ピクシブ百科事典

バックスクリーン3連発

ばっくすくりーんさんれんぱつ

1985年4月17日に起きた、阪神タイガースのクリーンナップによる3者連続本塁打のことである。

概要


1985年4月17日阪神巨人のシーズン最初の伝統の一戦

三番打者ランディ・バース・四番打者掛布雅之・五番打者岡田彰布が3人揃って巨人・槙原寛己からバックスクリーン方向にホームランを打った出来事である。(ただし正確には掛布はバックスクリーン左である。)
この年最終的に54本塁打を放つバースにとってもこれが第1号のホームランだった。

それまで1点に抑えていた槙原だったが、この3連発で一挙5点を奪われて降板。この時「王貞治監督が物凄い形相で睨んでいた」と後に語っている。

なお、試合は9回表に巨人が1点差まで追い上げるも反撃はここまでで阪神が逃げ切り勝ちを収めた。
そしてこの年は最終的に1964年以来21年ぶりにリーグ優勝、そして初の日本一に上り詰めたことで、この年の阪神を象徴する1シーンとして現在でも語り継がれている。

この年のバースは54本134打点・掛布は40本108打点・岡田は35本101打点の成績を残し、3人合わせて129本343打点という破壊力を見せ付けた。

関連タグ

阪神タイガース

関連記事

親記事

阪神タイガース はんしんたいがーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バックスクリーン3連発」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント