョンソンらが活躍。12球団トップのチーム防御率を記録し、後述の逆転でのCS出場の原動力になった。

野手陣は、ルーキーの木浪聖也近本光司が開幕スタメンを勝ち取るとその後レギュラーに定着。とはいえ前年から問題になっていた得点力不足を解消するまでには至らなかった。


シーズン最終盤には今季初の6連勝を記録。

最大6.5ゲーム差あった広島を最終戦で追い抜き3位に滑り込み逆転でのCS進出を決めた。

なお、監督就任初年度でのAクラス入りは1985年以来34年ぶりの出来事であった。


2020年はスタートダッシュに失敗したものの、7月以降は投打が噛み合い負け越しも解消。

最終的には首位・巨人と7.5ゲーム差の2位でシーズンを終えたが、その一方で巨人に対しては8勝16敗と圧倒的な弱さを見せた。

このシーズンをもって藤川球児上本博紀が引退。

またベテランの能見篤史福留孝介らが他球団での現役続行を希望し退団した。


2021年は投打が噛み合い前半戦を首位で折り返したが、後半戦は佐藤輝明やサンズらが不振に陥ったこともあり失速。エース西勇輝がシーズン通して不調なのも誤算であった。

結局後半戦怒涛の追い上げを見せたヤクルトに首位を明け渡し、最終的にはゲーム差なしの2位に終わった。

なおこの年はルーキーが躍動したシーズンであり、ドラ2の伊藤将司が先発ローテーションの一角として10勝を挙げると、ドラ6中野拓夢は近本と俊足コンビを組み、ドラ1佐藤輝明前半戦だけで20HRを放つ活躍を見せた。

このシーズン限りで、2年間絶対的守護神として活躍したスアレスが退団。


2022年は矢野監督が開幕前に退任を発表

しかし開幕戦で最大7点差を逆転されたことを皮切りに開幕9連敗とスタートダッシュに失敗。一時は勝率0割台という危機的状況に陥ったが、エース青柳がコロナから復帰して以降は徐々に復調。

後半戦では必死に3位争いに努め、2019年と同様に最終盤で3位を確保しCS進出。

結局矢野は4年間の任期全てをAクラスで終えた。

なお、この年の阪神は開幕9連敗ばかりが殊更話題になりがちだが、そこからAクラスまでシーズン内に持ち返し、更にはCSファイナルステージの土俵に立つまでに至った粘りはよくよく考えてみればとんでもないことである。ある意味翌年の大躍進の伏線はこの年に既に張られていたと言っても過言ではないかもしれない。


このシーズン限りで糸井嘉男が引退。

これによって12球団最速で昭和生まれの現役選手がゼロとなった。


38年振りの日本一へ

「優勝」を「アレ」と呼称

矢野監督の後任には岡田彰布氏が就任。

初開催となる現役ドラフトでは大竹耕太郎を獲得した。


就任後は守備重視の方針を掲げ、前年とは異なり主力の守備位置を固定。さらに前年ショートでベストナインの中野拓夢をセカンドにコンバートした。

また、ボール球を振らないことの重要性を以前から説いていたこともあり、フロントに「四球の評価・査定を上げる」ことを要望。それもあってなのか打線全体で四球数が増加。前年から引き続き投手陣が安定したこともあり、12球団最多の奪四球と最少の与四球を同時に達成した(勿論、ただ査定を上げただけで簡単に四球を増やせるものではなく、査定はあくまで契機であり、選手の個々の意識変化および技術向上によるものが大きい)。


2023年シーズンはプレッシャーを必要以上に感じさせないようにするという岡田監督の方針で、2月のキャンプインから「優勝」を「アレ」の2文字に変えて表現するようにしていた。近年は安定してAクラス入りしながらも、「優勝」を意識しすぎたせいなのか後半戦で失速し優勝を逃すシーズンも多かったという経緯も相まって、岡田監督やコーチ・選手達だけでなく、阪神ファンや在阪メディアも含めて「優勝」を口にするのを必死に我慢して、「アレ」と呼称するようになった。


シーズンでは開幕4連勝で前年とは一転してスタートダッシュに成功。

5月は月間19勝、勝率.792と驚異的なペースで勝ち続け首位を独走した。その後交流戦で調子を落とすも7月には復調。8月は16年ぶりの10連勝などもあり再び独走態勢に入り16日には早くもマジック29が点灯した。

9月13日には今季2度目の10連勝でマジック1とし...


迎えた9月14日。甲子園の巨人戦で勝利し18年ぶり6度目のリーグ優勝を果たした。

なおこの時点で9月は11戦全勝。9月14日での優勝決定は球団史上最速であった。


そしてリーグ優勝を決めた後の監督インタビューで岡田監督は、この日限りで「アレ」を封印し「優勝」の2文字を解禁することを宣言した。

阪神タイガースリーグ優勝!!

