ピクシブ百科事典

青木宣親

あおきのりちか

宮崎県出身のプロ野球選手(外野手)。

概要

現在の所属球団東京ヤクルトスワローズ
出身宮崎県日向市
生年月日1982年1月5日
身長・体重175cm、82kg
投球・打撃右投左打
守備位置外野手
プロ入り2003年ドラフト4位
所属球団の変遷東京ヤクルトスワローズ(2004-2011)→ミルウォーキー・ブルワーズ(2012-2013)→カンザスシティ・ロイヤルズ(2014)→サンフランシスコ・ジャイアンツ(2015)→シアトル・マリナーズ(2016)→ヒューストン・アストロズ(2017)→ニューヨーク・メッツ(2017)→東京ヤクルトスワローズ(2018~)


「俊足巧打」が持ち味のアベレージヒッターで、日本を代表するプロ野球選手の1人である。
2004年に早稲田大学を卒業後、ヤクルトスワローズに入団。

2005年、イチロー以来プロ野球史上2人目となるシーズン200本安打を達成。最終的には202安打を放ち、最多安打のタイトルを獲得。打率3割4分4厘でセ・リーグ首位打者、新人王に輝く。

2006年にはWBC日本代表に選出され、日本代表の優勝に大きく貢献した。2年連続の200本安打と首位打者は逃したものの、阪神タイガース赤星憲広の6年連続盗塁王を阻止し、41盗塁で盗塁王に輝いた。また、2年連続の最多安打のタイトルに輝く。

2007年、史上最速で通算500本安打を達成。また、打率3割4分6厘で自身2度目となる首位打者と初の最高出塁率に輝く。

2008年には、北京オリンピック日本代表に選出される。横浜ベイスターズ内川聖一に首位打者と最高出塁率のタイトルを譲るものの、自身最高の打率3割4分7厘をマークする。

2009年には、2度目のWBC日本代表に選出。3番打者として大会連覇に大きく貢献した。また、東京ヤクルトスワローズのクライマックス・シリーズ初出場にも大きく貢献した。

2010年には、史上初めてとなる2度目の200本安打を達成。阪神タイガースマット・マートンが、プロ野球史上最高となる214安打を放ったものの、自身最高の209安打を放ち、自身3度目となる首位打者に輝く。また同年、通算1000本安打を達成した。

2011年は、打率3割を切ってしまい、タイトル争いに関わらなかった。オフにポスティングシステムを使用し、ミルウォーキー・ブルワーズに移籍した。

2013年までの2年間で打率は常に.285を越えるなどブルワーズの中核で活躍したが、トレードにより2014年はカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍。この年、ロイヤルズではリード・オフ・マンとして活躍。チームを29年ぶりのリーグ制覇、ワールドシリーズへと導いた。
シーズン後はFAとなり、前年のワールドシリーズで対戦したサンフランシスコ・ジャイアンツへ一年契約で移籍した。

2015年は打撃好調を維持しレギュラーとなったが、度重なる故障の影響で打撃不振に陥り、中盤は頭部死球を受け、9月以降のシーズンは全休となった。故障が懸念されたのか契約は延長されなかった。12月にシアトル・マリナーズと契約した。

2016年の開幕はマリナーズで迎えるものの、対左投手時に打てず、不振に陥りAAAへ降格。
その後はAAAで結果を残し、7月21日にメジャー昇格。打率.316と好調だったが、ピンポイントリリーフ等で左投手をぶつけられる事が多くなり、再降格。9月6日に再昇格するものの、結果を残せずキャリアワーストの成績を残してしまった。

2017年開幕前にWBC日本代表として参戦。開幕後はヒューストン・アストロズへと移籍。6月11日に日米通算2000本安打を達成し、名球会入りの資格を得た。
7月31日にフランシスコ・リリアーノとの交換トレードでテオスカー・ヘルナンデスとともにトロント・ブルージェイズに移籍するが、8月28日にブレット・アンダーソンをメジャーに昇格させる方針となったためFAとなる。
その後は9月2日にニューヨーク・メッツと契約を結んだ。これでMLBで渡り歩いた球団は7となり、野茂英雄と並び最多タイとなった。また、MLB両リーグ全地区に所属した初めての日本人選手となった。
シーズン終了後再度FAとなり、新たな所属先を探していた中、年越し後の2018年に古巣・東京ヤクルトスワローズへ復帰することが決まった。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「青木宣親」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15483

コメント