ピクシブ百科事典

シンシナティ・レッズ

しんしなてぃれっず

MLBのナショナルリーグ中地区に所属する球団

オハイオ州シンシナティグレート・アメリカン・ボールパークを本拠地とするMLB球団。
1871年に創設され、1890年に現在の名称になりナショナル・リーグに加盟。
東西2地区制だった1969年から1993年は西地区、3地区制となった1994年からは中地区に所属。

1919年に初めてワールドシリーズを制覇したが、この年は対戦相手ホワイトソックスが八百長しており、勝たせてもらったものだった。

MLBで初めて本拠地球場(当時はクロスリー・フィールド)に夜間用の照明を設置し、1935年5月14日にMLB史上初のナイトゲームを開催した。

1938年にはジョニー・ヴァン・ダー・ミーアが今なおMLB史上唯一の2登板試合連続ノーヒットノーランを記録した。

1944年6月11日には、ジョー・ナックスホールがMLB最年少となる15歳10か月と11日でデビュー。しかしナックスホールはこの日限りでマイナー落ちし、再昇格まで8年を要した。

1954年から1958年にかけて、マッカーシズム(反共産主義運動)の攻撃を回避するためレッドレッグスを名乗っていたが、同運動が下火になるとチーム名は元のレッズに戻った。

1970年代にはビッグ・レッド・マシンと呼ばれる球団史上最高の黄金期を迎え、10年間で6度の地区優勝、4度のリーグ優勝、2度のワールドシリーズ制覇を達成した。特に1976年はポストシーズンを無敗で7連勝する圧倒的な強さだった。

1985年にはマージ・ショットが女性としてはMLB史上2人目となる球団筆頭オーナーになったが、人種差別やナチス信奉、ヒトラー賞賛発言を繰り返したため、1999年に筆頭オーナーの座を追われた(しかし保有する球団株は最期まで手放さなかった)。

NPBMLBとの間にポスティングシステムという移籍制度が出来ると、いち早くそれを利用して広島東洋カープからアレファンドロ・ケサダを獲得したが、結局ケサダはメジャーへ昇格は出来なかった。
過去には奉重根金善宇秋信守の3人の韓国人選手が在籍しているが、これまで日本人選手は在籍しておらず、MLBで唯一、日本人選手と契約しない球団となっている。

関連イラスト

習作



関連タグ

MLB

pixivに投稿された作品 pixivで「シンシナティ・レッズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2124

コメント