CSでは1stステージを勝ち上がった広島を相手投手陣の好投に苦しめられながらも、打者陣の執念もあり、全試合逆転勝ちの3連勝でスイープ、9年ぶりに日本シリーズへの進出を決めた。

その翌日にパ・リーグ王者のオリックスがcsを突破したことで、関西ダービーが実現。


シリーズは第7戦まで縺れる凄まじい激戦となったが、最終的に4勝3敗でオリックスを下し、1985年以来38年ぶり2度目の日本一に輝き、『アレのアレ』を見事に達成した

ちなみに、先述の女子野球クラブチームの阪神タイガースWomenも日本一になっている。

更に「アレ」の用語は、ユーキャン主催の新語・流行語大賞にノミネートされただけではなく、見事大賞に選ばれたのであった。


総括

野手陣では、近本・中野の1・2番に加え全試合4番の大山悠輔が安定して活躍。

さらに8番に定着した木浪聖也の活躍によって、下位打線からでもチャンスを作れるようになり、前述の四球数の増加も相まって、本塁打がリーグ5位ながら12球団トップの得点数を記録した。


投手陣では、新加入の大竹や3年目の村上頌樹が台頭。伊藤将司と共に2ケタ勝利を達成した他、序盤不振にあえいだエース青柳晃洋西勇輝も8月以降は復調した。リリーフでは湯浅京己がケガで離脱する中、岩崎優を筆頭に他のメンバーでカバー。


12球団トップとなるチーム防御率2.66、救援防御率2.39を記録するなど抜群の安定感を誇った。

さらに守備の安定も相まって失点数も12球団最少を記録した。


pixivでは

タグは阪神タイガースが多い。

球団と選手のミスプレーなど自虐ネタ系のイラストが多めでもある。


選手一覧

(2024年1月29日現在)

監督・コーチ

一軍

背番号名前役職
80岡田彰布監督
78平田勝男ヘッドコーチ
88安藤優也投手コーチ
90久保田智之投手コーチ
83嶋田宗彦バッテリーコーチ
77今岡真訪打撃コーチ
73水口栄二打撃コーチ
81馬場敏史内野守備走塁コーチ
74藤本敦士内野守備走塁コーチ
96筒井壮外野守備走塁コーチ

二軍

背番号名前役職
86和田豊監督
85福原忍投手コーチ
72江草仁貴投手コーチ
89渡辺亮投手コーチ
87野村克則バッテリーコーチ
84日高剛バッテリーコーチ補佐
91北川博敏打撃コーチ
75山崎憲晴打撃コーチ
70田中秀太内野守備走塁コーチ
76工藤隆人外野守備走塁コーチ
71上本博紀野手コーチ

所属選手

投手

背番号名前備考
00ハビー・ゲラ新外国人
13岩崎優
14岩貞祐太
15西純矢
16西勇輝
17青柳晃洋
19下村海翔2023年ドラフト1位
20森木大智
21秋山拓巳
26椎葉剛2023年ドラフト2位
27伊藤将司
28鈴木勇斗
30門別啓人
34漆原大晟現役ドラフトで獲得
35才木浩人
36浜地真澄
37及川雅貴
41村上頌樹
46島本浩也
47桐敷拓馬
48茨木秀俊
49大竹耕太郎
50富田蓮
54加治屋蓮
63石黒佑弥2023年ドラフト5位
64岡留英貴
65湯浅京己
66津田淳哉2023年ドラフト6位
69石井大智
93岩田将貴
99ジェレミー・ビーズリー
122小川一平2023年オフ育成選手に降格
123松原快2023年育成ドラフト1位
125伊藤稜育成選手
129高橋遥人2023年オフ育成選手に降格

捕手

背番号名前備考
2梅野隆太郎
12坂本誠志郎
39榮枝裕貴
57長坂拳弥
59藤田健斗
68中川勇斗
95片山雄哉

内野手

背番号名前備考
0木浪聖也
3大山悠輔
4熊谷敬宥
8佐藤輝明
25渡邉諒
33糸原健斗
38小幡竜平
44戸井零士
45遠藤成
51中野拓夢選手会長
52山田脩也2023年ドラフト3位
56百崎蒼生2023年ドラフト4位
62植田海
67高寺望夢
94原口文仁

外野手

背番号名前備考
1森下翔太
5近本光司
7シェルドン・ノイジー
32井上広大
40井坪陽生
43高濱祐仁
53島田海吏
55ヨハン・ミエセス
58前川右京
60小野寺暖
61豊田寛
97野口恭佑2023年オフ育成から支配下登録
126福島圭音2023年育成ドラフト2位


