ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

近本光司

ちかもとこうじ

兵庫県出身のプロ野球選手。阪神タイガース所属(メイン画面右の人物)。
目次 [非表示]

切り拓け 勝利への道

打てグラウンド駆けろ 燃えろ近本


概要

1994年11月9日生まれ、兵庫県出身。

ポジションは外野手、左投左打。


兵庫県立社高等学校、関西学院大学、社会人野球・大阪ガスを経て、2018年秋のドラフト会議にて阪神タイガースから1位指名を受け入団。背番号は5

走力の評価が高く、入団前後では「赤星憲広2世」とも称されていた。


ルーキーイヤーの2019年から開幕1軍を勝ち取る。その後、1番センターとして定着した。

同年7月のオールスターゲーム第2戦(阪神甲子園球場)では、1992年古田敦也以来のサイクルヒット達成(新人としては初めて)。またMVPも獲得した。


レベルが高い社会人野球で揉まれていたことも考慮されたのか、新人王こそ高卒二年目にして30本以上の本塁打を放つインパクトを残した村上宗隆に譲ったものの、活躍は遜色無いとのことで新人特別賞を受賞した。

打っては長嶋茂雄氏が1958年記録したセ・リーグ新人安打記録153本を破る159安打をマーク。走っては36盗塁盗塁王を獲得する活躍を見せた。


そんな近本だが、ドラフト当時は社会人野球で揉まれた実力者にもかかわらず、根尾、安田、辰巳等のビッグネームに埋もれていたことや、いわゆる「外れ外れ一位」だったことから前評判は決して高くなかった。それだけにいきなりの活躍には驚きの声も大きかった。


その後もセンターの不動のレギュラーとして定着。盗塁王やベストナインといったタイトルを複数回獲得するなど走攻守で大活躍した。

自身初出場となった2023年の日本シリーズでは打率4割8分3厘という驚異的な記録を叩き出しMVPに選ばれるなど、球界を代表する外野手へと成長を遂げた。


これまで獲得したタイトル

ベストナイン:3回(2021-2023)

ゴールデングラブ賞:3回(2021-2023)

盗塁王:4回(2019-2020,2022-2023)

最多安打:1回(2021)

※2023年11月27日現在


選手としての特徴

走攻守三拍子そろった外野手。

球界屈指の俊足を武器に盗塁を量産。課題だった成功率も年々改善している。

決して強肩とは言えないものの、守備範囲が非常に広く守備面での貢献度も高い。


こうした特徴から赤星憲広と比べられることも多いが、赤星自身は「打撃面で決定的に違う。むしろヤクルトの青木宣親に近いタイプではないか」という旨の発言をしている。

実際に赤星は本塁打が極端に少なかったのに対し、近本は安定して10本程度の本塁打を放つなどタイプ的には中距離打者と言える。


スロースターターの傾向があり、シーズン序盤に不振に陥ることが多い。

身体も頑丈で、2023年7月に受けた死球による肋骨骨折を除きプロ入り以来大きな怪我もなく、離脱することもほとんどない。


関連タグ

プロ野球 プロ野球選手 外野手 阪神タイガース


高橋優貴清水昇:同じ2018年のドラフトの外れ外れ1位。どちらも大活躍中。

中野拓夢:2021年に、同じくルーキーイヤーで盗塁王を獲得。前評判がドラフト当時はさほど高くなかったことや、新人王レベルの活躍にもかかわらず新人王を逃したという点も共通。

最近は彼と共に阪神最強の1、2番と称されることも。

木浪聖也:彼と同い年で同期入団。お互いを下の名前で呼ぶほど仲が良く、

ファンの間ではキナチカと呼ばれている。



レジギガス:『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン。特性「スロースタート」の影響で最初は調子が上がらないという特徴が、シーズン序盤は調子が上がらないスロースターターの傾向にある近本と重ねられた。ファンからはレジギガス近本とあだ名が付けられたが、本人公認であり、専属トレーナーからレジギガスのぬいぐるみを貰い「レジギー」と名前をつけて可愛がっている。

関連記事

親記事

阪神タイガース はんしんたいがーす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3390

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました