ピクシブ百科事典

アメリカンリーグ

あめりかんりーぐ

アメリカンリーグとはMLBを構成する2つのリーグの1つで、日本ではア・リーグと呼ばれることがある。
目次[非表示]

歴史

正式名称は、アメリカン・リーグ・オブ・プロフェッショナル・ベースボール・クラブズ。
1900年1月29日設立、1901年に発足。
アメリカンリーグという名前だが隣国のカナダオンタリオ州トロント市に本拠地を構えているトロント・ブルージェイズがある。

元々はナショナルリーグ(以降、ナ・リーグ)と同様、ピッチャーは打席に立っていたが、1973年以降は指名打者制を採用している。
2000年までは消灯ルール(現地時間未明1:00を過ぎた時点でその時点での攻撃中のイニングスをもって打ち切り、次回の同一会場・同一カード開催日の試合前に続きを行う)も採用していたが、現在はナ・リーグ同様、原則回数・時間無制限となっている。

1977年から2012年までは14球団が所属していたが、2013年にナ・リーグ中地区のヒューストン・アストロズがアメリカンリーグ西地区へ移籍したため、両リーグとも15球団となった。

チーム

東地区

ニューヨーク・ヤンキース
ボストン・レッドソックス
トロント・ブルージェイズ
ボルチモア・オリオールズ
タンパベイ・レイズ

中地区

カンザスシティ・ロイヤルズ
デトロイト・タイガース
クリーブランド・インディアンス
ミネソタ・ツインズ
シカゴ・ホワイトソックス

西地区

シアトル・マリナーズ
ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム
オークランド・アスレチックス
テキサス・レンジャーズ
ヒューストン・アストロズ

コメント