過去に所属した選手

あ行

赤星憲広

赤松真人

浅井良

新井貴浩

新井良太

安藤優也

井川慶

池田親興

池辺巌

石嶺和彦

板山祐太郎

糸井嘉男

伊藤敦規

伊藤隼太

今岡誠

今成亮太

伊良部秀輝

岩田稔

上園啓史

上田次朗

上本博紀

江草仁貴

江越大賀

江夏豊

江本孟紀

大野久

岡崎太一

岡田彰布

沖原佳典

小野泰己

か行

郭李建夫

景浦將

掛布雅之

葛西稔

風岡尚幸

梶岡忠義

柏原純一

片岡篤史

葛城育郎

カツノリ

加藤康介

加藤博一

金澤健人

金村暁

金本知憲

狩野恵輔

上坂太一郎

亀山努

川尻哲郎

川崎雄介

川藤幸三

北川博敏

北村照文

木戸克彦

久慈照嘉

工藤一彦

久保康生

久保康友

久保田智之

桑原謙太朗

源五郎丸洋

呉昌征

後藤次男

小林慶祐

小林繁

小林宏之

小山正明

さ行

歳内宏明

齋藤友貴哉

坂克彦

桜井広大

佐々木誠

桟原将司

真田重蔵

佐野仙好

塩谷和彦

柴田講平

嶋田宗彦

島野育夫

下柳剛

城島健司

新庄剛志

杉山直久

関川浩一

関本賢太郎

曽我部直樹

た行

大豊泰昭

田尾安志

高橋聡文

高橋光信

高橋慶彦

高宮和也

髙山俊

竹之内雅史

建山義紀

谷川昌希

谷中真二

田中秀太(秀太)

田淵幸一

田宮謙次郎

田村勤

筒井和也

筒井壮

辻本賢人

坪井智哉

鶴直人

鶴岡一成

土井垣武

遠山奬志

鳥谷敬

な行

中田賢一

仲田幸司

中田良弘

中谷将大

中西清起

中野佐資

中村勝広

中村豊

成本年秀

西岡剛

西村憲

能見篤史

野口寿浩

野田浩司

野村収

は行

橋本健太郎

馬場皐輔

濱中治

日高剛

平塚克洋

広澤克実

桧山進次郎

平田勝男

平野恵一

弘田澄男

福留孝介

福原忍

福間納

藤井彰人

藤川球児

藤川俊介(俊介)

藤田平

藤田太陽

藤浪晋太郎

藤村富美男

藤本敦士

古沢憲司

古屋英夫

別当薫

北條史也

星野伸之

ま行

松木謙治郎

松永浩美

真弓明信

南牟礼豊蔵

三宅秀史

村山実

望月惇志

守屋攻輝

門前眞佐人

や行

八木裕

矢野燿大(輝弘)

藪恵壹

山内一弘

山崎憲晴

山田勝彦

大和

山村宏樹

山本和行

山本泰寛

山脇光治

湯舟敏郎

弓長起浩

陽川尚将

横田慎太郎

吉田義男

吉野誠

吉竹春樹

ら行

林威助

わ行

若菜嘉晴

若林忠志

和田豊

渡邉雄大

渡辺亮

外国人

マイク・ソロムコ

ジーン・バッキー

ウィリー・カークランド

マイク・ラインバック

リッチ・ゲイル

ランディ・バース

マット・キーオ

トーマス・オマリー

ジム・パチョレック

アロンゾ・パウエル

マイク・グリーンウェル

スコット・クールボー

グレン・デービス

トニー・タラスコ

ジェロッド・リガン

トレイ・ムーア

ジョージ・アリアス

アンディ・シーツ

ライアン・ボーグルソン

ジェフ・ウィリアムス

ケビン・メンチ

アーロム・バルディリス

スコット・アッチソン

クレイグ・ブラゼル

ジェイソン・スタンリッジ

呉昇桓

マット・マートン

マウロ・ゴメス

ロマン・メンデス

マルコス・マテオ

ウィリン・ロサリオ

ピアース・ジョンソン

ランディ・メッセンジャー

ラファエル・ドリス

ヤンハービス・ソラーテ

エフレン・ナバーロ

オネルキ・ガルシア

ジャスティン・ボーア

ジョン・エドワーズ

ロベルト・スアレス

ジェリー・サンズ

チェン・ウェイン

ジョー・ガンケル

ラウル・アルカンタラ

ジェフリー・マルテ

メル・ロハス・ジュニア

カイル・ケラー



永久欠番

10・藤村富美男

11・村山実

23・吉田義男


マスコット

トラッキー ラッキー キー太


球団歌

現在の公式球団歌は『阪神タイガースの歌』。

ただし通称の『六甲おろし』の名の方が世間に広く知られており、カラオケではこちらの名前だけの表記もよく見かける。


関連項目






関連記事

親記事

セ・リーグ せりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5000382

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました