ピクシブ百科事典

阪神タイガース

はんしんたいがーす

日本のセントラル・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。保護地域は兵庫県。創設者及び親会社は阪神電気鉄道。
目次[非表示]

概要 

本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場大阪にある球団と思われがちだが、大阪にあるのはオリックス・バファローズ。長年のライバル球団である読売ジャイアンツが東京都にあることや、大阪タイガースという旧チーム名がそう思われる原因か。関西では圧倒的人気をほこるプロ野球チームで、大阪での人気も一番である。
「虎党」などの俗称を持つ熱狂的ファンがいることで知られ、問題行動も多いが、観客動員数は実数発表が開始されてからはジャイアンツを抜いてプロ野球で一位である(阪神ファン)。
前述の通り巨人とは長年のライバル関係とされ、巨人との試合は「伝統の一戦」とされるが、実際の対戦成績は1988年から2000年にかけての暗黒時代の低迷が響いて、巨人が勝率で上回っている。優勝回数は巨人の方が圧倒的に上である。

チーム公式の応援歌は「阪神タイガースの歌」。
よく知られている「六甲颪(ろっこうおろし)」の呼称はあくまでも通称。

ドラマやアニメ等で関西弁を喋るキャラは大抵阪神ファンとされるのが定形となるほど、関西圏を代表するキーワードの一つとして扱われ親しまれている球団である。

歴史

戦前の大阪タイガースと「ミスタータイガース」景浦・藤村の入団

1935年東京巨人軍読売新聞社を創立した読売新聞社の誘いに乗る形で阪神電気鉄道が甲子園球場を本拠地に「大阪タイガース」を立ち上げた。
創立当初は門前眞佐人山口政信藤村富美男藤井勇松木謙治郎中等社会人のスター選手を集めた、巨人に負けるとも劣らない強豪チームだった。1936年には若林忠志景浦將が入団する。
1937年から1938年にかけては御園生崇男西村幸生らが入団。この2年間で巨人を破って2連覇を達成。1940年第二次世界大戦の激化により英語の使用を禁じられてからは阪神軍の名称を用い、戦後の1946年に名称を「大阪タイガース」に戻した。
戦後は1947年に初優勝。この年は若林が齢40近くにして投手兼監督としてMVPを受賞。また打線は呉昌征金田正泰、藤村、土井垣武ら球界屈指の強打者を並べ「ダイナマイト打線」と恐れられた。

2リーグ分立以降のタイガース

1949年プロ野球2リーグ分立時、当初は毎日オリオンズなどの新規球団の参加に賛成していたが、直後に反対派に回る。そして巨人などとセントラル・リーグに加盟。その報復として毎日は呉、土井垣、別当薫本堂保次ら、さらに阪神に入団する予定だった荒巻淳の合わせて7人を引き抜いている。
その他の主力も西鉄クリッパース大洋ホエールズらに引き抜かれダイナマイト打線は崩壊。レギュラーの大量流出を許したチームはその後内紛まで起き優勝することができなかった。
それでも1961年にチーム名を現在の阪神タイガースとしてからはしばらく好調だった。翌1962年小山正明村山実の両エースと吉田義男三宅秀史鎌田実ら堅守の選手を擁し2リーグ分立後初優勝を飾る。さらに1964年にも山内一弘ジーン・バッキーら新戦力が活躍しリーグ優勝している。しかし日本シリーズではそれぞれ東映フライヤーズ南海ホークスの前に敗れ去っている。
その後はAクラスをキープするものの優勝までは手が届かず、巨人のV9を許していた。

艱難辛苦の末の1985年日本一

1970年代は村山、金田、吉田、後藤次男ドン・ブレイザーが監督を務める。主力選手では江夏豊田淵幸一のバッテリーの他藤田平江本孟紀島野育夫ハル・ブリーデンマイク・ラインバック掛布雅之ら個性的で人気のある選手が台頭している。
1978年、田淵と古沢憲司と西武の竹之内雅史真弓昭信若菜嘉晴竹田和史をトレード。一方、この年のドラフトでは巨人入りを熱望していた江川卓を強行指名しているが「空白の一日事件」で小林繁と交換トレードした。
1980年代に入ると岡田彰布ランディ・バースらが入団。1985年に巨人・槙原寛巳からバース・掛布・岡田がバックスクリーン3連発を放って開幕ダッシュに弾みをつけると、リリーフ陣の中西清起福間納山本和行らもフル回転の活躍を見せる。最後は21年ぶりのリーグ優勝を決めて、日本シリーズでは西武を破って初の日本一に輝いた。
その後はバースが1985年・1986年と続けて三冠王を獲得。しかし主力選手の不調、引退が相次ぎ再び優勝からは遠ざかることとなる。

1990年代、どん底の暗黒時代

1986年はシーズンで巨人と広島東洋カープの首位争いに加われず3位。川藤幸三が引退、掛布と池田親興が負傷離脱、岡田も不振にあえいた。さらに翌1987年は投手陣の崩壊が響いて最下位に転落。1988年和田豊大野久中野佐資ら若手を起用するが浮上のきっかけをつかめなかった。
1990年代はこれがさらに悪化する。序盤は中村勝広が監督に就任するが、1992年に優勝争いを演じた以外は全くいいところがなかった。補強もちぐはぐで、外国人はグレン・デービススコット・クールボーら以外のほとんどの自前外国人はろくすっぽ活躍せず、FAやトレードでは山沖之彦松永浩美らを獲得するも山沖は一軍登板なし、松永はすぐにFA権行使で福岡ダイエーホークスに移籍。
若手では新庄剛志亀山努八木裕久慈照嘉湯船敏郎中込伸野田浩司弓長起浩田村勤らが出てくるが、他球団に移籍したりケガなどで落ち込んだりと、ほとんどは長く活躍できず。
監督は中村のあと藤田、吉田と務めるも暗黒からは抜け出せず。1999年からは野村克也が指揮を執るものの、3年連続最下位に沈み退団。
しかし野村政権下で入団、台頭した選手が後にチームに大きく貢献することとなる。

2003年の猛虎フィーバーと現代のタイガース

2002年より星野仙一が監督に就任。FA・トレードで片岡篤史ジョージ・アリアス斉藤秀光下柳剛野口寿浩金本知憲らを獲得。海外からはジェフ・ウィリアムス伊良部秀輝ジェリッド・リガンを加入させた。生え抜きでは井川慶今岡誠赤星憲広濱中治上坂太一郎沖原佳典藤本敦士ら好選手が台頭した。
そして2003年、圧倒的強さで18年ぶりとなるリーグ優勝を飾る。しかし日本シリーズでは福岡ダイエーの前に惜敗。後継に岡田彰布が就任した。

岡田監督時代は2004年鳥谷敬を獲得。2005年にはウィリアムス、藤川球児久保田智之のいわゆる「JFK」を結成。他桟原将司橋本健太郎江草仁貴ら強力救援陣を作り上げ、打線は金本、アンディ・シーツ今岡誠のクリーンナップが活躍。2年ぶりのリーグ優勝を果たすが、日本シリーズで千葉ロッテの前に総得点差33-4という大炎上を喫して惨敗してしまう。
その後はFAで新井貴浩、トレードで平野恵一金村曉らを補強。2008年は一時ペナントレースを独走するものの終盤に大失速。結果「Vやねん!」となり、宿敵・巨人に優勝をさらわれた。責任をとってオフに岡田が監督を辞任。

2009年からは真弓明信が指揮を執る。しかしこの年初めてクライマックスシリーズ進出を逃すなど低迷。そこで2010年は昨年途中加入のクレイグ・ブラゼルMLBから城島健司マット・マートンらを補強。しかしペナントでは中日ドラゴンズに優勝を許し、CSでも巨人の前に敗退。2011年小林宏之藤井彰人らを加えるが、終盤に失速。結果4位で終わり、真弓が監督を辞任。

2012年からは和田豊が監督に就任するが、まったく浮上のきっかけをつかめないままシーズン5位が確定。オフにドラフトで藤浪晋太郎を獲得、また西岡剛福留孝介日高剛らを獲得している。その甲斐あって2013年は2位に躍進するが、クライマックスシリーズで3位の広島東洋カープ相手にストレート負けを喫する。

2014年マウロ・ゴメス、韓国リーグの三星ライオンズから呉昇桓ら助っ人外国人選手を獲得。最終的には2位に付け、クライマックスシリーズで広島、巨人を撃破。2005年以来9年ぶりの日本シリーズに進出した。初戦は勝利したが、その後4連敗を喫して、日本一の座は福岡ソフトバンクホークスに渡った。
また、ランディ・メッセンジャー、呉昇桓、ゴメス、マートンのチームの主力外国人選手が全員タイトルを獲得した。

2015年は開幕3連勝で好スタートを切る。しかし、打撃陣が不調に陥り、チーム打率が12球団最低だった時期もあった。それでも夏場から秋にかけて、巨人、ヤクルト、広島と史上稀に見る大混戦を繰り広げた。藤浪が13勝、呉昇桓が最多セーブ、福留が9年ぶりの20本塁打とチームを牽引。しかし9月に入ると負けが目立ち始め、さらに中村勝広GMの急逝も重なって、優勝争いから脱落した。クライマックスシリーズ後に和田監督は退任。後任はOBの金本知憲が就任、ドラフト会議では「他チームが(対戦を)いやがる選手をスカウトする」という監督の方針のもと明治大学高山俊外野手を1位、帝京大学青柳晃洋投手を5位に指名した。

2016年は藤浪が制球難のため7勝に終わり、チームを引っ張ってきたベテラン・鳥谷も不振にあえいだため4位に終わったが、金本監督の強い意向のもと若手選手を積極的に起用、その熱い期待に応え、新人・高山がレギュラーを取り、青柳も先発陣の一角を担う活躍を見せたほか、伸び悩んでいた岩貞祐太北條史也中谷将大、育成選手から這い上がった原口文仁らが台頭、2017年以降の戦いにファンの期待は高まった。オフにはドラフトで白鷗大学・大山悠輔内野手の1位指名で度肝を抜いたほか、富士大学・小野泰己投手、JXENEOS・糸原健斗内野手らを指名、FAでオリックス糸井嘉男外野手の獲得に成功した。

2017年は広島との開幕戦が大量失点による1勝2敗に終わり前途を危ぶまれるも、エース・メッセンジャー、ベテラン・能見の好投に加え秋山が台頭したことにより投手陣が安定、糸井・福留・鳥谷らベテラン勢に高山・中谷・原口、新人・糸原ら若手野手陣も活躍、不調にあえいでいた岩貞・青柳も戦列に復帰し徐々に戦況を立て直すことに成功、広島とのマッチレースになるかと思われたが再建途上のチームは層の薄さを露呈、交流戦終了後に46打席連続得点圏無安打を繰り返すなどチーム打率が低迷し金本体制ワーストの8連敗を喫した。その後もチームは底堅い戦いを続けたが、盤石の強さを誇る広島に大差をつけられた。9月は広島の胴上げを許すなど、甲子園球場で引き分けをはさむ5連敗を喫した。その後は関東遠征で3勝1敗1引き分け、2位が確定。10月5日には甲子園で8試合ぶりの勝利を収めた。このシーズンをもって狩野恵輔、安藤優也が引退。
地元・甲子園に横浜DeNAベイスターズを迎えたクライマックスシリーズ・第1ステージでは、第1戦こそ勝利を収めたが、第2戦では大雨が降りしきるなか試合を強行、投手陣はぬかるんだマウンドに文字通りふんばることができず6-13で敗戦、この試合が致命傷となって第3戦もDeNAに敗れた。一方、第1ステージを勝ち上がったDeNAは第2ステージでも広島を圧倒し日本シリーズに出場、ペナントレースを独走して優勝した広島も17も貯金をした2位・阪神も日本シリーズに出場できなかったことにクライマックスシリーズの意義を問う声が大きくなる結果となった。

2018年は開幕戦で菅野智之を打ち崩して勝利を収めたまではよかったが、その後は投打共に噛み合わない試合が続き、機動力や得点力が無さが露呈するなど多くの問題点が見られた。また好調を維持していた上本博紀の怪我による長期離脱や新四番候補として獲得したウィリン・ロサリオの不振、更には投手陣の崩壊もあってBクラスに転落。昨季20発の中谷将大、昨季12勝を挙げた秋山拓巳髙山俊らも期待された成績を残せずに、一軍と二軍を行ったり来たりするなど、チームとして厳しい状況に立たされていた。一方で、打者としてはセカンドのレギュラーを掴み取った糸原健斗やショートのレギュラーに返り咲いた北條史也、正捕手としてチームを牽引する梅野隆太郎、新代打の神様として桧山進次郎の持つ球団記録に並んだ原口文仁、6月の月間打率が.358で20打点を叩き出した陽川尚将などが活躍。9月には前半戦の打率が.204と低迷した大山悠輔が9本塁打23打点を記録するなど来季への猛アピールを果たす。投手としては、才木浩人望月惇志など将来を嘱望された若手投手が台頭、能見篤史のリリーフ転向が功を奏し、藤川球児やトレードで入団した岡本洋介が投壊気味のリリーフ陣を支え、2016年の10勝左腕岩貞祐太や若きエース藤浪晋太郎が復活の兆しを見せたものの、チームは2001年以来17年ぶりの最下位に沈み、甲子園では球団ワーストのシーズン39敗を喫するなど大低迷。10月11日には2016年より「超変革」をスローガンに監督を務めた金本知憲監督の辞任が発表。後任には二軍監督としてファーム日本一へ導いた矢野燿大二軍監督が球団の要請を受け、一軍監督に就任することが決定、FAによりオリックスバファローズから西勇輝投手が加入することが決まった。

キーワード

代打の神様

試合展開を左右する局面で勝負強さを発揮する選手は、「代打の神様」と称されている。
きっかけは八木裕で、1997年代打成功率が4割を超えるなどをしたためである。それ以前にも遠井吾郎、川藤幸三、真弓明信などが挙げられている。八木の後に「代打の神様」の称号を桧山進次郎、関本賢太郎が受け継いだ。2017年には狩野恵輔も称されている。2018年には原口文仁が桧山進次郎の球団記録であるシーズン代打安打「23」に並び、代打成功率は4割を超えるなど「代打の神様」と呼ばれるに相応しい結果を残した。

伝統の一戦

読売ジャイアンツとの対戦。2015年4月4日に阪神が通算1000敗目を喫した。
2016年からは巨人との合同プロジェクトとして同カードを「伝統の一戦~THE CLASSIC SERIES~」と銘打ち相互展開を図っている。

史上最短試合と史上最長試合

阪神タイガースは日本プロ野球史上最短試合と史上最長試合を戦った。
最短試合は1946年7月26日に阪急西宮球場で行われた対パシフィック戦で、13時15分の開始から14時10分の試合終了まで55分という、日本プロ野球最短試合時間記録を達成した。阪神は1得点で、渡辺誠太郎が5安打88球で完封勝ちした。阪神とパシフィックのファウルの合計は6球のみだった。
最長試合は1992年9月11日に阪神甲子園球場で行われた対ヤクルトスワローズ戦。日本プロ野球史上最長の6時間26分という試合時間を記録した。3対3の同点で迎えた9回裏、八木裕の打球がレフトフェンスの水平ラバー部、その上の金網フェンスに当たり、スタンドに入った。いったんはサヨナラホームランとされたが、ヤクルトの野村克也監督からの抗議によりエンタイトルツーベースに修正された。阪神側も抗議したため、試合が37分間中断し、結局はエンタイトルツーベースとして試合再開、15回を戦った末、3対3の引き分けとなった。試合終了時刻の0時26分も日本プロ野球で最も遅い試合終了時刻となった。試合はサンテレビが最後まで中継し、『サンテレビボックス席』史上最も長い放送時間となった。ニールセンによるとその日の平均視聴率は28.0%、瞬間最高視聴率は50.0%を記録した。また阪神電車も最後まで応援してくれたファンのために臨時列車を10本出した。この試合で八木が放ったエンタイトルツーベースも翌年のルールブックに反映された。
2018年9月20日、MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で行われた広島東洋カープ戦で、0時3分と日本プロ野球における9回試合で史上最も遅い試合終了時刻を更新した。悪天候のため中止になってもおかしくなかったが、当時の阪神はBクラスに低迷していたとはいえ、クライマックスシリーズ進出の可能性があり、試合数もセ・リーグ各チームのなかで飛びぬけて多く残している事情もあって試合が強行された。日をまたいだ試合は阪神が5対4で勝利。雨のため18時の予定より1時間9分遅れて19時9分に試合が始まるも、2回裏終了後に1時間2分中断、5回裏終了後に12分中断した結果、試合時間3時間40分に雨による中断時間1時間14分を加えた4時間54分となり、試合終了時刻が0時3分となった。

株主総会

毎年6月に行われる阪急阪神ホールディングス株式会社の株主総会で、ホールディングスの株主がタイガースについて質問をする場面が現れる。阪神電気鉄道の急行系車両にジャイアンツカラーが使われていることに不満を持ち、塗装を変える予定はあるかと質問した株主がいる。不調の時は監督の采配と選手起用法に対する批判や疑問が尽きない。タイガース主催試合の観客動員数がホールディングスの業績に影響を与えるため、株主が言うからには仕方がない。

pixivでは

タグ阪神タイガース等に分散されている。
基本的に球団と多くの選手(特に金本と新井)がなんJでネタにされていることからネタ系のイラストが多め。
なお兄・貴浩と弟・新井良太の2人セットで新井兄弟のタグも多く使用されている。新井貴浩に関してはほとんどがなんJのネタ系か兄弟カップリングで美化されるかのどちらかに分かれている。

選手

(所属は2018年12月16日現在)

監督・コーチ

一軍
88矢野燿大…監督
81清水雅治…ヘッドコーチ
85福原忍…投手コーチ
73金村曉…投手コーチ
89藤井彰人…バッテリーコーチ
79濱中治…打撃コーチ
76平野恵一…打撃コーチ
71久慈照嘉…内野守備走塁コーチ
74藤本敦士…内野守備走塁コーチ
96筒井壮…外野守備走塁コーチ
91伊藤敦規…トレーニングコーチ
二軍
78平田勝男…監督
70高代延博…チーフコーチ
90香田勲男…投手コーチ
72高橋建…投手コーチ
82山田勝彦…バッテリーコーチ
83新井良太…打撃コーチ
87中村豊…守備走塁コーチ
86安藤優也…育成コーチ
84日高剛…育成兼分析担当コーチ

選手

投手
13岡本洋介
14能見篤史
16西勇輝
17岩貞祐太
18馬場皐輔
19藤浪晋太郎
21岩田稔
22藤川球児
26呂彦青
27尾仲祐哉
28小野泰己
29高橋遥人
30石崎剛
34谷川昌希
35才木浩人
36浜地真澄
40福永春吾
41高橋聡文
42竹安大知
43守屋功輝
46秋山拓巳
47川原陸
48斎藤友貴哉
50青柳晃洋
54ランディ・メッセンジャー
56飯田優也
61望月惇志
64桑原謙太朗
65湯浅京己
66牧丈一郎
67岩崎優
69島本浩也
92伊藤和雄
97歳内宏明
98ラファエル・ドリス
115横山雄哉
121石井将希

捕手

12坂本誠志郎
39長坂拳弥
44梅野隆太郎
57岡崎太一
59小宮山慎二
94原口文仁

内野手

00上本博紀
0木浪聖也
1鳥谷敬
2北條史也
3大山悠輔
4熊谷敬宥
32山崎憲晴
33糸原健斗
37森越祐人
38小幡竜平
55陽川尚将
58荒木郁也
62植田海
99エフレン・ナバーロ

外野手

5近本光司
7糸井嘉男
8福留孝介
9高山俊
25江越大賀
51伊藤隼太
53島田海吏
60中谷将大
63板山祐太郎
68俊介
124横田慎太郎
125藤谷洸介


OB

赤星憲広
赤松真人
浅井良
新井貴浩
井川慶
池田親興
池辺巌
石嶺和彦
今岡誠
今成亮太
伊良部秀輝
上園啓史
上田次朗
江草仁貴
江夏豊
江本孟紀
大野久
岡田彰布
沖原佳典
郭李建夫
景浦將
掛布雅之
葛西稔
風岡尚幸
梶岡忠義
柏原純一
片岡篤史
葛城育郎
加藤康介
金澤健人
金本知憲
狩野恵輔
上坂太一郎
亀山努
川藤幸三
北川博敏
北村照文
木戸克彦
工藤一彦
久保康生
久保康友
久保田智之
源五郎丸洋
呉昌征
後藤次男
小林繁
小林宏之
小山正明
坂克彦
桜井広大
佐野仙好
塩谷和彦
柴田講平
島野育夫
下柳剛
秀太
城島健司
新庄剛志
杉山直久
関川浩一
関本賢太郎
大豊泰昭
田尾安志
高橋光信
高宮和也
田淵幸一
田宮謙次郎
筒井和也
坪井智哉
鶴直人
鶴岡一成
土井垣武
遠山奨志
仲田幸司
中田良弘
中西清起
中野佐資
中村勝広
成本年秀
西岡剛
西村憲
野口寿浩
野田浩司
野村収
橋本健太郎
平塚克洋
広澤克実
桧山進次郎
弘田澄男
福間納
藤田平
藤田太陽
藤村富美男
古沢憲司
古屋英夫
別当薫
星野伸之
松木謙治郎
松永浩美
真弓明信
南牟礼豊蔵
三宅秀史
村山実
門前眞佐人
八木裕
藪恵壹
山内一弘
大和
山村宏樹
山本和行
山脇光治
湯舟敏郎
弓長起浩
吉田義男
吉野誠
吉竹春樹
林威助
若菜嘉晴
若林忠志
和田豊
渡辺亮
マイク・ソロムコ
ジーン・バッキー
ウィリー・カークランド
マイク・ラインバック
リッチ・ゲイル
ランディ・バース
マット・キーオ
トーマス・オマリー
ジム・パチョレック
アロンゾ・パウエル
マイク・グリーンウェル
スコット・クールボー
グレン・デービス
ジェロッド・リガン
トレイ・ムーア
ジョージ・アリアス
アンディ・シーツ
ライアン・ボーグルソン
ジェフ・ウィリアムス
ケビン・メンチ
アーロム・バルディリス
スコット・アッチソン
クレイグ・ブラゼル
ジェイソン・スタンリッジ
呉昇桓
マット・マートン
マウロ・ゴメス
ロマン・メンデス
ジェイソン・ロジャース
マルコス・マテオ
ウィリン・ロサリオ


永久欠番

10・藤村富美男
11・村山実
23・吉田義男

楽曲

  • 「阪神タイガースの歌」 - 公式球団歌。通称は「六甲おろし」。1936年に「大阪タイガースの歌」として発表。1961年「阪神タイガースの歌」に改題。「大阪タイガースの歌」とは歌詞が異なる「大阪タイガース行進曲」がある。
  • 「タイガース音頭」「進め!タイガース」 - 歌:中村悦一 (朝日放送アナウンサー)
  • 「トラトラマーチ」 - 歌:植草貞夫 (朝日放送アナウンサー)
  • 「阪神タイガース数え歌」「トラトラ阪神応援歌」 - 歌:道場洋三 (朝日放送アナウンサー)
  • 「負ける気せんね」「ハイハイ敗!!」 - 歌:辛坊治郎&森たけし (読売テレビアナウンサー)


関連タグ

野球 プロ野球 セントラル・リーグセ・リーグ
阪神電気鉄道阪神電鉄
猛虎魂 道頓堀 カーネル・サンダース 阪神ファン
33-4(なんでや!阪神関係ないやろ!)
9.15
サンテレビ 毎日放送 朝日放送 関西テレビ 読売テレビ

pixivに投稿された作品 pixivで「阪神タイガース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1923622

コメント