ピクシブ百科事典

ボストン・レッドソックス

ぼすとんれっどそっくす

メジャーリーグ、アメリカンリーグ東地区に所属するプロ野球チーム。
目次[非表示]

概要

設立は1901年マサチューセッツ州ボストン市フェンウェイ・パークを本拠地とする、アメリカン・リーグ屈指の名門チーム。
ニューヨーク・ヤンキースとは、日本で言えば巨人阪神のような関係。近年はよく日本人選手も移籍している。

ちなみにヤンキースとの因縁は、1920年に経営難に陥っていたレッドソックスがベーブ・ルースをヤンキースにトレードで放出したことの由来する。ベーブの移籍後ヤンキースがこれまでの弱小球団から強豪に上り詰めたのに対し、レッドソックスが1925年から6年連続最下位を記録するなど低迷を続けたことから、彼の愛称の「バンビーノ」からバンビーノの呪いと名付けられた。この呪いは2004年にレッドソックスがワールドシリーズ制覇するまでの、実に86年にわたって及んだ。
その呪いのハイライトとされるのが、1986年10月25日、ニューヨーク・メッツとのワールドシリーズ第6戦の延長10回裏に起きたビル・バックナーのトンネル(エラー)によるサヨナラ負けであろう。直前に2点を勝ち越し、68年ぶりの制覇までアウト1つまで迫りながら、今なお呪いのネタにされる痛恨のエラーにより制覇までさらに18年も遠ざかることになったのである。
呪いが解けたとされる2004年には、MLB史上初(今のところ唯一)となる3連敗から4連勝でヤンキース相手のリーグチャンピオンシップシリーズに勝ち、ワールドシリーズへ進出、その勢いでセントルイス・カージナルスに4タテを喰らわせての制覇だった。

なお、翌2005年にはヤンキースファンが"2004+86=2090"(次の優勝は2090年以後だ)と書かれたプラカードを持って皮肉った。ただしそんなことはなかった(2007年・2013年・2018年にもワールドシリーズを制覇)。

ワールドシリーズ出場回数・制覇回数ともにライバルとされるヤンキースの約3分の1程度ながら、21世紀に限って言えば進出した4度のシリーズを全て制覇しているレッドソックスのほうがヤンキース(3度進出して1度制覇)を上回っている。

かつて在籍した日本人選手

大家友和
野茂英雄
松坂大輔(現埼玉西武ライオンズ) 
岡島秀樹
田澤純一
斎藤隆
上原浩治


正田樹(現愛媛マンダリンパイレーツ)
※正田はメジャー昇格出来ず

関連タグ

MLB 大リーグ レッドソックス

エレン・ベーカー - 英語教科書NEW HORIZONの登場人物。ボストン出身で、レッドソックスファンという設定。

強打者エレン先生

関連記事

親記事

アメリカンリーグ あめりかんりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボストン・レッドソックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104699

コメント