ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヒューストン・アストロズ

ひゅーすとんあすとろず

Houston Astros(略表記:HOU)は、アメリカン・リーグ西地区に所属しているMLBの球団。ナショナル、アメリカンの両リーグからワールドシリーズへ進出、レギュラーシーズンを負け越しながらリーグチャンピオンシップシリーズへ進出などの珍記録を持つ。
目次 [非表示]

概要

MLBアメリカンリーグ西地区に所属するチーム。本拠地はテキサスヒューストンにあるミニッツメイド・パーク

地元ヒューストンにNASAの宇宙センターが在ることから、アストロノーツ(宇宙飛行士)に由来するチーム名となっている。


歴史

1962年、ヒューストン・コルト45sとして創設。このチーム名はコルト・ファイヤーアームズ(現:コルツ・マニュファクチャリング)社の拳銃『コルト・シングル・アクション・アーミー』の通称の1つに由来する。

創設直後のチームはなかなか浮上できず、下位に低迷を続けた。

1964年4月23日には現在もMLB史上唯一となる、先発投手がノーヒットワンランで完投しながら敗戦と云う珍記録を残している。

1965年、世界初のドーム型球場アストロドームに本拠地を移したことを契機にアストロズに改名した。


2005年にナショナルリーグ時代唯一となるワールドシリーズ進出を果たしたが、ホワイトソックスにスウィープされ『ブラックソックスの呪い』を解く御膳立をするに留まった。


2013年にナショナルリーグ中地区からアメリカンリーグ西地区となった。

この頃のアストロズは低迷期にあり、3年連続100敗以上を喫していたが、3年連続で持っていたドラフト全体1位指名権から主力になったのは2012年のカルロス・コレア(現:ミネソタ・ツインズ)だけ。2013年のマーク・アペルはアストロズでメジャーデビューは叶わず(2022年にフィラデルフィア・フィリーズでデビュー)、2014年のブレイディ・エイケンはMLB史上3人目となる『ドラフト全体1位指名を受けながら契約不成立』の(かつ、こちらもMLB史上3人目のドラフト全体1位指名を受けた経験がありながらメジャーデビュー出来なかった)選手となっている。

2017年ワールドシリーズロサンゼルス・ドジャースを4勝3敗で下し初優勝。

MLB30球団で唯一、ナショナルリーグアメリカンリーグの両方からワールドシリーズに出場した経験があるが、上記の通りナショナルリーグ時代の制覇経験は無いので『両方のリーグからワールドシリーズを制覇』は出来ない。

COVID-19の感染拡大を懸念して年間60試合に短縮された2020年シーズンは、アメリカンリーグ史上初となるレギュラーシーズンを負け越したくせにポストシーズン進出を決めたチームとなったが、時間差でブルワーズに先を越されたためMLB初の座は逃した。またレイズにリーグチャンピオンシップシリーズで敗れたため『レギュラーシーズンを負け越しながらワールドシリーズへ進出』も叶わなかった。


余談

2019年のワールドシリーズと2023年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズでは、敵地で3勝しながら本拠地での4試合を全て落として3勝4敗で敗退している。この負け方は北米4大プロスポーツリーグの中で唯一アストロズだけが喫しているものである(しかも2回)。


2023年シーズン終了時点で、アストロズはMLB30チームで唯一、リーグ最多本塁打のタイトルを獲得した選手がいないチームである(参照、但しリンク先では2022年時点までのデータ)。


ラフプレーや相手選手への挑発等の荒っぽいプレイイングが多いことや、球団側もSNS上で相手選手を煽る等の投稿をすること、さらに2017年と2018年の一部でサイン盗みをしていたことが発覚し、関係者やファンからの大きな反発を招いたこと等もあり、MLBでは金満球団であるヤンキースとはまた違ったベクトルでヒール球団扱いされやすいチームだったりする。


主な球団関係者

永久欠番


日本人選手

松井稼頭央(2008-2010)

青木宣親(2017)


関連項目

ヒューストン・テキサンズNFL

ヒューストン・ロケッツNBA

野球 MLB アメリカンリーグ


ONEOUTS:アメリカ球界を大騒然とさせるサイン盗みのサンプルとされている野球漫画。野球ファンはアストロズを「リアルワンナウツ」と称している。

関連記事

親記事

アメリカンリーグ あめりかんりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12232

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました